集客を意識したホームページとは?

集客ホームページとは?

集客を意識したホームページとは何かを説明しました。普通のホームページとの違いを知りたい方に適した内容です。集客を意識したホームページの特徴だけでなく、普通のホームページとも比較してわかりやすく説明しているからです。

集客を意識したホームページを、知る意味とは?

あなたは「集客を意識したホームページって何?」という疑問をもって、このページをご覧になっていると思います。確かに、ホームページで集客を意識することは少ないかもしれません。ですが、お問い合わせを得ることが目的だとしたら、集客という概念が必ず必要になります。

つまり、お問い合わせが多いホームページは、集客を意識して作られており、お客さんを動かすための『仕掛け』が用意されているんです。しかし、見た目にほとんど変わらないので、デザインではありません。つまり、仕掛けとは中身の作り方なんです。

このように、集客を意識したホームページを知ることは、中身の作り方を理解するという意味があるんです。そこで、集客を意識したホームページはどのような中身なのか、普通のホームページとの違いを比較しながら、その特徴についてお話ししていきましょう。

集客を意識したホームページのポイント。

それでは、集客を意識したホームページのポイントを説明していきます。

集客を意識したホームページの特徴とは?

最初に、集客を意識したホームページの特徴について簡単に説明します。集客を意識したホームページとは、特別な集客の仕掛けがあるものを指します。もう少し具体的にいうと、お客様目線で内容を構成しており、お客さんの問題を解決することに特化しています。

また、コンバージョン(お問い合わせ・お申し込み)を得ることが目的なので、そのための専用ページを用意するなど、積極的に仕掛けていると考えられます。つまり、単なる情報発信を目的とした内容ではなく、集客のためにあらゆる仕掛けを講じているのが、特徴と言えます。

続いて、具体的な仕掛けについて、順番に説明していきます。

SEO対策を強く意識している。

SEO対策を強く意識しているのは特徴的です。集客のためには、アクセス数を増やさなければいけないので、検索結果での上位表示を狙うコンテンツを多数所有しています。つまり、積極的にアクセスを増やすための施策を行っています。

これが、普通のホームページだと、特にSEOを意識することなく、ごく単純にページを制作しています。その場合、当然ですが検索でアクセス数を増やすことはできません。ネット広告や紙のチラシ、テレビやラジオのCMなどでアクセスを増やすしかないわけです。

つまり、ホームページだけで集客する場合は、SEO対策を強く意識する必要があります。

お客さんの問題解決が基本。

お客さんの問題解決が基本になっています。例えば、商品を説明したらそこで終わらずに、便利な使い方やお手入れの方法など、ユーザーが知りたいことを積極的に情報発信しています。また、自社の特徴や技術も単に紹介するだけでなく、それがお客さんの何に役立つのかを説明しています。

ところが、普通のホームページは、自社の説明ばかりをしています。しかし、お客さんが必要としているのは、自分の抱える問題の解決策です。自分の問題が解決できないホームページに、興味を持つ人はほとんどいないですから、集客に貢献しません。

したがって、お問い合わせを得るためには、お客さんの問題解決ができる内容が基本なんです。

読み手とコミュニケーションを取っている。

読み手とコミュニケーションを取っています。これは、文章の書き方にも関係しますが、単なる説明で終わることなく、読み手を巻き込みながら巧みに対話しています。目の前に人がいて会話するように話が進むので、親近感や信頼が自然とわいてくるような高度なライティングが特徴です。

しかし、普通のホームページでは、話が一方的でまったくコミュニケーションが取れていません。これだとユーザーは、書いてあることをただ読むだけなので、集客にはなりません。なぜなら、人が何かアクションを起こすためには、コミュニケーションから得られる信頼が必要だからです。

したがって、読み手とコミュニケーションが取れる内容は極めて重要なんです。

コンバージョンを得ることが目的。

コンバージョンを得ることが目的になっています。コンバージョンとは、お問い合わせやお申し込みなどの行動を起こしてもらうことを指します。通信販売サイトは当然としても、一般の会社でも問い合わせてもらうのはとても重要です。最初から、コンバージョンの取得を目的としています。

ところが、普通のホームページはコンバージョンが得られません。おそらく、どんなホームページでも問い合わせは欲しいはずですが、少なくとも、コンバージョンが得られるような状態にはなっていないんです。つまり、実際に仕掛けないと、心で願うだけではだめなんですね。

このように、明確にコンバージョンを得ることが目的なのが、集客を意識するということです。

ランディングページ(集客用ページ)がある。

ランディングページ(集客用ページ)があるのも大きな特徴です。これは、コンバージョンを得ることに特化した特別なページです。サイトにアクセスしてきたユーザーをランディングページに誘導して、商品やサービスを巧みに説明するので、コンバージョンを得やすくなります。

これが、普通のホームページだと集客用ページ自体がまずありません。あったとしても、申し込み用のフォームだけがある状態です。コンバージョンは、積極的に仕掛けないと得ることができません。したがって、このようなサイトでは、コンバージョンを得ることは極めて困難です。

やはり、コンバージョンを得るためには、集客用のランディングページを作成して、積極的に仕掛ける必要があります。

なぜ、集客には仕掛けが必要なのか?

なぜ、集客には仕掛けが必要なんでしょうか。普通のやり方では集客できないんでしょうか? この疑問には、お客さんを知ると回答することができます。基本的に、お客さんは自分のことしか考えていません。これは悪い意味ではなく、それが現実でありお客さんだからです。

もう少し詳しく説明すると、例えば、洋服を買う時にそれがどれだけ自分に似合うか考えますよね。ですが、この洋服を買えばお店の経営が楽になるだろうと考える人は少ないでしょう。物を買うときは自分が購入後にどうなるかを考えているのであって、お店のために買うのではありません。

つまり、会社側をどれだけ説明してもお客さんの心には響かないので、購入後にお客さんがどうなるのかを説明することが求められるわけです。このように、お客さんが考えるのは自分のことだけであることを理解すれば、ホームページに集客の仕掛けが必要である理由がわかると思います。

まとめ:ポイントは、集客の仕掛けです。

いかがでしたか?

集客を意識したホームページについて、説明しました。特徴、SEO、お客さんの問題解決、コミュニケーション、コンバージョン、ランディングページ、仕掛けの必要性、などについて説明したので、集客を意識することの全体的なイメージをつかめたのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、お問い合わせを得るには必ず仕掛けが必要です。ホームページは、存在するだけで機能するものではありません。お客さんは商品購入後の、結果に興味があるという心理を把握して、お客様目線で内容を作らない限り、成果が出ないことを理解してください。

したがって、お客さんを分析して集客戦略を構築し、それに基づいた『集客の仕掛け』がホームページには必要だといえます。少なくとも、デザインの変更や小手先のテクニックのような、表面的な施策しかないホームページは、お問い合わせが得られないことを覚えておいてください。

以上、「集客を意識したホームページとは?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ制作の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ制作の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。