集客できるホームページ制作、業者選び7つのポイント。

集客できるホームページ制作、業者選び7つのポイント。

集客できるホームページ制作で、業者選び7つのポイントを説明しました。集客に強い制作会社をお探しの方に適した内容です。ホームページ制作に必要な要素を具体的に挙げて、失敗しない業者の選び方を説明しているからです。

なぜ集客できるホームページは、制作の流れが重要なのか?

ホームページを制作する目的は、お問い合わせやお申し込みを増やして、売り上げを伸ばすことだと思います。うまくいけば、待っているだけでどんどん集客できるわけですから、こんな楽なやり方は他に無いですよね。だからこそ、ほとんどの会社がホームページを持つわけです。

しかし、制作業者の選び方を間違えると、集客できるホームページを手に入れることは、難しくなります。なぜなら、集客のための仕掛けを施せる業者に、依頼することが重要だからです。そして、集客の仕掛けがあるかどうかは、制作の流れにはっきりと表れます。

そこで、集客できるホームページ制作を業者に依頼する際に、知っておくべき制作の流れについて説明しましょう。

集客できる業者を見分ける、知っておくべき制作の流れ。

それでは、集客できる業者を見分けるために、知っておくべき制作の流れについて説明します。以下に示す、7つのポイントを押さえている業者であることを、しっかりと確認してください。

Webサイトの構成。

集客できるホームページの制作では、サイトの構成が重要になります。具体的には、以下のような4種類のページ構成をとります。

  • トップページ
  • SEO対策ページ
  • 集客用ページ(お問い合わせを受け付けるページ)
  • 通常ページ(上記以外の一般的なページ)

ザックリ言うとこのような構成になりますが、特に重要なのが、SEO対策ページと集客用ページの2つです。なぜなら、SEO対策ページでアクセスを稼ぎつつ、集客用ページへ誘導して、お問い合わせを得ることになるからです。

つまり、このような構成に沿って、SEO対策ページと集客用ページをしっかりと作り込むことで、集客できるホームページが制作できるわけです。したがって、このような基本的な構成を理解している業者を、選ぶべきでしょう。

SEO対策でアクセスを増やす。

SEO対策でアクセスを増やすことはとても重要です。なぜなら、そもそもアクセスがほとんどないのでは、集客以前の問題だからです。ただし、ここ最近のSEO対策は、技術的なものはかなり影をひそめています。ほとんどの部分を、中身のコンテンツ対策だけで行います。

なぜなら、 Google に代表される検索エンジンのアルゴリズムが、中身を重視しているからです。もう少し具体的にいうと、ユーザーの検索意図に合致するかどうかを、かなり高い精度で判別しています。したがって、SEOをコンテンツ対策で行っている業者を選んでください。

実際問題として、検索で上位表示しても内容がユーザーの心をつかまなければ、何の反応も得られません。そういった意味でも、コンテンツ対策が極めて重要だということを知っておいてください。

使いやすく、わかりやすいデザイン。

使いやすく、わかりやすいデザインも大切です。少なくとも、使いにくく分かりにくいデザインが良くないことは、誰しもが理解できると思います。しかし、使いやすくわかりやすいデザインとなると抽象的で、意外とわかりにくいのではないでしょうか。

これは一言でいうと、『導線設計』です。人間の行動に合わせた導線を確保しているかどうかが、カギになるでしょう。一般的に、良いデザインというと、カッコいいとかポップであるとか個性的であるといったことに、なりがちではないでしょうか。

確かにそれらも重要ですが、掲載する内容によって決まるものです。集客ホームページの場合は、集客ページへ誘導しなくてはいけませんから、真っ先に取り組むべきは導線設計なんですね。したがって、導線設計を中心にデザインを行っている業者を、選ぶべきでしょう。

制作に必要な、知識やスキル。

ホームページ制作に必要な、知識やスキルについてお話しします。なんといっても重要なのは、集客の知識があることです。おそらく制作会社の場合は、HTML・CSS・PHP といったWebの技術が、一般的に重要視されるでしょう。しかし、それらはホームページの知識です。

集客の知識が無ければ、集客できるホームページを作ることはできません。もちろん、入力フォームのように技術的なスキルが必要なものもありますが、WordPressであればプラグインによって簡単に作れてしまいます。したがって、Webの技術ではなく、集客の知識が極めて重要なんです。

このように、集客の知識を有している業者であることを、確認してください。

ライティングテクニック。

集客ホームページの場合、ライティングテクニック(文章力)はかなり重要度が高いです。集客ということは、ユーザーに対してお問い合わせを促したり、お申し込みやご注文をしてもらう必要があります。ということは、ユーザーに何らかのアクションを起こさせることになるわけです。

つまり、重い腰をあげさせなくてはいけないので、相当なパワーが必要になります。そして、そのパワーは文章力によって伝わります。具体的には説明の論理構成が大きな役割を果たしますが、簡単にいうと、読み手が思わず説得されるような、説明の順番があるということなんです。

一般的なホームページの制作会社は、ほとんどの場合デザインで何とかしようとしていますので、文章力という点は、かなり弱い部分であると思います。したがって、確かな文章力を持っている業者を選ぶようにしてください。

魅力が伝わる表現力。

文章で重要なのは、文章力だけではありません。魅力が伝わるような表現力も重要です。なぜなら、ほとんどの商品やサービスには魅力があるんですが、伝え方が良くないために理解されない場合がほとんどだからです。つまり、魅力を引き出すような表現力が必要なんです。

例えば、『牛乳』とするよりは、『しぼりたてで新鮮、コクのある濃厚牛乳。』とした方が、相当おいしそうに感じますよね。これは、キャッチコピーなどにも通ずることですが、長所でも小さくて目立たない場合は、大きく目立つように感じさせるわけです。

逆に、割と大きな短所があった場合でも、小さいことのように感じさせる表現をします。ズルいかもしれませんが、表現力によって商品が持つ魅力を伝わるようにすることは、極めて重要なんです。このように、魅力が伝わる表現力を持った業者を、選んでください。

ニーズを正確につかむ。

ニーズを正確につかむことは極めて重要です。なぜなら、今まで説明してきたことすべてが、ニーズを正確につかんでいなければ、全く機能しないからです。例えば、牛乳を売ろうと思ってSEO対策をやったり、表現力を駆使しても、需要が無ければ売れません。

つまり、需要が無いものについて、どれだけ一生懸命頑張っても全く効果が無いんです。では、どうするのかというと、需要の高いものをメインに展開して、そこから自分の売りたいものへ誘導するんです。これは、ニーズを正確につかんでいなければ、できないことですよね。

ちなみに、ニーズを正確につかむためには、Webマーケティングが欠かせません。これは、検索ワードを基に行います。このように、Webマーケティングによって、正確にニーズをつかむことができる業者を選んでください。

まとめ:業者選びの基準は、集客の知識の有無です。

いかがでしたか?

集客できるホームページ制作で、業者選びのポイントをご紹介しました。Webサイトの構成、SEO対策でアクセスを増やす、使いやすくわかりやすいデザイン、制作に必要な知識やスキル、ライティングテクニック、魅力が伝わる表現力、ニーズを正確につかむ、などがありました。

ここまでお読みになってすでにお分かりだと思いますが、SEO対策だけが強かったり、デザイン力だけだったりするような業者は、集客の知識に乏しい可能性が高いです。最低でも、上記7点の制作の流れをしっかりと押さえている業者を、選んでください。

ホームページは、自分の言いたいことだけを一方的に主張するものではありません。問題に対する解決策を伝えるための情報発信です。この点を踏まえて、業者の選び方では、集客についての知識が最も重要であることを忘れないでください。

以上、「集客できるホームページ制作、業者選び7つのポイント。」と題して説明しました。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。当方はWebコンサルタントですので、ホームページ作成の様々なお悩みにアドバイスさせていただいております。

  • ホームページの集客力が弱いのですが、どうすればいいですか?
  • ホームページの問い合わせが少ないのですが、何が原因でしょうか?
  • ホームページの文章やキャッチコピーの作り方がわからなくて困っています。

このようなお困りごとがおありでしたら、当方にご相談ください。(ご相談は無料です)

お問い合わせ

※フォームにご相談内容を入力いただくだけでOK!

サイト診断