《Web担当者を応援する、ホームページ集客の専門家のブログ。》

Web集客の方法、知っておきたい5種類を紹介!

Web集客の方法、知っておきたい5種類を紹介!

Web集客方法、知っておきたい5種類を紹介します。読者対象は、Webを使って集客する方法を知りたい方です。単にWeb集客の方法を紹介しただけでなく、それぞれのやり方に適したビジネスについても、詳しく説明しています。

知っておきたいWeb集客の方法は、この5つです!

最初に「Web集客とは何か?」をお話しします。すでにご存じの方は多いと思いますが、前提で勘違いがあるといけませんので、できるだけ目を通していただければ幸いです。

Web集客とは、自社サイトにできるだけ多くの方を集めることを指します。なぜ多くの方を集めるのかといえば、商品の宣伝や販売または問い合わせの獲得を目的としているからです。つまり、単にアクセスを集めるのではなく、お客さんになり得る方を集める必要があります。

具体的には、以下のような媒体からのアクセスが想定されます。

  1. ネット検索(自然検索、ネット広告、他サイトの紹介)
  2. SNS(ツイッター、フェイスブック、ライン、インスタグラム)
  3. 口コミ(直接的な会話でのやり取り)
  4. マスコミ(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)
  5. チラシ(新聞の折込など紙媒体)

つまり、上記のようなアクセスルートから自サイトへアクセスを集めることを、Web集客と呼ぶわけですね。ところで、どの方法なら集客できるのかは、「どの媒体にお客さんが存在するのか?」という点で決まります。つまり、あなたのビジネスによって最適な方法は変わるんですね。

そこで、Web集客の方法についてアクセスルートを中心に、適するビジネスも合わせて詳しく説明しましょう。

Web集客の、5種類の方法を詳しく解説します。

それでは、Web集客の方法を解説します。5種類ありますので、ぜひあなたのビジネス形態を考えながら、適する方法を見つけてください。

1.ネット検索のルートによる集客

ネット検索のルートとは、 Google や Yahoo! などの検索サイトで、検索ワードによってさまざまなサイトを探すことを指しています。なぜ検索ワードがポイントになるのかというと、検索ユーザーの思いが、単語として現れたものだからです。

検索という行動は、ユーザーが抱える疑問や欲求の解決策を探す行為です。つまり、検索ワードは質問なんですね。その質問に対する答えを考えることが、そのままコンテンツ作りに反映され、最も適切に応えているWebページが検索で上位に表示されます(いわゆるSEO対策ですね)。

このような検索は、「自然検索」と呼ばれますが、Webサイトへのアクセスで最も多いルートですので、とても重要なんですね。ですので、みなさん躍起になってSEO対策を行っています。

したがって、この自然検索を制することができれば、アクセスを大量に増やすことができるので、集客アップに大きく貢献するわけです。

SEO対策が難しいときはどうする?

SEO対策が難しいときは、ネット広告も検討してください。ネット広告とは、検索ワードに関連付けて検索結果に広告を表示するものです。検索結果の上部と下部に広告が表示されるのを、あなたも見たことがありませんか?

具体的には、自社のサイトと関係が深いキーワードを探し出し、そのワードが検索されたときに広告が出るようにするんですね。こうすれば、自然検索でSEOがうまくいっていない場合でも、自サイトの上位表示が可能になります。簡単にいえば、『キーワードを買う』ということなんですね。

もちろん、広告なのでそれなりに費用がかかりますから、その点はご注意ください。

ネット広告の費用について、知っておくべき問題点を説明しました。ネット広告を検討されている方や、広告が収益に結び付かづ苦労されている方に適しています。費用対効果を高くするために必要な対策について、説明しているからです。

ネット検索が適するビジネスとは?

ネット検索は比較的に万能で、さまざまなビジネスに適しますが、お客さんがネット検索を積極的に利用しているのであれば、最適な集客方法だと言えるでしょう。(検索の利用が少ない方がターゲットの場合は向きません。)

2.SNSのルートによる集客

SNSのルートとは、ツイッター、フェイスブック、ライン、インスタグラムなどのサービスで情報を拡散させるものを指します。なぜ拡散が重要なのかといえば、情報が拡散することで、そこに含まれるアドレスからWebサイトへとアクセスがあるからです。

また、拡散するためには、各サービスでそれなりに権威がある方(インフルエンサー)の力が必要になります。これは、フォロワーが権威のある方の言動に共感するからです。したがって、共感が得られるような情報発信が、極めて重要になると言えるでしょう。

では、なぜSNSのルートも必要なのでしょうか? それは、検索していない方にも拡散できる可能性があるからです。検索の場合、何かに気づいた方だけが起こす行動なので、行動を起こした方だけにしか情報が伝わりません。

しかし、SNSの場合は少し状況が違って、インフルエンサーと呼ばれる方が情報を拾ってくれれば、その方のフォロワー(購読している人)にも自然に情報が流れます。すると、まだ気づいていない方の目にも情報が飛び込みますので、そこで興味を持ってもらえるわけです。

つまり、新たな見込み客の発掘ができるわけですね。もちろん、一過性で終わる可能性がないわけではありませんが、利用者は年々増えていますので決して侮れません。SNSは、うまく使えばWebサイトへのアクセスが望めますので、Web集客で検討すべき媒体であると言えるでしょう。

SNSが適するビジネスとは?

SNSは趣味性の高いものが向きます。なぜなら、横のつながりが強いですから、内輪の話で盛り上がるようなものが親和性が高いからです。したがって、趣味性のあまりないような商品や業種については向かない可能性が高いですので、注意してください。

3.口コミのルートによる集客

口コミのルートとは、ちょっとした立ち話や井戸端会議で話題に出ることで、そこからWebサイトへアクセスする、アナログなルートを指します。すると、「えっ、Web集客で口コミですか?」となるかもしれませんが、実は重要なアクセスルートなんです。

なぜアナログな手段を使うのかというと、信憑性が高いからです。知っている人と顔を見ながらの会話ですので、言葉以外にも声の様子や表情、身振り手振りなど、いわゆるノンバーバルコミュニケーションから情報を読み取れます。だから信憑性が高いんですね。

もちろん、中にはしょっちゅう嘘をつく「ほら吹き」もいるかもしれませんが、そのような方は最初から分かっていますので、真に受ける方は少ないでしょう。いずれにしても、匿名性の高いネットの世界と違って「信頼できる」と感じるわけですね。

人間は信頼すると行動に移りやすくなりますから、口コミのようなアナログなやり方も決して侮れません。このように、立ち話などで知った名前をネット検索して、Webサイトにアクセスするという流れが考えられますので、口コミでもWeb集客が期待できるんですね。

Web集客だからといって、ネットだけに注目すると集客はうまくいきませんので、広い視野で考えるようにしましょう。

口コミが適するビジネスとは?

口コミは病院のような信頼性が重視されるものが向きます。実際に、患者さんが多い病院はほとんど広報活動をしていません。なぜなら、口コミで知れ渡るからです。担当者の技術力や、当人の健康が関わるような場合は、決して軽視できない方法であると言えるでしょう。

4.マスコミのルートによる集客

マスコミのルートとは、テレビ・ラジオ番組等での紹介やCM 、新聞・雑誌などの記事や広告で、広く一般に告知する方法を指します。なぜ、広く一般に告知するのかというと、興味を持っていない方など、誰にでもリーチ(届く)できる可能性があるからです。

では、なぜマスコミのルートが大事なのかというと、ポイントは誰にでもリーチできる可能性がある点です。つまり、興味が薄い方でもマスコミの情報に触れることで、興味を持つことが期待できるわけですね。元々興味が無ければ、ネット検索などで情報収集することはまずないでしょう。

したがって、半ば強制的に目または耳に入れることで、自身が抱える問題や興味に気づかせることが期待できるわけです。また、ネットを利用してない方に向けても情報を発信できるので、やはりマスコミのようなネットではないアクセスルートも非常に重要だと言えます。

もちろん、マスコミのルートで多くの方に気づきがあれば、自サイトへのアクセスの増加が期待できます。例えば、「詳しくはWebで」といったことを発信する情報に入れておけば、アクセスが増えることになるでしょう。(サイトへの誘導の仕方も、ポイントになるわけですね。)

このように、マスコミのルートからWebサイトへのアクセスも十分考えられますから、「ネットとは関係ない」とは思わずに、十分検討すべきでしょう。

マスコミが適するビジネスとは?

マスコミは、ネットを利用しないお客さんが多い場合に有効です。したがって、比較的年齢層が高くなると思われます。また、中でも業界新聞や専門誌などは、ある特定の業界に向けて宣伝する場合に向きます。つまり、一般的ではない商品を扱っている場合も、マスコミを検討しましょう。

5.チラシのルートによる集客

チラシのルートとは、新聞の折り込みチラシが一般的ですが、ここでは地域限定のポスティングサービスを指すと考えてください。なぜ地域限定がポイントなのかというと、地元の方にだけリーチできるからです。商売は、必ずしも全国が相手ではありませんよね。

一般的に、個人の飲食店などは地元客がメインです。もちろん、観光地であれば事前に観光客がその土地の飲食店を探すことはあります。しかし、そうでない場合や、地元民しか利用しないお店の場合は全国にアピールする必要はほとんどありません。いかに地元にアピールするかが重要です。

すると、ポスティングチラシのようなごく限られた地域に周知する方法の方が、効率よく広報できるわけなんですね。そして、チラシでうまく広報できれば、Webサイトのアクセスを増やすことも可能です。チラシにURLを掲載しておくなどの工夫で、アクセスを稼げるわけです。

ところで、名刺も重要です。チラシとは違いますが、特定の方に紙媒体を配るという点で本質が似ているからです。したがって、名刺にもURLを印刷しておきましょう。

このように、チラシのような紙媒体も非常に重要なアクセスルートです。Webは全国向けですから、地元向けであれば、チラシを入り口にするのが有効な場合も少なくありません。やはり、「ネットで紙媒体は無いだろう」と思わずに、しっかり検討する必要がありますよ。

チラシが適するビジネスとは?

チラシが向くのは、地域密着型の店舗や施設などでしょう。地元の飲食店(全国チェーンではない)やその地域だけのスーパーマーケット、地元だけがターゲットの会社など、全国に広報する必要が無い場合に有効です。

まとめ:自分のビジネスに最適な、集客方法を選択すること!

いかがでしたか? Web集客の方法、知っておきたい5種類を紹介しました。

今回説明したのは、ネット検索のルートによる集客、SNSのルートによる集客、口コミのルートによる集客、マスコミのルートによる集客、チラシのルートによる集客、などのポイントでした。

Web集客は、基本的には検索やSNSなどネットのルートからアクセスされます。しかし、ネットに解決策があることに、気づいていない方も少なくありません。すると、ネットのアクセスルートだけでは不十分です。ネットだからといって、従来のメディアを無視すると集客は難しいでしょう。

重要なので繰り返しますが、「お客さんがどの媒体を使っているか?」を正確に理解してください。お客さんが存在しない媒体で広報しても、全く意味がないですからね。したがって、最終的にはWebサイトにたどり着くものの、入り口はネットだけではないことを覚えておきましょう。

このように、「自社Webサイトには、どのアクセスルートを入り口として誘導するのか?」という点を中心として、Web集客に取り組んでいただければ幸いです。

以上、「Web集客の方法、知っておきたい5種類を紹介!」と題して説明しました。