プレミアムフライデー、販売に生かせる5つの戦略とは?

プレミアムフライデー、販売に生かせる5つの戦略とは?

プレミアムフライデー販売に生かす戦略について説明しました。プレミアムフライデーを販売に利用したいと考えている方に読んでいただきたい内容です。単なる内容の説明で終わることなく、何を売れば集客に結び付くのか、分かるように解説しました。

プレミアムフライデーの特性を理解する。

いよいよ政府主導でプレミアムフライデーが始まりましたね。始まったばかりなので、企業への浸透度はいまひとつな感じはありますが、それでも販売・サービス業の方はかなり注目しているんじゃないでしょうか? まずは、販売に生かすべくプレミアムフライデーの特性を理解しましょう。

まず、プレミアムフライデーは、最終金曜日の退社時間を午後3時に早めるというのが、実際に行われることです。定時退社できている人であれば、2時間ほど早くなるということですね。また、月末近くで給料日は過ぎていることから、懐具合も余裕があります。

つまり、平日に少し時間ができて、お財布にも余裕があるという状況であると考えられますね。

商品を売りやすくする戦略。

では、どんな商品であれば売りやすいんでしょうか? 少しでも分かりやすくするために、プレミアムフライデーの分析結果から、5つにパターン別けして戦略を考えていきましょう。

1.「平日に時間ができる」ところに注目。

プレミアムフライデーは、金曜日の午後に時間ができます。つまり、平日に時間ができるので、土・日ではできないことができるということになります。もっというと、『平日だからこそできること』に注目すべきです。例えば、商売ではないですが、役所へ行くのは平日しかできないですよね。

こんなふうに、平日でなければ不可能であるようなことを商品にできれば、非常に強く訴求できることになります。どうですか、ご自分の商品に平日でなければならないものはありますか? なければ、開発する必要があるかもしれませんね。

2.「金曜日の退社後が長くなる」ところに注目。

これまでも『花の金曜日』といって、翌日が休みだから金曜の夜は長めに過ごそうとする動きがありました。プレミアムフライデーの場合、金曜日の退社後が長くなるので、そのスタート時間を早めるということができますね。また、早く始めて早く終わるという考え方もできますよ。

つまり、金曜日の時間の使い方を変えることができるので、そこに合わせた商品を用意できるといいですね。例えば、居酒屋では早めに飲み会を始めるようなプランを実施しているところもあるようです。それ以外にも、これまで時間が足りなくて無理だったことが、可能になるとも考えられますね。

3.「金・土・日の連続になる」ところに注目。

プレミアムフライデーでは、事実上金曜日の午後から休みが始まるので、2.5日間の休みになると考えられますね。例えば宿泊業であれば、これまでなら土曜の午前中から日曜の夕方までの1泊2日だったものが、金曜の夜から日曜の夕方の、2泊3日にすることができるようになります。

金曜日単独で考えるのではなく、金・土・日の3日間を連続的に捉えるということで、少し期間の長い休みとして考えられますね。これも、宿泊に限らず、2日では足りないけれど3日あればできる商品があれば、訴求しやすいんじゃないでしょうか。

4.「お金に余裕がある」ところに注目。

ほとんどの会社は毎月25日に給料日を迎えます。プレミアムフライデーだと給料日前になることはなさそうなので、懐具合は潤沢です。したがって、普段より少し高い買い物が期待できます。そこで、文字通りプレミアムな商品を提供することで、単価を上げることが可能なんじゃないでしょうか。

もちろん、単純に値段を上げたのでは割高なので、そこは工夫して、あくまでも『プレミアム』であることを打ち出した商品にすべきでしょうね。

5.「政府主導」であることに注目。

プレミアムフライデーが政府主導であることに注目します。単純にいうと、「政府が率先してお金を使えと言っているんだからみなさん使ってくださいよ。」ということを暗に伝えるということです。つまり商品は何でもよく、お上の言うことなんだからみんなで従おうという雰囲気作りですね。

実は、これが一番効果があるかもしれませんね。どんな商品でも理由を付けて売れば、それなりになってしまうものですよ。人間は理由があると動くという心理作戦を使ったやり方です。

まとめ:流行に乗ることも必要です。

いかがでしたか?

流行に合わせる商売を嫌う方もいらっしゃると思います。もちろん、頼り切るのは厳禁です。外国人観光客による『爆買い』が沈静化した今、存亡の危機を迎えている企業があるのは事実ですからね。ですが、流行に乗ることで、あっという間に目標額を稼いでしまうことはよくある話です。

地道に売る商売はとても大事ですが、はやっていることに便乗して一気に売りぬくというのも、楽に短期間で稼ぐことができるという点で、とても大事です。趣味でやっている商売なら気にしなくてもいいかもしれないですが、稼ぐためにやっているのであれば、流行に乗る戦略も時には必要なんです。

プレミアムフライデーは始まったばかりなので、まだまだ普及度が低いですが、先手を打って対策しておくことはとても重要です。特に、インターネットでは先に公開すると検索で有利ですから、ネットで商売をされている方はぜひ検討してください。

以上、「プレミアムフライデー、販売に生かせる5つの戦略とは?」と題してお話ししました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、でしたら『集客の無料相談』を利用してみませんか? ホームページの問題点が分かるので、改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

集客の無料相談