《ホームページ担当者を応援する、Web集客コンサルタントのブログ。》

Web集客の戦略、7つの超重要ポイント!

Web集客の戦略、7つの超重要ポイント!

Web集客戦略、7つの超重要ポイントを説明します。読者対象は、Web集客に必要な戦略の立て方を知りたい方です。戦略の立て方について説明しただけでなく、ユーザーを理解することが重要である点を詳しく説明しています。

なぜ、Web集客の戦略が重要なのか?

Webで集客するには、それなりの戦略を立てることが必要です。なぜなら、ホームページやSNSは、単に情報を発信しても集客にならないからです。ザックリ言うと、ニーズのある情報を戦略的に発信する必要があるんです。単なる商品の売り込みでは売れないでしょう。

すると、「戦略はどうやって立てればいいの?」と疑問が出てくると思います。そこで、Web集客の戦略はどのように立てればよいのか詳しく説明しますが、ポイントはニーズをいかにつかむかというところになりますので、その点を中心にお話ししましょう。

Web集客の戦略の立て方、必要な手順はこの7つ!

それでは、Web集客の戦略の立て方について、必要な手順をご紹介します。ポイントは7つありますので、しっかりと目を通してください。

Web集客の戦略は、この7つで作れる!

最初に、Web集客の戦略を作る際に必要な、7つの施策をご紹介します。

  1. Webマーケティングの実施。
  2. 対象者(ターゲット)の明確化と絞り込み。
  3. 訴求点の見直し。
  4. 差別化ポイントの明確化。
  5. アクセスルートの選定。
  6. 集客商品(オファー)の選定。
  7. タイミングを考える。

これらの施策を順番に行うことで、基本的なWeb集客の戦略が立案できます。続いて、それぞれの要素について詳しく説明しましょう。

Webマーケティングの実施。

最初にWebマーケティングを実施します。これは、ニーズを把握するために行いますが、なぜ最初にWebマーケティングを実施するのかというと、望まれていない商品や情報を提供しても閲覧者が興味を持たないからです。あなたも、関心のない情報は見たいと思いませんよね。

具体的には、検索サイトで使用されている検索ワードを調べます。どのようなワードがあり、どれくらいの検索数があるのかを分析するんですね。すると、一定の傾向が読めますので、どのようなことに関心がもたれているのかが分かります。つまり、ニーズが把握できるわけです。

インターネットは明確にデータが出ますので、それをもとに集客戦略を立案してください。勘に頼ることなく、正確に戦略を構築できますよ。続いて、Webマーケティングで把握したニーズをもとに、これ以降の施策を順次行いましょう。

対象者(ターゲット)の明確化と絞り込み。

対象者(ターゲット)の明確化と絞り込みとは、把握したニーズからWebを閲覧するであろうと予想される人物を明確にすることです。なぜなら、誰に対して情報を提供するのかを明確にしないと、訴求内容がぼんやりしてしまうからです。

では、具体的な方法を説明しましょう。以下にザックリと属性を上げてみましたので、考えられる対象者を想像してみてください。紙にメモすると、より明確化しますよ。難しい場合は、過去のお客さんの中で理想的なお客さんを、できれば3人以上思い浮かべてください。

  • 別・・・男性、女性
  • 年齢層・・・こども、若者、中年、高年、老人
  • 業・・・無職、会社員、自営業、年金受給者、求職者
  • 知識量・・・まったくなし、少しはある、一般的、マニア、プロ

思いつくところを出してみました。もっと細かく考えることもできるでしょうし、ビジネスによっては趣味が重要だったり、家族構成が重要だったりと、影響するものが当然違ってくるでしょう。先ほどのマーケティングのニーズから、誰を対象にすればよいか見当がつくと思います。

間違えないでいただきたいのは、ニーズから人物像を考えている点です。先に人物像を作ってしまうと、ニーズを持っていない人を対象にしてしまいます。あくまでもニーズが先です。おそらく絞りきれないと思いますので、共通点を多く見つけて最大公約数で考えましょう。

これで、対象者が明確になるので、次の訴求点の見直しがしやすいはずです。

参考 ターゲットについて、こちらで詳しく説明しています。

集客のターゲットについて、知っておくべき絞り方を説明します。読者対象は、集客のターゲットについて詳しく知りたい方です。集客ではターゲットをどのように考えればよいのか、絞り方を中心に説明しています。

訴求点の見直し。

次に、訴求点を見直します。訴求点とは、対象者に対して最も伝えるべき内容のことです。もちろん伝えるべきことはたくさんあると思いますが、その中でも、最も伝えなくてはいけない中心的内容と考えればわかりやすいと思います。

つまり、何を伝えればお客さんが心を動かすのかを、考えるわけです。では、なぜ訴求点の見直しが必要なのかというと、関心のないことをどれだけ飾っても閲覧者の心が動かないからです。これは、マーケティングデータで明確に答えが出ますので、それを活用します。

例えば、トマトジュースを販売している業者だとして、『健康に良い』という訴求点を取っているとしましょう。正確な訴求点を把握するべくWebマーケティングを行ったところ、「美肌」という言葉がよく見られたら、訴求点は『美肌にいい!』としなくてはいけないわけです。

つまり、お客さんの多くは、トマトジュースを美肌のために飲むわけです。すると、どれだけ健康に良いと訴えても購入する方は増えないわけです。同じ商品でも、訴求のしかたが変わることで明らかに売れ行きが変わります。お客さんの望みに合わせないと、商品は売れないんです。

これが、マーケティングデータをもとに訴求点を見直す最大の理由です。

差別化ポイントの明確化。

差別化ポイントの明確化が必要な場合があります。差別化ポイントとは、競合他社より自社の方が優れていると考えられる違いです。なぜ差別化ポイントが必要なのかというと、お客さんが自社と他社で迷った時に、自社を選んでもらうための判断材料になるからです。

もし、あなたのビジネスがライバルのいない業界なら、差別化に時間を割かなくても大きな問題は無いと思われますので、読み飛ばしていただいても構いません。

ところで、「訴求点と差別化ポイントは何が違うの?」とお感じになる方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、何となく似ている感じがしますよね。本質的には近いんですが、訴求点は自社のみで、差別化ポイントは他社と比較しているところが違います。

したがって、差別化ポイントは他社との明確な違いを打ち出すのですが、単なる違いではなくお客さんにとっての魅力でなくてはいけません。なぜなら、お客さんが迷った時に選んでもらう材料になるからです。ここに、難しさがあるのではないかと思います。

もし分かりにくければ、訴求点をいくつか考えて、その中で競合他社より優れているものを差別化ポイントとすればよいでしょう。ライバルが多い業界の場合は、ぜひ差別化してください。

アクセスルートの選定。

アクセスルートの選定も必要です。アクセスルートとは、お客さんが自社のサイトやSNSにたどり着く道筋のことを指します。簡単に言うと、アクセスを増やすための施策とお考えください。では、なぜアクセスルートを選定するのかというと、効率よくアクセスを集めるためです。

というのも、対象者によって利用している媒体が違うからです。例えば、ホームページへたどり着くアクセスルートを考えてみましょう。(性別・年齢・趣味趣向など、人によってさまざまなルートが考えられます。)

  • ネット検索
  • SNS
  • テレビやラジオのCM
  • 新聞や雑誌の広告
  • 特集記事(ネット・紙媒体)

ちょっと挙げただけでも様々ですよね。対象者がどこにいるのかは、最初のWebマーケティングでかなり掴めているはずです。関連の検索が多ければ対象者はネットに居ますが、検索数が少なければ放送や紙媒体に居るということがわかります。(口コミという場合もあるでしょう。)

つまり、アクセスルートが明確になることで、力を入れるべき媒体が見えてくるわけです。ポイントは、Web集客だからと言ってネットだけに注目しないという点です。あなたのお客さんが存在するところを、ぜひ正確に把握してください。

集客商品(オファー)の選定。

集客商品(オファー)の選定が必要な場合があります。集客商品とは、問い合わせを得るために用意するもので、無料の試供品やサービス、体験会や相談会などのことを指します。なぜ集客商品が必要なのかというと、いきなり購入や契約となるとハードルが高くなるからです。

ワンクッション置くことで、ハードルを下げる狙いがあるんですね。会社側としては、すぐ購入に結び付けば非常に楽です。しかし、お客側としては高額なものや説明が必要なものをいきなり購入するというのは、非常に心理的に負担が大きいです。

あなたも、車をいきなり購入できませんよね。車を購入するにあたってまずはカタログを請求し、次いで実際にディーラーを訪問して車を確認、試乗したうえでようやく本気で購入について検討をし出すのではないでしょうか。つまり、購入に至るまでに、様々な心の動きがあるのです。

このような段階の数は、金額が高くなればなるほど増える傾向にあります。なぜなら、損したくないからです。したがって、低価格のものや日用品でない限りは、集客商品を用意してワンクッション置くことで、心を解きほぐさなくてはいけないのです。

該当すると思われる方は、ぜひ集客商品を真剣に検討してください。

デパ地下の試食もオファーの一種です。低価格であっても、ものによっては集客商品の用意は必要ですよ。

タイミングを考える。

最後に、タイミングについてお話しします。ここで言うタイミングとは、問い合わせや購入が多くなる時期や何らかの機会を指します。なぜタイミングを考えるのかというと、タイミングが合うか合わないかが、集客に強く影響するからです。

おそらくほとんどの方は、「タイミングがそんなに重要なの?」と思うでしょう。しかし、ビジネスはタイミングによって売り上げに差が出ることが少なくないのです。例えば、チョコレートを売るにはバレンタインにタイミングを合わせなくてはいけません。

クリスマスケーキもクリスマスに合わせなければいけないし、恵方巻きも節分でないと売れません。そして、タイミングを合わせて一気に売りぬいてしまえば、後々売り上げが不振になっても、十分稼いでいるので、大きな問題にならないんです。

したがって、Webでもいかにタイミングを合わせて、お客さんの心をつかむかが重要です。ある期日までにしなくてはいけない事とか、特別な日のために準備するとか、何かしらのタイミングがありますので、ぜひ考えてみてください。

タイミングが合うと、集客の施策はほとんど不要なぐらいに、成果がバンバン上がりますよ。

まとめ:客観的なデータに基づいて、戦略を練りましょう。

いかがでしたか? Web集客の戦略、7つの超重要ポイントを説明しました。

今回説明したのは、Webマーケティングの実施、対象者(ターゲット)の明確化と絞り込み、訴求点の見直し、差別化ポイントの明確化、アクセスルートの選定、集客商品(オファー)の選定、タイミングを考える、などのポイントでした。

Web集客の戦略は、今回説明した内容で最低限の数です。本来はもっと細かくいろいろと考えなくてはいけませんが、これら7つのポイントだけでも、基本骨格は出来上がるはずです。また、特に重視していただきたいのが、データに基づいている点です。

勘を否定するわけではありませんが、どうしても主観が入ってしまうために、自分の希望へと寄せてしまいがちで不正確だと言わざるを得ません。ぜひ、客観的なデータを基にした集客戦略の、重要性をご理解いただければ幸いです。

以上、「Web集客の戦略、7つの超重要ポイント!」と題して説明しました。

⇒ こちらの小冊子も読んでみませんか? (おかげさまで、とても好評です♪)

ホームページの集客率を3倍に上げる方法!

どんな業種のホームページでもお役立ていただける小冊子です。(特定の業種に偏らないように、配慮して書きました。)

江尻竜也

業績が伸びずお悩みの方、ホームページで集客しませんか?

メールによるご相談を、受け付けしております!

(経験豊富なWeb集客の専門家が、親身に対応させていただきますよ。)

※ただ今に限り無料ですので、何でも遠慮なくお話しくださいね。 ⇒ 無料メール相談