ホームページの文章、書き方のポイントを7つ教えます!

ホームページの文章、書き方のポイントを7つ教えます!

ホームページの文章について、書き方のポイントを7つ説明します。読者対象は、ホームページの文章の書き方を知りたい方です。単なる文章の書き方ではなく、閲覧者の心を引き付けるような文章の書き方を詳しく説明しています。

なぜホームページの文章は、書き方が重要なのか?

あなたは、「ホームページの文章の書き方って、どうすればいいんだ?」と疑問を持たれたために、このページをご覧のことと思います。この後、ホームページ向けの文章の書き方を説明しますが、確認させていただきたいことがあります。それは、なぜ文章の書き方を知りたいのかです。

おそらく、閲覧者の心を引き付けて、集客アップや問い合わせの増加に結び付けたいからだと思います。文章は、書き方しだいで伝わり方が決まりますし、ホームページは書いてあることだけが真実なので、書き方がうまくないと良いことが書いてあっても伝わりません。

つまり、文章は内容もさることながら、書き方が極めて重要なんですね。そこで、閲覧者の心を引き付けられるような、ホームページの文章の書き方を説明します。

ホームページの文章、書き方のポイントは7つ!

それでは、ホームページの文章について、書き方のポイントを説明します。ポイントは7つありますので、しっかりと目を通してください。

文章の書き出しが大事な理由とは?

まずは、文章の書き出しを大事にしましょう。要するに、文章を書き始めるときにどんなことを言うかということですが、これには法則があります。必ず情景化から始めるんです。話を始めるにあたっての背景について、わかりやすく説明してください。

なぜなら、最初に執筆者と読者の間で共通認識を持ちたいからです。お互いに共通した情報を持つことができると、共感が生まれます。人間は共感が生まれると話に引き込まれやすくなるので、それ以降の文章を読んでもらえるわけです。なので、自然な形で情景化を行いましょう。

この時の重要なポイントは、いかに「目に浮かぶような説明」ができるかですね。言葉だけでイメージさせるという、なかなか高度なワザが必要になりますが、ここは頑張るしかないでしょう。ザックリと言えば、言い換えを考えてみると良いと思います。

例えば、「夕方」と表現するよりも「真っ赤な太陽が、海に沈もうとしている頃。」とすれば、明らかにイメージが湧きますよね。このように、文章冒頭のつかみで情景化を考えてください。

ヒントですが、「登場人物・セリフ・場所」が揃うようにするとうまくいきますよ。

言葉遣いに、細心の注意を払う理由とは?

言葉遣いには、細心の注意を払ってください。なぜなら、たった一文字違うだけでも大きく意味が変わってしまうからです。例えば、「あなたいい」と「あなたいい」は、意味が全く違うのがわかりますか? わからない方がいらっしゃるかもしれないので、念のため解説しておきます。

「あなたでいい」といった場合は、「多数いる中の誰でもいいので、たまたまあなたになった。」という意味になります。しかし、「あなたがいい」だと、「多数いる中で、あなた以外には選べない」という意味になります。当然、後者の「あなたがいい」と言われた方が気分が良いですよね。

このようなちょっとした言葉の違いで、相手を愉快にも不愉快にもしてしまいます。たかが一文字ですが、されど一文字です。実は、SNSで炎上するのは、このようなたった一文字からということも少なくありません。運営者の姿勢が、このようなところから勝手に読まれてしまうんですね。

したがって、言葉遣いには十分留意して、文章を考えてください。

わかりやすい言葉を使う理由とは?

記述する内容は、わかりやすい言葉を使ってください。具体的には、専門用語や横文字を抑える方が良いと思います。なぜなら、読者が専門用語や横文字を理解していなければ、何も伝わらないからです。実際に、理解している人はかなり少ないと思います。

某女性政治家が、やたらと横文字を使いますが、あなたは理解できましたか? 私には、理解できなかったし、横文字を使ってぼんやりとさせることで、けむに巻いたりごまかしているようにしか思えませんでした。つまり、わかりやすいどころか、疑いの目を持ちましたね。

一見すると、専門用語や横文字はカッコいいと感じますが、実際には何も伝わりません。もちろん、難しい日本語を使っても理解できませんので、やはり平易な言葉をうまく組み合わせることで、わかりやすい説明を行うべきでしょう。

どうしても、専門用語を使わないと説明がしにくくなる場合は、最初に解説しておくとよいと思いますよ。 例:善処(適切に処置)します。

疑問形を使って問いかける理由とは?

文章では、疑問形を使って問いかけてみてください。なぜなら、疑問形は非常に簡単に注目を引くことができるからです。例えばあなたが、「景気が回復していると感じますか?」と聞かれたらどうしますか? 「全然感じないなあ」とか「まあまあ感じます」みたいに答えるでしょう。

人は疑問形で聞かれると、思わず考えてしまうようにできているんです。つまり疑問形は、簡単に注意を引くことができる方法なんですね。では、具体的にどうするのかというと、一番簡単な方法は見出しを疑問形にすることです。

なぜなら、見出しを疑問形にすると読者が注目しやすくなるうえに、その疑問に対する答えを文章にしてしまえばよいからです。また、疑問に対する答えという形で文章を書くと、自然と話し言葉に近くなりますので、コミュニケーションも取りやすくなります。

なので、文章の記述では、疑問形で問いかけることを心がけてください。きっと注目を引くことができますよ。

ご参考 見出しの使い方については、こちらで詳しく説明しています。

ホームページの見出し、上手な使い方を説明します。読者対象は、ホームページの見出しを上手に使いたい方です。単なる見出しの使い方ではなく、アウトラインを意識することで読みやすい文章にする方法を説明しています。

なぜ、読者が読みたいことを書くのか?

文章では、読者が読みたいことを書くように心がけてください。なぜなら、読者は自分が必要としていること以外は読みたくないからです。読みたくない文章が続けば集中力が持たないし、すぐに直帰してしまいます。あなたも、どうでもよい文章が続いたら、退屈なうえにだるいでしょ?

一般的に、「文章なんて読まないから、画像を多用すべきだよ。」と言う方がとても多いですが、なぜ読まれないのかと言えば、どうでもよい文章がだらだらと続くからです。画像にすると確かに見られますが、実際には何も伝わっていません。伝えるには文字にしなくてはいけないんです。

例えば、アイドルのファンはブログをよく読みます。なぜなら、そこには読みたい日常の出来事や、舞台裏の話などが書かれているからです。SNSも文字だけなのに頻繁に使いますよね。つまり、読者が読みたいと思う内容を書くことが、極めて重要なんです。

だから、「読者は何を読みたいんだろう?」とか「どんなことに興味を持っているんだろう?」というように、内容を相当練らないといけないんです。もっと言えば、自分が言いたいことをどうやって読者が読みたい内容に変換するかを、考える必要があるんですね。

このように、読者が読みたいと思っていることを読み取って、それを書くようにしましょう。

ご参考 興味の分析については、こちらが参考になります。

ニーズが正確にわかるWebマーケティングの代行サービスです。ニーズ調査を低予算かつ短期間で行いたい方におすすめです。検索ワードを調べるので精度が高く、ターゲット属性や他社との差別化ポイントもわかりますよ。

気づきのある文章を心掛ける理由とは?

ホームページの文章では、気付きがあるように心がけてください。気付きとは、『文章の内容から学べること』と理解すればよいと思います。では、なぜ気づきが必要なのかと言うと、さらに別のページを読ませたり、問い合わせへ向かわせたりしやすいからです。

単純に使い方や順序を説明するだけでなく一つのテーマを決めて、それに向けて何が最も重要なのかを説明すると、気付きを含めることができると思います。例えば、たまごかけご飯の作り方で、おいしい作り方、ヘルシーな作り方、一風変わった作り方などテーマを設定できますね。

そのテーマに従って、「おいしさのポイントは混ぜ方です!」とか「しょうゆの使い方がポイントです!」などテーマに沿って、決定的な何かを伝えることができれば、それが気付きになります。単なる説明で終わらせないことで、「なるほど!」と読者に思ってもらうわけですね。

ホームページの文章は、真剣に読まれない場合が少なくありません。なぜなら、手っ取り早くやり方だけ分かればよいと思っている方が多いからです。しかし、気付きがあることでそれを阻止し、そこから一歩踏み込んだ行動に移らせる原動力になると考えてください。

読みやすい工夫とは?

ここまで、ホームページの文章について内容を中心に触れてきましたが、読みやすい文章の工夫として、文型や書き方に関するお話を2点しましょう。

伝わりやすい文型とは?

ホームページの文章には、伝わりやすい文型があります。それは、結論を最初に述べることです。なぜなら、ホームページを閲覧するスピードは極端に速いからです。仮に日常会話がジョギングだとしたら、ネットの世界は新幹線ぐらい早いと理解してください。

したがって、最初に結論を述べて読者の気持ちを引きつけないと、せっかく書いた文章が読み飛ばされてしまう可能性があるんです。また、順序としては、表題・解決策・証拠と言う順番を守って説明しましょう。これは、人間の思考順序とマッチする自然な流れだからです。

例えば、「おなかが空いた」という問題が発生すると、「うどんを食べる」という解決策を導き出します。そして、「以前食べてとてもおいしかった」という証拠が、うどんという解決策を確固たるものにするわけです。これを段落だけでなく、ページ全体でも心掛てください。

これによって、「気付いたら全部読んでいた」というような、読者の心がひきつけられる文章にすることができますよ。

一段落を3行以内で改行する理由とは?

一段落は、できるだけ3行以内で改行するようにしてください。なぜなら、見た目に行数が多いとそれだけで読む気が失せてしまうからです。また、人間の集中力は意外と長続きしません。人間心理を研究している方によれば、3行程度が連続で集中できる限界なのだとか。

したがって、一段落を3行以内にまとめることが、読む気を削ぐことも飽きることもなく、連続で読めるちょうど良い長さなんですね。なお、中途半端なところで改行すると変なので、1行や2行で改行するというやり方をはさめば、3行以内のルールを守れると思いますよ。

実際に、このページの文章も、一段落3行以内にまとまっているでしょ? なので、飽きることなくここまで読めたというわけなんですね。

まとめ:ホームページは、文章を読ませる工夫が必要です。

いかがでしたか? ホームページの文章、書き方のポイントを7つ説明しました。

今回説明したのは、文章の書き出しが大事な理由とは?、言葉遣いに細心の注意を払う理由とは?、わかりやすい言葉を使う理由とは?、疑問形を使って問いかける理由とは?、なぜ読者が読みたいことを書くのか?、気づきのある文章を心掛ける理由とは?、読みやすい工夫とは?、などのポイントでした。

ホームページの文章は、いかに読者をひきつけて集中させるかという『戦い』だと言えます。なぜなら、想像以上に流れが速いからです。そのために、文章の書き出しで共感を得るようにしたり、結論が最初に来るように文型を工夫するわけです。

また、内容を興味が持てるものにしたり、言葉遣いなどに気を付けるのも、集中力を途切れないようにする工夫だと言えます。ここまで文章の書き方にこだわるのは、結局のところ文字でしか情報が伝わらないからです。残念ながら、画像では記憶に残りづらいんです。

このように、ホームページでは文章をいかに読ませるかという部分で、書き方の工夫が欠かせないということを知っていただければ幸いです。

以上、「ホームページの文章、書き方のポイントを7つ教えます!」と題してお話ししました。