ウェブソルブのホームページ作成、7つの特徴とは?

石川県のホームページ制作は、集客できる当方へ!

ウェブソルブのホームページ作成について、7つの特徴を説明しました。ホームページ作成に関しての特徴を知りたい方に適した内容です。特徴だけでなく、最終的にどのようなホームページに仕上がるのか説明しているからです。

ウェブソルブには、どんな特徴があるのか?

石川県金沢市のホームページ作成業者、ウェブソルブと申します。当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。ウェブソルブは、石川県内でも数少ない、集客できるホームページ作成を承っております。したがって、他のデザインを中心とした業者とは一線を画しています。

具体的には、反応率を上げることを第一に考えております。なぜなら、アクセス数を増やす施策だけでは、「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」ということにしかならないからです。したがって、集客できるホームページとは、「反応率が高いホームページ」ということです。

このように、ウェブソルブ最大の特徴は反応率の向上です。そこで、ホームページの反応率を高くするための施策とはどのようなものか、詳しくご紹介しましょう。

反応率を高くするための、代表的な施策を7つご紹介します。

それでは、反応率を高くするための代表的な施策をご紹介します。施策は数多くありますので、ここでは代表的なもの7つにしぼりました。具体的には、以下に挙げた7つです。

  1. ウェブソルブが行うのは、内容作りです。
  2. ターゲットの絞り込みを行います。
  3. ニーズの分析を行います。
  4. 集客の方向性を決めます。
  5. 効果の高いキャッチコピーを作ります。
  6. 検索で上位表示できるよう対策を行います。
  7. お問い合わせ専用ページを作ります。

続いて、それぞれのポイントを詳しく説明していきましょう。

1.ウェブソルブが行うのは、内容づくりです。

ウェブソルブが行うのは内容づくりで、ホームページすべてを作るわけではありません。なぜなら、ホームページは、あなた自身が作らないと良いものにならないからです。ホームページは、常に更新を続けて育てるものです。つまり、それができるのは、あなたしかいません。

したがって、ウェブソルブは内容づくりのお手伝いという立場です。だから月額料金は無料で、1回につきいくらというやり方をしています。なので、あなたがホームページを更新するなかで、手助けが必要になったら、ウェブソルブにお声掛けしていただければ結構です。

どこかへ丸投げして、毎月一定額の費用を吸い取られ続けて、あげくの果てに集客できないのではやり切れません。ホームページの作り方は私がお教えしますので、業者に丸投げすることなく自らホームページを育ててください。ホームページは自分で作って、初めて成果が出るんです。

それが、ウェブソルブが行うのは、内容づくりだけである最大の理由です。

2.ターゲットの絞り込みを行います。

集客で重要なのが、ターゲットの絞り込みです。ターゲットを絞り込むということは、ある特定の方だけを対象にビジネスを行うということです。なぜ特定の方だけを対象にするのかというと、訴求力を高めたいからです。つまり、ことばの説得力が強くなるんです。

例えば、「みなさん」と呼びかけるよりも、「○○にお困りのみなさん」とした方が、明らかに興味を持ってもらえます。なぜなら、条件に当てはまった人は「ドキッ」として思わず反応してしまうからです。このように、ターゲットを絞ることで、訴求力を高くします。

なお、どのように絞り込むのかというと、次にご紹介するWebマーケティングが役立ちます。なぜなら、ニーズがわかると、何に困っているのかが見えてくるからです。

3.ニーズの分析を行います。

ご依頼を受けてから最初に行うのが、ニーズの分析です。なぜ最初に、ニーズ分析を行うのかというと、どれだけガンバっても、ニーズに合わない商品やサービスを売るのは極めて難しいからです。だから、最初にニーズの把握をするわけです。

ウェブソルブでは、Webマーケティングによってニーズを把握します。この手法では、検索ワードを収集し分析します。すると、キーワードの種類や検索数から、ユーザーの検索意図が読めます。つまり、ニーズが把握できるわけです。

すると、ホームページに書く内容だけでなく、提供すべき商品・サービス・情報も簡単に把握できてしまいます。このように、ニーズを分析することで、お客様の期待に応えられるようにします。

4.集客の方向性を決めます。

集客の方向性を必ず決めます。先ほどの『ニーズ・ターゲット』がわかることで、誰に対して何を売ればよいのかが決まれば、事実上、自然と方向性が決まってしまうんです。例えば、「Aに対して○を売っていたけど、Bに対して□を売った方が良さそうだ」ということが決まります。

これによって、サイト全体の説明の仕方や、場合によってはビジネスの仕方まで決まることになります。つまり、困っているターゲットに対してニーズに沿った商品を提供することで、確実に売れるように仕掛けるわけです。これが、集客戦略の基礎となります。

このように、集客の方向性を決めることで、サイトの作り方(時にはビジネスのやり方)を変え、成果が上がるようにします。

5.効果の高いキャッチコピーを作ります。

効果の高いキャッチコピーをお作りしています。キャッチコピーとは、その言葉の通り、読んだ人の心をキャッチするものです。つまり、さらに文章を読みたくしたり、お問い合わせをしたくなったりといった、実際の行動につなげる役割があります。

キャッチコピーが悪いと、いわゆる直帰率が大きくなります。つまり、チラッと見てすぐよそへ行ってしまうということなんですね。これを防ぐことは非常に重要で、キャッチコピーは反応率に大きく影響します。キャッチコピーを甘く見てはいけないんですね。

ちなみに、キャッチコピーは耳触りの良いカッコいいものを作っても、集客に貢献しません。読んだ人が、「私がほしかったのはこれだ!」と思えるような言葉が必要です。したがって、これも基本的には、検索意図に正確に合わせることが必要です。

このように、ニーズに沿ったキャッチコピーを作ることで、集客力を高くします。

6.検索で上位表示できるよう対策を行います。

検索で上位表示できるよう、いわゆるSEO対策を行います。これは、検索結果で上位表示されれば、アクセスが増える可能性が高くなるからです。ただし、気を付けないといけないのが、「アクセスが増えること=集客」ではない点です。あくまでも検索で上位表示されるだけです。

つまり、検索結果で上位表示されても、そのリンクをクリックしたいと思えなければ、アクセスが増えることはありません。アクセスを増やすためには、検索結果に表示されるタイトルや、説明文の作り方が極めて重要になります。もちろんその点についても対応いたします。

また、ウェブソルブで行うのは、コンテンツ対策と呼ばれる方法です。これは、文章の内容による検索対策です。なぜなら、検索エンジンはユーザーの検索意図に対して、正確に答えているページを優先的に上位表示するからです。

実際には、上位表示できる内容にするだけでなく、文章を読んだ後にお問い合わせなどの行動に移りたくなるような、ライティングテクニックもご説明いたします。このように、検索で上位表示できるよう対策することで、集客を後押しします。

7.お問い合わせ専用ページを作ります。

お問い合わせが増えるように、専用ページを作ります。簡単にいうと、お問い合わせをしたくなるような、仕掛けがあるページです。実はこのページの出来が、反応率に大きく影響します。それにもかかわらず、多くのホームページで軽視されています。

ウェブソルブでは、集客用ページと呼んでいますが、いわゆるランディングページのことです。一般的なランディングページは、派手なデザインで強いメッセージを伝えるものです。しかし、それでは押し売りと変わりません。あなたも、しつこい営業は嫌ですよね。

そこで、ユーザーの心理に重点を置いて、お問い合わせをしたくなるように作り込みます。派手さはありませんが、極めて効果が高いページです。もちろん、集客用ページへの誘導方法についても、お教えいたします。

このように、お問い合わせ専用ページを作ることで、集客力を大きく高めます。

まとめ:ニーズに沿った内容づくりを、大切にしています。

いかがでしたか?

ウェブソルブのホームページ作成、7つの特徴ついて説明しました。ウェブソルブが行うのは内容づくり、ターゲットの絞り込み、ニーズの分析、集客の方向性を決める、効果の高いキャッチコピー、検索で上位表示できるよう対策、お問い合わせ専用ページなどがありました。

繰り返しになりますが、集客できるホームページは反応率が重要で、ターゲットを絞り込みニーズに沿った内容を作ることが決め手です。反応率を上げるためには、ホームページの作成技術ではなく集客の知識が必要であることを、ご理解いただけたのではないでしょうか。

以上、ウェブソルブのホームページ作成、7つの特徴について説明しました。