ホームページ集客はコンテンツの作り方が命!

ホームページ集客はコンテンツの作り方が命!

ホームページ集客に必要な、コンテンツの作り方を説明します。読者対象は、ホームページ集客に必要なコンテンツが知りたい方です。最も重要なポイントとして、文章の書き方を苦手な方でも分かるように詳しく説明しています。

なぜホームページ集客のコンテンツは、文章が重要なのか?

ホームページ集客では、何をすればよいのか判断に迷うことが多いと思いますが、ここでは最も重要なコンテンツの作り方について説明します。コンテンツと言えばホームページの内容のことですが、特に文章の書き方について考えてみたいと思います。

こう言うと多くの方が、「文章なんて読まないでしょ?」と思うでしょう。ところがそれは大きな誤解です。なぜなら、魅力は文字でしか伝わらないからです。どんなにデザインが良いバナーを作ってもそこに書かれた文章が魅力を伝えていなければ、なんの力もありません。

つまり、魅力が伝わる高度な文章力が必要なのです。では、どのように文章を書けば魅力が伝わるのか、文章を書くのが苦手な方でも分かるように、論理的に詳しく説明しましょう。

ホームページの集客アップにつながる文章の書き方。

それでは、ホームページの集客アップにつながる文章の書き方について説明します。

集客アップにつながる文章の書き方とは?

最初に、集客アップにつながる文章の書き方について、基本的な考え方をお話しします。ポイントはたくさんあり、すべてを説明するのは大変ですので、次の6つに集約してみました。

  • 興味を引くタイトルや見出しを付ける
  • 伝わりやすい論理構成にする
  • 文章に物語性を持たせる
  • 魅力が伝わる表現をする
  • コミュニケーションを取ることを重視する
  • 文章が書きづらいときの対処方法

これらのポイントを押さえることで、魅力が伝わる文章を書くことができます。実は、文才がある方はこれらが自然にできているだけなんです。だから、文章作成に苦手意識が強い方はこれらのポイントを押さえるだけで、かなりうまく書けるようになると思いますよ。

興味を引く、タイトルや見出しの付け方とは?

興味を引くような、タイトルや見出しの付け方を説明します。というのも、文章を読んでもらえない一番の原因は、読みたくなるようなタイトルや見出し(これ以降、見出しで統一)を付けていないところにあります。最初に目に入るのは見出しですから、重要性はわかると思います。

では、具体的にどのようにつければよいのかというと、最も簡単な方法論は「疑問形」です。疑問形の見出しは、自然と目がいって読みたくなります。なぜなら、人間は疑問を投げかけられると思わず考えて、答えを出そうとしてしまうからです。

試に誰でもいいので、周りの人に質問してみてください。おそらくほとんどの方は、考えて何らかの答えを出そうとしますよ。この人間の習性を利用したのが、疑問形による見出しです。

もちろん内容も重要です。一番言いたいことや、最も重要なポイントを含めた形で考えてください。つまり、疑問形で重要なことを見出しにするので、注目せざるを得なくなるというわけです。これが身につけば、かなり興味を引くような見出しが作れるようになりますよ。

伝わりやすい論理構成とは?

続いて、伝わりやすい論理構成について説明します。集客用の文章ということは、何かを説明するということですので、読み手にちゃんと伝わるようにしないといけません。つまり、「これだけ説明したんだから分かるだろう」という自己満足ではまずいということです。

では、具体的にどう書けばよいのかというと、以下のような構成を採ってみてください。

  1. 相手の興味や問題について説明する。
  2. その解決策を説明する。
  3. 解決策の信ぴょう性(証拠・理由)を説明する。
  4. 興味や問題と、その解決策を再度簡単に説明してまとめる。

このような論理構成を採ると、かなり伝わりやすくなるでしょう。なぜなら、この一連の流れは、実は人間の行動パターンそのものだからです。自分が問題に直面したとき、どのような行動をとっているか考察してみてください。きっとこのようなパターンになっているはずですよ。

また、この構成には先ほどの見出しの付け方と合致する部分があります。どこかと言えば、最初に興味や問題が来るところです。例えば、「おいしいラーメン屋さんの見分け方とは?」というところから始まれば、疑問形で話が展開しますよね。

したがって、このような伝わりやすい論理構成を意識して、文章を書くようにしてみてください。

参考 こちらの記事も参考になりますよ。

ホームページでアウトラインを記述する方法について説明します。読者対象は、ホームページでのアウトラインの記述方法を知りたい方です。単なる書き方ではなく、アウトラインを通じて読みやすい文章の書き方を説明しています。

文章に物語性を持たせるには?

文章には物語性を持たせるようにしてください。なぜなら、物語性があると読み手を引き込みやすくなり、しっかり読ませることができるからです。しかし、「物語性って何?」と思われる方も多いと思います。簡単に言うと、困難に打ち勝つという展開のお話です。

ほとんどの物語は、「何か問題が発生するけれども、主人公の努力でそれに打ち勝つ。」というものですよね。つまり、それと同じような状況を説明文でも再現するのです。ザックリ言うと、悪い状況を最初に説明し、商品によってそれを乗り越えるという展開にするわけです。

例えば、テレビショッピングで「こんなに汚れていた換気扇が、このクレンザーならこんなにきれいになりますよ。」みたいな説明をしますよね。実際に汚れた換気扇をきれいに洗って見せて、観客が「おおっ」と歓声を上げる。まさに、悪い状況から良い状況になっています。

ポイントは、できるだけ悪い状況を用意することです。なぜなら、良さを強調できるからです。5階建てのビルでも、地下2階から数えれば7階建てと同じですからね。

このように落差に注目して、物語性が出るように書いてみてください。

魅力が伝わる表現とは?

魅力が伝わる表現について説明します。まず、魅力が伝わる表現が必要な理由ですが、これは非常に明快で、単なる商品説明では魅力が伝わらないからです。厳密に言うと、その分野に詳しい方にしか伝わらないと言えるでしょう。

ではどのように伝えるのかというと、『ベネフィット』を説明します。ベネフィットは商品から得られる利益のことですが、なぜベネフィットなのかというと、ほとんどの方の望みだからです。例えばノートPCの特徴として、「世界最軽量」を説明したと仮定します。

するとお客さんは、「へぇ、世界最軽量ねぇ」ぐらいにしか思ってくれません。これをベネフィットで説明すると「持ち歩いても疲れません」となります。するとお客さんは、「これいいねぇ!」となるでしょう。なぜなら、お客さんがほしいのは持ち歩いても疲れないPCだからです。

どんなに素晴らしい特徴でも、お客さんの立場で説明しない限り伝わらないのです。したがって、単なる商品説明ではなく、ベネフィットによる説明を行うようにしましょう。

参考 こちらで詳しく説明しています。

ベネフィットとは何か、意味をわかりやすく説明します。対象は、ベネフィットの意味を知りたい方です。単なる言葉の意味の説明では終わらず、例文や表現方法、ホームページでの重要性についても詳しく説明しています。

コミュニケーションが取れる文章とは?

コミュニケーションが取れる文章を書くように心がけてください。なぜなら、集客のゴールは問い合わせや申し込みといったコンバージョンだからです。単なる閲覧者の状態から心を動かし、実際に行動させてお客さんにするのだから、コミュニケーションは外せないのです。

どのような文章かというと、ホームページでありながら目の前に人がいて、その人とやり取りしながら話が進んでいるかのような錯覚をさせるということです。あなたも店頭では、店員の接客が購買意欲に大きく影響しますよね。それはホームページでも全く同じなんです。

したがって、できる限りくだけた表現を使うようにしてください。ただ、業種によってくだけ方に差はあると思いますので、そこはさじ加減してくださいね。少なくとも論文のような硬い表現の書き方だけはしなければ大丈夫でしょう。

ホームページは一方的に文章が書いてあるだけなので、コミュニケーションと言われると、最初は一瞬理解できないかもしれません。しかし、店員の代わりであることを考えると、納得していただけるのではないかと思います。

文章が書きづらいときの対処方法は?

最後に、文章が書きづらいときの対処方法をご紹介しておきます。おそらく、ここまで説明してきた内容を見て、「結構難しいし、私には無理だなぁ」と思われている方が少なからずいると思います。そんな時は誰かに話しかけるように、口語をそのまま文にしてみてください。

そして、その文章を後から手直しするのです。文章として明らかにおかしな表現を直せば、基本的にはくだけた表現の親しみやすい文章になるはずですよ。つまり、話ができるのであれば、文章は書けるということなんですね。

あと、注意していただきたいのが主語です。文章が苦手という方が陥りやすいのが、主語があいまいになることです。つまり、誰のことを言っているのか分からなくなるのです。必ず、誰に対して説明しているのかを考えてから書きましょう。

まとめ:コミュニケーションが取れる文章にしましょう。

いかがでしたか? ホームページ集客に必要な、コンテンツの作り方を説明しました。

ポイントとして、集客アップにつながる文章の書き方とは、興味を引くタイトルや見出しの付け方とは、伝わりやすい論理構成とは、物語性を持たせるには、魅力が伝わる表現とは、コミュニケーションが取れる文章とは、文章が書きづらいときの対処方法は、などを説明しました。

ここまでの説明でご理解いただきたいのが、自分の言いたいことをそのまま書くのではなく、いかに読み手の立場になって書けるかです。一生懸命書くのはとても大切ですが、伝わらなければ意味がありません。だからこそ、伝わる書き方を知っていただきたいのです。

また、集客のゴールがコンバージョンであることを考えると、コミュニケーションが重要であることも忘れないでください。このように、ホームページ集客におけるコンテンツは、文章による説明が極めて重要であることを知っていただければ何よりです。

以上、「ホームページ集客はコンテンツの作り方が命!」と題して説明しました。