ホームページの文章構成、5つの超重要ポイント。

ホームページの構成、5つの超重要ポイント。

ホームページの文章構成で5つの超重要ポイントを説明しました。どんな流れでページを記述すればよいのか知りたい方に適しています。文章の構成について解説しただけでなく、読み手や書き手にどんなメリットがあるのかも説明したからです。

ホームページの文章構成を、知る意味とは?

ホームページを作ろうとしているけれど、内容をどうやって書いたらいいのかよくわからないという方は多いんじゃないでしょうか? 当然ですが、好きなように書いていいわけではありません。どうせなら読み手に理解してほしいし、集客にも役立てたいですよね。

一言でいうと、アウトラインを意識して記述してほしいんですが、「アウトラインってなに?」という方もいらっしゃるでしょう。簡単にいえば、文章に一定の構造を与えて、読みやすく整理することです。構造ができると、書き手、読み手、SEOにもメリットがあるので、非常にお勧めですよ。

このように文章構成を知ることは、わかりやすい文章の書き方を知るという意味があるんです。そこで、どんな書き方がわかりやすい理想的アウトラインなのか、基礎知識について説明します。

ホームページの文章構成のポイント。

それでは、アウトラインを意識したホームページの文章構成についてポイントを説明します。

1.アウトラインの必要性。

ホームページと言えば、文章が基本です。何かを伝えるためには必ず文章を書く必要があります。わかりやすい図解や写真を用意したとしても、必ず説明を書きます。これは、文章で説明しないと正確に伝わらないうえに、検索エンジンは文章を対象にして検索しているからです。

そこで、重要になるのが文章の構造です。どんなに魅力的な内容であっても、文章の構造がうまくないと納得してもらえないどころか、正しく伝わらない可能性すらあります。そんな時は、『アウトライン』を意識して、文章構造を整理することを考えてほしいんです。

2.具体的な記述方法。

文章構造を整えるアウトラインとは、簡単にいうと、文章に見出しを付けることで小さなまとまりを作ることです。だらだらと文章を書き続けても、まとまりのないものになってしまうので、見出しを付けて区切るといってもいいかもしれないですね。こうすると非常に読みやすくなるんです。

具体的には H1~H5 などの見出しタグの使い方で、例えば「麺類のお話し」というページを作ったとすると次のように使います。

アウトラインの具体例

見出しタグとその該当範囲を色分けしました。上の図の場合、H1 の「麺類のお話し」は全体をまとめています。そして、H2 で「うどんとは何か?」と大まかに分類して、さらに、H3 で「きつねうどん」や「天ぷらうどん」として細かく分けていますね。(そばについても同様です。)

このようにすれば、見出しによって内容や意味ごとに分けることができるんです。なお、それぞれの見出しタグは何回使ってもいいんですが、使う順番は守ってください。例えば、H2 がないのに H3 が来ることがないようにしてくださいね。

また、H1 を全ページ共通の内容にしていることもあるとおもうんですが、その場合は H2 から始めても構いません。つまり数字が一つずれて、H2 ~ H4 を使うということになりますね。要するに、見出しタグで内容ごとに別けることができていればそれでいいんですよ。

3.読み手にとってのメリット。

読み手にとってのアウトラインは、内容が意味ごとにまとまっているので、読みやすく理解しやすい文章になります。一続きに書かれた文章だと、内容が連続的になるので主語が不明確になることがあります。すると、意味がとりづらくなるので理解しにくくなってしまうんですね。

ところが、アウトラインがしっかりしていれば主語も内容も一つの意味でまとまるので、読んでいてとてもわかりやすくなります。だから、内容が非常によく伝わるようになるんですよ。同じ内容ならより伝わる文章の方がいいに決まってますからね。これが、読み手にとってのメリットです。

4.書き手にとってのメリット。

書き手にとってのアウトラインは書く内容を整理できるので、文章の構成をまとめやすいんです。内容や意味ごとにブロックを作っているわけなので、例えば「このブロックとこのブロックは入れ替えたほうがわかりやすいな」といったように、より洗練された文章にできますよ。

したがって、1ページは「意味のあるブロックの集合体」と考えることができるんです。ホームページを作るときに、短い文章を何回も書くという感じにできるので、まとめやすくなって明らかに書きやすくなるんです。これなら特別な文才がなくても十分に書けると思いますよ。

これが、書き手にとってのメリットです。

5.アウトラインとSEO対策の関係性。

アウトラインを守って文章を書くと、ある程度のSEO対策にもなります。現在の検索エンジンは文章の内容を重要視しているんですが、その一つが文章のまとめ方なんです。うまくまとめてあれば、読み手に対しても当然のことながら読みやすいので、良い文章として認めてもらえるんです。

ただし、アウトラインによって構成が整うと、それだけでSEOになるのかといえば、そうではないのも事実です。どれだけニーズがあって、かつオリジナリティの高いコンテンツを書けるかが重要なので、そこは勘違いしないで、良質なライティングを心がけるようにしてくださいね。

アウトラインは、文章をわかりやすくします。

ここまでの説明でおわかりいただけたと思いますが、どんなにたくさんのタグを知っていても文章は書けないんです。具体的なタグの使用方法を実践的に学ばない限り、その知識を活かすことはできません。見出しタグの使い方を初めて知った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

アウトラインを意識すれば、まとまりのある文章を書きやすくなるので、内容が読み手に伝わりやすくなるうえに、検索結果で上位表示できる可能性があるんです。なので、アウトラインを単なる見出しタグの使い方と捉えないで、文章構造を整えるという話しとして理解してくださいね。

また、アウトラインは文章をわかりやすく伝えるための一つの手段としてとらえてください。アウトラインを知ったからといって、優れた文章が書けるわけではありません。最も大事なのは、文章の中身であることを忘れないでください。

まとめ:アウトライン以上に、内容が重要です。

いかがでしたか?

ホームページの文章構成、5つの超重要ポイントを説明しました。必要性、具体的な記述方法、読み手のメリット、書き手のメリット、SEOとの関係性、文章がわかりやすくなる、と言ったポイントがありました。少しでも、構成を理解していただけたのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、アウトラインは文章をわかりやすく伝えるために重要です。したがって、アウトラインは必須であると思って、普段から意識するように心がけてください。そうすれば、文章が随分と変わるはずですよ。なお、内容はもっと重要ですから、しっかりと考えてください。

ほとんどのサイトで紹介されているのが、タグの使い方などの技術的な話ばかりなので、あえて文章構成について触れました。みなさんが本当に知りたいのは、おそらくこういう話ではないかと思ったからです。だって、アウトラインなんて概念は、誰も教えてくれないですからね。

以上、「ホームページの文章構成、5つの超重要ポイント。」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ制作の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ制作の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。