《Web担当者を応援する、Web集客コンサルタントのブログ。》

ネット集客とは?

ネット集客とは?

ネット集客とは何か、意味を説明します。読者対象は、ネット集客について初歩的なことから知りたい方です。ネット集客とは何か、基本的な意味だけでなく成功に導くためのポイントまで、分かりやすく説明しています。

ネット集客を知る意味とは?

あなたは「ネット集客って、何をすることなの?」という疑問をもって、このページをご覧になっていると思います。確かに、ネット集客とは具体的に何をすることなのか、わかりにくい部分があるではないでしょうか。ネット集客を一言でいえば、『インターネットを使った集客』です。

ところが、そのように説明されても、ピンとこない方が多いかもしれません。そこで、ネット集客とは何か、一般的なことを説明した後に、詳しく詳しく掘り下げてみます。ネット集客の成功ポイントも解説しますので、「ネット集客とは何か」本質をご理解いただけると思いますよ。

ネット集客とは何か、わかりやすく説明します!

それでは、ネット集客とは何か、意味をわかりやすく説明します。

ネット集客とは?

ネット集客とは、インターネットを使って行う集客です。具体的には、以下のサービスを利用することになるでしょう。

  • ホームページ(Webサイト)
  • ブログ
  • オウンドメディア
  • メール(メールマガジン)
  • SNS(ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、ライン、など)
  • ネット広告(リスティング、PPC、など)

これらのインターネットサービスを駆使して、集客を行うわけです。したがって、ネットのどのサービスを利用すると集客アップできるかなど、ネットの知識が重視される傾向です。

実際のやり方としては、ホームページであれば検索で上位表示を狙う『SEO対策』、ブログで商品を紹介して購入を促す『アフィリエイト』、各ネット媒体で『ネット広告』を出すなどの施策がありますが、これらはすべてネット集客と呼べるでしょう。

なお、広告自体はテレビ・ラジオ・新聞・雑誌などに出しておき、そこからホームページへ誘導する方法も、広い意味ではネット集客と呼べると思います。なぜなら、最終的にはネットで問い合わせや購入などを促しているからです。

このように、インターネットの各種サービスを利用した集客を、ネット集客と呼びます。

しかし、成果のあがるネット集客を行うためには、インターネットサービスを利用するだけでは不十分だと言えます。そこで、ネット集客をより正確に細かく考えるため、『ネット』と『集客』に分けて詳しく分析していきたいと思います。

ネットとは?

まず、ネットとは何かを考えていきます。ネットは、インターネット(ネットワーク)を略した言葉ですので、コンピューターネットワークを意味していることは分かると思います。したがって、ネット上で提供されている各種サービスについて考えると、理解しやすくなります。

最近ではSNSが普及していますが、ここでは、比較的わかりやすいホームページについて考えてみようと思います。ホームページは、自己紹介や自分の主張を公開するものだと考えるのが一般的です。ところが、本来そのようなものではありません。

実は、ホームページ本来の目的は、多くの方に有益な情報を『共有する』ことです。なぜなら、ホームページは、大学や研究機関が研究成果を公開する目的が、出発点だからです(インターネットの原点は、軍事設備の分散化が目的でしたが)。

確かに、自分の持っている情報を公開することに変わりはないですが、世の中の人々が必要としている情報を公開するのであって、自分の主張を公開しているわけではありません。SNSの場合でも、自分勝手な発言よりは、情報共有する使い方のほうが、共感が得られますよね。

したがってネットとは、誰かの役に立つ情報を公開するのが役割で、ホームページやSNSなどどのようなサービスを使った場合でもそれは変わらないことが、ご理解いただけるでしょう。

集客とは?

続いて、集客の意味について考えていきます。集客は、多くの方が「客を集めること」と解釈しているでしょう。しかし、これは必ずしも正しくありません。より現実的に考えると、「ある特定の客に集中すること」と解釈すべきです。

なぜなら、集客と呼べるもののほとんどは、お客様の質に偏りがあるからです。集客イベントを思い浮かべてください。世の中の人全員を対象にすることなど、不可能ですよね。例えば、グルメイベント、アニメイベント、音楽イベントなど、必ず特定のジャンルにしぼっています。

このように、集客とは特定のお客様に対して、魅力ある商品やサービスを提供するものだと理解すれば、腑に落ちるのではないでしょうか。

以後の説明では、商品とサービスを商品に統一しますのでご了承ください。

ネット+集客でどんな意味になる?

では、ネットと集客が合体すると、どんな意味になるでしょうか? 簡単に結合させると「ある特定の客に対して、有益な情報を共有し、魅力ある商品を提供すること。」となるでしょう。おそらくこれ以上、ネット集客を正確に言い表した表現は無いと思います。

したがって、ネット集客はある特定のニーズを持ったお客さんに絞って、その方が必要としている情報・サービス・商品を提供することであると言えます。つまり、ニーズを絞るわけですから、提供するものも自動的に絞られるというわけですね。

これらのことから、ネット集客は、単にネット上のサービスを利用するだけではうまくいかないことがお分かり頂けると思います。大事なことは、お客様を理解することであって、ネット上のサービスを理解することではないんですね。

ネット集客について、実際にすべきことをまとめて表現すると、『対象となるお客様(ニーズ)と、提供するものを絞る』ことです。ところが、多くの方がこのポイントを勘違いして、お客様の要望とは無関係に、会社や商品の強みを押し出すようなことをしてしまうんです。

なぜ、多くの方が勘違いするのか?

ところで、なぜ多くの方がネット集客を勘違いするのでしょうか? それは、「自分の扱っている商品を何としてでも売りたい!」という欲求があるからです。確かに、商品やビジネスによってはそのような思いを持っていても、うまくいくかも知れません。

しかし、ほとんどの場合はうまくいかないでしょう。本来は、お客様が真っ先に思い浮かび、次いでその方が必要としている商品を提供する、という順序になるべきです。繰り返しますが、最初に考えるべきは、商品ではなくお客様です。

ところが、どうしても自分の商品を売りたいという想いは消えません。なぜなら、商品の良さを誰よりも理解しているために、「良さが伝われば売れるはずだ!」と思い込んでしまうからです。その結果、誰も必要としていない商品を、一生懸命売ることになってしまいます。

このように、自分の扱っている商品を売りたいという欲求がなかなか消せないので、結果的に多くの方がネット集客を勘違いしてしまうんですね。

どうすれば、勘違い対策ができるのか?

このように、多くの方がネット集客を勘違いしてしまうわけですが、ビジネスの基本に立ち返ることができれば対策できます。ビジネスを一言でいうなら、「相手の抱える問題を解決し、その対価をいただく。」ということです。つまり、人助けをして、そのお礼をもらうわけです。

そこで対策としては、とにかくひたすらお客様目線になる努力をしてください。できれば一度、会社や商品のことを忘れるぐらいのことが必要でしょう。それくらいやってようやく、ネット集客が「お客様の要望に応えることである」と、気付けると思います。

おそらく多くの方は、頭では分かっていらっしゃると思います。しかし、残念ながら商品の呪縛から逃れることは至難の業と言えます。それくらい、「商品を売りたい」という気持ちは強いんです。その気持ちを抑えてお客様の立場になることは、簡単ではないと理解してください。

ネット集客で成功するために、何をすべきか?

結局、ネット集客で成功するために、何をすべきなんでしょうか? すべきことは、ビジネスの見直しです。なぜならネットは、自社のビジネスを文章や画像として表しているにすぎないからです。したがって、ホームページやSNSだけを更新しても、うまくいかないのです。

もちろん、ネットだけで商売をされている方もいらっしゃいますが、その場合もうまくいくビジネスを行っているだけであって、ホームページやSNSが優れているわけではありません。つまり、ネット集客は、ビジネスの見直しを行って初めて可能になるんです。

例えば、訴求点を見直したり、販売する商品の品ぞろえを変更したり、提供するサービスを変更したりと、ビジネスのやり方自体を変えなければ集客力は改善できないんです。確かに、ネットならではのテクニックがあるのも事実ですが、それは本質ではありません。

このように、ネット集客とはインターネットのサービスを利用すれば成功するものではなく、ビジネスを見直しこそが、ネット集客の本質であると言えるのではないでしょうか。

まとめ:ネット集客とは、ニーズに合わせることです。

いかがでしたか? ネット集客とは何か、説明しました。

今回説明したのは、ネットとは?、集客とは?、ネット+集客でどんな意味になる?、なぜ多くの方が勘違いするのか?、どうすれば勘違い対策ができるのか?、検索エンジンはホームページをどのように見ているのか?、結局何をすべきなんだろう?、などのポイントがありました。

ネットと集客を分けて考えることで、ネット集客とは何か意味がご理解いただけたと思います。繰り返しになりますが、ネット集客は、ある特定のニーズを持ったお客様に対象を絞り、その方が必要としている情報や商品を提供することです。

しかし、それを実現するためには、商品を売りたいという欲求を抑えることが必要でした。そしてすべきことは、お客様の目線になって考えることです。これは、別の言い方をすれば、『ニーズに沿ったビジネス』ということです。

つまり、ネット集客とは市場がインターネットにあるだけで、中身はリアルなビジネスと何ら変わりないという点にお気づきいただければ幸いです。

以上、「ネット集客とは?」と題して意味を説明しました。