《Web担当者を応援する、ホームページアドバイザーのブログ。》

Web集客の方法、知っておくべき5点とは?

Web集客の方法、知っておくべき5点とは?

Web集客方法で、知っておくべき5点を説明します。読者対象は、Web集客の方法について知りたい方です。単にWeb集客の方法を紹介しただけでなく、どうすればWeb集客で成果があがるのかも、詳しく説明しています。

なぜ、Web集客の方法が重要なのか?

「Web集客の方法が知りたい!」と考えたために、あなたはこのページをご覧になっていると思います。これからWeb集客の方法について説明しますが、一つ考えていただきたいことがあります。それは、なぜWeb集客の方法が知りたいのかです。

さまざまな理由があると思いますが、共通するのは、アクセスを増やして集客アップしたいという想いではないでしょうか。すると、単純にWeb集客の方法を知るだけでは不十分で、どの方法がどのようなときに有効なのかを、知らなくてはいけません。

そこで、Web集客の方法を、適合するビジネス形態と合わせてご紹介します。

Web集客の方法は5つある!

それでは、ビジネス形態に合わせて、5つの集客方法をご紹介します。ぜひ、あなたのビジネス形態を考えながら、適合する方法を見つけてください。

Web集客とは?

最初にWeb集客とは何かお話しします。すでにご存じの方が多いとは思いますが、よくわからないという方のために、おさらいの意味も込めて説明します。

Web集客とは、Webサイトにできるだけ多くの方を集めて、商品の宣伝をしたり販売したりすることを指します。つまり、単なる会社紹介やカタログ代わりのWebサイトとは異なり、かなり積極的にお客さんを集めるということになります。

では、具体的にどのように集めるのかというと、以下のようなルートからのアクセスを想定して、対策することになります。

  1. 検索(自然検索、ネット広告、他サイトの紹介)
  2. SNS(ツイッター、フェイスブック、ライン、インスタグラム)
  3. 口コミ
  4. マスコミ(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)
  5. チラシ

つまり、上記のようなアクセスルートから自社サイトへアクセスを集めることを、Web集客と呼ぶわけですね。なお、ご覧いただいたように、1~2はインターネットルートで、3~5はリアルなルートです。(リアルなルートがあることについては、後で説明します。)

続いて、それぞれのルートについて説明し、その後で適するビジネスを詳しく説明します。

1.インターネット検索からのルート

インターネット検索からのルートについてお話しします。Web集客と言われて、真っ先に思い浮かぶのが、インターネット検索だろうと思います。主に利用される検索サイトは、 Google と Yahoo! ですので、これらのサイトに対する対策を行います。

方法1:自然検索とは?

自然検索とは、検索エンジンでキーワードを使って検索することを指します。最近は「ググる」と呼ばれたり、「グーグル先生に聞く」みたいな言われ方をしていますね。

具体的には、いわゆるSEO対策によってアクセスを増やします。これは、検索結果の上位に表示されるよう対策することで、注目されやすくするということです。上位5番以内に表示されれば、かなりアクセスを集めることができるでしょう。

したがって、どれだけSEO対策に関する知識を持ち合わせているかがカギになります。ポイントとしては適切なキーワードの選定と、充実した内容のページを作ることです。なぜなら、検索されていないキーワードをもとにホームページを作っても、だれもアクセスしないからです。

また、上位表示の基準は内容の充実度で決まりますので、この点も見逃せません。ちなみに、充実とは「どれくらい役に立つ内容であるか」という点が判断基準です。検索ユーザーは、知りたいことがあって検索していますので、しっかりそれに答えましょう。

つまり、よく検索されているキーワードを基に、充実したページを作ることで上位表示されます。これが、自然検索を利用したWeb集客の方法です。

自然検索を利用して、より効果的に集客を行う方法に、「ブログ」や「オウンドメディア」と呼ばれるやり方があります。

方法2:ネット広告とは?

ネット広告とは、検索ワードに関連付けて検索結果に広告を表示するものです。検索結果の上部と下部に広告が表示されるのを、あなたも見たことがあるのではないでしょうか。

具体的には、自社のサイトと関係が深いキーワードを探し出し、そのワードが検索されたときに広告が出るようにするんですね。こうすれば、SEO対策のように技術が必要なページを作成する必要がありません。簡単にいえば、『キーワードを買う』ということなんです。

これなら確実に上位表示されます。ただし、この方法にはちょっと難しい部分もあります。競合が多いと入札になって広告費が上がっていくのと、キーワード選定を誤ると関係ないクリックが増えてしまい、無駄な費用が発生してしまう点です。この点には注意してください。

これが、ネット広告を利用したWeb集客の方法です。

ちなみに誘導先は、トップページ、特設ページ、ランディングページなど様々です。

参考 ネット広告については、こちらで詳しく説明しています。

ネット広告の費用について、知っておくべき問題点を説明しました。ネット広告を検討されている方や、広告が収益に結び付かづ苦労されている方に適しています。費用対効果を高くするために必要な対策について、説明しているからです。

方法3:他サイトの紹介とは?

他サイトで、自サイトを紹介してもらうことで、そこからアクセスが来る場合もあります。これは、良い情報を提供することで、自然発生的にリンクされる場合もあれば、業界の専門サイト(商工会議所のサイトなど)で紹介してもらうなどの方法もあるでしょう。

ただし、この場合は紹介されているサイトにアクセスしてもらうことになるので、間接的なルートになります。重要ではあるものの、自然発生リンクは自分ではどうすることもできません。なので、リンク集に登録してもらえる場合は積極的に申請しましょう。

このように他サイトの紹介の場合は、そのサイトの集客力が大きく依存するものの、SEO対策として有利に働きますので、軽視はできないWeb集客の方法と言えます。

2.SNSからのルート

SNSからのルートについて説明します。SNSとは、ツイッター、フェイスブック、ライン、インストグラムなどのサービスを指します。SNSだけで集客することも可能ですが、SNSからホームページへ誘導するのも、よく使われる方法です。

それぞれのサービスで、サイトに固定的なリンクを作れますが、投稿の中で「詳しくはこちらを見てください」のような形で誘導する方が効果的でしょう。つまり、ただリンクを紹介すればそれでよいというわけではないんですね。

もう少し言えば、「なぜそのリンクを見る必要があるのか」という理由を説明するわけです。なお、投稿の質が重要なんですが、基本的にSNSは共感が大切です。多くの方が共感するような内容を投稿して、そこから何か学べる『気づき』があると、うまくいくと思います。

これが、SNSを利用したWeb集客の方法です。

SNS内の検索に対応するために、ハッシュタグを忘れず付けてください。

※ なお、ここまでがネットからのルートで、ここからはリアルなルートになります。

3.口コミからのルート

口コミからのルートについてご紹介しましょう。すると、「えっ、Web集客で口コミですか?」となるかもしれません。確かに、Webサイトで集客するのに、口コミは変かもしれませんね。ですが、重要なアクセスルートなんです。なぜなら、信憑性が高いからです。

例えば、歯医者を探すときに、多くの方は誰かに聞くと思います。すると「○○歯科が良いよ」と教えてもらって、その歯科についてネットで調べることになるのではないでしょうか。結局は検索しているんですが、そこへたどり着く糸口は『口コミ』なんですね。

したがって、これは有名な会社の場合や利用者がおしゃべり好きでないと成り立ちませんが、それでも常連客に対して、「ぜひ宣伝してくださいね」というようなPRは可能でしょう。いずれにしても、会社名や特徴で検索して、Webサイトに到達すると考えられます。

つまり、既存客に対する対応の仕方が、Web集客の対策になるんですね。

4.マスコミからのルート

マスコミからのルートも、Web集客を行う上で重要です。これは、テレビ・ラジオ番組等での紹介やCM 、新聞・雑誌などの記事や広告を見た方が、アクセスするという流れです。マスコミによる周知の場合は、興味を持っていない方へもリーチ(届く)できる特性があります。

なぜなら、ネット検索は興味を持った方だけが利用しますが、マスコミは興味がある無しに関わらず目にしたり耳に入ったりします。この点は、ネットと決定的に違うところではないでしょうか。したがって、万人に対してWebサイトの存在を広報できる手段なんですね。

なお、アピールの際には検索ワードを決めておくのがお勧めです。というのも、URLの入力は非常に面倒なので、検索ワードを示して検索サイトからアクセスしてもらう方が効果的だからです。このように、マスコミの利用は潜在的なお客さんにもWebサイトを周知できる方法だと言えます。

5.チラシからのルート

チラシからのルートも、場合によってはWeb集客に有効です。新聞の折り込みチラシが一般的かもしれませんが、地域限定であればポスティングサービスも考えられます。こちらのやり方も、マスコミの利用と基本的には同じですが、配布の仕方が違うので分けて考えました。

というのも、放送の場合はその番組を見聞きしていなければ届きません。また、新聞や雑誌の場合、それを購読していなければやはり届きません。しかし、ポスティングのチラシであれば、ポストにチラシを入れるので、確実に届けられます。そして、意外と見てもらえるんです。

すると、チラシを見て興味を持った方が、Webサイトにアクセスするという流れが生まれます。もちろんこの場合も、URL以外に検索ワードを載せておきましょう。やはり、検索してWebサイトにアクセスしてくれるはずです。

なお、名刺も重要です。チラシとは違いますが、配るという点で本質が似ているからです。したがって、名刺にもURLや検索ワードを印刷しておきましょう。

このように、チラシによる周知もWeb集客を行う上で非常に重要ですよ。

どれが一番集客できるのか?

「どれが一番集客できるのか?」と言われれば、検索かSNSだと思いますが、これは業種によってさまざまです。つまり、「どれが良いか」ではなく、「どれが最適か」という観点で考える必要があります。自分のお客さんが、どのメディアに居るのかを知らなくてはいけないんですね。

そこで、それぞれの集客方法について、向き不向きを説明します。

検索が向くのは?

検索はWeb集客の基本で万能型ですが、検索を積極的に利用している方に対してだけリーチできる方法です。つまり、検索の利用が少ない方がターゲットの場合は向きません。ただし、従来型のメディア(口コミ、マスコミ、チラシ)からのアクセスは、検索を利用する場合が多いでしょう。

SNSが向くのは?

SNSは趣味性の高いものが向きます。なぜなら、横のつながりが強いですから、内輪の話で盛り上がるようなものが親和性が高いからです。したがって、趣味性のあまりないような商品や業種については向きませんので、注意してください。

口コミが向くのは?

口コミは病院のような信頼性が重視されるものが向きます。実際に、患者さんが多い病院はほとんど広報活動をしていません。なぜなら、口コミで知れ渡るからです。担当者の技術力や、当人の健康が関わるような場合は、決して軽視できない方法であると言えるでしょう。

マスコミが向くのは?

マスコミは、ネットを利用しないお客さんが多い場合に有効です。したがって、比較的年齢層が高くなると思われます。また、中でも業界新聞や専門誌などは、ある特定の業界に向けて宣伝する場合に向きます。つまり、一般的ではない商品を扱っている場合に適します。

チラシが向くのは?

チラシが向くのは、ある特定の地域に対してアピールしたい場合です。地域密着型の店舗などが該当するでしょう。なぜなら、自分が住んでいる町について検索する方は少ないからです。一定地域全体に周知したい場合には、有効な手段でしょう。

まとめ:自分のビジネスに最適な、集客方法を選択すること!

いかがでしたか? Web集客の方法、知っておくべき5点を説明しました。

今回説明したのは、Web集客とは?、インターネット検索による集客、SNSによる集客、口コミによる集客、マスコミによる集客、チラシによる集客、どれが一番集客できるのか?、などのポイントでした。

Web集客と言ってもネット検索だけではないことを、知っていただけたと思います。繰り返しになりますが、大事なことは、どのアクセスルートが自分のビジネスに適するかという点です。業種や商品によっては、ネットだけで集客できないことを覚えておきましょう。

また、すべてに共通するのが、キーワードです。検索ではキーワードが要ですし、SNSでもハッシュタグなどキーワードになるものがあります。さらに、リアルなアクセスルートも最終的にはキーワードで検索します。どのルートでも、キーワードが重要であることを覚えておいてください。

このように、最終的にはネットで検索するものの、最初の入り口はネットだけではありませんので、その点を理解してWeb集客に取り組んでいただければ幸いです。

以上、「Web集客の方法、知っておくべき5点とは?」と題して説明しました。