《Web担当者を応援する、ホームページ集客の専門家のブログ。》

ネット集客の差別化、知っておきたい7つのポイント!

ネット集客の差別化、知っておきたい7つのポイント!

ネット集客差別化で、知っておきたい7つのポイントを説明します。読者対象は、ネット集客における差別化を知りたい方です。差別化のやり方だけでなく、どのようなビジネスに適するかもわかりやすく説明しています。

なぜ、ネット集客の差別化が重要なのか?

あなたは、「ネット集客の差別化はどうすればいいだろうか?」と疑問をもったために、このページをご覧のことと思います。確かに、差別化のやり方は分かりにくいかもしれませんね。しかし、分かりにくいからと言って、差別化しないわけにはいかないでしょう。

特に、ネット集客での差別化は重要です。なぜなら、ネットではさまざまな店舗や会社の情報が発信されていますので、どうしても比較されてしまうからです。人によっては、ブラウザのタブを複数出して見比べる場合もあるでしょう。それだけ、ネット集客での差別化は重要だと言えます。

そこで、ネット集客の差別化について、詳しく説明しましょう。

ネット集客の差別化、ポイントは7つある!

それでは、ネット集客の差別化についてポイントを説明します。ポイントは7つありますので、しっかり目を通してください。

差別化とは何か?

最初に、差別化についておさらいしておきましょう。差別化とは、自社と他社を比べたときに、自社の方が優位に立てる違いということが言えるでしょう。例えば、「他社よりも安い」とか、「他社よりも丈夫で長持ち」といったようなことです。

まれに違うという点だけに注目して、優位とは思えない部分を差別化してしまう方がいらっしゃいますが、それはまずいでしょう。例えば、「わかりにくい場所にあります」としてしまうと、お客さんは最初から遠のいてしまうでしょう。(もちろん表現のテクニックはありますよ。)

差別化とは、単なる違いではなく、あくまでも「他社に対して優位に立てる違い」である必要があります。また、優位とは「お客さんにとって有益である」ことが重要です。「他社に比べて大きな社屋です」というのは単なる自慢話ですよね。あくまでもお客さんを中心に考えてください。

このように、差別化を考えるときは『お客さんにとって利益となる他社との違い』という視点で考えるのが、重要なポイントです。

続いて、具体的な差別化ポイントを見ていきましょう。

商品の違いで差別化

商品の特徴や性能・機能などで差別化する方法です。オリジナル商品の場合、他社製品に比べて何が違うのか明確にしないと、選んでもらえません。つまり、選択基準がハッキリしないといけないわけですね。そこで、具体的な選択基準を示すわけです。

  • 低価格
  • 丈夫
  • 長持ち
  • 高性能
  • 多機能

例えば、上記のような点を差別化のポイントとして考えましょう。もし、数値化できるものであれば表やグラフで説明すると、より分かりやすくなるでしょう。他の商品にはない特徴があれば、それも差別化ポイントとして有効です。

このように、他社商品との違いを明確にしなくてはいけませんので、他社商品をしっかり研究する必要があると思いますよ。

サービスの違いで差別化

サービスの特徴や質、種類の多さで差別化する方法です。物を売っていない場合や、メーカーの商品を仕入れて販売している場合に、サービスの違いで差別化することになるでしょう。なお、サービスも商品の一種ですので、考え方としては先ほどの商品と似たようなものになると思います。

  • 無料サービス
  • 他社が提供していないサービス
  • メンテナンスサービス
  • 相談サービス
  • アフターサービス

例えば、上記のような点が差別化に使えると思います。特に、選ぶのが難しいとか、躊躇するようなものであれば、事前の相談サービスは重要です。また、契約・購入後にメンテナンスや修理などが必要なものであれば、事後のサービスが重要になるでしょう。

このように、サービスの場合でも他社を研究して、違いを明確にする必要があります。

保証の充実度で差別化

保証内容の充実度で差別化する方法です。これは、アフターサービスにやや近いかもしれませんが、様々なものを保証するわけですね。

  • 保証期間の長さ
  • 保証範囲の広さ
  • 価格保証

例えば、上記のようなものになると思います。よくあるのは、他社が1年保証なのに対して、自社は3年保証にするというものです。また、本体だけでなく付属品やオプションも保証対象にするなど、範囲を広げるというのも考えられますね。

もちろん無償で対応することもできるでしょうが、例えば価格の5%を掛け金として徴収するという方法もよくあるやり方です。無償よりむしろ信頼度が上がるかもしれませんね。さらに、「他店よりも金額が高かったら、差額を返金します」というのも見かけますね。

ただし、実際に問題が起こった場合に無償で対応することになるので、それなりの覚悟と準備が必要な差別化ポイントでしょう。

品揃えの充実度で差別化

品揃えの充実度で差別化する方法です。こちらは商品というよりも、企業の経営姿勢といった感じになると思いますが、もちろん差別化ポイントとして有効です。

  • 在庫量の多さ
  • 種類の豊富さ

上記のようなポイントになるでしょう。具体的には、大量の在庫があれば、大量発注に迅速に対応できます。つまり、大量発注でもお待たせすることなく即納できるわけですね。また、種類がたくさんあれば、普通は見かけない取り寄せになるような商品でも、すぐに見つけられます。

もちろん、両方を同時に実現できれば最高ですが在庫を持つのはリスクですので、どちらかの1点勝負ということになるでしょう。いずれにしても、お客さんにとっては待たなくてよい点は魅力ですから、差別化する際に重要なポイントです。

人柄の良さで差別化

人柄の良さで差別化する方法です。こちらは主に、小規模な企業や個人事業で有効です。事業規模が大きいと、それだけで安心感が生まれることが多いですが、小規模な事業ではそれはできません。そこで、人柄を押し出すことで差別化を図るわけですね。

  • 人当たりが良い
  • 優しい
  • 親切
  • 丁寧
  • 各種資格を所持

このようなポイントがあると思います。性格的な部分を押すこともできますし、資格や検定を証拠として、技術力の高さを押すという方法もあります。いずれの場合でも、大規模な業者では得られないような安心感を、感じてもらえるようにするわけです。

小規模ならではの良さで、大きな会社との違いを示すようにしましょう。

立地条件の良さで差別化

直接来店(来社)の場合は、立地条件の良さで差別化することも重要です。実際に現地へ足を運ぶというのは、お客さんにとって、実はかなりハードルが高い行為です。従業員は毎日通っているから感じないかもしれませんが、お客さんとしては心理的な負担が大きいんですね。

  • 交通の便が良い(駅やバス停の近く)
  • 駐車場が有る
  • 大型施設の近く

このようなポイントになるでしょうか。交通の便が良いとか、駐車場が完備されているといった状況は、現地に到達しやすいので、心理的な負担がずいぶん減ります。それだけでかなり有意な差になるでしょう。また、意外かもしれませんが、大型施設は重要です。

例えば、有名なショッピングセンターは目印として場所が分かりやすいですし、大型施設での用事のついでに寄ってもらうというような、行動パターンも作れます。大型施設の中に店舗がある場合は、さらに負担が減るでしょう。

このように、立地条件が良い場合は差別化ポイントとして非常に有効ですので、積極的に伝えるようにしましょう。

参考 立地が悪い場合は、それを逆手に取ることもできますよ。

立地の悪い店の集客について説明します。対象は、店舗の場所が悪くて売り上げが伸びずに苦労されている方です。集客のアイディアを紹介しただけでなく、逆境を発想の転換で乗り越えるやり方についても詳しく説明しています。

おまけ:Webサイトのデザインでは差別化できない?

ところで、Webサイトのデザインでは差別化できないんでしょうか? おそらく、それは非常に難しいと思います。なぜなら、デザインが他と違っていても、お客さんにとって利益があるわけではないからです。優れたデザインは、お客さんにとってどんな魅力があるでしょうか?

もし、デザインが差別化ポイントとして有効に働くとすれば、それはデザインが売り物の場合だけだと理解しましょう。サイトデザインが優れていれば、お客さんの心理としては、良いデザインを提供してくれそうだと感じやすいですからね。

まとめ

いかがでしたか? ネット集客の差別化、知っておきたい7つのポイントを説明しました。

今回ご説明したのは、差別化とは何か?、商品の違いで差別化、サービスの違いで差別化、保証の充実度で差別化、品揃えの充実度で差別化、人柄の良さで差別化、立地条件の良さで差別化、Webサイトのデザインでは差別化できない?、などのポイントでした。

差別化は、お客さんにとって利益となる違いでしたが、表現の仕方が良くないと魅力として伝わりません。なので、「何が違うのか?」、「他との差はどれくらいか?」、「お客さんにとってのメリットは?」という視点での説明が必要ですので、覚えておいてください。

また、差別化ポイントは、『お客さんが自社とライバルで迷った際の選択基準』です。つまり、迷っている心を後押しするものですので、重要であることは間違いありません。しかし、心の動きが関係するので、案外小さな違いで選択されることもあるような、難しいものでもあります。

その点も加味して、しっかりネット集客の差別化をしていただければ幸いです。

以上、「ネット集客の差別化、知っておきたい7つのポイント!」と題して説明しました。