《Web担当者を応援する、ホームページアドバイザーのブログ。》

Webサイト集客、知っておくべき超重要ポイント!

Webサイト集客、知っておくべき超重要ポイント!

Webサイト集客で、知っておくべき超重要ポイントを説明します。読者対象は、Webサイト集客について基本を知りたい方です。Webサイト集客に欠かせない集客ページの内容と誘導について、くわしく説明しています。

なぜWebサイト集客では、集客ページが重要なのか?

もし、「Webサイト集客で成果をあげるにはどうすればいいですか?」と質問されたら、私ならこのように答えます。「真っ先に次の2つの最重要ポイントを確認してください」。

  • 集客ページの魅力が伝わっていますか?
  • 集客ページへの誘導ができていますか?

なぜなら、絶対に外してはいけない、Webサイト集客の基本だからです。申し込みや問い合わせなどの、反応を獲得することがWebサイト集客の目的ですが、そのためには、閲覧者が集客ページにアクセスしなくてはいけません。だから、集客ページが非常に重要なのです。

ここで言う集客ページとは、購入・申し込み・問い合わせなど、閲覧者が最終的に何らかのアクション(反応)を起こすページの総称です。

そこでWebサイト集客で成果をあげるために、集客ページをどのように扱い、何をすべきなのか詳しく説明しましょう。

Webサイト集客で、知っておくべき5つのポイント!

それでは、Webサイト集客で、知っておくべきポイントを説明します。5つに集約しましたので、ぜひ最後まで目を通してください。

Webサイト集客であがる成果とは?

まずは、Webサイト集客であがる成果を確認しておきましょう。サイトで、どのような成果があがるのかというと、購入・申し込み・問い合わせなどアクション(反応)です。つまり、これらの反応の獲得を目指して、Webサイト集客を行うことになります。

したがって、反応を獲得するために何をすべきか考えることが、Webサイト集客で必要です。ところで、反応はどこで得るのでしょうか? もちろん『集客ページ』からですね。つまり、集客ページの出来と、そこへの誘導がポイントになるわけです。

では具体的に、集客ページへはどのように誘導すればよいのか、そして集客ページの出来を決めるのは何なのか、さらにお話ししていきましょう。

集客ページへの誘導が、うまくいっていますか?

Webサイト集客では、集客ページへの誘導がうまくできているか、確認する必要があります。なぜなら、集客ページへの誘導が出来なければ、そもそも閲覧者からの反応はあり得ないからです。このような理由から、集客ページへの誘導を改善します。

具体的には、集客ページのリンクやバナーの位置が重要です。これは、必ず本文の上部か下部に配置しましょう。なぜなら、文章の読み始めと読み終わった後は、興味が強まっているからです。デザイン上の都合により、おそらく下部に配置することが多いでしょう。

一般的には、サイドのメニューカラムに配置する場合も多いですが、最上部に配置しない限り、まずクリックされないでしょう。確かに、サイドカラムだとデザイン上は収まりが良いのかもしれませんが、閲覧者の目につきにくいため、クリックされる確率が低い場所なのです。

リンクやバナーは、集客ページへの入り口ですから、配置には十分注意してください。入口がわからない建物には、入ることができないでしょ? それと同じことです。

集客ページのリンクやバナーは、魅力を伝えていますか?

集客ページへの誘導は、リンクやバナーで集客ページ自体の魅力を伝えることが、最も重要です。入口の位置を変えるだけでは、明らかに力が弱いのです。少なくとも、「お気軽にお問い合わせください」と書いてあってもクリックしてもらえません。

なぜなら、閲覧者がリンクやバナーをクリックするのは、魅力を感じた時だけだからです。もし、お気軽であることが魅力だとしたら、それはどこがどのようにお気軽なのか、具体的に説明しなければ伝わらないのです。とにかく、具体的に具体的に説明してください。

例えば、フォームで簡単に入力できるとか、しつこく売り込みをかけたりはしないとか、お気軽である理由を具体的に説明するのです。ホームページは、「書いてないことは存在しないのと同じ」ということを肝に銘じておきましょう。

このように、Webサイト集客では具体的に魅力を伝えることで、集客ページへ誘導するバナーやリンクをクリックしてもらえるようになるのです。

集客ページの内容が、作り込まれていますか?

集客ページへの誘導ができたら、さらに重要なのがその内容です。閲覧者が、最終的に問い合わせるかどうかは、個人情報を公開するだけの価値があると、『感じる』かどうかにかかっています。繰り返しになりますが、閲覧者は魅力を感じるから反応するのです。

したがって、入力フォームしか無いようなページでは、とてもではないですが集客ページとは呼べないでしょう。先ほどと同様で、フォームの手前に「お気軽にお問い合わせください」と書いてあるだけでは何の魅力も伝わりません。

例えば、次のようなことが最低限必要です。

  • 販売・申し込み……手に入れることで、どれくらい役に立つのか?
  • 問い合わせ…………期待した答えが返ってくるのか?
  • 無料相談……………専門家による、適切なアドバイスが得られるのか?

このように集客ページでは、魅力を伝えることに徹してください。大事なことなのでしつこく何度でも言いますが、閲覧者は魅力を感じるから反応するのです。

どうやって説明すると、魅力が伝わるのか?

Webサイト集客では、魅力が伝わる説明のしかたが重要で、閲覧者が考えることなく一瞬で理解できる説明が必要です。なぜならWebサイトは、ごく短時間(2分程度)しか目を通さない場合が多いからです。では、具体的にどのように説明すれば、魅力が伝わるのでしょうか?

それは、ベネフィットです。ベネフィットとは、商品やサービスから得られる利益のことなので、受け手に魅力が伝わりやすいのです。これが、単なる商品説明だと魅力がうまく伝わりません。なぜなら、商品説明はいったん自分の利益に変換しないと、魅力として理解できないからです。

例えば自動車の説明で、「この車は高性能サスペンションです。」と説明するよりも、「この車は走りと乗り心地を同時に楽しめます。」と説明するのです。前者の説明だと、「高性能サスペンションということは、走りも乗り心地も良いということかな?」と考えなくてはいけません。

単なる商品説明では受け手の利益が瞬時に理解しづらく、短時間では魅力が伝わりません。すると、「なんかよくわかんないなぁ、まあ今回はいいや。」となって、反応に至る前に閲覧者が直帰してしまいます。残念ですが、考えないと分からないことは、書いても役に立たないのです。

したがって、短時間しか見ることのないホームページでは、考えなくても魅力が理解しやすい『ベネフィット』での説明が最適なのです。ベネフィットで説明することで、魅力が伝わりやすくなり、反応率がぐっと上がるようになるでしょう。

参考 ベネフィットについては、こちらで詳しく説明しています。

ベネフィットとは何か、わかりやすく説明します。読者対象は、ベネフィットとは何か意味を知りたい方です。単なる言葉の意味説明では終わらず、例文や表現方法、ホームページでの重要性についても詳しく説明しています。

まとめ:集客ページの魅力を伝えて、閲覧者を誘導する!

いかがでしたか? Webサイト集客で、知っておくべき超重要ポイントを説明しました。

今回ご説明したのは、Webサイト集客であがる成果とは?、集客ページへの誘導がうまくいっていますか?、集客ページのリンクやバナーは魅力を伝えていますか?、集客ページの内容が作り込まれていますか?、どうやって説明すると魅力が伝わるのか?、などのポイントでした。

多くの方がテクニック(SEO対策・デザイン・フォームの項目数・ボタンの色など)に力を入れて、Webサイト集客を行おうとしてしまいます。テクニックは簡単なので、そちらが先行する気持ちはわかるのですが、本質的には魅力を発信しない限りWebサイト集客はうまくいきません。

先ほどから繰り返し説明していますが、魅力が伝わっていないところが問題です。魅力を確実に伝えるには、ベネフィットでの説明が必要です。閲覧者に集客ページの魅力を伝えて誘導し、反応を獲得することがWebサイト集客であることを忘れずに、取り組んでいただければ幸いです。

以上、「Webサイト集客、知っておくべき超重要ポイント!」と題して説明しました。