ホームページのエディタ、おすすめはこれです!

ホームページのエディタ、おすすめはこれです!

ホームページエディタの、おすすめをご紹介します。HTMLやCSSを記述するためのエディタをお探しの方に適した内容です。タグやスタイルの記述が非常に楽になる、ホームページ作成に最適な無料エディタを紹介しているからです。

なぜホームページのエディタは、無料で十分なのか?

ホームページの HTMLを、メモ帳のような簡易エディタで記述していると、「もっと便利なエディタは無いだろうか?」と思いますよね。特に、同じタグを何度も記述しなくてはいけないので、時間がかかるだけでなく、心理的にも負担を感じてしまいます。

そんな時は、 HTML記述に特化したエディタがあると、記述が非常に楽になります。私が愛用しているのはCrescent Eveという名前の無料エディタで、十分な機能を持っています。ホームページ作成に完全に特化しており、圧倒的に時間の短縮と心理的負担の軽減をしてくれています。

そこで、なぜCrescent Eveなら無料でも十分なのか、おすすめポイントをご紹介しましょう。

HTMLエディタ、Crescent Eve のおすすめポイント!

それでは、HTMLに特化したエディタ、Crescent Eve のおすすめポイントを7つご紹介します。
※ これからご紹介するエディタは、Windows用です。

Crescent Eve は、無料である。

Crescent Eveは、無料である点がおすすめです。おそらくほとんどの方は、『無料』という言葉がとても好きでしょう(笑)。これから、機能的な特徴について細かくお話ししますが、「これだけの機能がついていながら無料なのか!」と疑ってしまうほどです。

つまり、単に無料というだけでなく、お金を払ってもいいと思わせるくらいに、極めて良く出来ているということなんです。作者の方が語っていますが、非常にシンプルに必要な機能だけを追求した仕上がりなので、全く過不足なくちょうど良いエディタです。

無料なのでとりあえず使ってみて、合わなければ使用を中止すればよいだけです。まったく損はないですから、とりあえず試してみてほしいですね。

Crescent Eve は、軽快に動く。

Crescent Eve は、とにかく軽快に動きます。高度な機能を備えていながら、非常に動きが軽いのが特徴です。Windows に標準搭載されているメモ帳と、同じぐらい軽快に感じるでしょう。それくらいの軽さがCrescent Eve にはあるんです。

エディタは、起動が遅いとかメニューの動きが悪いといった反応の鈍さがあると、かなりイライラしますよね。本来、エディタは作業時の道具に過ぎないはずです。その道具に振り回されてしまったのでは、せっかくの創作意欲も薄れてしまいかねませんからね。

このように、Crescent Eve はとても軽快に動くので、使用中のイライラをなくせると思います。

Crescent Eve は、高度な入力支援の機能がある。

Crescent Eve は、高度な入力支援の機能を装備しています。入力支援というのは、HTML のタグ打ちを簡単にする機能です。具体的には、タグの入力を開始すると、サブメニューが開いて該当するタグを表示してくれます。

例えば、<a hと入力すると、hに関係する「href」などが一覧で表示されます。このような補完機能だけなら、他のエディタにも実装されている機能です。しかし、その動作が非常に賢いんです。場面に応じて補完機能を自動制御しているんです。

Crescent Eve の入力支援1

具体例としては、リンクタグ(<a></a>)の中に段落タグ(<p></p>)が入力できないように、補完機能が段落タグを表示しません。これは、文法上インライン要素の中にブロック要素を入れるのはおかしいからですが、非常に正確に反応します。

Crescent Eve の入力支援2

もちろん、HTML4.0、XHTML1.0、HTML5.0、など宣言された書式に合わせて補完されるタグも変化します。入力支援はHTMLだけでなく、CSS、JavaScript、PHPなども対応するので、ホームページ関連のすべてに利用できます。

つまり、Crescent Eve があれば、他のエディタは不要というわけですね。

Crescent Eve は、正確な文法チェックがある。

Crescent Eve は、正確な文法チェックがあります。先ほどの入力支援機能とも関連しますが、読み込んだファイルの書式に応じて、細かく文法をチェックしてくれます。例えば、HTMLであれば開始タグに対する終了タグが存在するか、またはその逆をチェックします。

これもエディタによっては搭載されている機能ですが、Crescent Eve は非常に細かくて、HTML4.0で使えても、XHTML1.0では使えないタグを指摘するようなこともします。非常に厳格にチェックするので、「あれっ? このタグ使っちゃダメなんだ。」ということが分かったりします。

Crescent Eve の文法チェック

つまり、Crescent Eve の文法チェックによって、非常にきれいなコードが記述できます。また、厳密なタグの使い方を学ぶことにもなるので、正しい記述がいつの間にか身につくという、学習効果も期待できると思いますよ。

Crescent Eve は、プレビュー機能がある。

Crescent Eve は、プレビュー機能があります。一般的に、エディタはコードの入力しかできませんが、このエディタの場合はプレビュー機能によって、実際の表示を確認できます。なお、表示はインストールされているブラウザを利用します。

Crescent Eve のプレビュー機能

したがって、Internet Explorer、Mozilla FireFox、Google Chromeなど、好きなものを選ぶことができます。もちろん、直接HTMLをブラウザで開いても良いですが、エディタからブラウザを起動できると考えれば、便利な機能だと思いますね。

このように、好きなブラウザを起動してプレビューできるので、重宝するでしょう。

Crescent Eve は、便利な編集機能がある。

Crescent Eve は、便利な編集機能があります。それは、開始タグをダブルクリックすると、それに対応する終了タグまでが選択されるという機能です。例えば、まとめてコピーしたいとか、切り取りたいというときに非常に便利です。

Crescent Eve の便利機能

また、たくさんのコードを書いていると、「この開始タグを受けているのは、どの終了タグだ?」というように、分かりにくくなることがありますよね。そのような場合も、開始タグをダブルクリックすれば、どこまで続いているのかが一目瞭然です。

このように、非常に実用的な機能がたくさん装備されているのが、Crescent Eve の魅力だと言えるでしょう。

Crescent Eve は、テキストエディタとしても優秀。

Crescent Eve は、テキストエディタとしても優秀です。基本機能がしっかりしているので、メモ帳と置き換えてしまっても問題ないと思います。文字の検索や置換の機能も、高度なものがついているので、膨大な行のあるテキストでも問題なく編集できるでしょう。

Crescent Eve の検索・置換機能

また、文字コードの変換も便利です。Shift JIS 以外にも JIS、EUC-JP、UTF-8 などの文字コードに対応しているので、サーバーからダウンロードしたEUC形式のファイルを編集するといったようなことも簡単に行えます。文字コード変換のためだけに使っても便利だと思いますよ。

さらに、入力済みのテキストを変換する機能も付いています。大文字を小文字に変換したり、その逆をやったりもできます。また、タブをスペースに変換したり、その逆もできたりするなど、「こういうことができらた便利なんだよな。」と思える機能が装備されています。

Crescent Eve の文字変換機能

このように、Crescent Eve は普通のテキストエディタとして使っても十分満足のいくソフトウェアだと言えるでしょう。

まとめ:Crescent Eveは、試す価値のあるエディタです。

いかがでしたか?

ホームページのエディタの、おすすめをご紹介しました。無料である、軽快に動く、高度な入力支援の機能がある、正確な文法チェックがある、プレビュー機能がある、便利な編集機能がある、テキストエディタとしても優秀、など7つのポイントがありました。

繰り返しになりますが、Crescent Eveで最も重要な機能は、入力支援機能です。単純に補完機能がはたらくのではなく、状況に応じて補完機能が変化するところが、非常に高度だと思います。入力しながら文法の学習にもなるのは、面白いところだと思いますね。

Crescent Eveは、非常に高機能でありながら無料で、プロの使用にも耐えるエディタです。公式サイトもご紹介しておきますので、ぜひ一度、試していただければ幸いです。

シンプルなHTMLエディタ“Crescent Eve”を公開中。

以上、「ホームページのエディタ、おすすめはこれです!」と題して説明しました。