Web集客で成功するために、知っておくべき7点とは?

Web集客の、知っておくべき7つのポイント!

Web集客で成功するために、知っておくべき7点をご紹介しました。これから取り組まれる初心者に適した内容ですが、上級者でも参考になると思います。多くの方が見落としがちな、重要ポイントを説明しているからです。

なぜWeb集客は、アクセスルートが重要なのか?

「Web集客で成果を上げたい!」と考えられたために、あなたはこのページをご覧になっていると思います。でしたら、ぜひアクセスルートに着目してください。というのも、多くの方はSEOやネット広告ばかりに目が行ってしまって、基本的な部分を見落としているからです。

例えば、Webサイトのほとんどのページが検索で1位を獲得しても、対象者が検索を使っていなければ意味がありませんよね。これでは、聴衆が誰もいない方を向いて演説するのと同じです。だからこそ、サイトにたどり着く道筋(アクセスルート)を真っ先に検討すべきなんです。

そこで、アクセスルートに合わせたWeb集客の方法について、詳しくお話しします。

Web集客を成功に導くポイントは7つ!

それでは、Web集客のポイントを説明します。重要な7つをご紹介しますので、しっかりと頭に入れてください。

最初にアクセスルートを把握する

Web集客でまず取り組むべきなのが、アクセスルートの把握です。先ほど少し触れましたが、対象者がどこから自社サイトにアクセスするのか、知っておく必要があります。では、どのようにするのかというと、いくつかの観点から考える必要があるでしょう。

まず、自分が扱っている商品あるいは業種が、どのようなものであるのかを整理してください。そして、これまでにどのようなお客さんがいたのかを考えます。この「自分と相手」という両者の視点から考えると、おのずとアクセスルートは見えてくるはずです。

例えば、広く一般的な商品や業種であれば、だれもがネットで検索する可能性が高いでしょう。これが非常にマイナーなものであれば、もっと専門的な新聞や雑誌の方が効果が高いです。このような、いわゆるマーケティング的な考え方が必要なんですね。

このように、まずは商品や業種とお客さんについて考えて、どのような特性があるのか把握しましょう。「○○なら集客できるらしいからうちもやってよう!」といった感じで、方法から先に決めることだけはしないでください。間違いなく失敗しますよ。

アクセスルートに合わせた集客方法を選ぶ

閲覧者のアクセスルートを分析すると以下のようなパターンが見えるはずですので、あなたの場合に最も近いものを参考にしてみてください。

検索サイトの利用が多い場合

検索サイトの利用が多い場合は、SEO対策を行いましょう。ご存じだと思いますが、これは検索結果で上位に表示されるよう対策することを指します。なお、確実にうまくいく方法というのは無いんですが、絶対はずせない基本はありますので、そこはしっかり押さえておきましょう。

コツとしては、多くの方が知りたがっていることについて説明することです。商品説明であれば、絶対外せない要素があるはずですので、そこをしっかりと記述しましょう。ポイントは、自分が何を説明したいかではなく、閲覧者は何を知りたがっているのかという視点ですよ。

以下の Google 公式ページで、SEOの基本をご覧いただけます。

検索の利用が多いものの、ライバルも多い場合

検索の利用が多い場合はSEO対策をすればいいんですが、ライバルが多いと簡単に上位表示できないことが少なくありません。そのようなときは、ネット広告を検討してみてください。これなら、検索結果の上部や下部といった位置に、自社サイトへのリンクを表示できます。

広告なので、もちろん費用が発生しますが、SEOの成果が出ない時にはぜひ検討していただきたい方法です。つまり、検索の利用者が多いと分かった時にライバルが少なければSEOで対応し、そうでない場合はネット広告の併用を検討するとよいと思います。

以下に、ネット広告の公式サイトをご紹介しておきます。

関連情報の検索が多い場合

検索の利用が多い場合でも、製品やサービスそのものを直接調べない場合があります。つまり、使い方やレビューなど、関連情報の検索が多い場合もあるんですね。そのような場合は、ブログを利用して情報発信する方法があります。いわゆるオウンドメディアのことだと考えて下さい。

一般的な商品説明ページでは掲載しないような内容をブログに書くことで、アクセスを集めるのが狙いです。基本的にはSEO対策となりますが、この場合の内容は困りごとに対する解決策を書くと、アクセスが集めやすくなります。(決して日記を書くのではありませんよ)

また、自社サイト内でブログを構築する場合は問題ありませんが、別にブログサイトを立ち上げる場合は誘導方法も検討してください。ブログ閲覧者に対して商品やサービスを紹介する方法が必要になりますので、バナーなどで自社Webサイトへ導きましょう。

趣味や趣向の要素が強い場合

取り扱っている商品や業種によっては、趣味・趣向の要素が強い場合があります。そのようなときは検索サイトよりも、SNS利用の方が多い場合も少なくありません。例えば、ゲームや自動車は趣味性が高いですが、教育機関や冠婚葬祭業の場合はちょっと違いますよね。

つまり、日常会話の話題に上がりやすいものであるかどうかがカギになります。得点を自慢しあったり、思い出話をしたりなど会話になりやすいものがSNS向きです。また、リアルタイムで情報を提供する必要があるものもSNSが向きやすいでしょう。例えば、タイムセールなどです。

したがって、趣味や趣向の要素が強い商品やリアルタイムでの情報提供が必要な業種で、SNSを活用した自社Webサイトへの誘導が非常に有効な場合が多いですよ。

ネットの利用が少ない場合

対象者がネットをあまり利用していない場合は、ネット上で対策しても集客に貢献できません。そこで、新聞・チラシなどの紙媒体、テレビ・ラジオなどの電波媒体といった従来メディアの広告や記事を活用しましょう。URLを載せるなどしてWebサイトに誘導するわけですね。

すると、「Webは使わなくてもよいのでは?」と思われる方もいらっしゃると思います。確かに、従来の媒体で完結できますが、ネットに誘導するとメリットがいくつかあります。それは、常に最新の情報を提供できる点と、アクセス記録が取れるところです。

最新の情報はユーザーにとって有益であるし、「新しい情報はWebでご確認ください」とすれば誘導するための理由になります。また、従来の媒体と連携したページを作れば、アクセスがあるとそれだけで効果を確認できますよね。つまり、本来は難しい広告の効果測定ができるわけです。

このように、ネット利用が少ない場合でもWebへの誘導は意味がありますので、従来の媒体と組み合わせて考えるようにしましょう。

専門性が強い場合や対象が明確な場合

専門性が強いときは、Webサイトへのアクセスが少ない場合があります。なぜなら、専門業者しか閲覧しないからです。そのような場合は、専門誌や業界新聞などを利用すると効果的です。記事や広告を載せて、そこで「詳しくはWebサイトをご覧ください」と誘導しましょう。

この場合も先ほどと同様にそれぞれの媒体で完結できますが、Webへ誘導することで最新情報を提供したり、効果測定をしたりできます。また、対象が明確な場合も専門誌が有効です。例えば、学生に対して学校をアピールするときは、進学雑誌が効果的です。

進学雑誌は学生と保護者(つまり狙っているターゲット)しか見ませんので、そこで学校をアピールし、Webサイトへ誘導するわけですね。こういった、やや特殊な集客を行う場合は、ネットからではなく専門誌や業界新聞からのアクセスの方が効率が良いでしょう。

まとめ:最初にお客さんの居場所を把握すること!

いかがでしたか?

Web集客は、自社サイトにアクセスを集めることが基本なので、SEO対策や広告などネット上の技術に注目が集まりがちです。それはもちろん大事なことですが、まずはアクセスルートに注目すべきです。なぜなら、ターゲットがいないところに向けて対策を行っても意味がないからです。

自分(自社)とお客さんの両方を理解していないと、どこに向けて情報を発信すればよいかが見えてきません。腹筋を鍛えようと思ってスクワットをやっても効果が薄いですよね。効果的な集客の施策は様々ありますが、それを生かすためにはアクセスルートの把握がとても重要なんです。

このように、「どこにお客さんがいるのか?」ということを意識して集客を考えましょう。繰り返しますが、決して集客方法から先に決めることだけはしないでください。お客さんの居場所に合ったやり方を目指していただければ幸いです。

以上、「Web集客で成功するために、知っておくべき7点とは?」と題して説明しました。

◎ホームページ集客でお悩みではありませんか?

  • ●問い合わせが少ない
  • ●アクセスが増えない
  • ●資料請求が少ない
  • ●売り上げが伸びない
  • ●何が問題なのかわからない

このようなお悩みのご相談を、ただ今に限り・無料にて受け付けております。

『ホームページ集客の無料相談』

※御社サイトを実際に拝見しますので、同時に簡易診断もいたします。

無料相談

こちらのページはもう読まれましたか?

ホームページ集客の最も重要なポイントが分かる必読ページです。まだお読みでない方は、ぜひ目を通してください(絶対オススメです!)。

ホームページ集客できない理由と対策を解説しました。成果があがらずお困りの方は必ず目を通してください。何をすべきか、外してはいけない極めて重要なポイントを、初心者の方にも分かりやすく説明しているからです。