プレミアムフライデーを販売に生かす、5つの戦略とは?

プレミアムフライデー、販売に生かせる5つの戦略とは?

プレミアムフライデー販売に生かす、5つの戦略について説明しました。プレミアムフライデーを販売に生かして、売り上げを増やしたい方に適した内容です。どのような戦略を採ればよいのか、具体的に説明しているからです。

なぜ、プレミアムフライデーが重要なのか?

あなたは、「プレミアムフライデーを販売に生かしたい。」そう思って、このページをご覧のことと思います。政府主導で始まったプレミアムフライデーですが、企業への浸透度はいまひとつな感じはありますね。それでも販売・サービス業の方はかなり注目しているんじゃないでしょうか?

ところで、なぜプレミアムフライデーが重要なのでしょうか? これは、お金と時間に余裕がある人が増えるからです。つまり、非常に商売のタイミングとして絶好のチャンスなんですね。そこで、商売に結び付くような戦略を、具体的に考えてみましょう。

プレミアムフライデーを、販売に生かすポイント。

それでは、プレミアムフライデーを販売に生かすポイントをご紹介しましょう。5つのパターンに別けて戦略を説明しましたので、ぜひ最後まで目を通してください。

プレミアムフライデーをおさらい。

まずは、プレミアムフライデーをおさらいしましょう。プレミアムフライデーは、毎月最終金曜日の退社時間を午後3時に早めるというのが、実際に行われることです。通常に比べて、2時間ほど早く退社することになるので、時間的に余裕ができるということになります。

また、最終金曜日はたいていの場合、給料日以降になるので金銭的にも余裕があります。つまり、平日に少し時間ができて、お財布にも余裕があるという状況を作っているわけです。こうすることで、少しでも経済を活性化するのが、政府のねらいであると言えるでしょう。

商売人の目から見ても、プレミアムフライデーを行っている会社の従業員は、お客様として非常に魅力があるというわけです。続いて、プレミアムフライデーを商売に利用する戦略をご紹介します。

1.「平日に時間ができる」ところに注目。

プレミアムフライデーは、金曜日の午後に早めに退社します。つまり、平日に自由な時間ができるので、土・日など休日ではやれないことが、できるということです。これを商売的な視点で考えてみると、『平日だからこそできること』に注目すべきです。

例えば、商売ではないですが、役所へ行くのは平日しかできないですよね。こんなふうに、平日でなければ不可能であるようなことを商品にできれば、非常に強く訴求できることになります。どうですか、ご自分の商品に平日でなければならないものはありますか?

なければ、平日だからこそ魅力のある商品を開発する必要があるでしょう。このように、平日に時間ができるところに注目してください。

2.「退社後の自由な時間が長くなる」ところに注目。

プレミアムフライデーの場合、金曜日の退社後の自由な時間が長くなるので、夜に行うことのスタート時間を早めることができますね。これまでも『花の金曜日』といって、翌日が休みだから金曜の夜は長めに過ごそうとする動きがありましたが、それの発展形と言ったところでしょうか。

つまり、金曜日の時間の使い方を変えることができるので、そこに合わせた商品を用意する必要があるでしょう。例えば、居酒屋では早めに飲み会を始めるようなプランを実施しているところもあるようです。また、早く始めて早く終わるという考え方もでてくるでしょう。

スタートを早くすることで、これまで時間が足りなくて無理だったことが、可能になるとも考えられますし、早く始めて早く終わることで帰宅を早くすることも可能です。このように、退社後の自由な時間が長くなるところに、注目するのも重要ですよ。

3.「金・土・日の連続になる」ところに注目。

プレミアムフライデーでは、事実上金曜日の午後から休みが始まるので、2.5日間の休みになると考えられますね。つまり、金・土・日の連休ということです。これが関係してくる業種で真っ先に思いつくのは、宿泊業ではないでしょうか。

これまでなら、土曜の午前中から日曜の夕方までの1泊2日だったものが、金曜の夜から日曜の夕方の、2泊3日にすることができるようになりますね。ようするに、金曜日単独で考えるのではなく、金・土・日の3日間を連続的に捉えることで、少し期間の長い休みとして考えられます。

したがって、金・土・日の連続になるという捉え方は、宿泊業に限らず2日では足りないけれど3日あれば成立する商品を用意することで、訴求しやすいんじゃないでしょうか。

4.「お金に余裕がある」ところに注目。

ほとんどの会社は毎月25日に給料日を迎えます。プレミアムフライデーだと給料日当日になることはあっても、前日になることはほとんどなさそうなので、懐具合は潤沢です。したがって、普段より少し高い買い物が期待できます。

そこで、文字通りプレミアムな商品を提供することで、単価を上げることが可能なんじゃないでしょうか。人間はどうしても金銭的に余裕ができると、余計な買い物やいつもより高いものを買ってしまう傾向にあるので、その心理を突くようなやり方です。

もちろん、単純に値段を上げたのでは割高になってしまいます。そこは工夫して、あくまでも『プレミアム』であることを打ち出した商品にすべきでしょうね。このように、お金に余裕があるところにも注目しましょう。

5.「政府主導」であることに注目。

プレミアムフライデーが政府主導であることに注目します。単純にいうと、「政府が率先してお金を使えと言っているんだからみなさん使ってくださいよ。」ということを暗に伝えるということです。つまり商品は何でもよく、お上の言うことなんだからみんなで従おうという雰囲気作りですね。

実は、これが一番効果があるかもしれませんね。どんな商品でも理由を付けて売れば、それなりに売れてしまうものですよ。人間は理由があると動く、という心理作戦を使ったやり方ですが、国がやっているという理由だから、心理的に逆らいにくいと考えられます。

したがって、政府主導であるところに注目して、それを利用するのも重要ですよ。

プレミアムフライデーは商売にしやすい。

あなたは、プレミアムフライデーが商売にしやすいことに気づいていますか? つまりタイミングが良く集客しやすいということです。例えば、バレンタインデーの数日前にはチョコレートが売れますよね。みんなが知っている大きなイベントなので、非常にわかりやすいタイミングなんです。

だから、あえてプレミアムフライデーを前面に押し出して、プロモーションするとよいでしょう。そのほうが受け手にとっても、「そうか、プレミアムフライデーだからなあ。」と理由が理解しやすいからです。何事も理由が大事ですからね。

このように、タイミングが合わせやすいイベントは、積極的に商売に結び付けることで、収益を上げやすいことを覚えておいてください。

まとめ:タイミングが合うと、楽して稼げます。

いかがでしたか?

プレミアムフライデーを販売に生かす、5つの戦略を説明しました。平日に時間ができる、退社後の自由な時間が長くなる、金・土・日の連続になる、お金に余裕がある、政府主導、と言ったポイントがありましたが、ご理解いただけたでしょうか。

繰り返しになりますが、タイミングを合わせるというのは、商売では非常に重要です。なぜなら、短期間のうちに、非常に大きく売り上げを伸ばすことができるからです。つまり、楽して稼げるというわけです。プレミアムフライデーなら、毎月タイミングが来るんですよ。

プレミアムフライデーは始まったばかりなので、まだまだ普及度が低いですが、先手を打って対策しておくことはとても重要です。ぜひ、タイミングを合わせるという考え方を実践していただければ、幸いです。

以上、「プレミアムフライデーを販売に生かす、5つの戦略とは?」と題してお話ししました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ集客の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ集客の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。