《Web担当者を応援する、Web集客コンサルタントのブログ。》

ネット集客のコンテンツ、7つの超重要ポイント!

ネット集客のコンテンツ、7つの超重要ポイント!

ネット集客コンテンツ、7つの超重要ポイントを説明します。読者対象は、ネット集客のコンテンツについて知りたい方です。ネット集客向けのコンテンツはどのように作ればよいのか、わかりやすく説明しています。

なぜ、ネット集客のコンテンツが重要なのか?

あなたは、「ネット集客のコンテンツは、どのように作ったらいいんだろうか?」と疑問を持たれたために、このページをご覧になっていると思います。確かに、ネット集客のためのコンテンツはどう作ればよいか、非常に悩むのではないでしょうか。

ところで、なぜコンテンツ作成は難しく感じるのかというと、『集客』が関わってくるからではないでしょうか。単純にコンテンツを作るのであれば、特別な苦労は無いはずです。しかし、集客のためのコンテンツ作りだから、どうすれば集客になるのかが難しいわけですね。

そこで、ネット集客のためのコンテンツ作りとはどういったものなのか、分かりやすく、そして詳しく説明しましょう。

ネット集客のコンテンツ、7つのポイントを紹介!

それでは、ネット集客のコンテンツについて7つのポイントを説明しますので、しっかりと目を通してください。

ネット集客の基本とは?

最初に、ネット集客の基本を確認しましょう。ネット集客とはズバリ、閲覧者に対して解決策を提供するものであると考えられます。なぜなら、ユーザーは困りごとがあるからネットを検索して、Webサイトや各種のSNSにアクセスするからです。

もちろん、「○○がほしい」と思うことも困り事で、商品を用意することが解決策になりますが、実はそのような直接的な流れは多くありません。その手前の段階で、ネットを検索する場合が非常に多いんですね。例えば、「□□が動かないけれど、どうしたらいいんだ?」みたいなことです。

したがって、いかにしてユーザーの心の動きを読むかが、重要なポイントになります。つまりネット集客とは、ユーザーの心を読んでそれに合わせたコンテンツを用意することが、基本であると言えるでしょう。

どんなコンテンツを用意すればいいのか?

ネット集客では、どんなコンテンツを用意すればいいんでしょうか? それを理解するためには、一般的なコンテンツを理解しておく必要があるでしょう。一般的なコンテンツというと、ザックリ言えば好きなように作るものだと思います。

例えば、企業サイトであれば企業の情報を発信するだろうし、カタログ代わりのサイトであれば商品情報を発信し、ブログであれば自分のことを発信します。

しかし、ネット集客のコンテンツでは、先ほどもお話しした通り、ユーザーにとっての解決策を発信します。具体的には次のようなものになるでしょう。

  • 商品の選び方
  • 販売店の選び方
  • お得な買い方
  • 商品の使い方
  • 活用方法(裏ワザ)
  • メンテナンス方法
  • 廃棄方法

など、ユーザーが知りたいであろうと思われる情報を発信します。確かに、購入直前のユーザーを獲得できれば楽に販売できますが、皆同じことを考えますので激戦になるでしょう。そこで、ニーズのあるコンテンツを作ることで、間接的に自社へ引きつけるわけです。

一見すると遠回りですが、高い信頼を得ることができれば、高い確率で問い合わせや購入に結び付きますから、『ユーザーにとっての解決策』という視点のコンテンツを作りましょう。

コンテンツのテーマの選び方とは?

コンテンツのテーマを選ぶ時は、基本的に自社で扱っている商品やサービスに関連したものが、中心になると思います。もちろん、説明のためであれば、多少関係が遠いものが混ざっても問題ないと思います。(むしろ、そのほうが自然でしょう。)

考えられるのは、先ほど紹介したような7点などになると思いますが、具体的には検索ワードを調べることでテーマにすべき単語が分かると思います。どのようなワードを使って検索しているのかが分かれば、そこから何が必要とされているかがわかるわけです。

これは非常に重要な作業です。なぜなら、誰も検索していないような単語を選んでテーマにしてしまうと、全く検索されず読まれもしないコンテンツを作ってしまうからです。なお、検索ワードから書くべきテーマが分かりますが、自分が説明しやすいものを選ぶのがコツですよ。

なぜなら、書く気が起こらないテーマで無理やりコンテンツを作っても、ろくでもない記事を書いてしまうことになる可能性が高いからです。それでは全く意味を成しませんので、できれば「これなら書きたい!」と思えるようなテーマを見つけてください。

コンテンツの書き方とは?

続いて、具体的なコンテンツの書き方についてお話しします。ネット集客におけるコンテンツの書き方は、それなりのポイントがあります。まず、基本的なコンテンツの書き方ですが、以下のポイントに注意します。

  • 内容を理解してもらえる文章を書くこと。
  • 読んだ後に気づきがあること。
  • さらに別のページを読んでもらえること。
  • SNSの場合のポイントは?

内容を理解してもらえる文章を書くこと。

内容をしっかりと理解してもらうためには、通常の文章とは違った文型を採ることが必要です。具体的には、「結論を先に書き、エビデンス(証拠)を示し、まとめの言葉で締める」ような文型にする必要があります。この文型は人を説得しやすいので、説明文に最適です。

例文をあげるとすれば、次のようになるでしょう。

  • スタッドレスタイヤは、B社とY社を選んでください。
  • なぜなら、氷表面の水分を除去して、タイヤを吸い付ける技術があるからです。
  • 他にもいろいろなメーカーが存在しますが、上記2社を選べば間違いないと思いますよ。

このような形で、結論を最初に持ってくるような文型を採用してほしいんです。明らかに説得力が違いますよ。

読んだ後に気づきがあること。

コンテンツを読んだ後には、気づきが必要です。つまり、単純に説明しただけでは足りないんです。なぜなら、気付きのないコンテンツでは、それ以上何の進展もないからです。気づきが無くても、アクセスは確保できるかもしれませんが、いわゆるコンバージョンには至らないでしょう。

閲覧者は何かに気づくから、「問い合わせてみよう!」と思うわけです。では、気付きとは具体的に何かというと、プロだからこそのアドバイスが該当するでしょう。例えば、「私は電動工具は使わないんですよ。手作業の方が感覚が分かりやすいですからね。」といった感じです。

電動工具を使えば便利だけれど、機械に頼らないのがプロの仕事であると伝えているわけです。このような気づきが伝わると、「なるほど、工具を買って自分でやろうかと思ったけれど、ここはプロに任せた方が良いかも」と感じて、問い合わせるわけですね。

もちろん、プロのアドバイスだけではなく、いろいろな種類の気付きがあるでしょう。いずれにしても、気付きのないコンテンツではアクセスを集められても、必ずしもコンバージョンに結びつかないことを理解しておいてください。

さらに別のページを読んでもらえること。

コンテンツ作りで忘れてはいけないのが、別の情報を紹介することです。例えば、「○○について説明しましたが、□□についてもこちらで詳しく説明しています。」として、別ページを読んでもらうように誘導するわけです。

もちろん、これは滞在時間を伸ばして理解を深めてもらう意味と、自分が本来伝えたい内容のページへ誘導する働きがあります。もちろん、1ページだけ読んで問い合わせなどにつながれば非常に良いパターンですが、そうならない場合の方が多いでしょう。

そこで、別ページも紹介することで少しでも閲覧者の満足度を上げ、コンバージョンへつなげようとするわけです。これはコンテンツの最後、締めの後に別ページを紹介すると非常に効果的ですが、文中の注目すべき語句をリンクにして、説明しているページへつなげるのも重要です。

当然、リンク先のページは作っておかなくてはいけませんが、専門用語や意味が分かりづらい語句についても抜かりなく説明することで、やはり満足度が上がります。

このように、別ページを紹介して読んでもらえるようにするのも重要ですよ。

SNSの場合のポイントは?

ここまでWebページの話でしたので、SNSの場合のポイントも確認しておきましょう。

SNSで最も重要なポイントは、『共感』の一言に尽きるでしょう。なぜなら、SNSはつながりを重視する媒体なので、一方的な発言ではだれも見向きもしないからです。フォロワーが共感して、「そうそう、確かにそうなんだよね」と思ってもらわないといけないんですよ。

そうやって共感してくれた時に初めて、「いいね!」や「リツイート」があるわけです。ただ、共感と言われても難しいかもしれません。ザックリ言うと、共通認識を確認することです。「○○は面倒ですよね。」みたいなところから入ってみてください。

そして、「でも、□□をすることで実は簡単になるんですよ。」のように解決策を示して、「ちょっとした工夫で簡単になるなんて面白いもんですね。」のようにして、気付きを表しましょう。

このようにすれば、共感というやや抽象的なものが具体的になると思いますので、これをヒントにして発言してみてください。

まとめ:テーマの選び方と気付きがポイントです。

いかがでしたか? ネット集客のコンテンツ、7つの超重要ポイントを説明しました。

今回説明したのは、ネット集客の基本とは?、どんなコンテンツを用意すればいいのか?、コンテンツのテーマの選び方とは?、内容を理解してもらえる文章を書くこと、読んだ後に気づきがあること、さらに別のページを読んでもらえること、SNSの場合のポイントは?、などのポイントでした。

ネット集客のコンテンツを作るにあたって、説明文の書き方を中心に説明しました。もちろん、説明文をより分かりやすくするためには、必要に応じて挿絵や動画なども入れるようにしてください。そして、コンテンツで重要なことは「テーマの選び方と気付き」です。

なぜなら、役に立たないコンテンツでは閲覧者が満足せず、コンバージョンの獲得に至らないからです。アクセスを増やすことだけに注目したのでは、ネット集客になりません。集めたお客さんが行動に移るようなコンテンツ作りを、目指していただければ何よりです。

以上、「ネット集客のコンテンツ、7つの超重要ポイント!」と題して説明しました。