《Web担当者を応援する、ホームページ集客の専門家のブログ。》

問い合わせが増加する秘策、タイミングとは?

問い合わせが増加する、タイミングの重要性とは?

問い合わせ増加する秘策を説明しました。問い合わせが増加せずお悩みの方であれば、初心者・上級者を問わず役に立つでしょう。最も効果の高いポイントである、タイミングについて例示しながら解説しているからです。

なぜ問い合わせの増加には、タイミングが重要なのか?

「問い合わせの増加には何が必要ですか?」と聞かれれば、私なら「タイミングを合わせることだと思います」と答えます。人間は、ちょうど良い時期に情報を目にすると、かなり高い確率で行動に移るという特性(習性とも言えるでしょう)があるからです。

多くの方は、全体的なパイを増やすことを考えると思いますが、それでは「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」というまぐれ狙いでしかありません。実際には「一発必中」の施策が重要で、タイミングという心理的なアプローチによって、問い合わせの増加を狙う必要があります。

そこで、タイミングについてどのように考えればいいのか、詳しく説明しましょう。

問い合わせが増加する、タイミング7つのポイント!

それでは、問い合わせが増加する、タイミング7つのポイントをご紹介します。

タイミングとは何か?

最初に、タイミングの意味について説明します。

ここで言うタイミングとは、期限性を持たせるということです。例えば、「期間限定商品」が典型的と言えるでしょう。ある一定の時期しか売られないとか、決められた期日までにしなくてはいけないとか、ある特定の日だけ有効である、といったものが該当します。

では、なぜ期限を重視するのかというと、行動に移りやすいからです。人間は締切りが近くなると、焦りを感じてやや判断が甘くなります。すると、通常は何とも思わないものでも、その瞬間だけほしくなったり重要に感じたりするんですね。

例えば、ポケモンGOが大流行したときに、充電屋さんが至る所に現れました。実際に、ポケモンGOの利用者はこのような業者を利用していたようです。「だめだ、もう電池が切れる…」というときにバッテリーにチャージできれば、ベストタイミングですからね。

したがって、タイミングが合えば非常に簡単に反応を得られるものの、うまく合わなければ成果には程遠いと言えます。つまり、このような期限性をいかに的確につかむかが、問い合わせの増加に強く影響するというわけなんですね。

このような考え方を基本として、広告やホームページで広報するということです。続いて、具体的なタイミングの例をご紹介しますので、しっかり頭に入れてください。

期間限定の特典を用意する

一番手っ取り早いのは、自らタイミングを作ってしまうことです。そこで登場するのが、期間限定の特典です。例えば、「ただ今に限り、○○を無料で進呈いたします。」のような感じです。「○月までの特別ご奉仕!」と具体的なところまで示せれば、より効果的でしょう。

もしくは、数量限定でもよいと思います。いずれの場合であっても、「今この瞬間に問い合わせないと、せっかくの特典が無くなってしまう」という焦りを、お客さんに感じさせるんですね。ただし、これはあくまでも販売側が作り出したタイミングですから、そんなに強くありません。

最も強いタイミングは、お客さんの側に期限があるときです。なぜなら、期間限定の特典は逃してもさほど影響はないですが、自分のことだと致命的な場合もあり得るからです。

そこで、次はお客さんの側にタイミングがあるパターンをご紹介します。

法令で決められた期限を示す

かなり重要なのが、法令で決められた期限です。具体的には、各種免許の更新時期や車検などが該当します。では、なぜこのようなタイミングを重視するのかというと、機会を逃すと免許がはく奪されたり車に乗れなくなったりしてしまうからです。

法的な許可が無くなってしまった状態で運用してしまうと、法律違反になりますから、ポイントとしては非常に重要です。つまり、本人が法令を犯すことになり、困るわけですね。ただし、これでもやや弱いかもしれません。なぜなら、バレなければ何とかなるからです。

そこで、バレた場合の罰則を示すことで、期限までに何とかしないと大変なことになることを示す必要があるでしょう。コンプライアンスを重視する会社や、良心のある方であれば、このようなタイミングは非常に刺さるメッセージになると思います。

トラブルについて伝える

何かのトラブル解決について伝えるのも、タイミングとしては重要です。これは、水道の水が止まらないとか、車のエンジンが故障した等の問題を指します。では、なぜこのような障害発生がタイミングなのかというと、今すぐ何とかしないと非常に困るからです。

水道であれば、水が出っぱなしになるので今すぐ何とかしたいですよね。また、車であれば故障の箇所によっては動けませんので、やはり早急な対応が必要でしょう。(例えば、オーディオが壊れても走れるから、あまり深刻ではないです。)

このように、同じトラブルでも今すぐ何とかしないと、非常に深刻な状態になるタイミングを示すことができれば、問い合わせ増加の確率はグンと上がるでしょう。

メンテナンス時期を伝える

メンテナンスの時期を伝えるのもタイミングとして有効です。なぜなら、機械によっては定期的な点検整備を行わないと、故障したり能率が悪くなったりするものがあるからです。当然ですが、生産効率が落ちることになるので、経済的に大きな損失になります。

つまり、メンテナンスが必須の場合には、非常に有効なタイミングになるわけですね。そこで、見積もり無料とか初回のみ割引といったものを組み合わせれば、より効果的になります。整備や定期点検についても、軽視することなくしっかり伝えてください。

このように、メンテナンスも重要なタイミングであり、問い合わせを増やすことに非常に貢献することを覚えておきましょう。

製品の寿命を伝える

製品の寿命を伝えるのも重要です。例えば、「○年以上使っている場合は故障の危険があります」と伝えるわけですね。当然ながらそれを目にした方は、メンテナンス(オーバーホール)や買い替えを検討することになりますので、問い合わせに結び付きます。

もちろん、まだ使用できるかどうかの点検へ誘導することも、可能だと思います。製品に寿命があることを知っている方は意外と少ないですので、タイミングを知ってもらうことが重要です。「こんな症状が出ていませんか?」として、チェックしてもらうのも手ですよ。

このように、製品の寿命がタイミングとして非常に有効であり、お客さんを問い合わせという行動に向かわせるわけなんですね。

特定の日を示す

ここまでは一定の期間をご紹介しましたが、特定の日も重要なタイミングになります。具体的には、「祝日、誕生日、結婚式、葬儀、何かの記念日」など節目となるような、特別な日だと考えてください。なぜこれがポイントなのかというと、それ以外では意味が無いからです。

例えば、祝日は休みですから、それ以外の平日とは明らかに違いますよね。休みでないと自由に動けないという方が多いと思いますから、そのような方にとっては重要なタイミングです。誕生日にしても、冠婚葬祭にしても、その日しかありません。

このような特定の日をタイミングにするときは、事前の準備から始まって、当日に間に合わせるという点が期限になります。そこを過ぎてしまっては意味が無いわけですね。すると、絶対その日を外せないので、お客さんは問い合わせへと突き動かされます。

ぜひ、タイミングになり得る特別な日を探してみてください。問い合わせの増加には、かなり有効ですよ。

まとめ:タイミングという心理的誘導がポイントです

いかがでしたか? 問い合わせが増加する、タイミングの重要性を説明しました。

今回説明したのは、タイミングとは何か?、期間限定の特典を用意する、法令で決められた期限を示す、トラブルについて伝える、メンテナンス時期を伝える、製品の寿命を伝える、特定の日を示す、などのポイントでした。

問い合わせの増加を狙うためにすべきこととして、タイミングを示すことが重要であるとお話ししてきました。お客さんが問い合わせるかどうかは、行動に移す『気持ちになるかどうか』がポイントなんです。つまり、ある程度の心理的誘導が必要だということでもあります。

その際に非常に効果的なのが、タイミングなんです。機会が合えば、驚くほど簡単に問い合わせが増加するでしょう。このような考え方のポイントを押さえて、広告やホームページによる広報を行っていただければ、きっと成果があがってきますよ。

なかなか問い合わせに結び付かないときは、ぜひタイミングが合っているか確認するところから始めてみましょう。

以上、「問い合わせが増加する秘策、タイミングとは?」と題して説明しました。