石川県のホームページ制作、能登観光をアピール!

能登で観光客を増やしたい方へ

石川県のホームページ制作で、能登観光のアピールについて説明しました。対象は、能登で集客に苦労されている方ですが、他の方にも役立つでしょう。何をアピールすれば効果的に集客できるのか、ニーズを基に説明しているからです。

石川県のホームページ制作、能登観光をアピールする意味とは?

あなたは、能登で商売されていて、「思ったように集客できない」と感じていらっしゃるのではないでしょうか。交通の便が改善されているのに集客に苦労すると、「何でうまくいかないのか?」と疑問を感じると思います。実は、そこに決定的な問題があるんです。

観光客は、目的があって能登に来るのであって、交通が改善されたから能登に来るわけではないんです。別の見方をすれば、目的があれば多少不便でも観光に来てくれます。つまり、目的となり得るような『何か』をしっかりとアピールする必要があるんです。

しかし、やみ雲にアピールしても極めて効率が悪いので、何が望まれているのかニーズを事前に把握しておく必要があるでしょう。したがって、ホームページで能登をアピールするということは、能登観光に対するニーズを把握するという意味があるんですね。

そこで、能登観光に対してどのようなニーズがあるのか、集客できるホームページを制作するためのヒントをご紹介します。

ホームページで、能登観光をアピールするときのポイント。

それでは、ホームページで能登観光をアピールするときの、ポイントをご紹介します。ニーズを詳しく公開しますので、しっかりと目を通していただくことをおすすめします。

グルメ情報は、絶対はずせません。

能登と言えば食ですので、グルメ情報は絶対はずせませんね。魚介類が真っ先に思い浮かびますが、その中でも「牡蠣」は非常に人気が高いようです。それ以外では「イカ・カニ・ふぐ」などの人気が高いようですね。また、能登丼の認知度も上がっているようですよ。

他では、能登牛の人気も高いです。さらに、イタリアンやシチリアなどもニーズが高いですが、能登の幸を使ったイタリア料理を出すお店(ふらっと)がありますので、その影響があるようですね。また、能登ならではのスイーツやパンにも高い関心があります。

グルメは食べ物だけではありませんよね。そうです、能登にはおいしいお酒もあります。特に、能登ワインへの関心はとても高いです。実は、日本酒よりもワインの方が圧倒的に興味があるようです。飲食店では、積極的に能登ワインを出すべきなのかもしれませんね。

このように、能登のグルメは多岐にわたりますので、ポイントを絞って情報発信すると、効果的にアピールできるでしょう。

交通関係の情報も必ず発信します。

能登の場合は、交通関係の情報も必ず発信する必要があります。なぜなら、「能登は遠い」というイメージが非常に強いからです。しかし、ポイントは絞ることができます。というのも、どうやら検索ユーザーは、能登へのアクセスについて多少の知識があるようなんです。

特に、東京から能登へ来るときの手段は、直通は夜行バスか飛行機か自家用車ですよね。そうでなければ、金沢まで新幹線で来て、そこから七尾線かバスに乗るということになります。もちろんレンタカーということもあるでしょう。

つまり、東京から直通なのか、金沢を経由するのかという観点だけで良いということなんです。もちろん、能登へのアクセスだけでなく、能登に到着してからどうやって周遊するかという説明も非常に重要です。能登では、移動手段のメインが車であることも周知すべきでしょう。

このように、能登へのアクセスについてしっかりと情報発信してください。交通手段がわからなければ、観光客が来れるわけないですから。できれば、おすすめ観光コースなども一緒にアピールしたいですね。

宿泊に関する情報も必ず発信する。

能登の観光では、宿泊に関する情報も必ず発信する必要があります。先ほども説明しましたが、首都圏や他県からは遠いですから、能登観光は宿泊をメインとした訴求が重要です。ただし、宿泊については特徴があって、具体的な宿泊施設の名前が出てきます。

例えば、「能登ロイヤルホテル、能登百楽荘、能登ふらっと」などがよく挙がる名前です。また、能登というイメージからなのか、ホテルよりも旅館や民宿の名前の方が、数多く具体的に挙がっています。それ以外では、コテージなども人気があるようです。

情報発信のテクニックとしては、例えば、一泊しないと廻れないような周遊コースを紹介して、宿泊を勧めるようなことが必要でしょうね。

ちなみに、「能登屋は能登にありませんよ。」ということは発信しておいた方が良いかもしれませんね(笑)。

観光名所をしっかりと紹介しましょう。

能登観光ですから当然、観光名所をしっかりと紹介する必要があります。例えば、能登金剛や能登島は必須です。また、厳密には名所とは違うかもしれませんが、能登演劇堂もニーズがあるようです。それ以外では、能登大仏を代表として神社仏閣も関心が高いようです。

もちろん定番の、千里浜、のとじま水族館、軍艦島、などの情報も必要です。能登は名所が数多くある割には、意外と知られていないようですので、固有名詞を挙げても分かりづらい可能性がありますね。目的別に説明することで、わかりやすくなるのではないでしょうか。

したがって、能登島を巡るコース、神社仏閣を巡るコース、海岸を巡るコースなど、目的別の名所紹介をすることで、効果的にアピールできると思われます。

釣りはかなり需要があります。

海に囲まれた能登では、釣りはかなりの需要がありますよ。まず、魚の種類としては、アオリイカがとても人気で、次いで、アジ、スズキ、ヒラマサ、ブリ、などがあります。また、能登の一部の池では、ブラックバスも釣れるようで、こちらも人気があるようです。

また、沖へ出るために船についてのニーズもありますし、漁港についても関心が高いようです。具体的な漁港は、小木港、宇出津港、西海港などの名前が挙がっています。もう少し広い範囲で、九十九湾という括りでも関心が高いようですよ。

したがって、能登の観光をアピールする際には、釣りについても発信してください。例えば、よく釣れるポイントを紹介するなどの、工夫が必要でしょう。釣りは、結構重要な要素であることを覚えておいてくださいね。

天気についても、しっかりと情報発信してください。

観光と言えば、天気はとても重要ですから、しっかりと情報発信してください。中でも特に注目度が高いのが『雪』です。石川県と言えば、冬に大雪が降るイメージが全国的にあります。中心街はあまり雪が降りませんが、やはりイメージは強いので、そこは理解する必要があります。

町や山が雪化粧している状態を望んでいるかもしれないし、交通状況を気にしているのかもしれませんので、そこはうまく判断して情報発信する必要があるでしょうね。例えば、毎日ツイッターでつぶやくとか、ブログを書くとかして、しっかりと伝えたいですね。

スポーツ関連もニーズが多いですよ。

能登で意外と多いのが、スポーツ関係のニーズです。多いのはゴルフ関連ですね。それ以外では、クルージングなどのボート関連、サイクリング、ダイビング、テニスなどです。観光の目的がスポーツの場合と、観光の一環としてスポーツを楽しむ場合との、両方があるようですね。

あと、忘れてならないのがマラソンです。時期は限られてしまいますが、能登のマラソンは非常に注目されています。当然、宿泊やグルメと絡めた情報発信になるでしょうから、間違いなく稼ぎ時ですね。タイミングを合わせて、しっかりとアピールしていく必要がありますよ。

どうやってニーズを把握したのか?

ところで、どうやってニーズを把握したのか気になりませんか? これらの能登観光に関するニーズ情報は、Webマーケティングによって把握しました。今や、ホームページ制作ではマーケティングが欠かせません。なぜなら、ニーズの無いページでは、誰も見てくれないからです。

しかも、ニーズが無いページを作ってしまうと、検索結果の上位に表示されることはありません。したがって、あらゆる場面でニーズを把握することが重要であることを知っておいてください。

ニーズが正確にわかるWebマーケティングの代行サービスです。ニーズ調査を低予算かつ短期間で行いたい方におすすめです。ビッグデータを分析するので精度が高く、ターゲット属性や他社との差別化ポイントもわかりますよ。

まとめ:ニーズを正確に把握し、うまく伝えてください。

いかがでしたか?

石川県のホームページ制作で、能登観光のアピールについて説明しました。グルメ情報、交通関係の情報、宿泊に関する情報、観光名所、釣りは需要がある、天気についても発信、スポーツ関連、などのポイントをご紹介しましたが、ご理解いただけましたでしょうか。

繰り返しになりますが、ホームページで能登観光をアピールするときの重要ポイントは、ニーズを正確に把握することです。多岐にわたって紹介しましたが、これでもかなり割愛しています。実際には浅いものから深いものまで、まだまだたくさんのニーズがあります。

どうしても、能登は遠いという現実があります。そこを越えるためには、正確にニーズを読み取り、魅力的に情報発信しなくてはいけません。コンテンツは存在するだけではダメで、それをいかにうまく伝えるかが、最も重要であることに気づいていただければ幸いです。

以上、「石川県のホームページ制作、能登観光をアピール!」と題してお話ししました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ制作の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ制作の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。