ホームページ集客とは?

集客ホームページとは?

ホームページ集客とは何かを説明しました。ホームページ集客について、詳しく知りたい方に適しています。ホームページ集客とは何をすることなのか、その基本や本質をビジネスという視点で、分かりやすく説明しているからです。

ホームページ集客を知る意味とは?

あなたは「ホームページ集客って、何をすればいいの?」という疑問をもって、このページをご覧になっていると思います。確かに、ホームページ集客では何をすればいいのか、わかりにくいかもしれませんね。ホームページ集客を一言でいえば、『役立つ情報を提供する』ことです。

ところが、そのように説明されても、いまひとつピンとこない方が多いのではないでしょうか。そこで、『ホームページ』と『集客』に分けて、初歩的なところから詳しく説明します。ホームページ集客の本質を、きっと理解していただけると思いますよ。

ホームページ集客を、理解するポイント。

それでは、ホームページ集客を理解するポイントを、詳しく説明していきます。なお、ことばの意味を説明したのでは趣旨が逸れてしまいますので、役割や考え方についてお話しします。

ホームページとは?

まず、ホームページとは何かを考えていきます。一般的に、ホームページは自己紹介や、自分の主張を公開するものだと思っている方が、非常に多いでしょう。ところが、元々そのようなものではありません。なぜなら、多くの方に有益な情報を『共有する』ことが本質だからです。

ホームページの出発点は、大学や研究機関が、研究成果を公開する目的からでした。確かに、自分の持っている情報を公開することに変わりはないですが、世の中の人々が必要としている情報を公開するのであって、自分の主張を公開しているわけではありません。

したがって、ホームページで公開する内容は、誰かの役に立つ情報でなければ、本来の役割から大きく逸脱してしまうことになります。

集客とは?

続いて、集客の意味について考えていきます。集客は、多くの方が「客を集めること」と解釈しているでしょう。しかし、これは必ずしも正しくありません。より現実的に考えると、「ある特定の客に集中すること」と解釈すべきです。

なぜなら、集客と呼べるもののほとんどは、お客様の質に偏りがあるからです。集客イベントを思い浮かべてください。世の中の人全員を対象にすることなど、不可能ですよね。例えば、グルメイベント、アニメイベント、音楽イベントなど、必ず特定のジャンルにしぼっています。

このように、集客とは特定のお客様に対して、魅力ある商品やサービスを提供するものだと理解すれば、腑に落ちるのではないでしょうか。

以後の説明では、商品とサービスを商品に統一しますのでご了承ください。

ホームページ+集客でどんな意味になる?

では、ホームページと集客が合体すると、どんな意味になるでしょうか? 簡単に結合させると「ある特定の客に対して、有益な情報を共有し、魅力ある商品を提供すること。」となるでしょう。おそらくこれ以上、ホームページ集客を正確に言い表した表現は無いでしょう。

したがって、ホームページ集客は対象とするお客様を絞って、その方が必要としている情報・サービス・商品を提供することであると言えます。つまり、お客様を絞るわけですから、提供するものも自動的に絞られるというわけですね。

ホームページ集客について、実際にすべきことをまとめて表現すると、『対象となるお客様と、提供するものを絞る』ことです。ところが、多くの方がこのポイントを勘違いして、お客様の要望とは無関係に、会社や商品の強みを押し出すようなことをしてしまうんです。

なぜ、多くの方が勘違いするのか?

ところで、なぜ多くの方がホームページ集客を勘違いするのでしょうか? それは、「自分の扱っている商品を何としてでも売りたい!」という欲求があるからです。商品や商売によっては、そのような思いを持っていても、うまくいくかも知れません。

しかし、ほとんどの場合はうまくいかないでしょう。本来は、お客様が真っ先に思い浮かび、次いでその方が必要としている商品を提供する、という順序になるべきです。繰り返しますが、最初に考えるべきは、商品ではなくお客様です。

ところが、どうしても自分の商品を売りたいという想いは消えません。なぜなら、商品の良さを誰よりも理解しているために、「良さが伝われば売れるはずだ!」と思い込んでしまうからです。その結果、誰も必要としていない商品を、一生懸命売ることになってしまいます。

このように、自分の扱っている商品を売りたいという欲求がなかなか消せないので、結果的に多くの方がホームページ集客を勘違いしてしまうんですね。

どうすれば、勘違い対策ができるのか?

多くの方が、ホームページ集客を勘違いしてしまうわけですが、商売の基本に立ち返ることができれば、その勘違いは対策ができます。商売を一言でいうなら、「相手の抱える問題を解決し、その対価をいただく。」ということです。つまり、人助けをして、そのお礼をもらうわけです。

そこで対策としては、とにかくひたすらお客様目線になる努力をしてください。できれば一度、会社や商品のことを忘れるぐらいのことが必要でしょう。それくらいやってようやく、ホームページ集客が「お客様の要望に応えることである」と、気付けると思います。

おそらく多くの方は、頭では分かっていらっしゃると思います。しかし、残念ながら商品の呪縛から逃れることは至難の業と言えます。それくらい、「商品を売りたい」という気持ちは強いんです。その気持ちを抑えてお客様の立場になることは、簡単ではないと理解してください。

検索エンジンは、ホームページをどのように見ているのか?

ところで、検索エンジンはホームページをどのように見ているのでしょうか? 最近のホームページは、ほとんどが Google 検索でたどり着くので、気になると思います。ズバリ言うと、 Google が検索結果でページを上位表示するのは、検索ユーザーの役に立つ場合です。

検索エンジン(主に Google )の基本的な考え方は、「ホームページとは検索ユーザーのためにあるもの」というものです。やはり検索エンジンにとっても、ホームページは誰かの役に立たなければ意味がないという考え方なんです。

なぜなら検索とは、知りたいことや解決したい問題をキーワードに表して行うもので、その答えを用意するのがホームページだからです。つまり、検索に対する答えのあるホームページが、ユーザーにとって役に立つという判断がされるわけです。

これは、最初のホームページの説明に合致しますね。「誰かの役に立つ情報を共有する」という考え方そのものです。したがって、検索ユーザーのためのホームページにする意味でも、お客様のことを本当に心から心配し、その道のプロが精魂込めて最高の説明をすべきでしょう。

このように、困っている方の役に立つホームページを作成できれば、自然とホームページ集客ができるようになると思います。

結局、何をすべきなんだろう?

結局のところ、ホームページ集客では何をすべきなんでしょうか? すべきことは、ビジネスの見直しです。なぜならホームページは、うまく回っているビジネスを文章や画像として表しているにすぎないからです。したがって、ホームページだけを更新しても、うまくいかないのです。

もちろん、ネットだけで商売をされている方もいらっしゃいますが、その場合もうまくいくビジネスを行っているだけであって、ホームページが優れているわけではありません。つまり、ホームページ集客は、ビジネスの見直しを行って初めて可能になるんです。

極端なことを言えば、どれだけホームページを変えても集客できないということです。ホームページならではのテクニックがあるのも事実ですが、それは本質ではありません。本質的にビジネスが改善されない限り、テクニックは焼け石に水であると言えるからです。

このようにホームページ集客ですべきことは、ビジネスを見直し、それをホームページに表すことであると言えるでしょう。

まとめ:ホームページ集客とは、ニーズに沿ったビジネスです。

いかがでしたか?

ホームページ集客とは何かを説明しました。ホームページとは、集客とは、ホームページ+集客でどんな意味になる、なぜ多くの方が勘違いするのか、どうすれば勘違い対策ができるのか、検索エンジンはホームページをどのように見ているのか、結局何をすべき、などのポイントがありました。

繰り返しになりますが、ホームページ集客とは、ある特定のお客様に対象を絞り、その方が必要としている情報や商品を提供することです。しかし、それを実現するためには、商品を売りたいという欲求を抑えなくてはいけないことが、ご理解いただけたと思います。

これは、別の言い方をすれば、『ニーズに沿ったビジネス』ということです。つまり、うまく回るビジネスをまず構築し、それをホームページに表すことが、ホームページ集客であるとご理解いただければ幸いです。

以上、「ホームページ集客とは?」と題して説明しました。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。当方はWebコンサルタントですので、ホームページ作成の様々なお悩みにアドバイスさせていただいております。

  • 集客力のあるホームページにしたいので、知恵を貸してほしい。
  • ホームページの問い合わせが少ないので何とかしてほしい。
  • ホームページ用にうまい文章やキャッチコピーを考えてほしい。

このようなお困りごとがおありでしたら、当方にご相談ください。(ご相談は無料です)

お問い合わせ

24時間365日、いつでもお問い合わせいただけます!
(お返事は、営業日の 9:00~18:00 の間です。)

サイト診断