Web集客の、知っておくべき7つのポイント!

Web集客の、知っておくべき7つのポイント!

Web集客について、7つのポイントをご紹介しました。これから取り組まれる初心者に適した内容ですが、上級者でも参考になると思います。単なる方法だけでなく、問い合わせを増やすやり方も説明しているからです。

なぜ、Web集客が重要なのか?

「Web集客について知りたい!」と考えられたために、あなたはこのページをご覧になっていると思います。確かに、Webであれば一番のねらいである「問い合わせを増やす」ということが、無料や低予算で行えますから重要ですよね。

ところで、集客だけがうまくいっても不十分であることにお気づきですか? 実は、全体的なパイが大きくなるだけなので、必ずしも問い合わせが増えるわけではないんです。したがって、Web集客の方法だけでなく、問い合わせてもらえるようなやり方を知ることも必要だと言えます。

そこで、問い合わせてもらえるような、真のWeb集客を詳しく説明しましょう。

Web集客のポイントを詳しく説明します。

それでは、Web集客のポイントを説明します。重要な7つをご紹介しますので、しっかりと頭に入れてください。

Web集客の基本とは?

Web集客の基本は、ユーザーを自社サイトにアクセスさせることです。閲覧してもらわなければ何も始まらないわけですから、これは極めて重要なことですね。すると、多くの方がアクセス対策に取り組まれますが、ほとんどの場合にそれだけで終わってしまいます。

なぜなら、閲覧してもらえば何とかなると考えているからです。確かに、全体的なパイが増えれば、それに比例して問い合わせが増える可能性はあります。しかし現実は甘くなく、人を集めるところまでしかやっていない状態では、問い合わせに至らない場合がほとんどです。

つまり、数が多いからと言って反応(コンバージョン)が単純に増えるとは限らないんです。では、何が必要なのかと言えば、閲覧者が問い合わせたくなるような仕掛けです。この点に気づくかどうかが、Web集客の成否を決めるんですね。

なので、サイトのアクセス数を増やすだけでなく、コンバージョンまでを考えて対策することが真のWeb集客であり、それが基本であるとご理解ください。

Web集客のメリットとデメリットとは?

続いて、Web集客のメリットとデメリットについてお話しします。しっかり目を通すことで、取り組に力を入れるべきかどうか、判断しやすくなりますよ。

メリット

Web集客のメリットは、何と言っても非常に低予算で行えるところです。サーバーのレンタル費用などを除けば自分ですべてできますので、無料の部分が非常に多いんですね。つまり、必要なのは固定費だけなので、安上がりなのは間違いありません。

また、インターネットは世界を相手にできるので、例えば日本人だけを相手にしている場合でも、海外にいる邦人も対象にできます。店舗だけで商売をしている場合は、このようなやり方はできませんよね。このように、Webならワールドワイドながら低予算であるのが大きなメリットです。

デメリット

Web集客のデメリットは、時間がかかることではないでしょうか。特に自分でやっている時は、本業を圧迫するぐらいに、時間を費やしてしまうことが少なくありません。どうしても、Webの作成や更新は手間がかかるんですね。

また、素人がやると成果が出にくいというのも、難しいところでしょう。これは、どうしてもWebの作り込みに凝ってしまって、集客の本質から遠ざかってしまうからなんです。このように、時間がかかる点とそれなりの知識が必要な点は、デメリットではないでしょうか。

※もちろん、解決策はこの後説明しますよ。

アクセスを増やす方法とは?

Web集客で真っ先に取り組むべきは、自社サイトのアクセスを増やすことです。具体的な方法は、以下の5つになりますが、好きなものを選ぶわけではありません。アクセス増を狙うには、業種や商品に最も適した方法を選択することが重要です。

SEO対策

検索サイトからのアクセスを狙う場合は、SEO対策を行います。これは、検索結果で上位に表示されるよう対策することを指します。なお、確実にうまくいく方法というのは無いんですが、絶対はずせない基本はありますので、そこはしっかり押さえておきましょう。

以下の公式ページではSEOの基本を説明していますので、ぜひ目を通してください。

ネット広告

もし、SEO対策がうまくいかないときは、ネット広告を検討してみてください。検索結果の上部や下部といった目立つ位置に、自社サイトへのリンクを表示できるからです。広告なのでもちろん費用が発生しますが、SEOで右往左往するよりは確実でしょう。

以下に、ネット広告の公式サイトをご紹介しておきます。

ブログの利用

ブログを利用してアクセスの増加を狙う方法があります。さまざまな情報発信を行うことで、自サイトへの流入を獲得するわけですね。内容的な違いはあっても、基本的にはWebサイトと同等です。つまり、やるべきことはSEO対策ですので、先ほどの項目を参考にしてください。

SNSの利用

SNSからの流入を狙う方法もあります。つまり、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどを利用するということです。検索対策も重要ですが、業種や商品によってはSNSの方が効果的な場合が少なくありません。検索からの流入が期待できない時は、こちらも検討してください。

従来メディアの記事や広告

従来メディアの利用も重要です。この場合は、新聞・雑誌・チラシなどの紙媒体、テレビ・ラジオなどの電波媒体といったものを指します。ネットとまったく関係ないように感じるかもしれませんが、知名度が低い会社や特定の人にしか需要が無い商品の場合には、むしろ効果的です。

つまり、従来メディアでWebサイトを紹介して、アクセスを促すわけですね。

参考 アクセスを増やす方法については、以下のページで詳しく説明しています。

Web集客の方法を11種類ご紹介しました。初心者の方に適した内容になっていますが、上級者でも気づきがあるかもしれません。方法の説明だけでなく、それぞれが適する場合についても詳しく説明しているからです。

Web集客はコンテンツが重要です

Web集客ではコンテンツが非常に重要です。この場合のコンテンツとは、サイトに掲載する内容のことを指しますが、なぜ重要なのかというとコンバージョンに強く影響するからです。アクセスを増やしただけでは問い合わせに結び付かない理由は、ここにあります。

では、どのようなコンテンツを用意すべきなんでしょうか? 多くの方は、面白い内容にすることを考えるようですが、それでは限界があります。まず、根本的なところから考えてみると、サイトの閲覧は、問題を抱えた方がそれを解決するために行います。

つまり、サイト訪問者の心理を読んで「何に困っているのか?」あるいは、「どのような欲求があるのか?」といったことを考えます。そして、それをテーマとして解決策を説明するわけです。閲覧者の抱える問題が解決するサイトであれば、当然ですが反応は良くなります。

このように、Web集客におけるコンテンツは、徹底して訪問者の問題解決に注力してください。

Web集客にはマーケティングが欠かせません

Web集客でぜひ意識していただきたいのが、マーケティングという視点です。つまり、データを収集して、そこから傾向と対策を考えます。なぜこのような考え方が必要なのかというと、勘を頼ったやり方では、よほど天才的な人でない限り失敗するからなんです。

では、具体的にどうするのかというと、「何がきっかけで自社を選んだのか?」とか「どのような情報がほしかったのか?」といったことをお客さんから聞き出すんです。手っ取り早いのは、過去のアンケートを引っ張り出してくることでしょう。

アンケートが無い場合は、過去の雑談(やり取り)を思い出すやり方でも構いません。お客さんから直接聞き出したニーズですから確実ですよね。すると、自社サイトのコンテンツで弱い部分を見つけることができるし、訴求点を導き出すこともできますよ。

このように、データに基づく集客が重要であることを、ぜひ理解してください。

アンケートを取っていないとか、これから立ち上がる事業の場合は過去のデータがありませんが、その場合は検索ワードを調べる手法が有効ですよ。
参考 Webマーケティング(検索ワード調査)

Web集客の戦略とは?

ここまでの説明をまとめて、Web集客の戦略としてお話ししましょう。ザックリと、以下の3つになるのではないでしょうか。

  1. アクセスを増やす方法を検討。
  2. コンテンツの充実を図り、反応率を高める。
  3. マーケティングによって集客の方向性を決める。

これらの施策は、「自社サイトにアクセスを集め、問い合わせを増やす」という基本的なねらいを実現するために行います。なお、どれが欠けてもうまくいきません。すべてを同時進行で対策しなければ、成果は出ないと思ってください。

なぜなら、アクセスを増やすことは重要ですが、同時にコンテンツにより反応率を高めなくては問い合わせにつながらないからです。また、どちらの対策もマーケティングデータがなければ、勘に頼るだけの博打のようなやり方になってしまうでしょう。

この3つの施策を戦略としてしっかり行うことで、初めてWeb集客の第一歩が踏み出せるとお考えください。

Web集客ツールは役に立つのか?

ここで、Web集客ツールについてもお話ししておきましょう。というのも、「戦略的に集客を行えと言われても難しいよ」と感じる方が少なくないと思われるからです。ツールを使って、少しでも集客を楽にする方法について、ご紹介していきます。

業者が提供するWeb集客ツールは役立つのか?

ネット業者がWeb集客ツールを提供していますので、それを利用すれば楽に集客できるのではないかと考える方は多いと思います。そこで、利用を検討している方のために、知っておくべき問題点をご紹介しましょう。

Web集客ツールは、SEO対策を肩代わりしてくれますが、コンテンツ作りまではサポートしていない場合がほとんどです。したがって、利用する場合の注意点は、問い合わせにつながるコンテンツ作りと、マーケティングの部分を自前で行う必要があるところでしょう。

全部お任せというわけにはいきませんので、注意してください。

CMSを使うメリットとは?

CMS(Contens Management System)とは、サイト作りを簡単にできるシステムで、サーバーにインストールして利用します。一般的には、 WordPress を使う場合が多いでしょう。集客を楽にするときに頻繁に見かける名前ではないでしょうか。

ただし、それは集客が簡単にできるという意味ではなく、ホームページが簡単に作れるので時短になるということなんです。つまり、時間の節約に貢献するという点で、集客を楽にしてくれるツールなんですね。決して、CMSだからと言って集客アップできるわけではありませんよ。

あくまでも、時短によって集客を補佐するのがCMSであるとご理解いただければ、かなり有用なツールであると言えるでしょう。

アクセス記録の重要性とは?

アクセス記録はしっかり取りましょう。なぜなら、訪問者の動向を細かくつかむことができるからです。どのページが頻繁に見られているかだけでなく、どのページに着地して、そこからどのように遷移したのかも分かります。つまり、有用な情報が数多く手に入るんです。

具体的に数字として記録が残るわけなので、実施した施策の効果が確認できますし、次に何をすべきかのヒントも得られます。問題点と解決策を導き出す重要なデータが取れるわけですから、PDCA サイクルが回しやすくなるんですね。

したがって、アクセス記録を取ったからと言って集客アップするわけではありませんが、施策の効果が確認できるので非常に重要なツールですよ。

アクセス記録をまだとっていないという方には、「Googleアナリティクス」という無料のサービスをお勧めします。非常に細かくデータが取れますからね。

まとめ:コンテンツ作りやデータ収集も忘れないこと!

いかがでしたか?

Web集客は、自社サイトにアクセスを集めることが基本なので、SEO対策など訪問者を増やす方法に注目が集まりがちです。それはもちろん大事なことですが、ユーザーを着地させた後のコンテンツを作り込んでいない方が思いのほか少ないのが現状です。

コンテンツがしっかりしていないと、せっかく訪問者を増やしても、問い合わせのような具体的な行動に移らせることができません。アクセスを増やすだけでなく、反応率を高めるコンテンツ作りも重要なんです。もちろん、マーケティングでのデータ収集も忘れないでくださいね。

このように、Web集客は3つの柱(アクセス、反応率、データ)を軸にして戦略的に進めることで、はじめて成果があがるようになりますよ。

以上、「Web集客の、知っておくべき7つのポイント!」と題して説明しました。