ビッグデータマーケティングで、ニーズが正確に分かる!

ビッグデータマーケティング ニーズが正確に分かる!

ニーズが正確に分かるビッグデータマーケティングの代行サービスです。ニーズ調査を低予算かつ短期間で行いたい方や、これまでの手法では役に立たなかった方におすすめです。ターゲット属性や他社との差別化ポイントも分かりますよ。 ⇒お申し込みはこちら

ビッグデータマーケティングとは?

精度の高いニーズ調査の、代行サービスをお探しの方へ。

検索キーワードから、ニーズが把握できることをご存知ですか?

現在のインターネットは、キーワードによる検索でサイトにたどり着きますよね。この時、ユーザーが何のために検索しているかと言えば、問題の解決策や欲求を満足させる方法が知りたいからです。つまり、検索キーワード(ビッグデータ)は、ニーズそのものだということです。

したがって、苦労してアンケートやヒヤリングなどの調査をしなくても、短期間で簡単にニーズを把握できるわけです。しかし実際には、ビッグデータでマーケティングを行おうとしても、何をどうすればよいのか全く分からない方がほとんどではないでしょうか。

サービス名:ビッグデータマーケティング(Excel ファイルで納品)

このサービスは、扱い方が難しいビッグデータの分析を代行しますので、ニーズを短期間で正確に把握することができます。

ビッグデータマーケティングの概要

ビッグデータマーケティングについて、手順・メリット・事例などを詳しくご説明します。

どのような手順なのか?

具体的には、以下のような手順での調査となります。

  1. 業種や商品に合ったベースキーワードの候補を選出。
    (ご要望があればそちらを優先しますので、お申し込みの際にお知らせください。)
  2. お客様とキーワードについて協議し決定。
  3. 検索エンジンよりキーワードを抽出。(数百から千個前後)
  4. 取得したデータを分析。
  5. 使用したデータと分析結果を納品。
ベースにするキーワードのご希望がある場合は、申し込みの際にご指定ください。特に指定されない場合は、こちらでいくつか候補を挙げますので、ご相談のうえ決めさせていただきます。

事前に、ご承知いただきたいこと。

抽出された検索キーワードがあまりにも少ない場合は、キーワードを複数調査しますが、それでも少ない場合はマーケティングが不可能ですので、作業に取り掛かるかどうかをお伺いします。なお、費用は発生しますが、抽出したデータをお渡しすることは可能です。

また、世の中にまだ登場していないような新製品について調べたい方はお勧めしません。なぜなら、知らない商品を検索することはあり得ないからです。ただし、近い存在の製品がすでに出回っているようでしたら、そちらを調べることで可能性を探ることができます。

どんなことが分かるのか?

ビッグデータマーケティングでは以下のようなことが分かります。(キーワードによっては、分からない場合も一部あります。)

潜在的なニーズが分かります。

ビッグデータは、『ユーザーが知りたいこと』そのものなので、言葉として出てきているものは確実にニーズがあることが分かります。したがって、予想とは全く違った思いがけない言葉を見つけることだってあるんです。逆に言葉として出てこなければ、ニーズが無いということも分かりますよ。

全体的な傾向が分かります。

ビッグデータを調査すると全体的な傾向が見えてきます。例えば、非常にポジティブに捉えているとか、明るい色を好むとか、特定の言葉だけでは分からない傾向が読めるんです。すると、さらにそこから言葉としては出てきていない、未来のニーズを予測することだって可能ですよ。

訴求すべきポイントが分かります。

ターゲットのニーズが見えてくると、訴求すべきポイントも見えてきます。例えば、安いことをウリにしていた場合でも、実際のニーズとしては信頼性を求めていることもあります。その場合は、信頼性をウリにすることで、訴求力を高めることができますね。

差別化ポイントが分かります。

ニーズがつかめると、差別化するポイントが分かります。例えば、見つかったニーズに価格・種類・安心があったとして、ライバルが価格で勝負しているとしたら、自社は種類で勝負するといったことができます。つまり、効果が見込める差別化ポイントが分かるんですね。

販売タイミングが分かります。

商売の中で最も重要なのがタイミングです。ターゲットが商品をほしいと思うタイミングを見つけることができるので、極めて販売効率が高くなります。満腹の魚を釣るのは極めて困難ですが、空腹なら簡単です。つまり、機会を失うことなくお客様が買いたいときに売ることができるんですね。

ターゲットの属性が分かります。

ビッグデータを詳しく分析することで、ターゲットの性別や年齢など属性を把握できます。言葉遣いでも分かることがあるし、場合によっては年齢をそのまま検索していることもあるからです。属性が分かれば品揃えをより明確にターゲットに合わせることができますね。

ホームページ作成の基礎データにできます。

このビッグデータマーケティングは、もともと集客ホームページを制作する際に使用しているものです。したがって、そのままホームページ作成の基礎データとしてお使いいただけます。経営・集客戦略とホームページを切り離すことなくトータルで考えることができますよ。

マーケティング事例のご紹介。

こちらで、実際の事例をご覧いただけます。先ほどもお話しした通り、ニーズ以外にも、ターゲットの属性や購入タイミングなども把握できることがお分かりいただけると思いますよ。ぜひ、リンクをクリックしてお確かめください。(リンクは別ウィンドウで開きます。)

ビッグデータは信憑性が高いです。

なぜ、ビッグデータは正確なのかというと、ユーザーの心の声が聴けるからです。というのも、アンケート、インタビュー、SNSは公開や分析が前提です。なので、本音のように思えても、実際には建前である可能性が極めて高いんです。

しかし、ビッグデータなら公開が前提ではないので、言葉をストレートに入力します。つまり、ターゲットの心の声が聞けるんですね。ビッグデータマーケティングは、ユーザーの本音を可視化するので、信憑性が高く正確にニーズを把握できる、費用対効果の高い手法であるといえます。

ちなみに、私の行うコンサルティングは、ビッグデータマーケティングなしには成立しないと言っても、過言ではないですね。

なお、商品を発注する前や経営戦略の立案前に結果を受け取れるようにしていただきたいので、お申し込みは日数的に余裕を持ってされることをおすすめします。

費用のご案内とお申し込みフォーム。

費用とお申し込み方法については以下の通りです。

費用

費用は以下の通りです。同時に複数のキーワードをご希望された場合は、1割引きにさせていただきますので、改めてお見積もりさせていただきます。

  • 1キーワード・・・・50,000円
  • 複数キーワード・・・50,000円 × キーワード数 × 0.9(1割引き)

お支払方法:『銀行振り込み・クレジットカード(PayPal)』が利用できます。

なお、お支払いのタイミングは納品直前で結構ですので、改めてご連絡いたします。納期は1キーワード当たり3~5営業日程度(複数キーワードを一度に依頼された場合は個数分延びます。)で、マーケティングデータは Excel ファイルをメールに添付しての納品となります。

お申し込みはこちら

こちらから、今すぐかんたんにお申込みいただけます。
5つの必須項目を入力してボタンをクリックするだけです。(「お客様ID」をお持ちの方はご入力お願いします。)

『ビッグデータマーケティング』お申し込みフォーム
ご担当者名
御社※ 個人事業の方は「屋号」か「なし」を入力してください。
ご住
電話番例:000-000-0000《半角数字》 - -
メー例:abc@example.co.jp《半角英数記号》
キーワー例:あいうえお、かきくけこ(複数の場合カンマなどで区切る)
お客様ID例:00001111《半角数字8桁》

通信内容は暗号化によって保護されていますので、安心してご利用ください。