お問い合わせフォームの作り方、7つの超重要ポイント!

お問い合わせフォームの作り方、7つの超重要ポイント!

お問い合わせフォーム作り方、7つの超重要ポイントを説明しました。問い合わせフォームの作り方を知りたい方に適した内容です。どのようなフォームであれば問い合わせが増えるのか、項目や添える文章についても説明しているからです。

なぜ、お問い合わせフォームの、作り方が重要なのか?

あなたは、「お問い合わせフォームは、どのように作ったらいいんだろうか?」と疑問を持たれて、このページをご覧のことと思います。確かに、文章や画像と違って、お問い合わせフォームは入力をしてもらうので、作り方がよくわからないですよね。

でも、なぜ作り方をお探しなのでしょうか? それは、「お問い合わせを増やしたい」からではないでしょうか。しかし、お問い合わせは、入力という行動を起こすことになるので、ユーザーの心理的な影響が非常に大きくなります。

つまり、デザインのような見かけではなく、中身の作り方がとても重要だということなんです。そこで、どんな作り方をすればお問い合わせが増えるのか、ユーザーの気持ちの理解を中心に、お話しできる範囲で具体的に説明しましょう。

お問い合わせフォームの、作り方のポイント。

それでは、お問い合わせフォームの作り方のポイントを説明します。

お問い合わせフォームの、役割をおさらいします。

お問い合わせフォームの役割は、ユーザーからのお問い合わせを受け付けることにあります。一見それだけのように感じますが、「ユーザーからのお問い合わせを受け付ける」のはあくまでも企業側なので、入力する側の立場でも考える必要があるんです。

ユーザーからすれば、お問い合わせ内容と連絡先(個人情報)を入力して、担当者に送信するという行為になりますよね。このように、必ず送り手と受け手という2つの面から捉えるようにしてほしいんです。それで、最初に問い合わせフォームの役割をおさらいしました。

つまり、お問い合わせフォームは、企業とユーザーが直接コミュニケーションが取れる、唯一の接点だと言えます。したがって、「何を入力させたいか?」と「どんな情報なら入力できるか?」という2つの考え方を持つようにしてください。

どんな項目があればよいのか?

では、具体的にどんな項目があればよいのでしょうか? まずは、以下に一般的な項目の例を挙げてみましょう。

  • 名前(会社名と担当者)
  • 住所
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 性別
  • 備考
  • アンケート

典型的な項目の例ですね。各項目の要・不要は、お問い合わせフォームの趣旨によって違うので、明確には言えません。ただ、基本的な考え方としては、絶対必要なもの以外は削るようにします。なぜなら、ユーザーはそもそも個人情報を入力したくないからです。

誰だって、個人情報をさらしたくありませんので、それを前提に考えてください。すると、必要最小限にとどめるべきであることがわかるでしょう。また、その観点から、不要なアンケートも避けてください。とにかく、人は面倒なことが嫌いだからです。(ワンクリックすら面倒です。)

したがって、お問い合わせフォームは、少しの必須項目だけが並ぶようにしてください。

デザインはどうすればよいのか?

デザインはどうすればよいのでしょうか? 全体的なデザインとしては、入力に集中できるように、なるべく余計なバナーやリンクは減らしてください。また、送信ボタンは大きく目立つようにしておいてください。入力したはいいけれど、ボタンがわからなければ送信できませんからね。

また、フォームの入力項目は、できるだけ大きさをそろえてください。ずれることなく整然と並ぶようにします。なぜなら、個人情報というかなりデリケートなものを扱うので、ズレているといい加減な感じがして、信頼性に欠けてしまう可能性があるからです。

ただし、デザインがお問い合わせに及ぼす影響は、非常に低いと言えます。したがって、スッキリとして集中しやすいデザインであれば、十分でしょう。それよりも、もっと他に時間を割くべき部分がありますので、引き続きお話を聞いてください。

ユーザーの心理を考えよう。

続いて、ユーザーの心理を考えましょう。ユーザーは、問い合わせページを開いたときに、「よくわからない」とか「面倒くさいからまた今度にしよう」と思います。すると、それから二度と問い合わせてこないんです。そこには、大きく分けると2つのポイントがあります。

「よくわからない」という言葉には2つの意味があって、1つは『どうやって問い合わせたらいいのかわからない』という問題、もう1つは『問い合わせに対する答えが本当に返ってくるのかわからない』という問題です。つまり、負担は感じるけれどメリットは感じられない状態なんですね。

ようするに、ユーザーはやりたくないことをしょうがなくやっているんです。なので、負担を減らしてメリットを感じるように、しっかりと作り込む必要があるんですよ。では、それぞれについてどのようにすればよいのか、ご紹介しましょう。

フォームの説明は必ず書いて、負担を減らす。

フォームの説明を書くと負担が減らせます。なぜなら、ユーザーはどうやって使ったらよいのかわからないからです。例えば、「何でも聞いてください!」と書いてあったとしても、わからないことをどうやって伝えたらよいのか、それがわからないんです。

したがって、お問い合わせの際に、質問の仕方を詳しく説明してほしいんです。そうすれば、「ああそうか、こうやって質問すればいいのか。」とユーザーが理解するので、質問しやすくなります。これは、ほとんどのサイトが見落としている問題なんです。

店頭で店員が目の前にいれば、「この項目は何を書けばいいんですか?」と質問できますが、フォームの場合はそれができませんよね。つまり、フォームの使い方を、フォームで問い合わせなければいけないという矛盾が起きてしまうんです。

そんな面倒なことになってしまったら、誰もお問い合わせをしようとは思いませんので、必ずフォームに関する説明を書いて負担を減らしてください。

例を挙げて、メリットを感じられるようにする。

例を挙げると、メリットを感じられるようになります。なぜなら、ユーザーは聞きたいことがあって問い合わせているからです。お問い合わせに対して確実に答えが返ってくる、つまり、問い合わせることにメリットがあることを、理解してもらうということなんです。

だからと言って「確実にお答えします」とだけ書いても何となく信憑性に欠けます。そんな時は、実際に受けたお問い合わせを、例としてできるだけ複数挙げるんです。こうすれば、どんな問い合わせに答えているのかがわかるので、問い合わせることにメリットが感じられます。

「こんな特殊なこと聞いていいんだ」とか「こんな初歩的な質問にも答えてくれるんだ」とわかってもらえますからね。このようにして、問い合わせに対して答えが返ってくるということがわかるように説明してください。そうすれば、お問い合わせにメリットが感じられるようになりますよ。

返信メールにも気を使いましょう。

返信メールにもぜひ、気を使ってください。なぜなら、ユーザーは疑い深いからです。企業側とすれば、お問い合わせを受け付けることができると、ほっとするかもしれません。しかし、お問い合わせた側であるユーザーは、本当に返事が来るのか不安です。

したがって、受付後の自動返信メールを送るのは当然として、必ず担当者がすぐにメールを返信してください。これは結構大変かもしれませんが、すぐ答えられるものはその場で答えてください。それが無理な場合は、その旨を伝えて、いつまでに答えるかを知らせてください。

これは、多くの方がわかっていないようですが、企業側とユーザー側には非常に大きな温度差があるということなんです。企業はほっとしていても、ユーザーは不安です。その不安をできるだけ解消することが、最終的にはお申し込みや購入へとつながるんですね。

したがって、返信メールはできるだけ早く、そして不安を解消できる内容にすることを心がけてください。

まとめ:技術より、ユーザーの心理を理解しましょう。

いかがでしたか?

お問い合わせフォームの作り方、7つの超重要ポイントを説明しました。役割をおさらい、どんな項目、デザイン、ユーザーの心理、負担を減らす、メリット、返信メール、などがありました。これらを意識することで、お問い合わせの多いフォームにすることができると思います。

繰り返しますが、お問い合わせフォームは、ユーザーの心理を理解することが最も重要です。お問い合わせは仕方なく行っていることなので、負担を減らすと同時にメリットを強くする考え方は、非常に理にかなっています。特に重要なのはメリットを強めることですよ。

なぜなら、負担はゼロにできないからです。したがって、メリットを増やすことを考えてください。このように、ユーザーの心理を理解して、お問い合わせフォームを作っていただければ幸いです。

以上、「お問い合わせフォームの作り方、7つの超重要ポイント!」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ制作の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ制作の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。