石川県金沢市のホームページ制作、自分でやりたい方へ。

石川県金沢市のホームページ制作、自分でやりたい方へ。

石川県金沢市のホームページ制作を自分でやりたい方への助言です。対象者はホームページを自分で作りたい初心者ですが、上級者でも気づきが多いと思います。ホームページ制作の本質を内容の面から説明しているからです。

石川県金沢市のホームページ制作を、自分でやる意味とは?

あなたは、「自分でホームページ制作ができるだろうか?」と疑問や不安を感じて、このページをご覧になっていると思います。確かに、自分でホームページ制作をやるとなると、そもそもちゃんと出来上がるかどうか、非常に不安になりますよね。

ところで、なぜ自分で制作しようと思われたのですか? おそらく、できるだけ費用をかけたくないからではないでしょうか。自分でやれば、間違いなく費用を浮かすことができるでしょう。しかし、そのためには、それなりのスキルや知識が必ず必要になります。

つまり、ホームページ制作を自分でやるということは、そのための技術を身につけるという意味でもあるんです。そこで、石川県金沢市のホームページ制作では、どのような技術が必要になるのか、ポイントをご紹介しましょう。

ホームページ制作を自分でやる時の、知っておくべきポイント。

それでは、ホームページ制作を自分でやる時の、知っておくべきポイントを説明します。ポイントは7つあるので、ぜひ最後まで目を通してください。

ホームページ制作の基礎を知る。

まず、ホームページ制作の基礎を知りましょう。具体的には次の通りです。

  • ドメインの取得(○○.jp のようなアドレスのこと)。
  • サーバーの用意(レンタル)。
  • 目的に応じて内容を練る。
  • ホームページコンテンツを制作。
    制作ソフトを使って作るか、WordPressなどのシステムを利用する。

最低限これらのことが必要になります。ドメインの取得とサーバーの用意は同時進行になりますが、ここには費用が発生します(安いものであれば、年間3,000円程度からあります)。なお、無料で使用できるサーバーもありますが、ビジネス用であれば避けたほうが良いと思います。

無料のサーバーは、規約によってやりたいことが自由にできないことがあったり、突然サービスの提供が終了する恐れがあるからです。また、ホームページの制作自体は、自分で行えば無料でできますが、制作ソフトを購入した場合は費用が発生します。

つまり、ホームページを持つための環境は多少お金を払って準備すれば、間違いないと思っていただければ結構です。問題は、準備した環境を使って、どのようなホームページを制作するかです。続いて、具体的な内容の作り方について説明しましょう。

制作する目的を明確にする。

ホームページの内容について、最初にするべきことは、制作する目的の明確化です。なぜなら、目的が明確になっていないと、どのようなホームページを制作したらよいのか分からないからです。そこで、目的を明確にしますが、おそらく以下の3つに分けられると思います。

  1. カタログ的なホームページ。
  2. アプリとしてのホームページ。
  3. お問い合わせを得るためのホームページ。

上記のうち、『カタログ的なホームページ』と『お問い合わせを得るためのホームページ』は、自分で制作が可能だと思いますが、『アプリとしてのホームページ』はプログラマーとしての適性がないと難しいでしょうし、片手間にできるものではないと思います。

したがって、プログラムを作ることが苦ではなく、専任者として対応できる場合のみ『アプリとしてのホームページ』は、自分で制作できるのではないでしょうか。また、基幹システムのようなものであれば、なおさら外注すべきものでしょう。

このように、『カタログ的なホームページ』と『お問い合わせを得るためのホームページ』が目的であれば、自分で制作することが可能だと思いますよ。

※ 参考ページ

石川県金沢市のホームページ制作について、業者選びの注意点を説明しました。石川県金沢市でホームページの制作業者をお探しの方に、適した内容です。業者の選び方を、ホームページ制作の目的別に詳しく解説しているからです。

必要なスキルや知識とは?

ホームページ制作には、どのようなスキルや知識が必要なのでしょうか? 実は、そんなに難しいことはありません。なぜなら、制作業者として本格的にやらない限り、少しの知識だけで作れるようにツールが進化しているからです。

制作ソフトやWordPressを使った場合はとても簡単で、デザインをテンプレートから選んで、後は内容を記述して画像を配置するだけです。ただし、多少凝ったことをしたい場合は、 HTML と CSS の知識が必要になります。

HTML は、ホームページの内容そのものを記述したもので、 CSS は HTML で表現する内容の装飾について記述したものです。例えば、文章を記述するのは HTML で、文字サイズや行間を調節するのが CSS です。これらの知識が少しあると、思い通りに表現できます。

あと、レンタルサーバーに関する多少の知識が必要だと思います。例えば、ドメイン・DNS・SSLなどのネット用語は知っておく必要があると思います。なぜなら、用語がわからないとサポートに問い合わせることも難しくなるからです。

このように、制作に関する知識とネットに関する知識が少しだけあれば何とかなりますが、自分がやりたい部分についてのみ、知っていれば十分でしょう。

スキルや知識の学習方法とは?

ところで、スキルや知識はどのように学習したらよいのでしょうか? これは、Google などで検索するのが一番簡単です。もちろん書籍を購入しても良いと思います。ただし、書籍の場合は最新の情報が手に入らない可能性があるので、その点は承知しておいてください。

また、レンタルサーバーのマニュアルにもいろいろと説明があるので、そういったものからも学習できると思います。例えば、マニュアルを読んでいて「これ、どういう意味だろう?」と、知らない用語が出てきたら、すぐにネットで調べてください。こんな感じで良いと思いますよ。

このように、その都度調べる形で覚えれば、十分対応できます。おそらく、ホームページ専任という方は少ないと思いますので、片手間に自分でやるにはその都度学ぶしかないでしょう。でも、それで間に合うぐらいに簡単であるとも、言えるわけですね。

素材の準備はどうしたらいい?

文章は自分で書くとしても、素材はどうしたらいいんでしょうか? この場合の素材とは、写真や図形など、画像のことです。もちろん自分で作るということも可能ですが、かなり面倒ですよね。そんな時は、素材を提供しているサイトを、積極的に利用してください。

検索するといろいろなサイトが見つかるので、自分好みのサイトを見つけましょう。無料で提供している場合もあるし、有料の場合もあります。無料でも十分ですが、画像の種類や品質に満足できなければ購入しても良いと思います。確かに、有料の方が種類が豊富で質も良いですからね。

また、有料の場合は定額の場合と、1枚ごとに購入する場合があります。これは、使用する枚数と金額を計算して、お得な方を選べばよいと思います。なお、図形や特殊な画像、自社製品の写真などは当然自分で用意してください。さすがに他では入手できないですからね。

なお、ある程度の画像処理(拡大縮小やトリミング)が必要になると思いますので、フォトレタッチソフトを用意する必要があるでしょう。ちなみに、フリーソフトの『 GIMP 』で十分な機能があると思いますので、無理に購入しなくても良いと思います。

このように、素材は提供しているサイトから入手し、そこにないものは自分で用意する。さらに、画像処理のためのソフトも準備しておけば、十分対応できると思いますよ。

テンプレートでもうまく作れるの?

手っ取り早く作るには、テンプレートが便利ですよね。でも、テンプレートでうまく作れるんでしょうか? デザインという点で考えると、結構良いものが作れます。他のサイトと似た雰囲気になるのではないかと思うかもしれませんが、少し手を加えれば意外と差別化できますよ。

特に、カタログ的に商品を紹介するだけのホームページなら、とても簡単にきれいなものができると思います。なので、単に商品を並べるだけであれば、わざわざ業者に依頼するまでもないでしょう。依頼する意味があるとすれば、制作時間が取れない場合に限られるのではないでしょうか。

ところが、お問い合わせを得ることが目的のホームページの場合は、テンプレートだけではうまくいかない可能性が高いです。なぜなら、テンプレートはデザインはできても、中身までは作れないからです。ようするに、集客にとって必要なのは、中身であってデザインではないんですね。

ただし、テンプレートを使えばデザインを考えなくてよくなる分、中身を考えるために時間を割くことができます。つまり、より中身づくりに集中できるという利点があります。ちなみに、テンプレートの力だけでお問い合わせを得ることは、不可能であると思った方が良いでしょう。

このようにテンプレートは、デザイン作りが楽になる存在であると考えれば、ホームページをうまく作るために役立つと思いますよ。

結局、自分でやるのは難しいの?

ホームページ制作は結局、自分でやるのは難しいんでしょうか? 先ほどもお話しした通り、デザイン部分はテンプレートを使うことで、誰でも簡単にプロ並みに仕上げられます。そこに制作のためのスキルや知識があれば、より完璧に近づきます。

ところが、最も難しいのが、お問い合わせを得ることです。ホームページで、お問い合わせを得るためには、集客のための仕掛けが必要です。しかし、この『集客の仕掛け』は独学で身につけるのは至難の業と言えるでしょう。なぜなら、世の中の情報は不完全なものばかりだからです。

つまり、見かけ部分を制作するのは自分でやって、中身についてはプロに制作してもらうか、アドバイスをしてもらうことで、集客力のあるホームページが制作できると考えてください。

このように、独学だと簡単な部分もあれば、難しい部分もあるということなんですね。

まとめ:単純に作るだけなら自分でできる! だけど…。

いかがでしたか?

石川県金沢市のホームページ制作について、自分でやりたい方へアドバイスさせていただきました。ホームページ制作の基礎、制作する目的を明確に、必要なスキルや知識、スキルや知識の学習方法、素材の準備、テンプレート、自分でやるのは難しい、などのポイントがありました。

繰り返しになりますが、単純に作るだけなら自分でやることはできます。しかし、お問い合わせを得るためには、集客の概念が必要になるので、その部分については自分でやるのは難しいでしょう。したがって、ホームページ制作の目的が『お問い合わせ』なら、プロのアドバイスが必要です。

ぜひその点に気づいていただいて、悩んで無駄に時間や費用をかけてしまうことなく、集客力のあるホームページを手に入れていただきたいと思います。

以上、「石川県金沢市のホームページ制作、自分でやりたい方へ。」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ制作の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ制作の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。