ホームページのサーバー選び、7つの超重要ポイント!

ホームページのサーバー選び、7つの超重要ポイント!

ホームページサーバー選びについて、7つの超重要ポイントを説明しました。どんなサーバーをレンタルするか、迷われている方に適した内容です。サーバー選択のポイントを、用途に合わせて詳しく説明しているからです。

なぜホームページのサーバー選びは、用途が重要なのか?

ホームページを公開するためには、サーバーを準備する必要があります。でも、どんなサーバーを用意すればよいのか、わからない方は多いはず。中には、「サーバーって何?」という方もいらっしゃるでしょう。そこで、最初にサーバーについて説明します。

サーバーは、ネットワーク上に存在していて、パソコンやスマートフォンなどからのアクセスを一手に引き受けるコンピューターで、情報やファイルを共有するのが目的です。各端末に分散させることなく一か所に集めているので、管理がしやすく、常に最新の情報やファイルを提供できます。

クライアントサーバー

このようなサーバーには多くの種類があって、

  • ファイルサーバー
  • データベースサーバー
  • Webサーバー
  • メールサーバー
  • DNSサーバー
  • プリンタサーバー

など、かなりたくさんの種類があります。このうち、ホームページ公開用のサーバーは、『Webサーバー』が該当します。つまり、誤って他のサーバーを用意(契約)してもホームページは公開できませんので、用途をよく理解することが非常に重要なんです。

そこで、どのようなWebサーバーをレンタルすればよいのか、あなたに最適なサーバーがわかるように説明していきましょう。

レンタルサーバーの選び方、7つのポイント。

それでは、ホームページ用のレンタルサーバーの選び方のポイントを説明します。(自分で準備することも可能ですが、常時運用するためには経費が大きくかかるのと、メンテナンスに知識と時間が必要になるので、まったくお勧めしません。)

1.レンタルサーバーは、大きく分けると2つある。

レンタルサーバーは、大きく分けると2種類あります。

VPS(バーチャル・プライベート・サーバー)

VPS(バーチャル・プライベート・サーバー)は簡単にいうと、何でもできるサーバーです。自分専用のサーバーをインフラ設備も含めてレンタルするので、好きなサーバーソフトをインストールし、好きなように使えるのが魅力です。

自分専用のサーバーを持ちたいけれど、費用や時間をかけられないという場合におすすめです。当然ですが、サーバーに関する高度な知識が必要ではあるものの、自分専用のWebサーバーを手に入れることができます。なお、サーバー関連をすべて1人で借りるので、費用はやや高めです。

共有サーバー

ホームページ公開用のスペースを貸してもらえるサービスで、一般的にはこちらが主流です。1台のサーバーを複数の契約者で共有しているので、多少の制限がありますが、HTMLやWordPressを使ってホームページを公開するために必要なことは、ほぼできるようになっています。

使い方が簡単で、費用も安いのが大きな魅力です(要するに割り勘ですね)。ホームページだけなら共有サーバーで十分なので、私のおすすめはこちらです。したがって、このページではこちらの共有サーバーについて説明していきます

2.共有サーバーをレンタルすると、何が使えるのか?

クラウド
続いて、共有サーバーをレンタルすると何が使えるのかを説明しましょう。レンタルすると貸してもらえるものは、次の通りです。(一般的に貸してもらえるものです。)

a.ディスクスペース

ファイルを保存するためのディスクスペースが、数十GBほど貸してもらえます。ホームページを公開するためには、HTML、CSS、画像ファイル、またはWordPressなどが必要になりますが、これらを保存するための十分な容量を貸してもらえるでしょう。

b.Webサーバー

ホームページを公開するためにはWebサーバーが必要です。ほとんどの共有サーバーではApacheと呼ばれるWebサーバーソフトが稼働しています。HTMLやWordPressにアクセスすると、ホームページとして表示してくれるのは、このサーバーが機能しているからです。

c.メールサーバー

サーバーをレンタルすると、メールサーバーも貸してもらえます。メールサーバーを借りると、数個から数千個のメールアドレスを発行(契約のプランによって異なる)できます。ようするに、フリーメールのアドレスではなく、自分専用のメールアドレスを取得できるわけですね。

d.ドメイン

ドメインは、URL の「example.com」の部分のことです。先に使われていなければ、好きなものを取得することができます。取得は必須ではないので、別料金になっているのが一般的です。サーバーの会社が用意しているものを利用すれば無料ですが、独自ドメインの取得がおすすめです。

費用は年間で 1,600円程度(ドメインにより価格が違います)からなので、高くはありません。仕事用で集客を念頭に置くなら、独自ドメインを取得すべきでしょう。覚えやすさという点と、メールアドレスにも含まれるという点があるからです。

e.CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)

CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)はほとんどの場合、WordPressを使うと思います。ほとんどのサーバーで使えると思います。ただし、プログラムの使用を認めることになるので、サーバーによっては制限があります。制限事項については事前確認をおすすめします。

3.初心者が選ぶ時のポイントは?

知識があまりない初心者がサーバーを選ぶ時のポイントは、サポート体制の手厚さです。電話やメールですぐ対応してくれると、何も知識がない人にとっては安心ですよね。また、サポートサイトの情報量や説明の優しさやうまさも、初心者向きかどうかの判断基準になるでしょう。

ただし、サポート体制が充実していると、どうしても費用は高くなります。やはり人件費は大きいですから、そこはやむを得ないでしょう。もし、よくわからないときは、一度管理会社に問い合わせてみてください。初心者に優しい会社なら、理解しやすい返答をしてくれると思いますよ。

したがって、初心者の場合はやや費用が高めでも、サポートの手厚さを重視したほうが、結果的に安心して使えるんじゃないでしょうか。

参考 こちらのサイトが参考になると思います。(注:外部サイト)

レンタルサーバーの比較サイトです。共用・VPS・クラウドを始め、webサイトやブログの用途に合わせて価格やディスク容量、WordPressなどのCMSの設置、SSL対応か…など、あらゆるサーバー環境を比較検索することが出来ますので、あなたに最適なサーバーがきっと見つかるハズです!

4.中級者以上が選ぶ時のポイントは?

ある程度知識がある中級者以上の方なら、サポートは多少悪くても自分で解決できるでしょう。そこで、選ぶ時のポイントとしては、費用の安さ・速度・信頼性になると思います。安くて速いサーバーはいくつかあるので、提供される機能などで好みのサーバーを見つけてください。

サポート体制の優先順位を下げると、コストパフォーマンスの良いサーバーを見つけられると思いますよ。ただし、費用面だけを重視するのは避けたほうが良いです。というのも、速度面で不利な場合があるからです。安いサーバーはサポートだけでなく速度も良くありません。

最低でも、ひと月あたり300円程度は必要なサーバーでなければ、かなり速度が遅いのではないでしょうか。ブログの広告で儲けたいときや、事業用のサーバーとしてレンタルするには、耐えられないかもしれません。

その点に注意して、コストパフォーマンスの良いサーバーを選んでください。

5.アクセス集中に対応できるサーバーを選ぶ。

人気サイトを目指すのであれば、アクセス集中に対応できるサーバーを選ぶのもポイントです。1か月あたり100万ページ以上みられるようなサイトのことなんですが、意外と重要ですよ。アクセスが集中すると、制限がかかってアクセス不能になったり、極端に遅くなってしまうからです。

これは、サーバーの仕様として公開されていますので、必ず確認してください。アクセス集中に対応できるということは、人間でいえば基礎体力がしっかりしているとも考えられますので、安定性の高いサーバーであるとも言えると思います。

どう考えても100万ページまでいくことが無さそうであれば、そんなに気にすることでもないと思います。ただ、サーバーの基礎体力という点では、参考にしていただけると思いますよ。

6.WordPress専用サーバーも選択肢の一つです。

速度が速いサーバーは閲覧が軽快なので、見ている人にストレスがかかりにくくなります。HTMLで表示している場合は影響が少ないんですが、WordPressを使うと途端に遅くなるサーバーがあるようです。そこで、WordPress専用チューニングを施したサーバーも選択肢の一つですよ。

というのも、一般的なサーバーは、WordPressが高速に動作するよう最適化されていない場合がほとんどだからです。あくまでも、動作を保証しているだけなんです。したがって、WordPressが高速動作することをウリにしているサーバーを選ぶのは、ポイントとして大きいでしょう。

なお、WordPress専用サーバーは十分な速度が期待できるようですが、使いたいサービスが提供されているかなど、条件が合うかどうか必ず確認してください。

7.オプションサービスにも注目しましょう。

意外と忘れがちなのがオプションサービスです。最近増えているのが、SSL証明書を無償提供してくれるサーバーです。暗号化通信のために必要なんですが、通常は別途費用を払って購入する必要があります。ただし、無償提供しているサーバーは基本の契約料が高額な場合があるようです。

費用が気になるようであれば、別料金なのか含まれているのかを計算して、どっちが得かよく調べたほうがいいと思います。その他のサービスとしては、サーバーのバックアップ機能もあると安心ですね。なぜなら、基本的にほとんどのサーバーは、バックアップしてくれないからです。

したがって、基本的には自分でバックアップを行うことになりますが、バックアップサービスが用意されていれば、予算が許す限り積極的な利用がおすすめです。特に、WordPressはバックアップを行いにくいので、オプションサービスは非常に重宝しますよ。

さらに、ホームページを公開するまでの作業を代行してくれる場合もあります。もちろん、コンテンツの作成は自分でやらなくてはいけませんが、公開までの作業に自信が無いときは、選択肢の一つとして考えても良いのではないでしょうか。

この他にも、業者によっていろんなサービスが提供されていますので、よく調べることをおすすめします。意外と、「このサービスが使えるからこのサーバーに決めた」ということがありますから。

まとめ:サーバー選びを失敗しないように、注意しましょう。

いかがでしたか?

ホームページのサーバー選びについて、説明しました。サーバーは大きく分けると2つ、サーバーは何が使える、初心者が選ぶ時のポイント、中級者以上が選ぶ時のポイント、アクセス集中に対応できるサーバー、WordPress専用サーバー、オプションサービス、などのポイントがありました。

特に初心者の場合は、サーバー選択を失敗しないように注意してください。なぜなら、いったんホームページを公開すると、サーバーの変更は簡単ではなく、後々まで尾を引いてしまう可能性があるからです。このような理由から、最初のサーバー選びがとても重要なんです。

なお、具体的なサーバー名はあえて出しませんでした。それぞれ人によって適切な選択があるのに、名前を出してしまうとそれに引きずられてしまう可能性がありますので、変に先入観を持つことがないように配慮させていただきました。このページが、サーバー選びのお役に立てば何よりです。

以上、「ホームページのサーバー選び、7つの超重要ポイント!」と題して説明しました。