集客ホームページの構成、4つの超重要ポイント!

集客ホームページの構成、4つの超重要ポイント!

集客ホームページの構成、4つの超重要ポイントを説明しました。これから集客ホームページを作りたいけれど、ページ構成をどうしたらよいのか分からないという方に適しています。具体的に何をすべきか、理由も併せて解説しました。

集客ホームページの構成を知る意味とは?

ホームページで集客しようと思ったあなたは、「さて、一体何から始めればいいのか?」と検索するうちに、このページにお越しになったのではないでしょうか。そこで、ホームページの構成について説明していきますが、その前に確認したいことがあります。

それは、ホームページの構成を知る意味です。おそらく、集客ホームページを作ることで売り上げを伸ばしたいと思われたはずです。確かに、構成を知ることで形はしっかりと出来上がりますが、それだけで集客ができるわけではないことを知ってほしいんです。

つまり、集客ホームページを作成するためには、構成をしっかりしつつ内容を充実させることが必要になるわけです。そこで、内容にも注目しながら構成についてお話しします。

集客ホームページの構成のポイント。

それでは、集客ホームページの構成を説明しましょう。大きく分けると4種類のページになるので、それぞれがどのような内容でどんな役割を果たすのかをお話しします。

1.SEO対策ページ

SEO対策ページは、検索結果で上位表示させることを強く意識したページです。別の見方をすると、ある特定の事柄について非常に詳しく説明したページでもあります。役割としては、検索ユーザーを自社サイトへ誘導することになります。

検索ユーザーの目に最初に触れるページになる可能性が高いので、内容の出来が非常に重要になります。簡単にいうと、検索ユーザーは問題の解決策を探しているので、それを正確に提供していることがポイントです。当然、問題の解決ができれば検索ユーザーの興味を引くことができます。

ただし、気を付けないといけないのが、解決策が見つかるとたいていの人がそれでページの閲覧を終了してしまう点です。2ページ、3ページと続けて読んでもらうのは難しいでしょう。なので、続けて読みたくなるような、巧みなライティングテクニックが必要です。

このように、検索ユーザーをサイトへ引っ張ってくるという、極めて重要な役割を担っているのが、SEO対策ページなんですね。

2.トップページ

トップページは、その名前の通りサイトのトップにあるページのことです。トップページはかなり気合を入れて作ることが多いと思うんですが、実はSEO対策ページよりもむしろ重要度は低いんじゃないでしょうか。というのも、トップページへのアクセスは意外と少ないからです。

多くの場合、トップページは会社名でたどり着くことになるので、有名企業でない限り直接アクセスされることは思ったほどには多くないんですね。なので、SEO対策ページにたどり着いたユーザーが内容に興味を持った後、トップページに流れると考えたほうがいいと思いますね。

したがって、トップページは内容うんぬんよりも、各ページへのリンクが正確に作られているかどうかが重要ですよ。あと、ポイントがあるとしたら、キャッチコピーでしょうか。当然、トップページにはキャッチコピーを入れますが、どれだけお客様の心をつかめるかが大事なポイントです。

つまり、トップページは各ページのハブの役割を持つと捉えればいいんじゃないかと思います。

※豆知識:ホームページとは、本来トップページのことを指します。

3.一般ページ

一般ページは、会社案内やプライバシーポリシーなど、検索結果で上位表示を狙うようなページでないものを指します。もちろん、会社名での検索があった場合は会社案内でも上位表示すると思いますが、特別にSEOを意識していないページのことを、一般ページと考えてもらえばよいと思います。

ですが、SEO対策と関係ないからと言って手は抜けません。なぜなら、検索ユーザーに信用してもらうための情報を提供するページだからです。一般ページにはサイトの信頼にかかわるページが含まれるわけなので、これらをいい加減に作ると怪しいと思われてしまいますからね。

また、意外なほどよく読まれるのが会社案内で、とりわけ代表者のページはアクセスが多いです。そのため、代表者のページをしっかり作り込むこと、サイト全体の信頼性に貢献することができます。ちなみに何を書くかというと、きれいごとではなく熱量が伝わる熱い気持ちが良いと思います。

したがって、一般ページはSEO対策ページほど直接的には貢献しないものの、信頼を得るためには手を抜くことができないページだということを覚えておいてください。

4.集客用ページ

集客用ページは、一般的にランディングページと呼ばれるページです。例えば、商品のサンプルを紹介したり、無料体験講座の説明をしたりするページです。最終的にはサンプルの取り寄せや参加予約を受け付けたりするので、個人情報を入力してもらうページともいえます。

また、商品を販売している場合は、商品の販売ページが集客用ページともいえます。ところで集客用ページはある意味で集客の生命線であると言えます。なぜなら、出来が悪いと全くお問い合わせ(申し込み等含めて)をもらうことができないからです。

では、どんな内容が良いのかというと、しっかりとした説明をして問い合わせたくなるように誘導すべきです。一番やってほしいのはベネフィットの説明です。なお、フォームがあるだけのページはやめてほしいし、フォームを整えてもそんなに影響はありませんよ。

したがって、集客用ページの役割は、お問い合わせを受け付けることになります。ホームページ集客の最終目的は、個人情報を入手(または直接販売)することにあるので、集客用ページの完成度が集客の成否を決めるといっても過言ではないくらい、最も重要なページなんです。

各ページはどのように機能するのか?

各ページがどのように機能するのか、説明しておきましょう。理想的な流れとしては、SEO対策ページから集客用ページへと導くことです。ただ、現実的には会社概要などいろいろなページを見て信頼できると感じた後、ようやく集客用ページへと流れるでしょう。

最初の着地ページがSEO対策ページであろうが、トップページであろうが、いかにして集客用ページへ誘導するかが重要です。この誘導方法こそが、集客ホームページを構成するうえで、実は一番考えなければならないポイントなんです。

したがって、それぞれのページを個別に考えるのではなく、全体的なつながりや流れも意識しなくてはいけないということなんですね。

まとめ:集客で忘れてはいけないこと。

いかがでしたか?

集客ホームページの構成、4つの超重要ポイントを説明しました。全体の構成は、SEO対策ページ・トップページ・一般ページ・集客用ページでした。集客の流れとしては、アクセスした検索ユーザーがページ内容に興味を持ち、お問い合わせをしてくるということになります。

そして繰り返しますが、最も重要なのは各ページの内容です。アクセスしてきたユーザーの心情をいかにうまくとらえて必要とされる情報を提供できるかが、一番力を入れるべきところです。つまり、自分の主張だけでなく、お客様目線で内容を考え作ることが問われるんです。

集客ホームページは構成をしっかりするだけでなく、ユーザーの心をつかむ内容を各ページに持たせることで、お問い合わせにつながるということを忘れないでください。

以上、「集客ホームページの構成、4つの超重要ポイント!」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、でしたら『集客の無料相談』を利用してみませんか? ホームページの問題点が分かるので、改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

集客の無料相談