ホームページの戦略、7つの超重要ポイント!

ホームページの戦略、7つの超重要ポイント!

ホームページ戦略、7つの超重要ポイントを説明しました。ホームページ集客にこれから取り組みたい方や、すでに取り組んでいる方に適しています。戦略の立て方について、ユーザーの理解を中心に説明しているからです。

★ページ内容が難しいと感じたら?

こちらで基礎知識をご覧いただくと、理解しやすくなりますよ。

ホームページ集客の、基礎知識をまとめました。

なぜホームページの戦略は、ユーザーの理解が重要なのか?

ホームページで本格的に集客するためには、それなりの戦略を持つことが必要です。しかし、「戦略はどうやって立てればいいの?」と疑問が出てくると思います。ホームページ集客で結果を出せる戦略を立てるためには、ユーザーの理解が非常に重要です。

なぜなら、ホームページはアクセスしてきたユーザーのためにあるからです。当然のことながら、自己満足で見た目がカッコいいものを作っても仕方ないし、検索で上位表示するだけで中身の無いホームページを作っても意味がありません。あくまでも、相手にすべきはユーザーです。

つまり、ユーザーが満足するホームページを作る必要があります。したがって、ユーザーを満足させるためには、ユーザーのことをよく理解する必要があるわけです。そこで、ホームページの戦略はどのように立てればよいのか、ユーザーの理解という観点で説明しましょう。

ユーザーを理解し、満足させる戦略のポイント。

それでは、ユーザーを理解し満足させる戦略のポイントをご紹介します。ポイントは7つありますので、しっかりと目を通してください。

ホームページの基本的な流れ

まず、ホームページの基本的な流れについてお話しします。ここでいう流れとは、アクセスしてきたユーザーが辿る経路のことです。ユーザーは次のような順番で誘導します。ポイントは、お問い合わせページ(お申し込みページ)がゴールになっているところです。

  1. 上位表示されたSEO対策ページに着地。
  2. 内容を読み、興味を持つ。
  3. お問い合わせページ(お申し込みページ)に移動。
  4. さらに興味を持ち、問い合わせる。

流れを解説すると、SEO対策によって上位表示されたページにアクセスがあり、そこからお問い合わせページへ誘導するというものです。なぜこのようにするかというと、お問い合わせページへ直接着地させるのは、PPC広告を使わない限りは難しいからです。

もちろん、途中でほかのページを読むこともあるでしょうし、いきなり問い合わせてもらえる可能性もないわけではありません。ただ、戦略的にはこのような流れで考えます。つまり、どのページが入口になっても良いけれど、ゴールは問い合わせであるということです。

したがって、着地したページでいかにユーザーを満足させるかがポイントです。ある程度満足があれば、お問い合わせページに誘導することができ、お問い合わせを促すことができます。これが、ホームページ戦略の基本的な流れであると、覚えておいてください。

SEO対策で、検索の上位表示を目指す。

最初に考えるべきは、SEO対策による検索の上位表示です。なぜ、検索で上位表示させる必要があるのかというと、多くの検索ユーザーは、1ページ目(通常は10件)のどれかを見る場合がほとんどだからです。できれば5番以内に表示されたいところです。

これも、統計的に見て5番以内に表示されるリンクのアクセスが、5割に達するからです。逆に言えば、何が何でも1番になる必要はないともいえますが、もちろん上位表示されることに越したことはありません。いずれにしても、最初にすべきは検索で上位表示されるSEO対策です。

しかし、ここに大きな問題があります。SEO対策はアクセス数を増やすだけであって、お問い合わせやお申し込みといった、いわゆるコンバージョンを増やすものではありません。ユーザーがリンクをクリックして、「内容を読みたい!」と思うかどうかは別問題なんです。

したがって、SEO対策だけのホームページ戦略では、不十分であると言わざるを得ません。ユーザーに、「このページを読めば満足できそうだ」と思ってもらうための、もっと本質的な対策が必要になるわけです。

戦略の本質、基本概念を知る。

続いて、戦略の本質として、基本概念を知っていただきましょう。最初に、頭に入れておくべき基本的な概念は、ズバリ以下の2点になるでしょう。

  • お客様に信用してもらうこと
  • お客様の期待に応えること

ただ、実際には期待に応えることで、信用してもらえるというところもあります。したがって、両者は分けて考えず、一緒にしてしまっても問題ないと思います。そして、これら概念を具体的に文章や画像に表すことになります。

この考え方があれば、ユーザーに「内容を読みたい!」と思ってもらえるというわけです。つまり、これからお話ししていく内容は、SEO対策のようなアクセスを増やすという施策ではなく、ユーザーの満足度を高くするという本質的な部分になります。

誰に対して情報発信するのか、ターゲットを絞る。

まず戦略を立てるためには、情報を発信するターゲットを絞る必要があります。なぜなら、できるだけ閲覧しているユーザーの満足度を上げたいからです。そして、ユーザー像を明確にするためには、ユーザーのことを良く知って、分析する必要があります。

あなたは、情報発信する相手が明確にわかっていますか? 以下にザックリと属性を上げてみましたので、読んでほしい相手を想像してみてください。紙にメモすると、より明確化しますよ。

  • 別・・・男性、女性
  • 年齢層・・・こども、若者、中年、高年、老人
  • 業・・・無職、会社員、自営業、年金受給者、求職者
  • 知識量・・・まったくなし、少しはある、一般的、マニア、プロ

思いつくところを出してみました。もっと細かく考えることもできるでしょうし、ビジネスによっては趣味が重要だったり、家族構成が重要だったりと、影響するものが当然違ってくるでしょう。要するに、ある特定の誰かにターゲットを絞ることができれば、それで構いません。

ところで、なぜターゲットを絞ると満足度が上がるのかというと、内容が濃くなるからです。薄く多くの方に情報発信しても満足する方は少ないですが、特定の方に濃い内容を提供できれば、ターゲットの大部分の方を満足させることができます。

また、別の理由としては、ユーザーに与えるインパクトが違うからです。例えば、「みなさん」と呼びかけるよりも、「苗字が○○のみなさん」と呼びかければ、言われた方はドキッとしますよね。対象を特定すると、非常に強いメッセージとなって心に残るんです。

このように、ユーザーの満足度を上げるという理由で、情報発信するターゲットを絞ります。

どんな情報(商品)を発信するのか?

続いて、どんな情報を発信するのか検討しましょう。先ほど決めたターゲットが何を必要としているのか、ニーズを知らなくてはいけません。なぜなら、誰も必要としない情報を発信しても、だれも見向きもしないからです。では、どんな情報にニーズがあるんでしょうか?

これは、ニーズをしっかりと調べて、その結果に沿った情報を発信するしかありません。アンケートを取ったりヒアリングを行ったりして、情報を集める必要があります。なお、この部分を当サイトでは、Webマーケティングで正確に把握しています。

ところが、多くの方が「自分が発信したい情報や、売りたい商品。」を発信してしまうんです。あなたも、売りたい商品より「こんな商品が?」というものが売れた経験がありませんか? 売る側と買う側のズレがそこにあるんですね。それこそが、ニーズを把握する重要性なんです。

ユーザーは、自分が興味のあるものしか検索しないので、メインに据える情報を間違えると、厳しい結果となるでしょう。したがって、ニーズのある情報を発信しなければ、ユーザーの満足度を上げることはできないということを、しっかりと覚えておいてください。

お問い合わせページを工夫する。

ターゲットを絞り、発信する情報を決めるところまで説明しましたので、続いて直接的なアクションにつながる、お問い合わせページについて説明します。

実は、最も重要な施策が、お問い合わせページを工夫することです。なぜなら、お問い合わせページのデキが良くなければ、お問い合わせに至らないからです。つまり、ユーザーが満足できるような説明が無いと、お問い合わせをする気にならないということです。

では、どのような工夫が必要なんでしょうか? 少なくとも、「お申し込みはこちら」という説明の下に入力フォームがあるだけのページでは、何の工夫もありません。ここでお問い合わせという行為を、ユーザーの立場で分析してみると、次のようになります。

「お問い合わせ=知りたい情報を得る代わりに、個人情報を提供する。」

つまり、ユーザーにとっては情報が得られるという『魅力』と、個人情報を提供するという『負担』の2つがあります。したがって、ユーザーはこの2つを天秤にかけて、魅力が大幅に上回らないと入力フォームに個人情報を入力するというリスクを冒しません。

しかし、実際には個人情報の入力という負担を減らすことは不可能なので、リスクを超えるような大きなメリットがあることを、ユーザーにしっかりと説明してください。どんな工夫をすればユーザーが満足してくれるのか、説明の仕方を考えに考え抜く必要があるでしょう。

このように、お問い合わせをしてもらうためには、ユーザーの満足度を高めるための工夫が、非常に大事なんですね。最低限ここまでのことができれば、戦略の基本は出来上がりです。

ホームページのデザインはどうするのか?

ここまで一切、ホームページのデザインについて説明していませんね。あなたも「デザインはどうすればいいの?」と気になるでしょうから、少しですがお話ししておきましょう。

ホームページのデザインは、ユーザーの満足に対して大きくは関係しません。なぜなら、デザインでは何も伝わらないからです。確かに、見栄えのするデザインだと非常に誇らしく思うでしょう。しかし、それはあなたの満足であって、ユーザーの満足ではありません。

ユーザーの満足とは、これまで説明してきたように、ニーズに合致した情報や商品を手に入れることです。するとデザインが影響しないことがよく分かるでしょう。しかし、全く関係ないわけではありません。ユーザーの満足に影響するのは、導線だと言えるでしょう。

文章や、それを補足する画像が見やすい状態であることが大切です。どんなに良い説明をしても、視認性が悪いと内容が読めないし、画像がじゃまになることもあるでしょう。したがって、デザインは間接的にユーザーの満足度に関係するものの、影響は小さいと考えてください。

まとめ:ユーザーが満足する戦略を立てましょう。

いかがでしたか?

ホームページの戦略、7つの超重要ポイントについて説明しました。ホームページの基本的な流れ、SEO対策、基本概念を知る、ターゲットを絞る、どんな情報(商品)を発信する、お問い合わせページを工夫、ホームページのデザイン、などのポイントがありました。

繰り返しになりますが、ホームページの戦略を立てるには、ユーザーを理解することが大切です。なぜなら、ユーザーが満足するホームページにする必要があるからです。ユーザーが満足すれば、初めてそこでお問い合わせ(コンバージョン)に至ります。

したがって、ホームページはユーザーのためにあるということを肝に銘じて、自分の伝えたいことをいかにユーザーの満足として伝えるかを考えてください。それが、ユーザーを理解したホームページの戦略であることを、知っていただければ幸いです。

以上、「ホームページの戦略、7つの超重要ポイント!」と題して説明しました。