⇒ サイト診断、受けてみませんか? 問題点に気づけますよ。

ネットで広告を出すときに、知っておきたい7点。

ネットで広告を出すときに、知っておきたい7点。

ネット広告を出すときに、知っておきたい7点を説明しました。ネットに広告を出そうか、検討している方に適しています。ネット広告で失敗しないために、何をすべきなのか、基本的な知識だけでなく戦略まで説明しているからです。

なぜネット広告は、正しく理解することが重要なのか?

あなたは、「これからは、ネット広告を出した方が効果があるんじゃないか?」と考えて、このページをご覧になっていると思います。確かに、ネットの利用者は増える一方なので、広告を出そうと考える方が増えるのは当然の流れでしょう。

しかし、ネット広告は安易に手を出してしまうと費用がかさんでしまい、赤字を招きかねません。つまり、ネット広告についてしっかりと理解し、正しい広告戦略を立てたうえで利用することが重要なんですね。そこで、ネット広告を正しく理解し、失敗しないためのポイントをご紹介します。

ネット広告を、正しく理解するためのポイント。

それでは、ネット広告を正しく理解するためのポイントをご紹介します。ポイントは7つあるので、しっかりと頭に入れて、成功に導いてください。

ネット広告の役割とは?

最初に、ネット広告の役割について考えましょう。一般的に広告は、商品の売り出しなど、何か知らせたいことがあって出しますよね。もちろん、ネット広告も同じような意味合いです。そして、広告で最も重要なところが、実際に行動してもらうところまで導くことです。

テレビ・ラジオ、新聞・雑誌などの広告では、それを見たり聞いたりした人が、ネットにアクセスしたり店頭に訪問したりすることで、販売につながります。しかし、ネット広告には、他の広告と決定的に違うところがあります。

それは、広告を直接クリックできるので、見てほしいページに誘導できるところです。つまりネット広告は、伝えたいことを単純に見せるだけでなく、クリックという行動をさせるところまでが、役割であると言えます。ようするに、見せたいページの入り口ということですね。

もちろん、単に情報を見せるだけというやり方もできるんですが、やはりネット広告はクリックせさせてナンボであると、考えるべきでしょう。これが、ネット広告の役割です。

どんな仕組みなのか?

続いて、ネット広告の仕組みについて見ていきましょう。まず、ネット広告はいくつかのタイプがあります。

  • 検索結果に表示するタイプ。
  • ホームページの広告枠に表示されるタイプ。
  • 広告枠を購入し、一定期間表示するタイプ。

検索結果に表示するタイプ。

検索結果に表示するタイプは、事前にキーワードを決めておき、そのキーワードが検索されたときに上部や下部の広告枠に表示されます。いわゆるリスティング広告と呼ばれるものです。別の言い方をすると、キーワードをお金で買うという感じですね。

つまり、表示したいキーワードを、自分で決めることができるということです。こちらの広告は、すべてを自分で設定することになりますので、慣れが必要だと思います。

ホームページの広告枠に表示されるタイプ。

ホームページの広告枠に表示されるタイプは、ブログなどでよく見かけます。いわゆるブロガーとかユーチューバーとか言われる人が、自分のサイトに広告を貼ることで収入を得ていますが、それがこのタイプです。なお、このタイプは、どこに表示するかを自分で決められません。

ホームページの内容に合わせて、自動的に選択されるようになっていますので、やや不確定な要素がある広告と言えます。こちらの広告も、すべてを自分で設定します。

広告枠を購入し、一定期間表示するタイプ。

広告枠を購入し一定期間表示するタイプは、新聞や雑誌のような広告形態なので、一番イメージしやすい広告だと思います。これは、ポータルサイトなどの決められた広告枠を、一定期間買い取って広告を表示します。したがって、こちらのタイプは先の2つとは趣が異なりますね。

広告を出す場合は、サイトの担当者と直接交渉することもあるでしょうが、一般的には広告代理店などを通じて、広告を出すことになると思います。

以上、タイプ別にザックリと3つに分けました。これらのうち、自分で設定するタイプの広告は、なかなか誰にも教われないと思いますので、もう少し詳しくお話しします。

広告の目的を明確にする。

ここまでの説明を踏まえて、目的を明確にしてください。なぜなら、目的に応じて広告戦略を考えなくてはいけないからです。細かくすると難しいので、ザックリと2つのポイントにしぼります。1つ目は、会社の知名度を上げるための、単純な広告という目的です。

この場合は、会社名と仕事内容や商品などをしっかりとアピールすることになるでしょう。これは、名前を覚えてもらうのが目的だから、当然と言えば当然ですね。2つ目は、広告を出すことが集客目的の場合です。一見すると、1つ目と似ている気がしますが、実は全く違います。

なぜなら、集客が目的の場合は、問題を解決するということをメインにしないと、うまくいかないからです。つまり、発生した問題の解決策を探している人に焦点を絞り、お客様を獲得するわけです。このように、広告戦略が大きく変わるので、目的を明確にすることはとても重要ですよ。

どんな広告を出せばよいのか?

どんな広告を出せばよいのか、内容について考えてみましょう。先ほど説明したように、知名度を上げるための広告なら、名前や商品名などを出せばそれでよいと思います。あとは、なるべく印象に残るような言葉があれば、十分でしょう。

しかし、集客が目的であれば、問題解決についてアピールしなければいけません。基本的にはキャッチコピーの作り方ということになると思います。ベースとなる構文は、「○○でお困りの方、□□なら解決できます。」ということになるでしょう。

問題を抱えた人に解決策を提供することで、集客するわけですから、このような形になります。もちろんベースなので、ここからいろいろと変化するでしょう。ただ、どのような形でも、「あなたが抱える問題の解決策は、ここにありますよ。」ということを伝えることが本質です。

どうやってキーワードを決めるのか?

意外と難しいのか、キーワードの決め方ではないでしょうか。なぜなら、キーワードの選び方で表示される範囲が決まってくるからです。例えば、地元でラーメン店をアピールしたいと思って、「ラーメン」というキーワードにしてしまうと、ラーメンという検索すべてで表示されます。

これだと日本全国になってしまうので、例えば、「○○県,ラーメン」のようなキーワードにしなくてはいけませんね。また、みそラーメンが売りならば「○○県,みそラーメン」のようなキーワードも必要かもしれません。

このように、どんなキーワードを選ぶかで対象者や地域が大きく変わってしまうので、キーワードは十分検討したうえで決めるようにしてください。

広告設定の注意点とは?

広告を設定するうえで、注意すべきポイントがあります。広告は、表示される地域を決められるんですが、これはIPアドレスから割り出しているようなので、必ずしも正確ではありません。なので、先ほどの説明のように、キーワードで絞ったほうが良いかもしれませんね。

また、広告は表示するだけなら無料ですが、クリックされると費用が発生するPPC(ペイ・パー・クリック)と呼ばれるやり方です。1クリック当たりの金額は自分で設定できますが、ライバルが多い場合はオークション形式になります。つまり、金額が高い広告だけが表示されるわけです。

もちろん、金額の設定に関して目安となる数字は調べられますが、あまりにも高額になる場合は、別のキーワードを選ぶなど対策が必要でしょう。

参考 ネット広告の費用について、こちらで詳しく説明しています。

ネット広告の費用について、知っておくべき問題点を説明しました。ネット広告を検討されている方や、広告が収益に結び付かづ苦労されている方に適しています。費用対効果を高くするために必要な対策について、説明しているからです。

ホームページへの誘導で、注意すべき点とは?

最初にお話ししましたが、ネット広告はクリックできるので、どんなページへ誘導するかがポイントです。知名度アップだけが目的であれば、単純に広告を出して、トップページへ誘導するというやり方でも大きな問題はないと思います。

しかし、集客が目的であれば、もっとうまいやり方をしなくてはいけないでしょう。具体的にどんなやり方というと、ランディングページへの誘導です。この場合のランディングページとは、お問い合わせやお申し込みを受け付けるための、専用ページのことです。

つまり、ネット広告から一発でランディングページに誘導するわけです。したがって、広告のキャッチコピーやランディングページの内容、何を集客商品に選ぶかなど、多岐にわたる要素を決めることになります。広告は、出せばそれでよいというわけではないんですね。

このように、ネット広告は非常に戦略的に行わなくてはいけないものであることを、知っていただきたいと思います。

まとめ:広告は、目的に応じて戦略を練ること!

いかがでしたか?

ネットで広告を出すときに、知っておきたい7点を説明しました。ネット広告の役割、どんな仕組みなのか、広告の目的を明確に、どんな広告を出す、どうやってキーワードを決めるのか、広告設定の注意点、ホームページへの誘導で注意すべき点、などのポイントがありました。

繰り返しになりますが、ネット広告は単に出すだけでなく、クリックさせてホームページへ誘導する点が重要です。したがって、キーワードの選定からランディングページの作り方までを、一連の流れで戦略的に考えなくてはいけないんです。

ネット広告だけを考えるのではなく、全体の流れを考えることが重要であることを、ご理解いただければ何よりです。

以上、「ネットで広告を出すときに、知っておきたい7点。」と題して説明しました。