《Web担当者を応援する、ホームページアドバイザーのブログ。》

Web集客の基本、知っておくべき7つのポイント!

Web集客の基本、知っておくべき7つのポイント!

Web集客基本、知っておくべき7つのポイントを説明します。Web集客の基本的なやり方を知りたい方は、ぜひお読みください。Web集客の手法や方法を説明しただけでなく、どうすれば効果的なのかも詳しく説明しています。

なぜ、Web集客の基本が重要なのか?

現代は、Webを使うのが当たり前ですので、うまく使えば集客アップできそうですよね。確かに、全世界を相手にできるから、対象者は劇的に増えます。そのためには、Web集客の方法を知る必要がありますが、それだけでは不十分です。

なぜなら、Web集客の事例などを参考に方法だけをまねして、結局うまくいかない方が非常に多いからです。つまり、形だけまねしてもうまくいかないんです。Web集客で成果をあげるためには、様々な知識やコツといった基本を知っておく必要があります。

そこで、Web集客を行いたい場合はどのような方法を採り、何に気を付けるべきなのか基本的なポイントをお話しします。

Web集客の基本、重要なのはこの7つ!

それでは、Web集客の基本を説明します。ポイントは7つありますので、しっかり目を通していただくようお願いします。

Web集客の基本とは?

最初に、Web集客の基本的な原理原則についてお話しします。まず、最も重要なのは、「そこにお客は居るのか?」ということです。つまり、いろいろな方法がある中で、自分のビジネスのお客さんが存在するものを選ばないと、まったく何の効果もないということです。

例えば、若者向けの商品を売るために、Aという方法を選んだとします。しかし、Aには年配者しか利用者が無く、Bという方法であれば若年者が多いという状況では、明らかに選択ミスが起きています。これではどんなにがんばっても、集客効果はありませんよね。

したがって、自分のお客さんに届く(リーチと言います)方法を選ぶことが、最も重要であると言えます。そして、お客さんは集めただけでは不十分です。集まったお客さんが何らかの行動に移らないと、集めた意味がありませんので、その点も忘れず対策する必要があります。

このように、「どのように集めるのか?」という点と「どのように行動させるのか?」という2点に注目するのが基本であると言えます。

Web集客の方法を検討する。

続いて、実際にWeb集客の方法を検討していきましょう。具体的にどのようなものがあるか、以下に例を挙げてみました。

  1. ホームページ
  2. ブログ
  3. SNS(ツイッター、フェイスブック、ライン、インスタグラムなど)
  4. メールマガジン
  5. 動画(Youtube、ティックトック)
  6. ネット広告
  7. 専門サイトやニュースサイト

Web集客では、上記のような方法があります。どの方法なら集客できるかというと、「あなたのお客さんが利用しているメディア」を選ぶことがポイントです。ザックリとみると、若い利用者が多いものや年配者が多いものなどはあります。

しかし、お客さんの区分はそれだけではありませんので、自分のお客さんはどのメディアを見ているのか、入念に調べて選んでください。店舗が実際に存在するのであれば、直接お客さんに聞いてもいいでしょうし、Webマーケティングを行えば、ある程度参考になると思います。

いずれにしても、お客さんが居ないところに情報発信しても何の効果もありません。そもそも論になりますが、「お客さんはそのメディアを利用しているのか?」という観点で、Web集客の方法を検討するようにしてください。

参考 Web集客の方法については、こちらで詳しく説明しています。

Web集客ができないこともある?

対象者がネットを積極利用していない場合は、Web集客ができない場合があります。その場合は、以下に挙げたWeb以外の方法を使う必要があるでしょう。

  1. 新聞・雑誌の広告や記事
  2. テレビやラジオのCM
  3. 折り込みチラシ
  4. 街頭の広告看板
  5. 口コミ

もし、どうしてもWebへ誘導したいということであれば、上記方法でアドレスや QRコードなどを示すことで、間接的なアクセスが期待できると思います。

Web集客におけるコンテンツの重要性とは?

単純にお客さんを集めるだけであれば、集客方法が重要なポイントですが、そこから問い合わせや購入といった具体的な行動に移ってもらうためには、コンテンツが重要です。ホームページ集客においては、良質なコンテンツはSEOにも貢献するため特に重要です。

では、どのようなコンテンツが良質なのかというと、閲覧者の抱える問題に対する答えになっているものです。なぜなら、Webを閲覧する方の多くは、「○○について知りたい」という想いを持っているからです。つまり、問題に対する答えを探しているわけですね。

したがって、すべきことは閲覧者が関心を持っていることを正確に見抜き、それに対する明快な答えを準備することに尽きるでしょう。やり方を説明しても良いだろうし、申し込んでくれた方だけに無料提供しても良いだろうし、有料で販売しても良いでしょう。

重要なことは、「あなたは○○にお困りですよね。その解決策はココにありますよ!」と文章でしっかりと説明することです。いわゆる『訴求点』をハッキリさせるんです。もちろん、閲覧者の心に刺さる訴求点をズバリ言い当てなくてはいけません。

このように、閲覧者が求める解決策が提供できているものを『良質なコンテンツ』と呼び、閲覧者を行動へと移させる原動力の一つになるのです。だからこそ、Web集客ではコンテンツが非常に重要なんですね。

しかし、良質なコンテンツを用意するためには、しっかりとした戦略が必要です。そこで、どのように戦略を練るのか、さらにお話を進めます。

Web集客に必要な戦略とは?

Web集客では戦略の立案が必要です。なぜなら、良質なコンテンツを用意するためには、戦略的に行動しなくてはいけないからです。具体的には以下のようなものになるでしょう。

  • Webマーケティングの実施。
  • 対象者(ターゲット)の明確化。
  • 訴求点の見直し。
  • 差別化ポイントの明確化。
  • 集客商品(オファー)の選定。

大きく分けると、上記のようなポイントになるのではないでしょうか。最初にWebマーケティングを実施することで、ニーズを把握しています。そして、そこから見えてくるターゲットの人物像をハッキリさせて、訴求点をターゲットの関心事(ニーズ)に合わせます。

つまり、特定の関心事に焦点を当てるわけですね。例えば、「この野菜ジュースは体にいい!」と説明してもぼんやりしますが、「この野菜ジュースは美肌にいい!」とすれば、肌荒れを気にする方に強くアピールできます。美肌という関心事に絞ったわけですね。

もちろん、絞り方が細かすぎるとパイが減るのでまずいですが、ある程度関心事を絞ることで、訴求内容に具体性が出て、伝えやすくなっていることがわかると思います。ニーズが明確になることで訴求内容もしっかりしますから、戦略を練ることは非常に重要なんですね。

参考 戦略の練り方について、こちらで詳しく説明しています。

Web集客の戦略、7つの超重要ポイントを説明します。読者対象は、Web集客に必要な戦略の立て方を知りたい方です。戦略の立て方について説明しただけでなく、ユーザーを理解することが重要である点を詳しく説明しています。

Web集客ツールの効果的な使い方とは?

広告代理店などのサービスの場合、Web集客に関するツールを提供している場合がありますよね。このツールの良いところは、SEO対策のような「アクセスに関する施策を省略できる」ところではないでしょうか。つまり、お客さん集めまでは、ある程度お金で解決できるというわけです。

しかし、お客さんに行動を起こさせるためのコンテンツの作り方までは、教えてくれません。おそらくほとんどの場合は、別途費用が発生するでしょう。コンテンツがしっかりしていないと、せっかくアクセスしてくれたお客さんをみすみす逃してしまいます。

したがって、集客ツールと呼ばれるものを使用する場合は、どのようなコンテンツを作るかという点に精力を注ぐと、最も高い効果を発揮させられると思います。

Web集客は、どんな場合に有効なのか?

Web集客がどのような場合に有効なのか考えてみましょう。冒頭でもお話ししましたが、基本的にはお客さんがいるかどうかがポイントです。お客さんが利用しているなら、効果はありますが、そうでなければ効果はありません。繰り返しになりますが、これが最も重要なポイントです。

もし、お客さんがいるのであれば、 BtoB であろうが BtoC であろうが関係なく効果的でしょう。一般的に引き合いが多いのは、「病院、クリニック、整骨院、整体」など医療関係の業種、「不動産、リフォーム」など住宅関係の業種、いわゆる士業(弁護士、税理士など)や塾などです。

しかし、医療関係の場合は、よほど特殊な病気や怪我でなければ効果が出ないこともあります。なぜなら、Webよりも人からの直接的な口コミの方が信憑性が高いからです。「○○の歯医者さんは上手だよ」みたいな話ですね。(もちろん、Webの方が集客できる場合もありますが。)

したがって、なんでもWebでやれば集客できるわけではありませんので、注意が必要です。

Web集客の有効性については、Webマーケティングではっきりとわかりますので、最初に実施しておくべきでしょう。

Web集客コンサルタントの活用も検討しましょう。

最後に、Web集客コンサルタントの活用についてもお話ししておきます。こう書くと、「あなたがコンサルタントだから売込みでしょ?」と思われるかもしれません。決してそうではなく(多少はありますが 笑)、お聞きいただきたいのは、第三者の意見は重要だということなんです。

なぜなら、お店や企業側は商品やサービスについて完全に理解していますが、閲覧者(お客さん)はほとんど理解していないからです。つまり、売る側がお客様目線になることは、実際には不可能に近いんです。第三者による指摘が必要な理由はここにあります。

例えば、売る側が「この商品がこの価格なら、私だったら迷わず買うなあ。」と思っていても、買う側は「買った後に使い方で悩むだろうから、アフターサービスが必要だなあ。」と思っているわけです。すると、安いことがウリではなく、アフターサービスが売りにならなくてはいけません。

商品に対する理解の差が、このようなニーズのズレになるんですね。ようするに、当事者ではニーズに気づけないんです。そこで、第三者の例としてWeb集客コンサルタントを挙げました。もちろん、知り合いやお客様にヒアリングしてもいいでしょう。

このように、ニーズに沿った情報を発信するためには、Web集客コンサルタントのような第三者の助言が必要であることも、覚えておいてください。

まとめ:お客さんが存在するメディアを選ぶのが基本です!

いかがでしたか? Web集客の基本、知っておくべき7つのポイントを説明しました。

今回説明したのは、Web集客の基本とは、Web集客の方法を検討する、Web集客におけるコンテンツの重要性とは、Web集客に必要な戦略とは、Web集客ツールの効果的な使い方とは、Web集客はどんな場合に有効なのか、Web集客コンサルタントの活用も検討しましょう、などでした。

Web集客では、多くの方が集客方法の選択を誤ってしまいます。基本は、「お客さんがそこにいるのか?」というところでした。そして、見落とされがちなのが、実際に行動に移ってもらうための「良質なコンテンツ」を用意するという部分です。

お客さんを集めることができても、問い合わせや購入に至らなければ、意味がありません。「お客さんを集めること・行動に移ってもらうこと」この2つがあって初めて集客と呼べることを、ご理解いただければ何よりです。

以上、「Web集客の基本、知っておくべき7つのポイント!」と題して説明しました。