Web集客の文章、伝わる書き方とは?

伝わる文章の書き方とは?

Web集客の文章伝わる書き方について説明しました。ブログやホームページの文章を書いている方にぜひご覧ください。伝わる文章とはどんなものなのかを解説したので、本当の意味で伝わる文章を書くためのヒントが得られますよ。

読み手のことを考えて文章を書いてください

あなたは本当に伝わる文章が書けていますか? 正しい文章を書いたのに「よく分からない」と、お客さんからお問い合わせを受けることもあるんじゃないでしょうか。そんな時は、明らかに伝わっていないんですが、解決のためには読み手のことを考えて文章を書いてください。

ただし、具体的にどうすればいいのか分かりにくいと思います。そこで、なぜ正確な文章なのに伝わらないのか実例を挙げて紹介しましたので、参考にしていただけると思いますよ。

正確な文章では伝わらない?

正確な文章を書けば伝わるはずだと思って、何度も見返して間違いがないようにしている方は多いと思います。ところが、なかなか伝わらない場合が多いのも事実でしょう。文中に書いてあるのに質問してくるお客さんも大勢いますよね。でも、なんでそうなるんでしょうか?

実は、正確な文章というのは必ずしも伝わる文章ではないからなんです。どういうことかというと、受けてのことを考えていないことが多いからなんですが、例えば次の写真を見てください。この写真に写る看板の文章を見てどう感じますか?(ちょっと「のり弁」みたいですが 笑)

看板

この看板は近々避難訓練があることを知らせています。設置してあるのは道路わきなので、自動車のドライバーに対してそのことを伝えようとしているんですね。これを目の前でじっくり見ると何とも思わないかもしれませんが、通過する自動車から見ると何のことかさっぱり分からないんです。

どういうことかというと、日曜の朝に何をするのか、内容を読み切る前に看板の前を通過してしまうんですよ。内容的には無駄をそいでコンパクトになっていますが、それでも伝わりません。きっと作文した人はかなり内容を練ったと思うんですが、どうしてでしょうか?

答えは非常に単純です。運転者からどう見えるのかを考慮していないからです。看板の担当者は車を運転しないのか、あるいはそんなことを一切考慮せずにただ作っただけなのか、いずれにしても伝わらない書き方の典型例なんですよ。

伝わる文章を書くには?

看板の例で伝わる文章の書き方を考えると、一番大事なことを最初に書くべきなんです。この場合、一番大事なことは『避難訓練』だから、最初に「避難訓練が行われます」と切り出さないといけないんです。そうすれば確実に注目するので、車を止めてでも読む人がいるかもしれませんね。

しかし、人によっては看板の内容について「大したことじゃないでしょ」と思うかもしれません。でも、立ち止まっているときと、車を運転している時では状況が違います。車の運転に集中しないといけないので、できるだけ余計なことは考えたくないという心理が働くんですよ。

だから、注目してもらえるように書き出しを大事にしないといけないんです。このように、運転者の置かれている状況を踏まえた文章の書き方が必要で、伝わる文章を書くためには、そこまで深く考える必要があるんですね。

文章を書くときに心掛けること

文章を書くときに心掛けるべきことは、どれだけ『相手の立場を考えることができる』かという点です。読み手がどんな状況なのかを想像して、その状況に応じた書き方や内容にすべきなんです。場合によっては、状況を疑似体験して理解を深めることも必要でしょう。

また、文字情報は極めて正確であると同時に、それだけが真実です。つまり必要な情報を端折ってしまうと真意が伝わらず、場合によっては誤解を招く可能性があります。なので、まとめる力は大事ではあるけれど、多少長くなったとしても端折ることなく必要なことはすべて伝えてください。

そして、読み手が本当に必要とする情報を分かりやすく提供してください。これらのことを実践することで、初めて伝わる文章が書けるようになるんですね。

まとめ

いかがでしたか?

現代の仕事は、パソコンの普及もあって文章を書くことが多いと思います。どうせ書くなら、伝えたいことが伝わる書き方をすることで、円滑に物事が進むようにしたいですね。そうすることで、ホームページの場合『お客様目線』の実践につながって、集客という成果にも結びつきますから。

なお、より具体的で詳しいホームページ用の書き方は私にご相談ください。文章の書き方だけでもずいぶん集客に影響することがお分かりいただけると思いますよ。

以上、「Web集客の文章、伝わる書き方とは?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、でしたら『集客の無料相談』を利用してみませんか? ホームページの問題点がわかるので、改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

集客の無料相談