Webコンサルティングが必要な、5つの理由とは?

Webコンサルティングが必要な、5つの理由とは?

Webコンサルティング必要な、5つの理由を説明しました。コンサルティングに興味がある方や、依頼を検討している方は、ぜひご覧ください。Webコンサルティングが必要な理由として、様々なメリットをご紹介しています。

なぜWebコンサルティングが必要なのか?

「うちもWebコンサルティングが必要かな?」と疑問を持たれたために、あなたはこのページをご覧になっているのだと思います。ところで、Webコンサルティングにご興味があるということは、ホームページで期待した成果があがっていないということではないでしょうか?

だとしたら、Webコンサルティングを依頼すべきでしょう。なぜなら、非常にメリットが多いからです。少なくとも、今までと同じやり方をしていたのでは、成果はあがらないままです。その状況を変えるためにも、Webコンサルティングが必要なのではないでしょうか。

そこで、Webコンサルティングが必要な理由として、さまざまなメリットをご紹介しましょう。

Webコンサルティングが必要な5つの理由。

それでは、Webコンサルティングが必要な理由を説明します。理由は5つありますので、しっかりと目を通してください。

ホームページの問い合わせが増える

Webコンサルティングには、ホームページの問い合わせが増えるというメリットがあります。おそらく、これがWebコンサルティングが必要とされる最大の理由ではないでしょうか。ところで、ここで言う問い合わせとは、商品に興味を持った方が例外的な事項を聞くものです。

では、なぜ例外事項なのかというと、それ以外の情報はすべてホームページに掲載されているからです。例えば、「○○については分かったけれど、□□の場合はどうなんだろうか?」といった疑問が出た場合に問い合わせるということですね。

ホームページにはたいていのことが掲載されていますので、閲覧者がそれ以上のことを聞くということは、商品やサービスに対して非常に興味を持っている証であると言えます。だから、例外を聞いてくる問い合わせは、非常に重要なんですね。

したがって、例外を聞く問い合わせが増えるということは、それだけ多くの見込み客の獲得につながります。高価なものや良さがすぐに理解できない商品は即購入とはなりませんので、コンサルティングの依頼において、かなり大きなメリットだと言えるでしょう。

ユーザーサポートの問い合わせとは違い、あくまでも「購入に関する問い合わせ」の意味ですので、勘違いが無いようにご注意ください。

閲覧者のニーズが分かる

Webコンサルティングには、閲覧者(お客さん)のニーズが分かるというメリットがあります。ここで言うニーズとは、「閲覧者が何を必要としているのか?」ということです。では、なぜニーズの把握が重要なのかというと、ニーズのないものは売れないからです。

非常に当たり前のことではありますが、売っている本人は意外と気づいていない場合があります。また、ニーズが分かると、売れない商品を売れるように工夫することも可能になります。例えば、自動車のワイパーの替えゴムが売れなかったとしたら、売り方を工夫できます。

多くの方が安い商品を望んで、一番安いワイパーブレードを購入しているとしたら、「ブレードごと買うよりも、ゴム交換したほうが安いですよ。」と説明すれば、「そうか、ブレードごと交換するよりも安い方法があるのか!」とお客さんに気づいてもらえます。

このように、ニーズが分かれば商品の売り方がわかるので、ホームページのキャッチコピーや説明のしかたが、お客さんの心を揺り動かすものに変えられるんですね。これも、コンサルティングを依頼するうえで、非常に大きなメリットではないでしょうか。

ネットに最適なビジネスのやり方がわかる

Webコンサルティングには、ネットに最適なビジネスのやり方がわかるメリットがあります。ここで言うやり方とは、各々のビジネスに合わせたやり方のことで、テンプレートにはめたように標準化されたやり方ではありません。

なぜビジネスに合わせたやり方をするのかというと、それぞれの会社でビジネスのやり方が異なるからです。例えば、同じ業種であっても安さがウリの場合もあれば、高品質がウリの場合もあります。したがって、同じ業種であっても全く同じ手法は使えないわけです。

また、商品やサービスを売りたい気持ちが強すぎて、いきなり販売につなげようとする方が少なくありません。まずは無料冊子の提供や、無料診断などから少しずつ距離を詰める方が、成約率が高い場合もあります。これは、ホームページ作成の技術ではどうにもできない部分ですよね。

このような理由から、ネットに最適なビジネスのやり方が重要なんです。ネットに最適なやり方がわかれば成果をあげやすくなりますから、コンサルティングには大きなメリットがあると、言えるのではないでしょう。

当事者では気づけないことが分かる

Webコンサルティングには、当事者では気づけない事が分かるメリットがあります。ここで言う気づけない事とは、お客さんの気持ち(顧客心理)のことを指します。では、なぜ顧客心理なのかというと、販売側はどうしてもお客さんの気持ちを理解できないからです。

誰かに商品を購入してもらうためには、相手の気持ちを理解することが最も重要になります。なぜなら、気持ちに合わせたキャッチコピーや説明が必要だからです。例えば、「この商品はとても軽いです!」と説明しても、実はうまく伝わりません。

多くの方に伝えるためには、「この商品なら疲れません!」と伝えなくてはいけないんです。軽い商品がほしいのは、疲れたくないからです(←これをベネフィットと言います)。ベネフィットで表現するためには、受け手の気持ちの理解が欠かせません。

しかし、当事者は商品を知りすぎているために、ベネフィットが分からなくなってしまうんです。本来お客さんはベネフィットにお金を払いますので、それがコンサルティングでわかるのは、非常に重要なメリットであると言えるでしょう。

ホームページの真の作り方がわかる

Webコンサルティングには、ホームページの真の作り方が分かるメリットがあります。こんな言い方をすると「真の作り方って何?」となると思いますが、ここで言う真の作り方とは、内容の作り込みのことを指します。

では、なぜ内容の作り込みなのかというと、お客さんに対して有益な情報や商品を提供することが、最も重要だからです。お客さんがほしいのは、自身の抱える問題や欲求の解決策ですから、それを表現するためには、内容の充実しか考えられません。

したがって、どんなにホームページの外見をカッコよくしたりかわいくしたりしても、お客さんの望みを満足できないわけです。だから内容をしっかり作り込まないと、売れない・集客できない・反応が無いというホームページになってしまうんですね。

もちろん、デザインなど見た目がどうでもよいわけではありません。まずは内容をしっかり作り込んで、それに見合った外見に変えることが、順序としては最も適切だと言えます。

このように、「ホームページは内容を作り込まないと機能しない」ということが分かりますので、コンサルティングを受けることには、大きなメリットがあると言えるでしょう。

まとめ:成果をあげるには、Webコンサルティングが必要です。

いかがでしたか? Webコンサルティングが必要な、5つの理由を説明しました。

今回ご説明したのは、ホームページの問い合わせが増える、閲覧者のニーズが分かる、ネットに最適なビジネスのやり方がわかる、当事者では気づけないことが分かる、ホームページの真の作り方がわかる、などのポイントでした。

Webコンサルティングが必要な理由としてメリットを5つ説明しましたが、いずれも専門外の方が行うと非常に時間がかかったり、そもそも出来ないものもあったのではないでしょうか。別の見方をするなら、ホームページで成果をあげている方は、これらが出来ているわけです。

したがって、これら5つのメリットとして挙げたことがご自分で出来ない場合は、Webコンサルティングが必要であると考えられます。ホームページ制作では、当事者には気づけないことに気づく必要がありますので、Webコンサルティングの必要性も考えてみていただければ幸いです。

以上、「Webコンサルティングが必要な、5つの理由とは?」と題して説明しました。