《Web担当者を応援する、ホームページ集客の専門家のブログ。》

ネット集客の方法を、6種類ご紹介します。

ネット集客の方法を、6種類ご紹介します。

ネット集客方法を、6種類ご紹介します。読者対象は、ネット集客の方法や種類を具体的に知りたい方です。それぞれの方法がどんな時に効果的なのか、どんなことに注意すべきかなど、方法や種類について詳しく説明しています。

ネット集客の方法、最も集客できるのは?

「ネット集客の方法が知りたい」と考えたために、あなたはこのページをご覧になっているのだと思います。インターネットには様々な集客方法がありますので、重要な10種類のやり方にしぼって説明しますが、おそらく本当に知りたいのは、最も集客できる方法ではないでしょうか?

実は、「この方法が一番集客できる!」とは断言できないんです。なぜなら、それぞれの方法には向き・不向きがあって、「どれが自分のビジネスに向いているか」という点に着目する必要があるからです。つまり、しっかりと特徴を掴んで、最適な方法を見つけなくてはいけないんですね。

そこで、ネット集客の方法や種類と合わせて、それがどのような場合に集客しやすいのかも具体的に説明しますので、あなたのビジネスに最適な方法を見つけましょう。

ネット集客の方法、6種類をご紹介!

それではネット集客の方法として、6種類の特徴・適性を説明しますので、しっかり目を通してください。

目次

  1. ホームページ(Web)集客
  2. ブログ集客
  3. メールマガジン集客
  4. SNS集客
  5. 動画サービス集客
  6. ネット広告の利用

ホームページ(Web)集客

ホームページ(Web)集客とは、ホームページにSEO対策を施して、検索で上位表示を狙う集客のことを指します。なぜSEO対策を行うのかというと、検索で上位表示されなければ、アクセスを増やすことができないからです。つまり、ホームページ集客ではSEOが生命線と言えます。

では、なぜホームページ集客が重要なのかというと、ネットでは最も利用者が多いサービスだからです。利用者が多いということは、それだけパイが大きいので集客しやすいと言えます。しかし、考えることは皆同じなので、ライバルが多い集客方法とも言えるでしょう。

そのような意味もあって、SEO対策によってライバルよりも上位に表示されることが、必要であるともいえるわけです。また、ホームページは現在最も利用者が多いメディアですので、集客できる方法という点では、非常に重要だと言えるでしょう。

このような点から、ネット集客においては、最初にホームページ集客から取り掛かるのが集客しやすいのではないかと思われます。

参考 ホームページ集客は、こちらで詳しく説明しています。

ホームページ集客の方法で、知っておくべき5点を説明します。読者対象は、ホームページ集客の方法にどんな種類があるのか知りたい方です。集客方法だけでなく、どんなビジネスに最適なのか適性も説明しているからです。

ブログ集客

ブログ集客とは、ある特定のテーマの情報を提供することで、アクセスを稼ぐものです。なぜ特定のテーマに絞るのかというと、入門向けの簡単なものから上級者向けの込み入ったものまで、幅広く情報を提供できるからです。つまり、内容が濃くなるので閲覧者の興味を引きやすいんですね。

ところで、なぜブログ集客が重要なのかというと、潜在的に困っている方にアピールしやすいからです。インターネットの検索は、困りごとの解決策を探す行為ですので、ブログではその解決策を紹介します。すると、検索で見つけてもらえるので、アピールになるわけです。

例えば、ある方が自宅の外壁をペンキで塗ろうと思って、その際のポイントを調べているとします。ペンキ屋さんがブログでやり方の要点を紹介すると、その情報にアクセスが集まりますが、「素人では難しそうだ」と思った閲覧者が、業者に問い合わせるという流れが作れます。

こういった点からネット集客では、すぐ購入に至らない商品や、知っているようで実はよくわかっていない商品を売っているような業種の場合に、ブログを活用すると集客できるでしょう。ブログで商品についてしっかり説明することで、不安を払しょくするんですね。

ちなみに、日記ではなく上記のようなやり方をするブログを『オウンドメディア』と言いますので、ぜひ知っておいてください。

メールマガジン集客

メールマガジン集客とは、何らかの方法で登録されたメールアドレスに対して、定期または不定期で情報を送るものを指します。当然ですが、メールアドレスが分からなければ情報を発信することができませんので、メールアドレスを登録させるための施策が非常に重要です。

自社サイトでメールマガジンの登録を促したり、各種広告などでメールマガジンの紹介をするなどして工夫しましょう。最近はやや影をひそめてしまったメールマガジンですが、実は決して侮れない集客方法なんです。なぜなら、かなり確度が高い方法だからです。

それなりに興味がある方でないとメールマガジンの登録はしませんから、成約に至る確率が高いんですね。有益な情報をピンポイントで送れますので、しっかりした内容のメールを送れば、集客方法としてはかなり有力であると言えます。

こちらの方法も、すぐには売れない商品やある程度説明しないと理解しにくい商品に向きます。メールでしっかりと説明したり、有益な情報を提供したり、情報が書かれたホームページを紹介したりなどして、成約へと導いてください。

このような点から、ネット集客でお客さんに直接売り込みを掛けたいときに、メールマガジンを利用すると、集客できると考えられます。

SNS集客

SNS集客とは、以下に挙げたようなサービスで、共感が得られるような内容の情報を発信することを指します。

  • ツイッター(Twitter)
  • フェイスブック(Facebook)
  • ライン(LINE)
  • インスタグラム(Instagram)

なぜSNS集客では共感が重要なのかというと、日常的な会話が中心になるので、「自分のことを理解してもらいたい」という気持ちが強いからです。すると発信者は、読み手が「その通り!」と共感できる内容を発信する必要があります。

ところで、SNSで集客する理由とは何でしょうか? それは、情報を探している方が、必ずしも検索エンジンを利用するわけではないからです。SNS内で情報を探す方も少なくありませんので、さまざまなサービスを押さえておく必要があるわけです。

では、どんな場合にSNSで集客できるのかというと、趣味性の高い商品やサービスを提供している場合です。例えば、ゲームの得点を競ったり、攻略法を披露しあったりと、趣味に関する情報交換が中心になることが少なくありません。

したがってネット集客を行う場合、趣味性が高いものを扱っているビジネスであれば、SNSを使うことで効果的に集客できると言えるでしょう。

動画サービス集客

動画サービス集客とは、ユーチューブ(YouTube)などの動画サービスを使って、興味深いタイトルの付いた動画(もちろん、内容が興味深いことも重要です)を配信するものを指します。

なぜ動画サービス集客では、タイトルの付け方がポイントなのかというと、視聴者は興味のある動画を探しているからです。つまり、検索エンジンの利用の仕方に近いわけですね。すると、面白い内容の動画を作るだけでなく、興味を引くタイトルを付る必要があるわけです。

では、なぜ動画サービスを使って集客するのかというと、文字や写真では伝えきれないことが伝えられるからです。動きや音、あるいは作業工程など、動画だからこそ伝わるものがありますので、商品やサービスについて非常に詳しく説明できます。

分かりやすく詳しく説明できるので、視聴者の抱える不安を払しょくしやすいわけですね。不安がなくなればさらに興味がわき、問い合わせや購入といった行動に移りやすくなります。

したがってネット集客では、文章や写真だけでは伝わりにくいものが商品の場合に、動画サービスを使うと集客しやすいことがお分かり頂けると思います。

ネット広告集客

ネット広告集客とは、検索サイトで、検索結果に自社サイトのリンクを表示する方法を指します。その際にポイントとなるのが、検索ワードの選択です。なぜネット広告集客では、検索ワードの選択が重要なのかというと、ネット広告は検索ワードに関連付けるからです。

例えば、おすし屋さんがネット広告を利用する際に『すし屋』というワードの検索で、広告を表示するという感じです。もちろん、「○○市」とか「持ち帰り」といった検索ワードで、さらに絞り込むこともあるでしょう。いずれにしても、検索ワードが重要であることに変わりはありません。

では、なぜネット広告による集客が重要なのかというと、商品の購入に最も近いと思われる検索で、直接売り込みができるからです。例えば、「○○市 すし屋」という検索があれば、かなり有力です。この検索ワードで検索上位に食い込めれば、見つけてもらいやすくなります。

いわゆるSEO対策だと、あくまでも問題の解決策を提供する方法なので、狙った検索ワードで上位表示するのは簡単ではないんですね。そこで、広告を使って検索ユーザーに気付いてもらうわけです。

このような点から、検索で上位に食い込めれば集客が望めるのに、それが難しいという場合に非常に有効ではないでしょうか。また、ブログなどの広告枠にも表示されるので、少しでも興味を持っている方に対してアピールできる点からも、知っておくべき重要な方法です。

ネット集客において、ネット広告は直接的に費用が掛かる唯一の方法ですが、通常の情報発信で思うようにアピールできない場合に利用することで、集客できるんですね。

参考 ネット広告については、こちらで詳しく説明しています。

ネット集客の広告、知っておきたい7点を説明します。読者対象は、ネット集客に広告を利用したい方です。広告の利用で失敗しないためには何をすべきか、基本的な知識だけでなく、戦略まで詳しく説明しています。

まとめ:各ネット集客方法の適性を、理解してください。

いかがでしたか? ネット集客の方法を、6種類ご紹介しました。

今回ご紹介したのは、ホームページ(Web)集客、ブログ集客、メールマガジン集客、SNS集客、動画サービス集客、ネット広告の利用、などのネット集客方法でした。適するビジネスや状況も説明しましたので、ご理解いただけたのではないでしょうか。

ネット集客の方法を6種類に絞ってご紹介しましたが、今後も新たな集客方法が増えることも、十分考えられます。新しいものに飛びつくのも一つの方法ですが、重要なのは、その集客方法が適するビジネスを見つけることです。

先ほども説明しましたが、「どれが集客できる方法なのか?」というのは特定できません。集客方法によって向くもの向かないものがあるからです。したがって、『自社ビジネスとの相性』という視点を持って、冷静かつ論理的に分析して集客方法を選んでください。

ご紹介した集客方法は、ビジネスとうまくマッチしたときに初めて集客力を発揮します。何となく良さそうなものを選んでも、集客できないことを知っておいてください。自社ビジネスに適したネット集客方法を見つけて、効率よく集客していただければ幸いです。

以上、「ネット集客の方法を、6種類ご紹介します。」と題して説明しました。