なぜWeb集客コンサルタントが必要なのか?

なぜ集客のコンサルタントが必要なのか?

なぜWeb集客コンサルタントが必要なのか説明しました。コンサルタントが介入しないと集客できるホームページに仕上がらない理由が気になった方は、ぜひご覧ください。制作会社ではなく別のところに問題があることがよく分かりますよ。

業者によって得意分野が違うんです

ホームページでの集客は、制作会社に頼めば何とかしてくれるだろうと普通は思いますよね。ところが、現実はそううまくはいきません。制作会社に作ってもらったホームページではなかなか思うように集客できないんです。専門家が作ったはずなのになんでうまくいかないんでしょうか?

ホームページ制作会社の仕事とは?

まず、ホームページ制作会社の仕事について考えてみましょう。簡単にいうと、制作会社がやっている仕事は、ホームページのデザインとコーディングです。依頼主と相談して、どんなデザインにするかを決めて、それにしたがって HTML や CSS のコーディングを行います。

つまり、指示されたとおりにホームページを作ることが仕事です。何か意見するとしても、「過去、このようなデザインを希望されたお客さんがいらっしゃいましたよ」みたいに経験からの話になるでしょう。でも、言われたとおりのサイトを作れるので、技術力はかなり高いと考えられますね。

Web集客コンサルタントの仕事とは?

続いて、Web集客コンサルタントの仕事について考えてみます。コンサルタントは、インターネット上での情報の表現方法を考えます。具体的には、依頼者がターゲットにしているお客様を分析して、必要とされている情報を作り上げていきます。つまり、ホームページで発信すべき内容を考えるんですね。

このことから、コンサルタントは「インターネット上での商売のやり方を考える」ことが仕事であるともいえます。なので、Webの専門家というよりも商売の専門家と言ってもよいかもしれないですね。そのため、情報の受け手が納得するような、表現に関する技術力がとても高いんです。

それぞれ得意な分野がある

簡単に説明しましたが、両者に大きな違いがあることがお分かりいただけるでしょうか?

制作会社はホームページ(デザイン)を作るプロですが、そこで表現する内容については平凡なものになります。なぜなら、依頼内容通りに作るだけなので、差し障りの無い、ありふれた内容にならざるを得ないんですよ。つまり、内容を作る技術はあまり必要ない仕事と言えるんじゃないでしょうか。

一方、コンサルタントは内容づくりのプロなので、読み手を引き付ける高度な表現ができますが、デザインなどは凝ったものではなく割と平凡なものになります。外見は内容を読みやすくすることを第一に考えるんですね。つまり、デザインやコーディングの技術はほどほどでよいことになります。

このように、それぞれの業者には得意な分野があるということを理解してほしいんですよ。

飲食店の開業で考えてみる

ちょっと話がぼんやりとしか見えない方もいらっしゃると思うので、飲食店を開業する場合で考えてみましょう。まず、飲食店を開くためには店舗が必要ですよね。そこで、自宅か新しい物件を見つけて店舗に合うようにリフォームします。このとき仕事を担当するのが、工務店や建築士ですね。

工務店は建築士の設計通りに、複雑なデザインや間取りも高度な技術で実現し、見事に店舗を作ります。ところが、建築に関わった業者は飲食店の経営ノウハウまでは教えてくれないですよね。建築業者は、飲食店に必要な設備は分かっても、さすがに繁盛させる方法までは分からないですから。

さて、これらを関係するものと置き換えてみます。工務店が制作会社、建築士がWebディレクター、店舗がホームページに相当すると考えてください。こういわれると少しピンときませんか? つまり、制作会社はホームページを作れても、集客までは分からないんですよ。

やはり、それぞれに得意分野があるので、一言でいえば「餅は餅屋」ということが間違いなく当てはまります。飲食店開業の例の通り、業者は担当できる範囲が決まっていて、特に集客に関しては人の心を扱うものなので、専門家でないと成果が出せないのは紛れもない事実なんです。

業者の特徴を生かしましょう

今までの話からお分かりいただけたと思いますが、デザインに強いのが制作会社で、内容に強いのがコンサルタントです。つまり具体的にいうと...

ホームページ制作会社が適するパターン

  • 集客に関しては十分知識があるけれど、Webの知識がない。
  • スタイリッシュなデザインを考えてほしい。
  • 通信販売用のカートシステムを作ってほしい。

Web集客コンサルタントが適するパターン

  • 集客についてよく分からないので、一から作ってほしい。
  • 制作会社に依頼したが集客できていないので、アドバイスが欲しい。
  • ホームページは自分で作るので、集客の部分を教えてほしい。

このようなパターンに分けられるんじゃないでしょうか。

ちなみに、集客で少しでもコストを削減したい場合は、「外見は無料や低価格のテンプレートを利用して内容の制作をコンサルタントに依頼する」というのが良いと思います。また、どうしても納得できるデザインが見つからないときに、デザインだけを制作会社に依頼する方法もありますよ。

このように、あなたの集客に関する知識レベルをご自身で把握して、業者の特徴を生かした依頼をしてください。それが集客を成功させる秘訣ですよ。

正しい選択をするために

いかがでしたか?

ホームページ制作会社とWeb集客コンサルタントの得意分野の違いを説明しましたので、集客コンサルタントの必要性がお分かりいただけたと思います。単にWeb制作だけを求めるなら制作会社へ、集客を求めるならコンサルタントへ依頼することで、うまく使い分けていただきたいと思います。

私はWeb集客コンサルタントですので、ホームページに集客を求めるなら、ぜひ当サイトでご依頼いただければと思います。あなたの望んでいる、集客できるサイトを手に入れられますから。

以上、「なぜ集客のコンサルタントが必要なのか?」と題してお話ししました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ集客の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ集客の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。