《Web担当者を応援する、ホームページアドバイザーのブログ。》

ホームページリニューアルの方法、知っておくべき7点。

ホームページリニューアルの方法、知っておくべき7点。

ホームページリニューアル方法を説明します。読者対象は、成果のあがるホームページリニューアルの方法が知りたい方です。集客力アップや問い合わせを増やす、ホームページのリニューアル方法を詳しく説明しています。

なぜ、ホームページリニューアルの方法が重要なのか?

あなたは、「ホームページリニューアルの方法が知りたい!」と考えたために、こちらのページをご覧になっていると思います。これから、ホームページリニューアルの方法について説明しますが、なぜホームページリニューアルの方法を知りたいのでしょうか?

それは、同じリニューアルなら、集客力アップや問い合わせを増やすなど、成果があがるようにしたいからではないでしょうか。でしたら、コンテンツのリニューアルが効果的です。デザインのような見た目を変えるリニューアルでは、成果が出ない場合がほとんどだと思います。

そこで、成果のあがりやすいホームページリニューアルの方法として、コンテンツのリニューアルを中心に説明しましょう。

ホームページリニューアルの方法、ポイントは7つ!

それでは、ホームページリニューアルの方法について、7つのポイントを説明します。

なぜ、コンテンツのリニューアルなのか?

なぜ、ホームページリニューアルの方法は、コンテンツ(内容)のリニューアルが重要なのかというと、ほとんどの方は内容にしか注目しないからです。つまり、閲覧者は知りたいことがあるから、デザインではなく内容に興味を持つんですね。

では、デザインはまったく関係ないのかというと、そうではありません。コンテンツを見やすくするための一つのやり方としては必要です。ただし、デザインはあくまでもコンテンツを補助するものであって、それだけで成果があがるものではないんですね。

確かに、デザインに目を向けてしまうのは、わからなくもないんです。ホームページはビジュアルなので、見えるところを直そうとするのはごく自然なことですからね。私も、ホームページの集客に悩んでいた頃は、見た目や技術的な部分ばかり追いかけていました。

しかし、ホームページ集客を勉強するにつれて、コンテンツという肝心なところにまったく目を向けていないことに気づいたんです。そして、中身を変えることで集客がうまくいきました。

リニューアルの種類 成否
コンテンツだけのリニューアル
コンテンツとデザインのリニューアル
デザインだけのリニューアル

いずれにしても、ホームページリニューアルで成果をあげるためには、デザインよりもコンテンツを改善しなくてはいけないということを知ってください。

コンテンツのリニューアルとは?

では、コンテンツのリニューアルとは何をすればいいんでしょうか? ポイントは、先ほども少し触れた閲覧者の知りたいことを発信する内容に変えることです。もう少し具体的に言うと、ホームページに求められるのは、閲覧者の抱える問題に対する解決策です。

つまり、閲覧者が持っていそうな問題を考えて、それに対する答えを書くことでコンテンツとするんです。ホームページ全体が、まるでQ&Aのようになっていると考えれば、一番分かりやすいのではないでしょうか。「閲覧者の疑問に答える」これがコンテンツリニューアルの基本です。

しかし、ホームページ全体を一気に変えるのは大変です。そこで、何からすればいいのか、優先順位を考えながらポイントを押さえて説明していきましょう。

ポイント1:閲覧者が何を望んでいるのかを考える。

最初に、閲覧者が何を望んでいるのかを考えましょう。これは、ニーズに合った情報を提供するということです。ニーズに合わない情報を発信しても、誰も見てくれないですからね。つまり、発信する情報をニーズに沿ったものにするということが、コンテンツリニューアルの要なんです。

例えば、単純な商品説明だけでよいのか検討しましょう。商品によっては、『使い方、メンテナンス方法、廃棄方法、付随する商品』などの紹介が必要です。食材であれば、『料理の仕方、必要な調理器具、健康面への影響、産地の様子』なども必要になると思います。

また、会社情報や販売者の情報が弱いのであれば、そこを強化する必要があるかもしれません。他にも、事例やお客様の声などが必要かもしれませんし、過去に受賞していれば掲載する必要があるかもしれません。マスコミに取り上げられたことがあれば、それが重要な場合もあります。

なお、思いつくものだけでは正確性に欠けますので、できれば検索ワードを調べて、みなさんが何を検索しているのかを分析すると良いでしょう。

このようにして、まずは必要とされている情報を検討します。

ニーズが正確にわかるWebマーケティングの代行サービスです。ニーズ調査を低予算かつ短期間で行いたい方におすすめです。検索ワードを調べるので精度が高く、ターゲット属性や他社との差別化ポイントもわかりますよ。

ポイント2:リニューアルの戦略を練る。

続いて、リニューアルの戦略を練ります。この場合の戦略とは、どこに問題があるのかを分析して、それに見合った対策を行うということです。なぜなら、やみ雲に対策しても、まず成果があがることはないからです。(腕に筋肉をつけようとして、腹筋運動しても意味が無いですよね。)

具体的には、集客力が弱いのであれば、強化のためにSEO対策を考えます。少なくとも、アクセスが1日に数十から100件程度では、ほとんどビジネスにならないと思います。せめて数百は欲しいです。つまり、SEO対策ページを何ページか追加することになるでしょう。

また、アクセスがそれなりにある場合は、内容の充実を図るようにします。つまり、発信している情報を見直して、問い合わせや販売につながるようにするわけです。実は、内容の充実を図ると、自然と集客力が高くなります。つまり、SEO対策になるわけですね。

もし、ある程度成果が出ていて、さらに向上させたいと考えているのであれば、リニューアルではなく各種のキャンペーンなどが効果的かもしれません。しかし、全く成果があがらない場合は、全面的にホームページリニューアルの必要性があると言えるでしょう。

したがって、コンテンツのリニューアルを行うことで、集客力アップと問い合わせ増加の両方をいっぺんに行える可能性が高いわけです。

アクセスを増やすだけであれば、ネット広告を出すのも一つの方法ですよ。

ご参考 戦略については、こちらが参考になります。

Web集客の戦略、7つの超重要ポイントを説明します。読者対象は、Web集客に必要な戦略の立て方を知りたい方です。戦略の立て方について説明しただけでなく、ユーザーを理解することが重要である点を詳しく説明しています。

ポイント3:リニューアルの必要性を検討する。

各ページに関してリニューアルの必要性を検討します。なぜなら、リニューアルにはそれなりの時間や費用が掛かるからです。つまり、コストがかかるわけですから、むやみやたらとリニューアルしたのでは、無駄でしかありません。そこで、全ページを再確認します。

  • 必要なページがそろっているか?
  • 情報の足りないページは?
  • 全面的に書き替えが必要なページは?
  • 書き換える必要が無いページは?

このような点を調べて、足りない部分だけを追加するようにします。もし、コンテンツを追加更新することで既存のページと整合性が取れない場合は、もちろん調整してください。こうすれば、必要最低限のリニューアルで済むと思います。

なお、どの程度手を入れるかは、サイトの状況次第だと思います。必要な情報がほとんど揃っていないようであれば、全面的に何ページも見直しが必要かもしれませんし、大部分の情報が揃っているのであれば、1ページ追加するだけかもしれません。

いずれにしても、最小限のリニューアルで済むように、多少面倒でも既存のホームページをしっかり見直して、リニューアルの必要性を検討しましょう。それが、結果的に作業量を減らすことになりますよ。

ポイント4:各種の素材を用意する。

コンテンツをリニューアルするにあたって、各種の素材を用意しましょう。素材とは、データや画像などのことを指します。例えば、何かの手順説明を追加することになったとしたら、以下のようなものが必要になるでしょう。

  • 手順を整理したメモ
  • 作業中の写真やイラスト
  • 手順を説明した図解
  • グラフや数値データ
  • マニュアルのPDFファイル(有れば)

もちろん、内容によって準備する素材は変わります。大事なことは、いかに分かりやすく説明するかです。素材を用意することが重要なのではなく、分かりやすく説明するために、素材が必要か不要かを考えるようにしてください。単なる作業ではうまい説明はできませんよ。

ポイントは、対象者の人物像をしっかりイメージして、受け手の知識レベルや気持ちを理解することです。入門者に専門用語を使ってもチンプンカンプンだし、上級者に初歩から説明すると、馬鹿にしているように思われるかもしれませんからね。

説明文の構想をまとめたメモは必ず必要ですが、写真や画像が不要な場合はあると思います。いずれにしても、「説明を分かりやすくするため」にやることですので、単なる作業で終わらないように気を付けてください。

ポイント5:ベネフィットを考える。

コンテンツリニューアルで考えてほしいのが、ベネフィットです。わからなければメリットと読み替えてもほぼ同じ意味ですが、必ず読み手にベネフィットがあるように説明するんです。なぜなら、閲覧者が一番知りたいはベネフィットだからです。

ベネフィットは、商品やサービスから得られる利益ですので、ここがしっかり打ち出されていないと興味を持ってもらえないんです。例えば、「この商品はとても軽いです」と説明しても分かりにくいですが、「この商品は持ち運びしやすいです」と説明すれば伝わりやすくなります。

単なる商品説明や手順の説明だけになってしまうと、商品やサービスを購入する理由がないんです。しかし、「○○だから、□□(ベネフィット)です」という説明のしかたをすると、閲覧者自身に利益があることが伝わるので、購入する理由が生まれます。

このように、ベネフィットを意識してコンテンツを作ってみてください。単なる説明文に比べて、はるかに閲覧者の反応が良くなると思いますよ。

まとめ:必要とされている情報を、しっかり見抜きましょう。

いかがでしたか? ホームページリニューアルの方法、知っておくべき7点を説明しました。

今回ご説明したのは、なぜコンテンツのリニューアルなのか?、コンテンツのリニューアルとは?、閲覧者が何を望んでいるのかを考える、リニューアルの戦略を練る、リニューアルの必要性を検討する、各種の素材を用意する、ベネフィットを考える、などのポイントでした。

ホームページのリニューアルで成果をあげるためには、コンテンツの充実が極めて重要です。なぜなら、閲覧者は内容しか見ていないからです。したがって、しっかりしたコンテンツを作ったうえで、それを見やすくするためにデザインの調整を行ってください。見た目ありきでは失敗しますよ。

そして、最も大事なことは、現在のホームページに不足している情報を見つけ出すことです。どんな情報が望まれていて、自サイトには何が足りないのか、しっかりと分析しましょう。まったく見当違いのリニューアルを繰り返しても、一向に改善しませんから。

閲覧者の期待を超える満足と、気付きのあるコンテンツを提供できれば、きっと成果のあがるホームページのリニューアルができますよ。

以上、「ホームページリニューアルの方法、知っておくべき7点。」と題してお話ししました。