SEOライティング、知っておくべき7つのポイント。

SEOライティング、知っておくべき7つのポイント。

SEOライティングの知っておくべき7つのポイントについて説明しました。SEO対策に効果的な文章の書き方を知りたい方はぜひご覧ください。手順やポイントを説明しただけでなく、どんな内容を書けばよいのかも詳しく解説しました。

なぜSEOライティングが重要なのか?

SEOライティングについて情報をお探しですか? SEO対策がうまくいけば、検索結果で上位表示されるので、アクセスが増える可能性が高くなりますからね。ところで、なぜSEOライティングが重要になってくるんでしょうか。それは検索エンジン(Google)の変化にあります。

従来のSEO対策の基本といえば、タグの使い方とリンクの数など技術的なものでした。しかし、内容が薄いコンテンツが増えたため、濃い内容を重視するようになりました。具体的には一つのことを深く詳細に掘り下げることですが、決して文字数が多ければいいというものではありません。

読者に役立つ内容の記事に仕上げることが重要なんです。しかし、今度は他サイトから文章をコピーしてコンテンツを作るような例が増えてきたために、オリジナリティが強く求められるようになってきています。ところが、何をもってオリジナリティというのか基準が分かりにくいですよね。

そこで、このページでは「オリジナリティのあるコンテンツ」の書き方を通して、SEOライティングを説明していきます。

オリジナリティのあるコンテンツのポイント。

それでは、SEOライティングをオリジナリティのあるコンテンツという視点で説明しましょう。ポイントは7つあるので、しっかりと押さえてください。全体的な手順は、題材選びから始まり、オリジナリティのある内容と構成を考えて、文章を書くということになります。

1.コンテンツの基本的な考え方。

SEOライティングを行う上での基本的な考え方を説明します。最も重要なのは、検索ユーザーのニーズに応えることです。しかも、それだけではなくオリジナリティも含まれるコンテンツが求められます。つまり、ニーズに応えつつオリジナリティを出すことが必要になるんです。

また、上位表示して終わりでは集客に結び付くことはありませんので、必ず「なるほど!」と思える気付きのようなものを入れるようにしてください。こう書くと、非常に難しいと感じるかもしれませんが、やり方が分かれば不可能ではありませんので、順を追って詳しく説明していきましょう。

2.テーマの選び方。

コンテンツ作りでは、まずテーマつまり題材を選ぶところから始まります。これは、単純には検索数の多いニーズのあるワードを選びたくなるところですが、そのようなテーマでは上位表示はかなり厳しいでしょう。なぜなら、すでに多くのサイトが記事を公開している激戦区だからです。

おそらく、激戦区に潜り込む余地はほとんどありません。したがって、やや検索数が少ないところをねらう必要があります。また、自分が書きたいと思えるテーマを選ぶべきでしょう。なぜなら、書きたいテーマでない限り思うように文章が書けないからです。

また、書きたいテーマなら文章の内容が非常に濃くなります。なんといっても、濃い内容こそが検索上位の条件ですからね。つまり、検索数が中間くらいで、自分が書きたいと思えるテーマを選ぶのがベストであると言えます。

なお、正確にニーズを把握するためにはビッグデータを調べてください。よく分からない場合は、以下のページで紹介していますので、参考にしてください。

ニーズ調査について、ビッグデータを活用した最新手法を紹介しました。ニーズの把握に苦労されている方に適しています。従来の探し方では見つけにくいニーズを明確化できる、最も新しい手法について詳しく説明しているからです。

3.他サイトの内容を読む。

次に、同じテーマで書かれた他のサイトのコンテンツを読んでください。何のために読むのかというと、共通点を探すためです。できれば、上位表示している複数のサイトを比較して共通点を見つけてください。共通点があれば、それは欠かしてはいけないポイントということになります。

ただし、注意してほしいのは、内容を読んでしまうと記憶として残るので、思考が引っ張られてしまう危険性があることです。思考が引っ張られてしまうとオリジナリティを失う可能性があるので、人によっては読まないほうがよいかもしれませんが、『違い』を知るにはこれしかないと思います。

したがって、内容そのものではなく、どこに視点を置いた文章であるかを読み取るようにしてください。こうすることで、次に説明するオリジナリティを割り出せるようになりますよ。

4.オリジナリティのある視点を考える。

さて、ここが今回の要ですが、オリジナリティをどのようにとらえるかです。SEO対策としてのオリジナリティとは、簡単にいうと「他のサイトと内容がかぶらないこと」だと考えられます。というのも、検索エンジンは多角的なものの見方を要求していると思われるからです。

つまり、同じことでも他のサイトとは違った視点で説明することが必要になるんです。ただ、このように説明されても分かりにくいと思うので、『たまごかけご飯のおいしい食べ方』をブログに書くという想定でお話ししていきましょう。

『たまごかけご飯のおいしい食べ方』の例で考える。

誰かが最初にたまごかけご飯のおいしい食べ方をブログに書いたとします。その時の説明で、「たまごはよくかき混ぜるとおいしい」と書いてあったとすると、その次に別の誰かが『たまごかけご飯のブログ』を書くときには、「よくかき混ぜる」という視点が取れなくなります。

そこで、「たまごはかき混ぜないほうがおいしい」という視点でブログを書くことになります。すると、その次に誰かがブログを書くときはどちらの視点も取れなくるわけです。同じ視点の場合、サイトの絶対数が少なければ上位表示はできるしょうが、数が増えてきた時点で難しくなるでしょう。

このような状況で上位に食い込むためには、さらに別の視点が必要になります。「たまごは黄身と白身をいったん分け、白身だけをよくかき混ぜた後に黄身を入れて軽くなじませるとおいしい。」というブログを書けば、同じたまごかけご飯でも別の視点になりますね。

黄身は混ぜないほうがおいしいけれど、白身はよく混ぜたほうがおいしいというところに気づいて、両方をうまくミックスした視点であることが分かります。これで、『たまごかけご飯のおいしい食べ方』に混ぜると混ぜないを両立した、第3の視点が生まれました。

しかも、混ぜた場合と混ぜない場合のおいしさの違いも説明できているので、読み手に取って「なるほど!」という気づきがある文章が書けましたね。

このように、他サイトとは異なる視点をとることがオリジナリティのあるコンテンツになりますが、すでにサイトが多数存在していて他の視点が取れないようであれば、テーマ自体を変えたほうがよいかもしれませんね。そうしないと、非常に高度で難しいライティングになってしまいますから。

5.文章の構成を考える。

SEOライティングを考えるうえで、文章の構成に特別な法則性はなさそうですが、3部構成ぐらいにするとちょうど良いのではないでしょうか。たまごかけご飯を例にザックリと説明すると、

  1. 趣旨を説明する「まえがき」
    たまごかけご飯とは・・・
  2. 核となる「詳しい説明」(←ここは説明の仕方でさらに細かく分かれる。)
    おいしい卵の見分け方・おいしいご飯の炊き方・たまごかけご飯に合うしょうゆ・混ぜ方。
  3. 文章をまとめる「あとがき」
    たまごかけご飯で大切なことは・・・

といった感じでしょうか。技術的には、この3つをH2またはH3タグで統一して見出しを付ければ、3部構成になりますね。なお、核となる説明には、見つけておいた共通部分とオリジナルの部分を含めます。ちなみに、内容は文章の塊ごとに見出しタグをつけることで構造化できますよ。

これで、文章の構成が大筋で決まると思います。

6.タイトルの付け方。

タイトルはかなり重要です。SEO的に考えると、最初の方にキーワードを持ってきます。そして、その後ろに読むべき価値を伝えるキャッチコピーを書くようにします。これは、キーワードだけを並べると、SEOだけが目的のページと判断されてペナルティを受ける可能性があるからです。

また、上位表示に成功しても、検索ユーザーに読んでもらえなければ意味がありませんので、目を引き読みたくなるようなキャッチコピーも必要です。これで、検索エンジンと人間の両方に対しての対策がバランス良く出来きます。SEO対策は検索エンジンだけが相手ではありませんよ。

例:「たまごかけご飯の作り方、おいしくする秘訣とは?」

なお、キーワードはテーマに最も関係があるものだけを入れてください。いろいろなキーワードを欲張って詰め込むと内容の焦点がはっきりしなくなって、SEO的にはよくありません。

7.コンテンツを記述する。

構成が決まったらコンテンツを記述してください。先に構成が決まっているほうが明らかに文章が書きやすいと思います。なぜなら、タイトルや見出しを質問と捉えて、それに対する答えを本文に書けば、非常に文章が書きやすいからです。そして、書きやすいと内容も分かりやすくできますよ。

また、文体ですが、硬くならないように注意してください。なるべくくだけた感じに書くことを意識するのが良いと思います。というのも、長い文章をじっくり読んでもらうためには、目の前に人がいてコミュニケーションを取れるような形にする必要があるからです。

なお、キーワードを意識的にたくさん使う必要はありません。これも、度が過ぎてしまうとSEOだけが目的だと判断されて、ペナルティを受ける可能性があるからです。意識せず文章を書けば、自然とキーワードを使った文章になると思います。

まとめ:独自の視点を持つことが成功のカギ。

いかがでしたか?

SEOライティングに必要な手順を説明しました。テーマを決めるところから始まり、オリジナリティのある視点を決めたら構成を考えてライティングという流れでした。ここで最も重要なのが、コンテンツにオリジナリティを持たせるということです。

繰り返しになりますが、SEO上のオリジナリティとは、他のサイトと違った視点を持つということです。同じことでも違った視点で説明すれば、それがオリジナリティとして判断されますが、ユーザーのニーズに沿った情報の提供は必須です。これがなければアクセスは望めませんからね。

つまり、独自視点を探すという高度な椅子取りゲームをしながら、ユーザーのニーズに応えた内容にすることが現在のSEOであると言えます。すると、SEOライティングは自動的に読者のためのコンテンツ作りになるんですね。Googleの巧みな誘導には脱帽です(笑)。

以上、「SEOライティング、知っておくべき7つのポイント。」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ制作の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ制作の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。