ネット集客の意味、従来の広告媒体との違いは?

ネット集客の意味、従来の広告媒体との違いは?

ネットで集客する意味について解説しました。集客方法としてインターネットを考えている方にとても役立つ内容になっています。ホームページを中心とした集客が、非常に理にかなっている方法であることが理解していただけると思いますよ。

ネット集客はお客さんの意思を把握しやすいです

ネットで集客しようと思っている方や、実際に集客に取り組んでいる方は多いと思います。ただ、集客がうまくいかなくて苦労している方がほとんどではないでしょうか? それでも、ネット集客はお客さんの意思を把握しやすいので、続けてほしいと思います。

そこで、ネット集客にこだわることにどんな意味があるのか、またその利点について検証しました。

インターネットの使われ方を考える

インターネットの使い方は、厳密にいうとメールやブラウザの使い方になりますが、一般的にはブラウザでホームページを閲覧することを指すと思います。そこで、ホームページの閲覧についてお話ししようと思うんですが、その方法は昔から比べるとずいぶん変わったと思いませんか?

昔の閲覧方法といえば、URL を直接入力するとか、リンク集から目当てのサイトに接続するといったスタイルが多かった(主流とは言わないまでも)と思います。ところが、現代はどうかというと、ほぼ検索のみということになると思います。このスタイルの変化には実は大きな意味があるんです。

検索が集客に与える影響とは?

ホームページの閲覧が検索によって行われるということが、ネット集客を大きく変えました。以前のようにリンク集を中心としたスタイルならば、偶然にサイトに行きつくことがありました。つまり、街を歩いていて偶然に店舗を見つけるようなことがあったわけです。

このような状況では、街の店舗と同じように商品やサービスを並べているだけで集客になりました。ところが、検索が中心になると集客方法が大きく変わってしまったんです。少なくとも、偶然サイトにたどり着くことなどありえないので、積極的な戦略が必要になるんですよ。

ネットは集客しやすいのか?

一見すると、検索でしかたどり着かないというのは、集客が難しくなったと感じます。ところが、検索という行動をよく考えてほしいんです。ズバリ言うと、「したいことや知りたいことがあるから検索する」ということなんです。つまり、知らないことを検索することはありえないんですね。

ということは、明確な意思を持って検索しているので、その意思に沿ったサイト作りができれば、集客は難しいどころかとても簡単になるんです。だから、考え方を現代流に変えて、検索という行動を積極的に利用した集客方法に切り替えていく必要があるんですよ。

つまり、現代の検索中心のスタイルになったことで、かえってネットは集客しやすくなったんです。

ネット集客は魅力があります

検索が中心になることで、ネットによる集客はしやすくなったわけですが、もう少し具体的にお話しします。明確に意思を持っているからこそ検索するわけですが、別の言い方をすれば、販売している商品やサービスについて興味や知識が少なからずあるということなんです。

だから、いわゆる冷やかし客が非常に少ないということになるんですよ。あとは、どれだけお客さんに魅力を伝えることができるか、そこにかかってくるんです。そしてそこをクリアできれば、集客がとても簡単になるんですね。ここがネット集客の大きな魅力なんですよ。

まとめ

いかがでしたか?

ネット集客の魅力についてお分かりいただけたんじゃないでしょうか。インターネットはメディアとして考えると、お客さんが能動的に情報を探すという点がこれまでになかった新しい部分です。ただ、お客さんに対してピタリ正確な訴求を行うことの難しさはありますよね。

もし、どうやって伝えたらいいのか分からないときは、私に聞いてください。適切なアドバイスを受けられますから。

以上、「ネット集客の意味、従来の広告媒体との違いは?」と題してお話ししました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ集客の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ集客の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。