Webコンサルティング、7つの施策とは?

Webコンサルティング、7つの施策とは?

Webコンサルティングについて、7つの施策を説明しました。ウェブソルブが行うコンサルティングについて知りたい方はぜひご覧ください。Webコンサルティングでは、具体的にどのような施策を行うのか詳しく説明しました。

なぜ、Webコンサルティングが重要なのか?

石川県金沢市のWebコンサルタント、ウェブソルブです。当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。このページをご覧の方はおそらく、「Webコンサルティングとは何をするの?」と疑問を持たれていると思います。一言で言えば、サイトの問い合わせを増やします。

もう少し詳しく言うと、ウェブソルブはホームページの内容を作ります。なぜなら、ホームページの閲覧者は、自身の抱える問題や欲求の解決策を求めているからです。解決策が無いと閲覧者は満足が得られませんので、問い合わせにはつながりません。

つまり、どれだけホームページを作り込んでも閲覧者が満足する内容を用意できなければ、その努力は徒労に終わってしまいます。したがって、問い合わせを得るためには内容の充実を図ることが絶対条件になるので、単なる制作ではなくWebコンサルティングが重要なのです。

具体的な施策は数多くありますので、ここでは代表的なもの7つに絞ってご紹介します。

  1. ニーズを明確にします。
  2. 対象にすべきお客様を絞り込みます。
  3. 訴求ポイントや差別化ポイントを明確にします。
  4. 効果の高いキャッチコピーを作ります。
  5. ページタイトル・見出し・説明文を作ります。
  6. 検索で上位表示できるよう対策を行います。
  7. タイミングを大切にします。

続いて、それぞれのポイントを詳しく説明していきましょう。

Webコンサルティングの、代表的な施策を7つご紹介します。

それでは、Webコンサルティングの代表的な施策をご紹介します。

1.ニーズを明確にします。

Webコンサルティングで最初に行うのがニーズの分析です。なぜなら、どれだけガンバっても、ニーズの無い商品(サービス)を売るのは極めて難しいからです。買ってくれるお客さんや、検索しているユーザーがいないのでは、売れたり問い合わせが来たりするわけがありませんよね。

そこで、コンサルティングの際にWebマーケティングによってニーズを分析します。この手法は、簡単に言うと検索ワードを収集し分析するものです。検索ワードの種類や検索数から、ユーザーの検索意図が読めます。つまり、ニーズが把握できるわけです。

すると、何に困っている方が多いのかわかるので、提供すべき商品・サービス・情報が簡単かつ正確に把握できます。すると、用意すべきホームページやそこに書く内容が決まるわけです。

このようにニーズを明確にすることで、お客様が何に関心を持っているかがわかり、その期待に正確に応えられるようになるのです。

2.対象にすべきお客様を絞り込みます。

Webコンサルティングで重要なのが、ターゲット(お客様)の絞り込みです。ターゲットを絞り込むということは、ある特定の方だけを対象にビジネスを行うということです。なぜなら、訴求力を高めることができるからです。具体的には、特定の悩みを持った方にターゲットを絞ります。

悩みを持った方はホームページで解決策を探しますが、ターゲットを絞らず広く浅い情報を提供したのでは、結局役に立たない可能性があります。何も解決できないホームページ(サイト)では、当然ですが集客できず、問い合わせが増えることはありません。

したがって特定の悩みに絞り、その解決策をサイトに用意することで濃い情報を発信し、集客力を高めて問い合わせを増やすのです。ところで悩みについては、最初にニーズを把握して明確になっていますので、ほぼ自動的にターゲットが決められます。

なお、複数の悩みがある場合は特定の一つに絞ることもあれば、複数のページを作って対応することもあります。これで、ターゲットに合わせたページが用意できるわけです。

このように、対象にすべきお客様の絞り込みを行い、訴求力を高めます。

3.訴求ポイントや差別化ポイントを明確にします。

集客力を高め問い合わせを増やすためには、訴求ポイントや差別化ポイントを明確にする必要があります。訴求ポイントとはユーザーに訴えるべき事柄のことで、差別化ポイントとは他社よりも優位な自社の特徴のことです。

なぜ訴求ポイントを明確にするのかというと、最も関心が強い事柄を訴えなければ、ユーザーに全く興味を持ってもらえないからです。興味を持ってもらえないということは、集客になりません。つまり、売りたい強みではなく、ユーザーに興味を持ってもらえる事柄を訴求するのです。

また、なぜ差別化ポイントを明確にするのかというと、ユーザーが他社と比較して迷った時に自社を選んでもらいたいからです。ライバルがいないような状況ではあまり関係ありませんが、競争が激しい場合は差別化ポイントは重要になります。

このように、訴求ポイントや差別化ポイントはお客様を自社へ引き込むために、非常に重要な役割を担います。

4.効果の高いキャッチコピーを作ります。

効果の高いキャッチコピーを作ります。キャッチコピーとはその言葉の通り、読んだ人の心をキャッチするものです。つまり、さらに文章を読みたくしたりお問い合わせをしたくなったりといった、実際の行動に移る最初の一歩となります。

なぜキャッチコピーが重要なのかというと、いわゆる直帰率に大きく影響するからです。キャッチコピーが悪いと、チラッと見てすぐよそへ行ってしまいかねません。そもそもページを見てもらえないのでは、問い合わせ以前の話です。したがって、キャッチコピーは非常に重要です。

ちなみに、キャッチコピーは耳触りの良いカッコいいものや、インパクトの強いものを作っても効果がありません。読んだ人が、「私がほしかったのはこれだ!」と思わず身を乗り出すような表現が必要です。つまり、「あなたの欲しい解決策はこのサイトにありますよ」と伝えるのです。

このように、確実に機能するキャッチコピーを作ることで、直帰率を下げます。

5.ページタイトル・見出し・説明文を作ります。

ページタイトルや説明文は、当然作ります。これまでに分かっている、ニーズ・ターゲット・訴求ポイント・差別化ポイントなどを具現化するには、タイトルや文章に反映されなくては意味がありません。まさに内容の核になる部分ですので、非常に重要なポイントです。

例えば、タイトルや見出しは事実上のキャッチコピーなので、作り方にコツがあります。また、本文についてもそれなりのライティングテクニックが必要になります。もう少し具体的にいうと、単なる説明文ではなく、読み終わった後に何らかの気付きがあるようにします。

つまり、その気付きに心を動かされて、ユーザーは問い合わせへと向かうということになります。

このようにページタイトル・見出し・説明文を作るという部分は、問い合わせを増やす上で非常に重要ですので、各種説明文やブログなど幅広く対応することで成果をあげます。

6.検索で上位表示できるよう対策を行います。

検索で上位表示できるよう、いわゆるSEO対策を行います。これは、検索結果で上位表示されれば、アクセスが増える可能性が高くなるからです。ただし、気を付けないといけないのが、上位表示するだけではアクセスが増えない点です。あくまでも検索で上位表示されるだけです。

つまり、検索結果で上位表示されても、そのリンクをクリックしたいと思えなければ、アクセスが増えることはありません。アクセスを増やすためには、検索結果に表示されるリンクや説明文の作り方が極めて重要になります。

また、SEO対策を行う上で重要なポイントが、コンテンツ対策と呼ばれる方法です。これは、文章の内容による検索対策です。なぜなら、検索エンジンはユーザーの検索意図に対して、正確に答えているページを優先的に上位表示するからです。

このように、検索で上位表示しアクセスが増えるよう対策することで、集客を後押しします。

7.タイミングを大切にします。

タイミング、つまり商機を大切にすることはとても重要です。なぜなら、タイミングを逃すと集客は極めて難しくなるからです。ところが、多くの方がタイミングを考えないために、集客で非常に苦労されています。タイミングが合えば、集客は驚くほど楽になるのです。

どういうことかというと、お客様は『購入したい時としたくない時』の波があるということです。例えば、どんなにおいしい食事でも満腹では食べたいと思えません。しかし、空腹であればよほどまずくない限り何でもおいしく食べられてしまいます。

つまり、最高に良いものを準備しなくても、タイミングが合えば飛ぶように売れるのです。それはインターネットでも同様です。ネットにも必ず売れるタイミングが存在しますので、そのタイミングを逃すことなく捉えることで、商売を楽にできるのです。

このように、タイミングを意識したホームページをつくることで、問い合わせを増やします。

まとめ:解決策を提供する、内容づくりがポイントです。

いかがでしたか?

Webコンサルティングについて、7つの施策を説明しました。ニーズを明確に、対象にすべきお客様を絞り込み、訴求ポイントや差別化ポイントを明確に、効果の高いキャッチコピーを作る、ページタイトル・見出し・説明文を作る、検索で上位表示できるよう対策、タイミングを大切に、などのポイントがありました。

ホームページの問い合わせを増やすためには、いかにしてユーザーが求める解決策を提供するかが重要です。しかも、それを分かりやすく伝わるように説明する必要があるのです。そのためには、Webマーケティングをはじめとした分析や、ライティングテクニックが欠かせません。

ウェブソルブが提供するWebコンサルティングは、まさに上記のような内容づくりを行うことで、問い合わせが増えるように対策するわけです。簡単にご説明いたしましたが、ご理解いただけましたら幸いです。

以上、「Webコンサルティング、7つの施策とは?」と題して説明しました。