Webコンサルタントに依頼、どんなメリットがある?

Webコンサルタントに依頼、どんなメリットがある?

Webコンサルタント依頼するメリットを説明します。読者対象は、ホームページ集客を専門家に依頼しようとしている方です。Webコンサルタントに依頼することに、どのようなメリットや意味があるのかをわかりやすく説明しています。

なぜWebコンサルタントに依頼することが重要なのか?

ホームページの集客力を高めたいとか、問い合わせを増やしたいというときに、Webコンサルタントに依頼することを考える方は少なくないでしょう。もちろん、ホームページ作成のセンスに長けた方ならコンサルタントは不要だと思います。

しかし、そうでない方にはWebコンサルタントが不可欠です。なぜなら、当事者では気づけないことを第三者の視点で教えてもらえるからです。つまり、Webコンサルタントの力を借りれば、当事者でありながらも、客観視するための手助けが得られると言えます。

そこで、Webコンサルタントに依頼することで何に気づけるのか、詳しく説明します。

Webコンサルタントから得られる気づきとは?

それでは、Webコンサルタントに依頼するメリットとして、何に気づけるのかを説明しましょう。

そもそも、なぜWebコンサルタントに依頼するのか?

なぜ、ホームページ制作会社ではなくWebコンサルタントに依頼するのでしょうか? ホームページを作るだけなら誰でもできそうだし、制作会社の方がデザインが良さそうです。ところが、そこが問題なのです。集客はデザインではないからです。

ホームページの制作会社は、限りなく大工さんに近い存在です。例えば、料理屋さんをやろうと思って店舗を作ったとします。その時、店舗を建築してくれた大工さんに「どうやったらお客さんがたくさん来ますか?」と聞くでしょうか? そんなことはしませんよね。

なぜなら、大工さんは建築のプロであって経営のプロではありません。つまり、ホームページ制作会社はホームページを作る技術やデザインには長けていても、ホームページで集客したり問い合わせを増やすようなやり方はよくわかっていないと言えます。

だからこそ、経営には経営コンサルタントの助言が必要なように、ホームページにはWebコンサルタントの助言が必要なのです。まず、この点に気づいてください。

一部の制作会社はWebコンサルタントのような力を持っていますが、その数は極めて少ないと言えます。

※ こちらで詳しく説明しています。

WebコンサルタントとHP制作会社の違いを説明します。読者対象は、Webコンサルタントとホームページ制作会社の違いを知りたい方です。両者の違いについてわかりやすく説明しましたので、迷った時の判断基準にしていただけます。

ホームページの問い合わせが少ない原因がわかる

Webコンサルタントへ依頼するうえで最も重要なことは、ホームページの問い合わせが少ない原因を把握できることでしょう。多くの方が、問い合わせを増やすためにあらゆる施策を行いますが、そのほとんどが当てずっぽうです。つまり、原因に対する対策ではないのです。

例えば、ニーズに合わない商品を扱っていることが原因なのに、一生懸命デザインを変えても意味がありませんよね。この場合の対策は、お客様がほしいと思うニーズに沿った商品を扱うことです。もちろん、デザインが問題であればデザインを修正します。

大事なことは、問い合わせが増えない原因を究明して、それに見合った対策を行うことです。それ自体はそんなに難しいことではありません。ただ、何が難しいのかというと、当事者本人では原因に気づきにくいところです。

だから、Webコンサルタントの「第三者の目線」で診断してもらうことで、問い合わせが増えない原因を把握して有効な対策を施すのです。

ネットに合った商売のやり方がわかる

コンサルティングによって、ネットに合った商売のやり方がわかるのも重要でしょう。商売上手な方の場合、実店舗だけでなくネット上でもうまくやる方がいらっしゃいますが、それは一部の方だけです。なぜなら、実店舗での商売をそのままネット上で行っても、うまくいかないからです。

確かに、そのままネットで商売してもうまくいく場合もあります。基本的にはそれでよいのですが、ネット特有のやり方もある程度知っておく必要があるのです。特に決定的に違うのが、店舗ではお客様とコミュニケーションが取れるのに、ネットではそれができない点です。

すると、「見てるだけ」のお客様なのか「買う気満々」のお客様なのか区別が難しくなります。区別が出来なければ、売り込みがかけられません。しかし、それをWebコンサルタントはしっかりと見極めますので、お客様の心理状態に適したページや文言を準備して売り込めるのです。

このように、ネットに合った商売のやり方がわかるという点でも、Webコンサルタントに依頼するメリットは大きいと言えるでしょう。

ホームページにおける文章の表現方法がわかる

Webコンサルタントが介在すると、ホームページにおける文章の表現方法がわかります。先ほどから内容が重要であることをお伝えしていますが、具体的には文章を書くことになります。特別難しいことをするわけではありませんが、それなりのテクニックというかコツがあるんです。

例えば、結論が先に来るように説明するとか、よりコミュニケーションが取れるように共感が得られるような書き方をするといったことが要求されます。あるいは、物語性があるように書くといったこともテクニックの一つです。

これらはいずれも、理解しやすくして本来伝えたいことを伝えやすくする効果があります。なぜここまで表現にこだわるのかというと、文章や会話は、9割がた表現の仕方で伝わるか否かが決まるからです。したがって、本質的な意味は同じでも表現の仕方がとても重要なのです。

このように、Webコンサルタントが介在することで文章の表現方法がわかり、ちょっとした表現の違いで問い合わせが増えることが感じられるでしょう。

ホームページ集客を学ぶ手間や時間が省ける

Webコンサルタントに依頼すると、ホームページ集客を学ぶ手間や時間が省けるという点も大きなメリットです。なぜなら、自分でコンサルティングするにはかなりの時間をかけて、知識や技術を習得しなくてはいけないからです。

自分でコンサルティングするためには、どうしても書籍を読んだりセミナーに参加したりして、自身の技量を高めないといけません。おそらく、本気で力をつけたいなら20万円程度のセミナーに参加しなくてはいけないでしょう。

もちろんそれなりの力が付きますが、よほど適性のある人でない限り、2年以上の修業期間が必要になると思われます。それだけの期間を待てるのなら問題ありませんが、「今すぐ何とかしないと会社存亡の危機だ!」なんて状態では待ってられませんよね。

すると、時間短縮のためにはWebコンサルタントの力を借りたほうが、間違いなくすぐに効果が期待できると思います。

まとめ:Webコンサルタントは、「第三者の目」です。

いかがでしたか?

Webコンサルタントに依頼するメリットを説明しました。なぜWebコンサルタントに依頼する、ホームページの問い合わせが少ない原因がわかる、ネットに合った商売のやり方がわかる、ホームページにおける文章の表現方法がわかる、ホームページ集客を学ぶ手間や時間が省ける、などのポイントがありました。

ホームページ制作は、制作会社に依頼するのが基本ではありますが、それはあくまでもホームページを作るだけです。集客力があるとか、問い合わせが多いといった成果を求める時には、Webコンサルタントに依頼しなくてはいけません。制作会社では、商売のことまではわからないからです。

また、当事者本人では気づけないことがたくさんあります。Webコンサルタントに依頼すると、第三者の目で見ることになるので、たくさんの気づきがあるのも間違いありません。あなたに合ったコンサルタントを見つけていただき、成果をあげていただければ何よりです。

以上、「Webコンサルタントに依頼、どんなメリットがある?」と題して解説しました。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。当方はWebコンサルタントですので、ホームページ作成の様々なお悩みにアドバイスさせていただいております。

  • ホームページの集客力が弱いのですが、どうすればいいですか?
  • ホームページの問い合わせが少ないのですが、何が原因でしょうか?
  • ホームページの文章やキャッチコピーの作り方がわからなくて困っています。

このようなお困りごとがおありでしたら、当方にご相談ください。(ご相談は無料です)

お問い合わせ

※フォームにご相談内容を入力いただくだけでOK!

サイト診断