《Web担当者を応援する、ホームページ集客の専門家のブログ。》

Web集客の方法、ポイントは9つある!

Web集客の方法、ポイントは9つある!

Web集客方法をご紹介しました。Webで集客したい方なら、どなたでもお役に立つ内容になっています。どんな方法があるのか、何に気を付けるべきか、知っておくべき重要ポイントを分かりやすく説明しているからです。

Web集客の方法、9つの重要ポイントとは?

Web集客の方法をこれからご紹介しますが、やるべきことは多数あります。しかし、すべてを実施するのは難しいですので、以下のように最も重要と思われる9つのポイントに分けました。

  1. Web集客の基本とは?
  2. Webマーケティングの重要性とは?
  3. Web集客にはどんな手法があるのか?
  4. Web集客の戦略とは?
  5. Web集客のコンテンツとは?
  6. Web集客ツールの注意点とは?
  7. Web集客に役立つ広告とは?
  8. B to B のWeb集客、注意点とは?
  9. Web集客セミナーは役に立つのか?

上記ポイントは、ユーザー(閲覧者)の理解が共通事項です。なぜなら、ユーザーの心理をよく理解してそれに合わせた対応をしないと、全く成果があがらないからです。Web集客は、型にはめただけで出来るようなものではないことを知っておいてください。

そこで、Web集客の方法について閲覧者の心理を中心に、詳しくご紹介しましょう。

Web集客の方法、9つのポイントを解説!

それでは、Web集客の方法を9つのポイントに分けて解説します。しっかり頭に入れましょう。

Web集客の基本とは?

まずは、Web集客の基本についてお話しします。最初にすべきなのがニーズの把握です。なぜニーズの把握が必要なのかというと、求めらていない情報を発信しても、誰も見てくれないからです。閲覧者がいないのでは、そもそも集客になりませんよね。

そのような点から、まずはニーズをしっかりと把握します。そして、把握した情報を基に戦略を練ると同時に、どんな手法が適切なのかを判断しなくてはいけません。したがって、知り得た手法を手当たり次第に実施しても、成果が出ないと言えるでしょう。

このように、Web集客では自分が伝えたいことをそのまま表現するのではなく、ニーズに沿って中身を作ることが基本です。ユーザー心理の把握は、サイトの運営方針を決める重要な基礎情報であることを知っておきましょう。

Webマーケティングの重要性とは?

Webマーケティングは、先ほど基本のところでご紹介した「ニーズ」を把握できるので、非常に重要です。具体的には、主に Google からキーワードを取得して、種類やボリュームを調べます。さらに細かく分析することで、ネットユーザーの興味やその傾向までもが読み取れます。

では、なぜ検索ワードを調べるのかというと、想像や推理ではなく、実績のある事実として情報を取得できるからです。「○○よりも、□□に関連した検索の方が多いようだ」といった具合に、予測とは違った結果になることも少なくありません。

他にも、Web集客手法の選択にも役立ちます。例えば、自社ビジネスに関連したワードを多数見つけることができれば、「検索エンジン対策が有効」であることが分かります。ところが、数が非常に少ない場合は、別のやり方が必要であることに気づけます。

このように、Webマーケティングを活用してユーザーの動向を把握すれば、正確なニーズだけでなくどの手法が最適なのかも分かるんですね。

参考 Webマーケティングサービスのご紹介。

ニーズが正確にわかるWebマーケティングの代行サービスです。ニーズ調査を低予算かつ短期間で行いたい方におすすめです。検索ワードを調べるので精度が高く、ターゲット属性や他社との差別化ポイントもわかりますよ。

Web集客にはどんな手法があるのか?

Web集客にはさまざまな手法がありますので、知っていただきたいものを以下にご紹介します。

  • 検索エンジン対策(SEO対策)
  • SNSによる情報発信
  • ブログの活用
  • オウンドメディア
  • 新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・チラシなどの従来メディア

一般的にWeb集客というと、検索で上位表示を狙うSEO対策を思い浮かべるかもしれませんが、上記のようにネット以外の方法も含めて、他にもいろいろあるんです。つまり、サイトへのアクセスルート(たどり着く道筋)に、さまざまな種類があるということなんですね。

「これ、全部対応しないとだめなの?」と思うかもしれませんが、そうではありません。業種や取り扱う商品、あるいはターゲットにする人物によって利用メディアに偏りが出るため、それに合わせることで効率よく集客が行えます。複数の手法を知る意味は、まさにこの点にあるんです。

適切なWeb集客の手法を選べば狙ったユーザーに出会えるので、成果が期待できます。ぜひ「どの手法が自社に適合するのか?」という視点で考えるようにしてください。

Web集客の戦略とは?

Web集客は、戦略をそれなりに練る必要があります。ここで言う戦略とは、どういった集客を行うのかを明確にすることです。具体的には、「誰がターゲットなのか?、ニーズは?、どんな商品を提供するのか?、どのようにWebサイトに展開するのか?」などです。

決して難しいことが要求されるのではなく、集客の方向性の明確化です。なぜなら、何の指針もないまま、やみ雲に手法を試しても成果が出ないからです。だから戦略が重要なんですが、どのような指針が必要なのかというと、把握したニーズに合わせたものです。

したがって、Webマーケティングを活用してニーズを把握し、そこからビジネスのやり方を考えて集客戦略を練ります。「ニーズの把握 ⇒ ビジネスのやり方を検討 ⇒ Webに展開」このような順序で進めると、集客はうまくいきますよ。

このように、ニーズに沿った戦略が練られれば、Web集客はかなり楽になるでしょう。

参考 こちらでWeb集客の戦略について詳しく説明しています。

Web集客の戦略、7つの超重要ポイントを説明しました。しっかりとした戦略を立てたい方に、役立つ内容です。誰でもできる立案手順を解説しただけでなく、閲覧者の心理に合わせることに重点を置いているからです。

Web集客のコンテンツとは?

Web集客においてコンテンツはとても重要です。この場合のコンテンツとは、発信する内容のことを指しますが、閲覧者の抱える「悩みや不安」の解消が必要です。なぜこのような中身にするのかというと、検索エンジン対策になるからです。

いわゆるSEO対策ということですが、 Google 対策として非常に有効です。なぜなら、「検索意図への合致度が高いページを上位表示する」と公式に明言しているからです。

さらに、もう一つ重要なポイントがあって、ホームページの閲覧は問題解決のために行います。つまり、閲覧者が望む答えを用意できると満足度が上がりますので、Webサイトを見終わった後に、問い合わせなどの行動(コンバージョン)にもつながります。

このように、問題解決ができるコンテンツを用意することで、SEO対策になるとともに閲覧者の満足度を上げることができるんですね。

Web集客ツールの注意点とは?

Web集客ツールは注意すべき点があります。ここで言うWeb集客ツールとは、SEO対策の部分を肩代わりして閲覧者を集めてくれる、ネット上の有料サービスを指します。では、何に注意すべきなのかというと、コンテンツは自分で作らなくてはいけない点です。

ほとんどのWeb集客ツールは、人集めまではできるものの、一番肝心な内容づくりまでは面倒を見てくれないんです。ところで、「コンテンツがそんなに大事なの?」と思われるかもしれません。確かに、集客ができれば目的を果たしているように思えますよね。

しかし、真の目的は「コンバージョン獲得」のはずです。どんなにたくさん人が集まっても、興味を持ってもらえなければ行動を起こしてもらえません。だから、Web集客ツールでは、ユーザーが満足する充実したコンテンツが重要なんです。

このように、Web集客ツールは人集めはできるので、コンバージョンの獲得に結び付くような充実したコンテンツを用意しましょう。

Web集客に役立つ広告とは?

Web集客では、広告の活用も検討してください。この場合の広告とはネットに出すもののことで、検索において特定のワードに紐づいて表示されるものを指します。つまり、ある程度ターゲットを絞り込んでいるとも言えるでしょう。

では、なぜネット広告はターゲットを絞り込むのかというと、効果を最大限引き出したいからです。確かに、いろんな検索で表示されれば宣伝になるかもしれませんが、何の興味もない人の目に入っても反応は期待できないですからね。

ところで、なぜ広告の活用も考えるのかというと、SEO対策だけでは不十分な場合があるからです。検索エンジンは不確定な要素が多く、必ずしも上位に表示されるわけではありません。つまり、一定のアクセスを保つためには、お金を掛けざるを得ないんです。

このように、広告は興味を持っているユーザーに対してリーチできる(届く)ので、SEO対策に比べて安定的に訪問者を確保しやすくなるんですね。

参考 ネット広告についてはこちらで詳しく説明しています。

ネット集客の広告、知っておきたい7点を説明します。読者対象は、ネット集客に広告を利用したい方です。広告の利用で失敗しないためには何をすべきか、基本的な知識だけでなく、戦略まで詳しく説明しています。

B to B のWeb集客、注意点とは?

B to B(Business to Business)の Web集客に関する注意点をお話しします。B to B とは、会社間の取引のことを指しますので、会社が会社に対して販売します。この際にポイントになるのが、特定の語句を強調することになるところでしょう。

なぜ特定の語句を強調するのかというと、相手はプロなので専門用語の方が伝わりやすいからです。業界用語と言っても良いでしょうが、玄人しか使わない言葉でWebサイトを作れば、検索で引っかかる確率が高くなるんですね。

例えば、パソコンであれば、動作が突然止まることを一般的にはフリーズと言いますが、専門的にはハングアップと言います。一般客を相手にする「B to C」の場合は、さまざまな語句を考えないといけませんが、B to Bの場合は専門的ですから、語句が決まっているんですね。

このように、B to Bに関しても検索者の意図を押さえれば、十分に集客力アップが可能であることがお分かり頂けると思います。

Web集客セミナーは役に立つのか?

ここまで、Web集客について様々なお話をしてきましたが、これらをセミナーで学ぶこともできるでしょう。もちろん、ここまで説明してきたユーザー心理に基づく集客方法を教えてもらえます。つまり、誰かに指導してもらうということなんですね。

ところで、なぜWeb集客セミナーなのかというと、「何をすればよいか分かったけれど、自分でやるには難しい…」とお感じの方が、少なくないのではないかと思うからです。もちろん、ご自身でできる方は良いんですが、そうでない方は大変だと思います。

Web集客セミナーは、東京・大阪・名古屋などの代表的な都市圏で割と頻繁に開かれていますが、地方では不定期に開かれている感じだと思います。都市圏に出かけて受講するのも手だし、ネットで調べるとオンラインの講座もありますので、それを受講するのも方法だと思いますよ。

セミナー受講の良い点は、ネットには無い、有用かつ最新の情報が手に入ることです。講師に対しての質問も可能ですから、効果的に学べます。しかし、自分が力を付けないといけないので、それなりの期間が必要です。おそらく、モノにするには1年以上はかかるでしょう。

したがって、ある程度時間をかけられる方はWeb集客セミナーを受講するのも手です。カリキュラムをすべて能動的に受ければ、閲覧者を理解できる力が身につくでしょう。

時間をかけられない方は、Web集客のコンサルタントや代行業者に依頼するのも、一つの方法だと思います。

まとめ:閲覧者(ユーザー)の理解がポイントです。

いかがでしたか? Web集客のやり方について、9つのポイントを紹介しました。

今回は、最初にWeb集客の基本をお伝えして、各種の方法(マーケティング、手法、戦略、コンテンツ、ツール、広告、B to B)をユーザーの理解という視点で説明しました。また、これらの知識を身につけるためには、セミナーへの参加なども検討に値するでしょう。

Web集客を実現させるために、さまざまなポイントをお話ししましたが、最も重要なことは閲覧者を理解することです。ほとんどの方は、自身の抱える問題の解決が望みですので、それができないのでは満足してもらえません。つまり、成果はあがらないでしょう。

このように、Web集客は方法だけを学ぶのではなく、ユーザーを理解することが最も重要な成功ポイントであることを、知っていただければ幸いです。

以上、「Web集客の方法、ポイントは9つある!」と題して説明しました。