《Web担当者を応援する、ホームページ集客の専門家のブログ。》

わかりやすいホームページ、超重要な7点とは?

わかりやすいホームページ、超重要な7点とは?

わかりやすいホームページについて、重要な7点を説明しました。読者対象は、ホームページをわかりやすくしたい方です。デザインのような見た目ではなく、実はもっと別なところに本質があることを詳しく解説しています。

なぜ、わかりやすいホームページは内容が重要なのか?

「わかりやすいホームページにしたい」という想いは永遠のテーマと呼べるでしょう。具体的に何をどうすれば良いのかというと、充実した内容を提供することが重要なんですが、多くの方がデザインから受ける影響の方が強いと思っているようです。

ですがよく考えてみてください。どんなに優れた外見でも、わかりにくいホームページは数多くあります。なぜなら、デザインは見やすさの改善であって、わかりやすさではないんです。したがって、どれだけ内容を充実させられるかが重要だと言えるでしょう。

私が以前作った専門学校のホームページは、ある高校の先生から「ものすごくわかりやすい!」と最高の評価をいただきました。しかし、デザインは今どきの雰囲気ではありませんでした。好評を得られた理由は、徹底して閲覧者の知りたい情報だけを提供していたからです。

そこで、わかりやすいホームページにするには、どのような内容づくりを行えばよいのか、重要なポイントをご紹介しましょう。

わかりやすいホームページ、ポイントは7つ!

それでは、わかりやすいホームページのポイントを説明します。項目は7点ありますので、しっかりと頭に入れてください。

基本:ユーザーが知りたい内容を伝える。

ユーザーが知りたい内容を伝えること、これが最も重要です。なぜなら、閲覧者が「わかりやすい」という感情を抱くのは、知りたい情報を入手できた時だからです。つまり、易しい言葉遣いで詳しく丁寧に説明しても、理解しやすいとは限らないと言えます。

閲覧者は興味がなければ、積極的に内容を理解しようとは思わないので、結果的にわかりにくいホームページに感じてしまいます。ようするに、ユーザーが知りたいことを伝えなければ、たとえ誰が読んでも理解できる中身だとしても、わかりにくいんですね。

もし、あなたのホームページがわかりにくいと言われたら、それはユーザーが知りたい内容ではない情報を書いてしまっているのかもしれません。「平易な言葉を使って、難しいことは書いてないんだけどなぁ。」と思うのであれば、かなり高い確率で中身がずれています。

したがって、「ユーザーが知りたいこととは何なのか」を最初に考えてください。そうすれば、確実にわかりやすいホームページになります。これが、すべての基本ですよ。

テクニック1:デザインはシンプルに。

デザインはできるだけシンプルにしてください。シンプルとは、ふつうの外見のことで、奇をてらったような特別なものではないということです。なぜ、飾らずあっさりが大事なのかというと、閲覧者が内容に目を向けるようにしたいからです。

冒頭で、「デザインではない」という趣旨の話をしているので矛盾しそうですが、ここでは悪影響が出ないようにする方法と考えてください。つまり、積極的に外観でわかりやすくするということではなく、本文をじゃましないように気を付けるということです。

変に明るい(派手)とか、いろいろな装飾があったりすると、読者の目がそちらに行ってしまって文章に集中できなくなるんです。注目されないのでは、どんなに内容が良くても何も伝わりません。デザインに凝ることで逆効果になるのでは、何の意味もありませんよね。

したがって、デザインはできるだけシンプルにして、文章を読むときの邪魔をしないようにするべきです。ちなみに、外観だけではほとんど何も訴求できないので、良くない内容をごまかすことは不可能に近いことを知っておいてください。

このように、シンプルなデザインが重要であることを知っていれば、わかりやすいホームページになるはずですよ。

テクニック2:行間に適度な広さを持たせる。

意外と重要なのが行間で、やや広くとって文章を書くようにしてください。間隔が詰まりすぎていると、非常に読みにくくなります。具体的に何ピクセルなのか問われると難しいんですが、「ちょっと広いかな?」と思うぐらいでちょうどいいんじゃないでしょうか。

また、段落の間も広めにとってください。少なくとも、見た瞬間に高さがあることを視認できるようにすべきでしょう。さらに、3行程度で改行するようにしてください。文章が長いと、ウンザリして読み飛ばしてしまいかねないからです。

ちなみに、文字もあまり小さいものにはしないでください。やはり読みにくいし、文章を見た瞬間に読む気がしなくなる恐れもありますから、意外と重要なポイントですよ。見た目という点では、おそらくデザインよりも行間の方が、よほど影響すると思います。

このように行間にも気を付けることで、わかりやすいホームページにできるでしょう。

テクニック3:箇条書きで要点をまとめる。

箇条書きでまとめることが重要です。なぜなら、いろいろ説明すると長い文章になりやすく、どうしても重要なポイントがぼんやりしてしまうからです。ただし、箇条書きでまとめるには、書き手自身が内容をよく理解している必要があります。

というのも、重要ポイントを絞れなくて、内容が薄くなってしまうからです。箇条書きとは長い文章を短く凝縮することでもあるので、やや高度な作業になるでしょう。苦手な方もいるかもしれないですが、そこは要点をまとめる力を身に付けるしかないと思います。

まとめ方をザックリ説明すると、絶対はずしてはいけない単語を残して、文章として成立するようにつなげればいいだけです。そして、体言止めのようにして語尾をスパッと切ってしまうんですね。こうすれば、まとまりのある箇条書きになると思いますよ。

このように箇条書きでうまくまとめると、わかりやすいホームページにできると思います。

テクニック4:文法は正しく結論をはっきりさせる。

文法は正しくして、結論をハッキリさせましょう。この場合の文法とは、どちらかというと『論法』に近いところを指しています。説明の仕方と言い換えてもいいと思いますが、どんなに有益な情報でも伝える順番がうまくないと、わかりにくくなるんです。

具体的な書き方ですが、最初に問題(議題)を述べることで説明内容をハッキリさせ、続いて答えとなる重要な事柄を述べます。そして、なぜその結論になるのか証拠や理由を示してから、これまでの発言をまとめます。こうすると、非常に理解しやすくなるんです。

ただし、これはかなり慣れが必要であるうえに、ある程度のテクニックも必要な部分です。文章を書く練習を繰り返すか、文才のある人に添削してもらうなどの対策が必要でしょう。文法は意外と見落としやすいので注意してくださいね。

このように、文法についても注意して書くことで、わかりやすいホームページになりますよ。

テクニック5:説明はしっかりと文章で行う。

説明はしっかりと文章で行いましょう。なぜなら、画像など様々なものを駆使しても、結局のところ文字でしかメッセージは伝わらないからです。このように言うと、時代とは逆行するように感じるかもしれませんね。最近は、画像で表現する場合が非常に多いですから。

近年増えているいのが、文章を極力減らしてマンガのようなタッチでキャラクターが説明するというパターンでしょう。確かにわかりやすくなるように感じますが、例えば難しい言葉をキャラクターがしゃべっても、実際には文章だけの場合と何も変わりませんよね。

画像だけに頼ってしまうと、本質的には何も変わっていないのに、なんとなくわかりやすい気がしてしまうんです。せめて、平易な言葉に置き換えるなどしてほしいと思います。また、頭に簡単に入ってくる情報は消えるのが早いので、瞬間的に記憶できても持続はしないんですよ。

したがって、文章を徹底的に見直して本当にわかりやすいのか検討しましょう。内容に関して詳しくない人に読んでもらうなどすると、理解しやすいかどうか判断がつきやすいと思います。「これはどういう意味?」と聞かれたら、説明が足りないということですからね。

内容を突き詰めた文章が出来たら、ようやくそこで画像を使った表現などを検討してください。すると、かなりわかりやすいホームページに仕上がりますよ。

テクニック6:適度に画像を使う。

適度に画像を使いましょう。先ほどの説明と矛盾するようですが、画像が一切なく文章だけのホームページは、読み続けるのがつらくなる可能性があるからです。これは、理解というよりは心理的な負担を減らすもので、先ほどの行間の話に近いでしょう。

具体的に一例を挙げてみましょう。最初に画像があって、それから本文が書かれているサイトが多いことに気づきませんか? これは『アイキャッチ』という、よく使われる手法です。絵のあとに文章が続くと、文字が読みやすくなるというある種の心理的作用が働くんです。

また、挿絵や写真については、説明を補足するために積極的に入れてください。ただし気を付けてほしいのが、画像ありきで説明してはいけない点です。「文章でこれ以上は説明できない」という限界まで説明してから挿入すれば、相当わかりやすくなりますよ。

もちろん、絵画や写真を説明するときなどは画像がメインですから、このやり方が絶対というわけではありません。臨機応変に対応しましょう。

ちょっとしたことではあるんですが、画像は役割を理解したうえで挿入すると、同じ文章でもよりわかりやすいホームページになる可能性があるんですね。

まとめ:わかりやすいとは、知りたい情報が見つかること。

いかがでしたか? わかりやすいホームページ、超重要な7点について説明しました。

今回の解説は、ユーザーが知りたい内容を伝えることの重要性から始まり、デザインはシンプルに、行間に適度な広さを持たせる、箇条書きで要点をまとめる、文法は正しく結論をはっきりさせる、説明はしっかりと文章で行う、適度に画像を使う、などのポイントがありました。

多くのサイト制作者が、デザインの良いホームページや、文章がうまいホームページをわかりやすいと思っています。しかし、それは必ずしも正しくありません。なぜなら、閲覧者は自分が知りたい情報をスムーズに見つけられた時に、「わかりやすい!」と感じるからです。

繰り返しになりますが、わかりやすいホームページは、閲覧者が知りたい情報を伝えています。そして、それができたうえで初めて、デザインやライティングテクニックが生きます。ぜひ、この点に注意して充実した内容に変え、成果をあげていただければ幸いです。

以上、「わかりやすいホームページ、超重要な7点とは?」と題して説明しました。