ホームページの集客方法、成果を出すための7点とは?

ホームページの集客方法、成果を出すための7点とは?

ホームページ集客方法、成果を出すための7点を説明しました。これからホームページで集客したい方や、集客に苦労されている方に適しています。集客方法について、内容の作り方だけでなく、戦略や構成に関しても説明しているからです。

なぜ、ホームページの集客方法が重要なのか?

ホームページは、集客の目的で公開している方がほとんどだと思います。実際に、ほとんどの企業やお店が、ホームページを持っていますよね。ところであなたは、「ホームページ集客ってどうやったらいいんだろうか?」と、疑問を持ってこのページに、たどり着かれたのではないでしょうか。

でも、なぜホームページの集客方法が知りたいのでしょうか? それは、「ホームページはただ存在するだけでは集客できない」ことに気付いたからではないでしょうか。ところが多くの方が、具体的にどうやったらよいのか、よく分からないのが現実だと思います。

するとどうしても、技術的な対策に流れてしまいます。しかし、それは決して本質的なやり方ではないんです。そこで、成果を出しやすい本質的なホームページの集客方法をご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

ホームページの集客方法、成果を出すためのポイント。

それでは、ホームページの集客方法について、成果を出すためのポイントをご紹介します。

集客の基本的な概念

まず最初に、頭に入れておくべき基本的な概念を説明します。ズバリ、以下の2点になるでしょう。

  • お客様に信用してもらうこと
  • お客様の期待に応えること

ただ、実際には期待に応えることで、信用してもらえるというところもあります。したがって、両者は分けて考えず、一緒にしてしまっても問題ないと思います。そして、これら概念を具体的に文章や画像に表すことになります。

つまり、これからお話ししていく集客方法は、ホームページの作り方といっても技術的な話というよりは、商売のやり方に極めて近い内容になります。

集客の基本的な流れ

続いて集客の基本的な流れですが、閲覧者を次のように誘導します。ポイントは、お問い合わせページがゴールになっているところです。

  1. 上位表示されたSEO対策ページに着地。
  2. 内容を読み、興味を持つ。
  3. お問い合わせページに移動。
  4. さらに興味を持ち、問い合わせる。

流れとしては、SEO対策によって上位表示されたページにアクセスがあり、そこから問い合わせページへ誘導するというものです。なぜこのようにするかというと、お問い合わせページへ直接着地させるのは、PPC広告を使わない限りは難しいからです。

もちろん、途中でほかのページを読むこともあるでしょうし、いきなり問い合わせてもらえる可能性もないわけではありません。ただ、戦略的にはこのような流れで考えます。つまり、どのページが入口になっても良いけれど、ゴールは問い合わせであるということです。

したがって、問い合わせページに誘導して問い合わせを獲得することが、集客の基本的な流れであると、覚えておいてください。

次は、掲載する内容を考えていきます。

誰に対して情報発信するのか?

あなたは誰に対して情報を発信しようとしていますか? 以下にザックリと属性を上げてみました。読んでほしい相手を想像してみてください。紙にメモすると、より明確化しますよ。

  • 別・・・男性、女性
  • 年齢層・・・こども、若者、中年、高年、老人
  • 業・・・無職、会社員、自営業、年金受給者、求職者
  • 知識量・・・まったくなし、少しはある、一般的、マニア、プロ

思いつくところを出してみました。もっと細かく考えることもできるでしょうし、ビジネスによっては趣味が重要だったり、家族構成が重要だったりと影響するものが違う場合もあると思います。要するに、ある特定の誰かにターゲットを絞ってほしいんです。

なぜなら、対象を広げてしまうと内容が薄味になってしまい、かえって誰にも訴求できなくなってしまうからです。一見すると対象を絞ることでチャンスが減りそうですが、内容が濃くなる分、訴求力が強くなるので、かえって集客できるようになるんです。

なので、誰に対して情報発信するのか、人物像を明確にしてください。

どんな情報(商品)を発信するのか?

どんな情報を発信するのかと聞かれれば、「お客様がほしいと思う情報」と答えます。なぜなら、ほしいと思ってもらえない限り、読んでもらえないからです。ところが多くの方が、「自分が発信したい情報や、売りたい商品。」をメインに持ってきてしまうんです。

あなたも、売りたい商品より「こんな商品が?」というものが売れる経験がありませんか? 売る側と買う側のズレがそこにあるんですね。インターネットは、ほとんどの方が興味のあるものしか検索しないので、メインに据える情報を間違えると、厳しい結果となるでしょう。

いわゆるニーズの把握ということですが、これはもう頑張って見つけるしかないですね。ちなみに発信したい情報でも、紹介方法を工夫すれば、ほしい情報に化けさせることは可能です。ただし、それには慣れや経験が必要になるので、簡単ではありません。

したがって、どんな情報を発信するのかと言えば、お客様がほしいと思う情報に尽きると、覚えておいてください。

SEO対策はどうやるの?

SEO対策についてですが、今回のお話で一番みなさんが気になるところかもしれませんね。実は、これまで説明してきた内容が、そのままSEO対策になっているんです。なぜなら検索は、『抱えている問題の解決策を探す』行為だからです。

したがって、その問題解決ができるコンテンツを作れば、表示される順位は当然上がります。先ほどから説明している内容は、お客様のほしい情報や商品を発信するというものでしたが、つまりそれは探している解決策ということです。

分かりやすく言うと、例えばおいしいケーキの情報を発信しているとすれば、そのページにアクセスする人は、ケーキを食べたいという問題(欲求)を抱えています。ようするに、おいしいケーキの情報を解決策として探していたわけです。

このように、ニーズに合わせて『役に立つ情報を発信する』ことこそがSEO対策なんですね。

参考:タイトルの付け方は、SEO対策に影響する。

ここで、「タイトルの付け方は、SEO対策に影響する」という技術的なお話をしておきます。基本的には、できるだけ最初の方にキーワードを持ってきて、その後ろにキャッチコピー的な説明を入れます。すると、検索で上位表示されるとともに、検索ユーザーの興味を引くことができます。

ただし注意してほしいのが、検索エンジンはタイトルと本文の関連性を、非常に強く意識している点です。したがって、内容と関係ないタイトルを付けると、まったくSEO対策にはならないでしょう。逆に、タイトルを付けたら、それに見合った内容にすべきなんです。

したがって、ページタイトルは、内容を正確に表しつつキーワード入れて短くまとめることで、SEO対策に貢献すると覚えておいてください。

お問い合わせページを工夫する。

お問い合わせページを工夫する必要があります。なぜならお問い合わせは、個人情報を入力するという大きなリスクがあるからです。つまり、入力フォームがあるだけではリスクを払しょくできないので、多くの方がお問い合わせをためらってしまうんです。

そして多くのサイトが、この『ためらい』を理解して作られていません。「聞きたいことがあれば問い合わせフォームを使うだろう」と考えるのは間違いです。フォームがあるだけでは、本当に答えてくれるのか、何がどの程度分かるのかがはっきりしないので、不安になるんです。

あなたも、問い合わせるときに非常にためらうでしょ? それは不安があるからです。したがって、問い合わせをもらうためには、その不安をなくすように、長々と文章を書いて説明しなくてはいけないんです。もちろん冗長な文章はまずいですが、丁寧に不安を取り除いてください。

そして、多少のリスクを背負う代わりに、大きなメリットがあることを伝えてください。そこまでやらないと、問い合わせをもらうことは、まず無理だと考えてください。

なぜ、これで集客になるのか?

なぜ、これで集客になるんでしょうか? これは、ホームページの制作技術と集客は、全く別次元だからです。ほとんどの方は、集客はSEO対策のような施策だと思っています。しかし、よく考えてほしいのが、アクセスを増やしても、いらない情報や商品に興味を持つ人がいるかどうかです。

つまり、最初にターゲットを絞って、その人のニーズに沿った情報や商品を用意しないと、商売として成立しないんです。商売として成り立っていない状態で、どれだけホームページをいじっても、何も伝わらないのは、言わなくてもお分かりだと思います。

しかし、集客の流れを理解し、ターゲットやニーズといったところをしっかりと押さえて、戦略的に作られたホームページなら集客できるんです。なので、まずやるべきはホームページの技術的な勉強ではなく、集客戦略の構築や見直しです。

すでにお気づきかもしれませんが、今まで集客戦略について説明していたんです。だから、これで集客になるんですね。

まとめ:戦略が重要であることを、理解してください。

いかがでしたか?

ホームページの集客方法、成果を出すための7点について説明しました。集客の基本的な概念、集客の基本的な流れ、誰に対して情報発信するのか、どんな情報(商品)を発信するのか、SEO対策、お問い合わせページを工夫、集客になる理由などがありましたね。

繰り返しになりますが、まず集客戦略を作ってください。そして、それに基づいてホームページを手直ししてください。それが集客方法として、最もまっとうなやり方です。アクセスだけ増やして「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」みたいなことでは、非常に効率が悪い集客になります。

ニーズに沿うことは、『お客様の期待に応える』ことになります。つまり、『お客様に信用してもらう』ことにつながります。最初にお話しした集客の基本的な概念と一致しますよね。集客方法では、戦略がしっかりしていないと、成果が出ないことをご理解いただければ何よりです。

以上、「ホームページの集客方法、成果を出すための7点とは?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、でしたら『集客の無料相談』を利用してみませんか? ホームページの問題点がわかるので、改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

集客の無料相談