SEO、本当に成果の上がる対策とは?

SEO、本当に成果の上がる対策とは?

成果の上がるSEO対策とは何かを説明しました。思ったように検索で上位表示されない方や、集客でお困りの方にご覧いただきたい内容です。SEOで使用される技術の本質を理解することで、本当は何をすべきなのかが分かるように解説しています。

ユーザーのために文章を書くことです

SEO対策に関して具体的な方法をお探しですか? Webサイトを公開していれば、検索で上位表示してほしいと誰しもが思うはずです。これには基本的な考え方があって、ユーザーのために文章を書くことが重要になります。もはや、下手な小細工は通用しなくなっているんです。

そこで、どのような方法であれば検索で上位表示されるのか、執筆時点での最新情報をもとに、可能な限り核心に迫りました。本当は何をすべきかが分かりますよ。

検索で順位を上げる方法とは?

現在のSEO対策は、少し前のやり方とは大きく異なります。以前であれば、大半は何らかのテクニックを駆使して行うものでした。ところが、それは悪影響が出る可能性がかなり高い、よくない方法になってしまいました。これは一般的に『ブラックハット』と呼ばれている手法です。

では、何をするかといえば『ホワイトハット』と呼ばれる方法で、検索ユーザーのために文章を書くんです。要するに「ある特定のことに対して非常に深く解説している文章を書く」ということになります。もうちょっといえば、検索ユーザーが知りたいことを分かりやすく説明するというこですね。

基本的な方針としては、このような文章の書き方で自然と上位表示されます。と言われてもさすがに具体性がないと思うので、もう少しだけ説明しますね。

SEO対策の基本を考える

まず、なぜホワイトハットと呼ばれるやり方が大事なのかを考えておきましょう。

検索といえば Google が大きなシェアを占めています。Yahoo のキーワード検索も Google のエンジンを使っていて、この2社で寡占状態である以上、Google の思想が検索エンジン全体の思想ということになります。つまり、この思想がどんなものなのかが分かればいいんです。

さて、Googleがどんな思想を持っているかというと、検索で上位表示されるサイトはユーザーにとって役に立つ内容でなければならないということが根底にあります。これは、Googleが検索時に表示される広告によって収入を得ているという、ビジネスのやり方と関係します。

検索キーワードの意図を正確に読み取って、それに見合ったサイトを表示することで、検索ユーザーに対して信頼が生まれます。すると、広告を見てもらえる機会が増えるから収入に結び付くということなんです。つまり、ユーザーに役立つサイトが上位表示されれば、Googleが儲かるんですね。

こう書くと、なんだか Google を儲けさせるためにSEO対策をするように感じますが、上位表示されることで、お客さんと出会えるわけですから『ウィン・ウィン』の関係だといえるんじゃないでしょうか。なので、ユーザーのために文章を書き、サイトを作るということを忘れないでほしいんですよ。

タイトルの付け方とキーワードの選び方

SEO対策では、タイトルがかなり重要であると言われています。なぜ重要なのかといえば、ユーザーがタイトルからそのページの内容を判断するからです。内容がどんなによくてもタイトルが悪いと読もうと思わないので、読みたいと思うタイトルを付ける必要があります。

また、キーワードもとても重要です。キーワードがあるということは、検索ユーザーはそのキーワードが示す事柄を知りたいということだし、逆にキーワードがなければ、その事柄は知りたいことではないということです。だから、意味のあるページにするにはキーワードの把握が大切です。

これらのことから、実際に検索実績のあるキーワードから検索ユーザーが必要としている情報を把握し、内容を的確に表すタイトルをつけることが重要であることが分かります。こうすると、検索ユーザーの意図に合ったホームページになるので、SEO対策になるんですね。

SEOでのタグの使い方は?

これまでの経験からですが、タグの使い方に特別なことはなさそうです。普通に HTML の規約通りに使うだけです。多少間違った使い方をしていても、書いてある文章が検索ユーザーが必要としている情報であれば、上位表示しているようです。だから、タグだけでSEOというのは難しいでしょうね。

ただし、過去に内容はいいのに上位表示しなくて変だなあと思ったことがありました。調べてみると、タグの使い方がちょっとおかしかったので修正したところ、ポンと順位が上がったことがありました。なので、タグが影響する場合も、中身の濃い文章が大前提だということなんですね。

なお、内容がよくないとタグを修正したからと言って順位が上がるものではないので、すべては内容次第であることを覚えておいてください。

テキストの文字数は影響するのか?

SEOの方法論として見つかるものが、テキストの文字数です。例えば、1500文字以上書かないといけないとか、3000文字を超えると多すぎて良くないとかいろいろあります。果たしてどれが正解なんでしょうか? 実は、文字数に正解はなさそうなんです。

これも経験上の話ですが、一生懸命書いたページが数行しかないページよりも順位が下回ってしまうことがあるんですよ。おそらく、あるテーマを説明するにあたって、それが十分理解できる文章量があるんでしょう。だから、長いほうがいい場合もあるし、短いほうがいい場合もある。

文章が完成し「よし、これでしっかりと説明できたぞ!」となった時の文章量が最適だということです。なので、500文字ぐらいかもしれないし、3000文字ぐらいかもしれないんです。文字数はあくまでも結果論なんですね。なので、文字数を考えるよりも、文章の内容を考えるべきなんですよ。

SEOに役立つツールとは?

SEOに関係したツールはかなりたくさんありますよね。ですが、ほとんどのツールは意味がなくなっていると思います。というのも、技術だけのブラックハットSEO対策をやっていた昔のツールばかりだからです。中身が重視される現代には全くそぐわないと思いますね。

ただし、すべてが全く役に立たないわけではありません。おそらく Google アナリティクスのようなアクセス解析ツールであれば、役に立つんじゃないでしょうか。ただし、これは結果を見るだけなので、SEO対策になるわけではありませんが、やったことの分析ができるという点で使えると思いますよ。

コンサル会社に依頼するときの注意点とは?

SEO対策を自力でやるのが大変だということで、コンサルタントに依頼するときは、少し注意が必要だと思います。なぜなら、彼らはSEO対策だけしかしてくれないからです。「それで問題ないのでは?」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、SEOを行う本質を思い出してください。

多くの場合、集客のためにSEO対策を行っているはずですが、検索で上位表示されるだけでは集客にはならないんです。集客という観点から考えると、SEO対策だけのサービスでは成果が出ません。必ず、集客的な観点がある業者に申し込む必要があるでしょう。ぜひその点に気を付けてください。

※ こちらが参考になりますよ。

まとめ

いかがでしたか?

SEO対策について少しだけですがお話ししました。古いやり方を知っている方は技術的なことがほとんど出ていないので、「これがSEO対策?」と思われるかもしれないですね。でも、これが現代のSEO対策だし、現実がそうなっているんです。

集客という本質を考えた場合も、ユーザーの役に立たないページは読んでもらえないから全く意味がないんです。ただ、読んでもらえるページを作るのはそれなりの技術が必要です。私にご依頼いただければご指導しますので、本当の意味でSEO対策されたページを手に入れられますよ。

以上、「SEO、本当に成果の上がる対策とは?」と題して解説しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ集客の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ集客の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。