《Web担当者を応援する、ホームページ集客の専門家のブログ。》

集客は経営の命!、知っておくべき7点とは?

集客は経営の命!、知っておくべき7点とは?

集客経営の命ですので、知っておくべき7点を説明します。読者対象は、集客で会社の経営を楽にしたい経営者ですが、これから起業される方にも適しています。集客が経営にとって重要であることを詳しく説明しているからです。

なぜ、集客は経営にとって重要なのか?

会社を経営するうえで、様々な課題にぶつかると思いますが、重要なことは2つです。それは、人材の確保と収益を上げることではないでしょうか。人材がいなければ収益は上がりませんし、収益が上がらなければ人を雇うことなどできません。両方が同時に成立しないといけないわけです。

収益を上げるためには、どうやって商品を売るか考えなくてはいけませんよね。そして、商品を売るためには、お客さんをある程度集めなくてはいけません。また、人材確保も人を集めることです。つまり、どちらも共通して集客をしなくてはいけないんです。

したがって、集客がうまくいけば様々な心配事が減ることになり、経営はかなり楽になるでしょう。そこで会社を経営するコツとして、集客に焦点を絞ってお話ししようと思います。

集客で会社の経営を楽にする、知っておくべき7点!

それでは、集客で会社の経営を楽にするために、知っておくべきポイントを説明します。ポイントは7つありますので、しっかりと頭に入れてください。

会社経営の基本、集客とは何か?

初歩中の初歩として、集客について考えてみましょう。まず、何かを売るにしてもサービスを提供するにしても、お客様に購入や契約をしてもらう必要があります。つまり、お客様がいなければ商売は成立しません。会社経営は、お客様が存在して初めて成立すると言えるでしょう。

すると、「お客様とどのように接触するか?」ということになります。考え方は2つあって、1つは買ってくれそうな方を探しに行く、営業という考え方です。そしてもう1つは、お客さんに気づいてもらって、お客様の方から買いに来てもらう広報という考え方です。

いずれの方法を採るにしても、会社を作ってただボーっとしていても物は売れませんので、集客という発想を持ってお客様にアピールしなくてはいけないということです。どんなに良いものを売っていても、誰も知らなければ売れることはありませんからね。

これは、人材募集でも同じです。ただ待っているだけでは、人材は集まらないでしょう。仕事や職場環境などを積極的に発信しないと、求職者に知ってもらえません。

このように、より多くの方に会社を周知し興味を持ってもらうことで、商品の販売や人材確保に結び付けるのが集客であると言えるでしょう。

会社経営で大事なことは、集客方法を考えることです!

会社経営で大事なことは、集客方法を考えることです。なぜなら、お客様がいなければビジネスにならないからです。したがって、いかにお客様を集められるかがポイントになります。先ほどご紹介した、営業と広報の2種類が集客方法ということになるでしょう。

もちろん、営業であれば特定の方に直接会って売り込みを掛けるし、広報であれば広告などを使って広く多くの方に知ってもらうようにします。どちらか一方で集客する場合もあるだろうし、両方並行して行う場合もあるでしょう。

経営者は、どのような方法がより集客できるのかを、判断しなくてはいけないわけです。そして、集客が成功すれば買ってくれるお客様は増えますが、失敗すればお客様は増えません。だからこそ、会社経営では集客の方法を考えることが大事なんですね。

やはり、人材を確保するうえでも同じでしょう。現代の募集活動では、人材募集の張り紙をしたり、ハローワークに募集要項を出すだけでは足りません。お客様を集めるように、人材集めの方法を工夫しなくてはいけません。むしろ、人材確保の方が難しくなっているでしょう。

どのようにして人を集めるのか、方法の検討は非常に重要になっていますよ。

集客の基礎を理解する。

集客を行うためには、まず基礎を理解する必要があるでしょう。一般的には、まずは知ってもらうことから始めると思います。確かにそれは重要ですが、それだけでは足りません。なぜなら、ビジネスとは課題の解決策を提供するものだからです。

つまり、「うちの会社はこんな商品を売っていますよ」とアピールするだけでは不十分なんです。本来の集客とは、ある問題を抱えた方に対して、「うちの商品なら、あなたの問題が解決しますよ」と伝えることなんです。(人材募集なら、「あなたの希望が叶いますよ」と伝えます。)

したがって集客は、「世の中にはどんな問題を抱えた方がいるのか?」ということを、探るところから始めます。つまり、ニーズを把握しなくてはいけないんです。伝え方にしても、品揃えにしても、いかにニーズに沿うようにするかが、集客の要と言えます。

自社の商品(シーズ)から考えるのではなく、お客様の抱える問題(ニーズ)から考えるのが集客であることをぜひ知ってください。これが、集客の基礎であり、会社経営の基礎なんです。

集客の方針を考えましょう。

集客の方針を考えましょう。これはすなわち、会社の経営方針と言えるでしょう。簡単に言うと、

  • 誰を相手に商売するのか
  • 何を売るのか
  • どのように伝えるのか

ということになります。決め方は、先ほどお話しした通りニーズベースで考えます。なぜなら、ニーズが無ければ売れないからです。つまり、ニーズの多い商品を中心にするわけですね。ニーズが把握できれば、どんな商品を売り、それをどんな人が買うのかもわかります。

もちろん、どのように伝えればよいのかもわかります。自社で扱う商品から考えてしまうと、ニーズのない商品を売ることになりかねません。つまり、ニーズがわかれば、自然と集客方針も決まってくるということなんですね。

これは、人材募集も全く同じです。給料が良ければ人が集まるわけではありません。職場環境の充実なのか、人間関係なのか、通勤距離なのか、就職先を選ぶ条件は様々です。求職者のニーズを把握することも、やはり重要なんですね。

このように、ニーズを基にして集客の方針、つまり会社経営の方針を決めるわけです。

集客のノウハウを学ぶには?

集客のノウハウを学ぶには、いわゆる集客セミナーへの参加が一番手っ取り早いと思います。本を読んでも、なかなか身につかないのではないかと思います。やはり、先生がいて質問ができるような環境で学ぶことが重要でしょう。だたし、セミナーには注意点があります。

セミナーは、参加費用がそれなりに必要なものを選びましょう。具体的には、5,000円は払わないと役に立つ内容ではないと思います。無料のセミナーほど役に立たないものはありませんよ。というのも、最後に商品の販売があるから無料なんです。

だから、セミナーの内容そのものは大したことが無いんですね。メインは教えることではなく、商品の販売だからです。したがって、セミナーに参加して集客ノウハウを学びたい場合は、有料のものを選ぶようにしてください。(本当に身になるセミナーは、1回 10,000 円は必要でしょう。)

低コストでメリットが多い、ホームページ集客とは?

ここで、ホームページ集客についてお話ししておきます。なぜなら、ホームページ集客は低コストでメリットが多いからです。様々なメリットの中でも大きいのは、営業と広報を同時に行えるところではないでしょうか。これは、ホームページを単なるカタログにしてしまうと湧かない発想です。

ホームページの特性を考えてみましょう。ホームページは、検索によってたどり着くことがほとんどです。検索というのは、問題を抱えたときや知りたいことがあるときに、答えを探す行為です。つまり、集客の基本である「ニーズの把握」と非常に相性がいいんですね。

もっと具体的に言えば、検索ワードは知りたいことを言葉にしたものなので、ニーズそのものだと言えるでしょう。検索ワードを調べればニーズがわかるし、ニーズに合致した内容のホームページを用意して、自社のサイトに誘導することも可能です。

つまり、インターネット上に広報したことで、興味を持ってアクセスしてきた検索ユーザーに対して営業できるということなんです。ネット広告についても、クリックされた時だけ費用が発生しますので、ピンポイントに広報できるという、不可能を可能にしたような集客なんですね。

ホームページは、一度作ると維持費しかかかりませんので、人を雇って給料を払い続けるよりは、はるかに低コストだと言えるでしょう。

ホームページ集客にも限界はある。

魅力の多いホームページ集客ですが、限界があるのも事実です。ホームページ集客は、興味のある方だけに情報を届けることができるので効率が良いですが、これが問題になる場合があります。逆に言うと、興味のない方に気づいてもらえないということです。

具体的に言うと、画期的な新商品はアピールできないんです。例えば、スマートフォンが存在しない時代に、『スマートフォン』をキーワードにして検索する人はいません。したがって、スマートフォンに関するホームページを作っても集客できないんですね。

では、新商品のホームページ集客は絶対不可能かと言えば、そうでもありません。もし、検索ワードとして、『新しい携帯電話』とか『最新の携帯電話』などがあれば、スマートフォンを『新しい画期的な携帯電話』として紹介するんです。

これが、「ニーズのないものは売れないので、ニーズベースで考えましょう」という考え方にも通じるわけなんですね。したがって、発想の転換ということも、集客では必要であることを知っておいてください。

まとめ

いかがでしたか? 集客は経営の命ということで、知っておくべき7点を説明しました。

今回ご説明したのは、会社経営の基本集客とは何か?、会社経営で大事なことは集客方法を考えることです!、集客の基礎を理解する、集客の方針を考えましょう、集客のノウハウを学ぶには?、低コストでメリットが多いホームページ集客とは?、ホームページ集客にも限界はある、などのポイントでした。

会社経営のコツとして、集客について説明しました。なぜなら、お客さんを集めない事には、商品を売ることはできないからです。商品を売らなければ収益が上がりませんから、会社経営の根本的な部分であると言えます。また、人材を集めるのも、集客と同様の手法が必要な時代になりました。

したがって、集客のやり方さえしっかりしていれば、会社経営はかなり楽になるわけです。つまり、経営者に求められるのは、集客をどうするのかこの1点であると言えるでしょう。ぜひ、集客は会社経営の命であることを忘れないで、取り組んでいただければ幸いです。

以上、「集客は経営の命!、知っておくべき7点とは?」と題して説明しました。