石川県金沢市の採用ホームページ、制作のポイントとは?

石川県金沢市の採用ホームページ、制作のポイントとは?

石川県金沢市採用ホームページについて、制作のポイントを説明しました。人材がなかなか集まらずお困りの方に、お役に立つ内容になっています。採用ページの作り方だけでなく、人材集めのヒントを詳しく説明しているからです。

石川県金沢市の採用ホームページを、制作する意味とは?

あなたは採用の担当者ですか? だとしたら人材不足の時代ですから、ご苦労されていることと思います。採用についてホームページで告知することで、少しでも人材を確保しようとされているのだとと思いますが、思ったほどの成果が上がっていないのではないでしょうか。

ところで、ホームページで採用を告知するということは、若い人をターゲットにするということだと思います。ということは、若い人の行動様式を理解することが非常に重要になります。つまり、採用ホームページの制作には、対象者を理解するという意味があるんです。

そこで、石川県金沢市の採用ホームページはどのように制作すればよいのか、ヒントにしていただける内容をお話ししましょう。

採用ホームページを制作するときに、気を付けるべきポイント。

それでは、採用ホームページを制作するときに、気を付けるべきポイントをご紹介します。ポイントは7つです、しっかり頭に入れてください。

採用ホームページ制作の戦略とは?

採用ホームページを制作するうえでの、戦略を考えてみましょう。まず、人材の確保が難しいという現実がありますが、これは単に人がいないというだけではありません。職がほしいのに就職できないでいる方は多く存在します。つまり、人材は存在しているんです。

したがって、以下のような問題が考えられます。

  • 採用側と求職側がうまく巡り会わない。
  • 内定が出そうにないと、最初からあきらめている。
  • 条件が合わない。
  • 問い合わせしづらい。
  • 職場の様子がわからない。

これらのような点をしっかりと打ち出した採用ページを作ることが、人材確保につながると考えられます。ようするに、今までのような求人票では、情報が足りないということなんですね。そこで、何を発信すればよいのか、続いて具体的な作り込み方をお話ししましょう。

ページタイトルは、『求人』ではなく『採用』にする。

ホームページを作るにあたって、タイトルは採用という言葉を使ってください。つまり、『○○年採用情報』のようなタイトルを付けるということです。意味としては、求人という言葉でも問題ないんですが、多くの方は求人と採用を無意識のうちに分けて考えているようです。

採用という言葉は、個々の企業が使う言葉で、求人という言葉は採用情報がいくつもまとまっている状況で使うようです。例えば、求人誌という言葉はあっても採用誌という言葉は無いですよね。当たり前のような気がしますが、ここを間違えると非常にまずいです。

見た人に与える印象が変わってしまうし、SEO対策的によくありません。つまり、職を探している人が検索しても、ページを見つけられないということなんですよ。ちょっとしたことですが、自社サイトで情報発信する場合は、『採用』を使うように十分注意してください。

採用基準を明確にする。

出来る限りやってほしいのが、採用基準を明確にすることです。採用基準があいまいだと、そもそも誰も問い合わせてこない可能性すらあります。もはや、情報のオープン化は当たり前です。採用に関してできる限りオープンにしないと、怪しいと思われてしまう可能性が高いでしょう。

おそらく「情報をオープンにできないということは、ブラック企業だ。」と感じてしまうのではないでしょうか。ブラック企業については、みなさん非常に敏感ですから、あいまいなことをしていると信用してもらえないでしょう。採用基準に限らず、できる限り情報はオープンにしてください。

採用試験についてできるだけ公開する。

採用試験については、できるだけ内容を公開してください。多くの方がどのような試験を行うのか、事前に知りたいと思っています。みなさん採用されたいから当然ですが、特に若い人は面接試験を非常に嫌がります。なぜなら、直接的なコミュニケーションが苦手だからです。

事前に採用試験の内容を公開すると、当然ですが、応募者は特別な対策を講じる可能性があります。しかし、情報が公開されていないとそもそも応募すらしない可能性があるので、そこは目を瞑るしかないのではないでしょうか。

その代わり、採用側が応募者の真の姿を見抜ける目を、身につける必要があるでしょう。門戸はできるだけ大きく開いて、厳しく選別するということです。

場合によってはキャッチコピーも考える。

採用ページの制作にあたって、場合によってはキャッチコピーを考える必要があるかもしれません。通常は、お客さんにアピールするためにキャッチコピーを使いますが、思うように応募が無い場合は考えたほうが良いかもしれませんね。

ただし、キャッチコピーがないと募集を得られない、というほどのものではないと思います。おそらく、人材を同業者と取り合っているような、激戦状態の場合に必要になると考えられます。少しでも他社と差別化を図り、魅力を伝えなくてはいけないからです。

したがって、キャッチコピーは通常は必要ないものの、人材確保が難しい状況では必要になる可能性があると考えるべきでしょう。

サイトデザインはどうすればいいのか?

採用ページを作るにあたって、サイトデザインはどうすればいいのでしょうか? デザインは特別に凝る必要はないと思います。なぜなら、デザインと応募者の間に関連性がほとんど無いからです。敢えて言うなら、できるだけシンプルにして、ゴチャゴチャしないようにすることです。

つまり、採用情報を見やすく理解しやすいように発信したいということです。ただし、一般的な求人票のようなデザインを採ってしまうと、「何だここも同じか」とデザインだけで判断されてしまう可能性があります。求人票とは違った独自のスタイルが取れれば、間違いないと思います。

つまり、求人票のようなありがちなデザインは避けつつ、シンプルで見やすいものであれば良いということです。

採用担当者や職場の雰囲気を明らかにする。

採用担当者や職場の雰囲気は明らかにしてください。先ほども少し触れましたが、若い人はコミュニケーションについて非常に気にしています。つまり、採用担当者がどんな人か分からなければ、いきなり知らない人に会うことになるので、気が進まないということなんです。

また、入社して働くことになる職場の雰囲気がわからなければ、やはり気が進みません。仕事を辞める方の多くは、人間関係に原因があります。だから、どんな職場なのか、どんな上司や同僚がいるのかなど、文章や写真を使ってしっかりと伝えなくてはいけません。

これまでは賃金や休暇の日数が重視されましたが、むしろこれからは、良い人間関係が気付けることの方が重視されるでしょう。実際に、上司の写真とコメントを載せただけで、応募者が増えた例があるくらいです。

したがって、採用ホームページの制作で今最も重視すべきなのが、職場の雰囲気を伝えることであると言っても過言ではないでしょう。

まとめ:受け手の気持ちを考えて、ホームページを作ること。

いかがでしたか?

石川県金沢市の採用ホームページについて、制作のポイントを説明しました。採用ホームページ制作の戦略、『求人』ではなく『採用』、採用基準を明確に、採用試験についてできるだけ公開、キャッチコピーも考える、サイトデザイン、職場の雰囲気を明らかに、などのポイントがありました。

繰り返しになりますが、採用ホームページで人材を確保しようとするのであれば、応募者がどんな情報を必要としているのかをよく考える必要があります。つまり、マーケティングが必要であるということです。ぜひ、受け手の気持ちを考えた、ホームページ制作を行ってください。

このページが、人材確保のお役に立てば幸いです。

以上、「石川県金沢市の採用ホームページ、制作のポイントとは?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ制作の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ制作の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。