文章や商品説明の表現、知っておくべき5つのポイント。

表現に困ったときにすべきこととは?

文章や商品説明の表現で、知っておくべき5つのポイントを説明しました。今一つ良い表現ができずにお困りの方に参考になる内容です。単なる対応の仕方だけでなく、具体例を挙げてわかりやすく説明しているからです。

なぜ、文章や商品説明の表現が重要なのか?

あなたは文章や商品説明について、「これはどうやって表現しようか?」と悩まれて、このページをご覧になっていると思います。確かに、文章を書くときに、どうしても表現に困ることはありますよね。自分で書いておきながら、どうも納得できないということは少なくないでしょう。

ところで、なぜ文章や商品説明の表現に悩まれているのでしょうか? それは、わかりやすく伝わる文章にしたいからではないでしょうか。なぜなら、文章をわかりやすくしなければ、何も伝わらなくなってしまい、集客にも影響を及ぼしますから。それだけ表現の仕方が重要なんですね。

ではどうすればよいのかというと、考え込んでも何も生まれないので、考え方を少し変えてみて欲しいんです。もう少し書くと、視点を変えれば見え方が変わるので、別の表現の仕方が思いつく可能性が高くなります。そこで、具体的に何をすればよいのか、わかりやすく説明しました。

文章や商品説明の表現、知っておくべきポイント。

それでは、文章や商品説明の表現で、知っておくべきポイントを説明します。ポイントは5つに分けてありますので、しっかりと目を通してください。

表現に困ったとき、最初にすることとは?

私も文章を書いているときに、どうしたらよいものかと表現に困ってしまうことがあります。基本的にはスパッと書くのをやめて、いったん頭を冷やすことも多いです。すると、新しい発想が生まれてスラスラと書けるようになるんです。でも、そううまくいかないこともあるんですよね。

そんな時どうするかというと、考え方を変えることで発想力を引き出しています。では、どんな変え方をすれば発想が変わるんでしょうか? 表現に困ったとき最初に何をするのかといえば、冒頭でもお話しした、視点を変えるという方法です。

したがって、表現に困った時に最初にやるべきことは、視点を変えることだと理解してください。

どうやって、視点を変えるのか?

では、どうやって視点を変えればよいのでしょうか? 大ざっぱに言うと、例えば右から見ていたものを左から見るとか、前から見ていたものを後ろから見るとか、そんな話になります。これが集客上の話であれば、自分の目線ではなく、お客様の目線で見るということになりますね。

つまり、視点を変えるということは、立場を変えるという意味でもあるんです。商売であれば、店側は商品を売っていますが、お客さん側は商品を買っています。当たり前ですが、売るのと買うのは一対ではあるものの、正反対のことですよね。

したがって、視点を変えるということがわかりにくければ、立場を変えるというふうに考えれば、やり方がわかると思います。しかし、このように話を繰り広げても、ちょっとわかりにくいと思いますので、例え話を使って具体的に説明していきましょう。

野生動物の捕食シーンから、視点の変え方を学ぶ。

ではここで、野生動物の捕食シーンから、視点の変え方を学んでみましょう。多分、視点というものが非常に明確になって、変え方がわかりやすいはずですから。それでは、具体的にどのようなシーンなのか説明します。

動物番組がテレビで放映されることがありますよね。ドキュメンタリーだと野生動物の捕食シーンなんかがあって、「逃げる小鹿」と「追うライオン」なんて図式が見られます。この時、鹿とライオンについてどう感じますか? ちょっと考えてみてほしいんです。

逃げる小鹿はかわいそう

小鹿が逃げるシーンは結構ハラハラしますよね。逃げ切れば「ホッ、良かった」と思うし、捕まってしまえば、「かわいそうに逃げ切れなかったか」とか「憎きライオンめ!」と怒りをあらわにする人もいるでしょう。小鹿が捕まってしまうのは、何とも心苦しいですからね。

時には、鹿が集団でライオンを追い払うこともあるでしょう。そんな時は「素晴らしい光景だ!」と感動すらするでしょう。これらは、自然の摂理であるにもかかわらず、悪役のライオンがなんの罪もない小鹿を捕食しようとしているという、ドラマにすら見えてきますよね。

この場合、全体的なイメージは「逃げる小鹿はかわいそう」なんです。

逃がしてしまったライオンはかわいそう

一方、乳飲み子を抱えたライオンが小鹿を獲物として追いかけるのは迫力があります。獲物を逃がしてしまったときは、「子供がいるのにかわいそう」と思うし、捕まえておいしそうに食べていると、「よかった、これで乳を与えられる!」と喜びますよね。

ライオンが小鹿を捕食しても、「これが自然の摂理、多少の犠牲によってすべてのバランスが保たれているんだ」と妙に納得してしまうはずです。ライオンの行動は当たり前のこととして、肯定的にとらえる方がほとんどなんじゃないでしょうか。

この場合、全体的なイメージは「逃がしてしまったライオンはかわいそう」なんです。

同じことでも、視点が変わると感情が変わる。

すでにお気づきだと思いますが、小鹿とライオンの話は全く同じシチュエーションです。ところが、小鹿の立場で見るのか、ライオンの立場で見るのかで、まったく印象が違います。明らかに、視点が変わると感情が変わっていますよね。つまり、受け取り方が変わるんですよ。

これは、文章や商品説明でも全く一緒なんです。例えば『重くない』と説明するのか、『軽い』と説明するのかでも、ずいぶん受ける印象は違います。また、もう少し集客的な観点から話を広げてみると、これを売る側の視点と買う側の視点で考えてみてほしいんです。

つまり、お店とお客さんでは視点が全く違うので、お客さんの視点で説明しないと、買いたいという感情が湧かないんですね。これが、視点を変えると感情が変わる意味です。

お客さんの視点で説明すると、どうなるのか?

お客さんの視点で説明するとどうなるのか、具体的に説明します。例えば、お店が掃除機を「吸引力がとても強いです」と表現したとすると、お客さんには響かないかもしれません。ところが、「掃除が楽になります」と表現すれば、非常に分かりやすいでしょう。

これは、本質的には同じことを説明していますが、お店の視点だと「吸引力が強い」となり、お客さんの視点だと「掃除が楽」となります。このように、視点を変えてお客さんの利益として説明をしないと、買いたいと思う感情にならないことがわかると思います。

なぜなら、お客さんは掃除機を買いたいのではなくて、掃除を楽にしたいからです。つまり、吸引力が強いから掃除が楽になるわけですね。あくまでも、目的は掃除であって、吸引力の強さではありません。これが、視点を変えることの本当の意味なんです。

ちなみに、このような商品の特徴ではなく、お客さんの利益のことを『ベネフィット』と言いますので、ぜひ覚えておいてください。

まとめ:表現に困ったら、視点を変えましょう。

いかがでしたか?

文章や商品説明の表現で、知っておくべき5つのポイントを説明しました。最初にすること、視点の変え方、捕食シーンから学ぶ、視点が変わると感情が変わる、お客さんの視点で説明、といった点を説明しましたので、表現の仕方をご理解いただけたのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、視点を変えることは表現の上で非常に重要です。なぜなら、受け手の感情が変わるからです。つまり、一見すると悪いものでも、まるで良いもののように感じさせることだって可能です。だからこそ、表現において視点を変えるというのは、極めて重要なんですね。

ホームページは単純な言い方をすると、「文章が書いてある」ただそれだけです。なので、閲覧者にどのように受け取ってもらうかが非常に大事です。視点を変えるということが、いかに相手の受け止め方に影響するかを覚えておいてください。きっとどこかで役に立ちますから。

以上、「文章や商品説明の表現、知っておくべき5つのポイント。」と題してお話ししました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ集客の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ集客の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。