集客できる文章力、押さえておきたい5点。

集客できる文章力、押さえておきたい5点。

集客できる文章力、押さえておきたい5点を説明しました。チラシや看板、ブログやホームページの文章力を磨きたい方に適しています。文章力について集客テクニックだけでなく、伝えることの本質についても説明しているからです。

集客できる文章力について、知る意味とは?

あなたは、「集客できる文章力とは、どんなものだろうか?」と疑問をもって、このページをご覧になっていると思います。確かに文章力があれば、集客に結び付くような文章が書けるので、お客さんをたくさん集めることが出来そうですよね。

ところで、なぜ集客に文章力が必要なんでしょうか? それは、伝えたいことがお客さんに正確に伝わってほしいからではないでしょうか。つまり、集客できる文章力について知るということは、伝え方を知るという意味でもあるんです。

したがって、小手先のテクニックよりも、まず先に伝えることの本質を理解する必要があります。そして、その後でテクニックを磨くべきなんです。そこで、集客できる文章力とはどのようなものであるのか、伝え方という点を中心にお話しします。

集客できる文章力、この5点を押さえましょう。

それでは、集客できる文章力で、押さえておきたい5点を説明します。

伝わりにくい文章の例

最初に伝わりにくい文章の例をご紹介します。次の写真を見てください、この写真に写る看板の文章を見てどう感じますか?(ちょっと「のり弁」みたいですが 笑)

看板

書いてある内容を書き起こしてみると、次の通りです。

  • タイトル:お知らせ
  • 内容:
    来る8月28日(日)午前7時30分から○○小学校、□□公民館、△△体育館において市民防災訓練を行います。

この看板は近々防災訓練があることを知らせています。一見すると問題なさそうですが、実は問題だらけなんです。そこで、この文章のどこに問題点があるのかを指摘しながら、集客できる文章力には何が必要なのかを説明していきます。

集客できる文章力に、必要な要素とは?

まず前提知識として、集客できる文章力にはどんな要素が必要なのかお話しします。細かく挙げるときりがないので、以下の5つの要素にまとめました。この5つの要素をうまく盛り込むことで、非常に伝わりやすい文章を書くことができます。

  1. 対象者が明確であるか?
  2. 伝えたいことが明確であるか?
  3. 前提となる知識が不要か?
  4. 読み手の状況に合わせているか?
  5. 読み手の心理を理解しているか?

一見すると、ごく当たり前のことのように感じるでしょう。しかし、いざ文章を書くと、これらの要素がうまく盛り込まれていないことが多いんです。では、先ほどの看板はどうなんでしょうか? 集客できる文章力に必要な要素が盛り込まれているのか、確認しましょう。

対象者は明確であるか?

看板の対象者は明確でしょうか? 基本的には問題は感じません。なぜなら、この看板は道路わきに置いてありましたので、通行人や自動車のドライバーが、対象であることが明確だからです。内容的に見て、その地域の住人すべてに向けた看板だから、対象を絞る必要もありません。

ちなみに具体的な対象者は、明らかに大人でしょう。なぜなら、漢字が多く、ふりがなもありませんので、子ども向けの書き方をしていないからです。内容的に見ても、子どもが読むようなものではありませんので、やはり対象者は明確に大人だということがわかりますね。

伝えたいことが明確であるか?

伝えたいことが明確でしょうか? こちらも問題はないでしょう。なぜなら、防災訓練があるということをしっかり伝えているからです。看板にはちゃんと『市民防災訓練を行います。』と書いてありますから、何が行われるのか誰でもわかります。

ただし、この文章からは、市民防災訓練がどんな内容なのかはわかりません。しかし、この看板で伝えるべきは、訓練があることの一点だけです。余計なものをそぎ落として、伝えたいことを絞っている点で、むしろ評価しても良いのではないでしょうか。

したがって、伝えたいことが明確であると言えます。

前提となる知識が不要か?

前提となる知識が不要でしょうか? 前提となる知識が不要というのは、特別な知識がなくても読める文章であることを指します。こちらも特に問題はないと思われます。なぜなら、知識が必要となる言葉が含まれていないからです。

小学校、公民館、体育館の名前が挙がっていますが、「どこにあるんだ?」と場所がわからない方もいらっしゃるかもしれませんね。すると、土地勘という前提知識が必要に感じますが、地域住民に対するお知らせですから、建物の名前さえわかれば問題ないと思われます。

つまり、場所の説明までは必要ないと言えるでしょう。なお、その地域に引っ越してきて間もない方にはわからない可能性がありますが、そこまで考えるときりがないと思われます。したがって、前提となる知識は不要であると考えられますね。

読み手の状況に合わせているか?

読み手の状況に合わせているでしょうか? これには問題があると思われます。なぜなら、一部の対象者は文章を読めないからです。もう一度確認しておくと、看板が設置してあるのは道路わきですから、自動車のドライバーも対象者です。

看板を目の前でじっくり見ると、問題を感じないでしょう。しかし、通過する自動車から見ると、何のことかさっぱりわからないんです。なぜなら、日曜の朝に何をするのか、内容を読み切る前に看板の前を通過してしまうんですよ。なぜ、このような問題が起こってしまうのでしょうか?

答えは非常に単純で、運転者からどう見えるのかを考慮していないからです。看板の担当者は、車を運転しないのか、あるいはそんなことを一切考慮せずにただ作ったと思われます。では、どのように書けば問題がないのかというと、結論を最初に書くんです。

この看板であれば、『市民防災訓練を行います。』を頭に持って来ればよいわけです。そうすれば、何があるのかわかりやすくなるので、ドライバーからも読みやすくなるでしょう。このように、文章の組み立て方を変えれば、読み手の状況に合わせられます。

読み手の心理を理解しているか?

読み手の心理を理解しているでしょうか? これも問題があると言えるでしょう。なぜなら、タイトルの付け方に問題があるからです。タイトルの付け方はとても重要で、注目を集めることと、文章を読んでもらえるように、興味をそそるための役割があります。

例に挙げている看板は、タイトルが『お知らせ』となっているので、注目を集めづらいんです。つまり、根本的にタイトルがまずいんですよ。本来なら、『お知らせ』ではなく『防災訓練』とすべきでしょう。タイトルや冒頭で注目してもらわないと、誰も読んでくれません。

なぜなら、読むという行為は頭を使うので、興味がない限りできるだけ読まないようにするのが、人間の習性だからです。頭を使うとエネルギー消費が大きいし疲れるから、きっとそうなるのでしょうね。だから、注目してもらえるように、タイトルや書き出しを大事にしないといけないんです。

このように、タイトルの付け方を工夫することで、読み手の心理を理解した書き方にすることができます。

まとめ:受け手のことを考えた、伝え方をしてください。

いかがでしたか?

集客できる文章力、押さえておきたい5点を説明しました。対象者が明確であるか、伝えたいことが明確であるか、前提となる知識が不要か、読み手の状況に合わせているか、読み手の心理を理解しているか、といったことを説明しました。

説明した5点を押さえることが、伝え方の基本となります。そして、わかっていただきたいのは、ここでまとめたポイントは、受け手が理解しやすい文章を書くための手段であるということです。決して型にはめれば、良い文章が書けるという意味ではありません。

集客できる文章力とは、「受け手のことを考えた伝え方ができること」であると言い切れます。そして、それを具体的にすると、5つのポイントとして表すことができるわけです。文章を書くときに少し意識してみてください。きっと、印象が変わりますよ。

以上、「集客できる文章力、押さえておきたい5点。」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ集客の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

ホームページ集客の『無料メール相談』