ホームページのデザインで、知っておくべき5点。

ホームページの集客できるデザインとは?

ホームページデザインで、知っておくべき5点を説明しました。ホームページのデザインに悩んでいる方に適しています。ホームページにおけるデザインの重要ポイントだけでなく、集客への影響も説明しているからです。

ホームページのデザインを、知る意味とは?

あなたは、「ホームページは、どんなデザインが良いのだろうか?」と考えて、このページをご覧になっていると思います。ホームページはビジュアル面が非常に強いので、デザインが気になるのは当然だと思います。とこで、なぜデザインが気になるんでしょうか?

それは、デザインによって集客力が大きく変化すると、考えているからではないでしょうか。確かに影響はあるんですが、それは非常に小さいものです。つまり、ホームページではデザインではなく、中身の充実が最も重要です。

したがって、デザインで集客力を上げるのではなく、充実した中身をデザインでより引き立てるという感覚なんです。デザインを知ることは、中身の重要性を知る意味でもあるんですね。そこで、集客において、デザインはどのように考えたらよいのか、ポイントをお話ししましょう。

ホームページのデザインで、知っておくべきポイント。

それでは、ホームページのデザインで、知っておくべきポイントを説明します。ポイントは5つありますので、しっかり頭に入れてください。

ホームページのデザインとは?

まず、ホームページのデザインとは何か、考えてみましょう。集客を意識したホームページは、普通のホームページとは考え方が違います。つまり、集客力を上げることができるようなデザインであると言えます。しかし、デザインが与える影響は、決して大きくありません。

集客ホームページのデザインを具体的に表現すると、奇をてらうことのない平凡なデザインが多いと言えます。これは、中身を重視して、デザインが邪魔をしないようにしているんです。こうすれば、内容の良さを十分に引き出せますからね。

また、中途半端に変わったデザインや新しい形にしてしまうと、操作方法が一目ではわかりません。訪問者は一目でわからないと、「なんだこのサイトは、どこをクリック(タップ)したらページが出るんだ?」なんてことになります。

このように、集客ホームページのデザインは、ごくごく平凡でシンプルなものが多いです。続いて具体的なポイントを見ていきましょう。

色合いや配色はどうする?

色合いや配色はどうすればよいのでしょうか? これは、それなりに考えなくてはいけないと思います。なぜなら、デザインで集客力をアップできる可能性があるのは、色だからです。したがって、色については、研究してこだわっても無駄にはなりません。

具体的な考え方ですが、色にはなんとなくイメージがあるので、業種に合わせて色合いを考える必要があるでしょう。例えば、銀行は緑色が多いとか、医療関係なら青色が多いとかあるんです。要するに、信頼とか安心とか、色から感じるものがあるらしいんです。

全体的なトーンとして、色合いを業種ごとに考えるとよいかもしれないですね。ネットで検索すると結構いろいろと出てくるので、興味がある方は調べてみてください。そして、自分のサイトに適切な色を見つけ出してください。

レイアウトはどう考える?

レイアウトはどう考えたらよいのでしょうか? レイアウトとは、メニューの位置、本文の位置、画像の位置など、配置のことを指しますが、どの位置に置くのが良いかはケースバイケースです。なぜなら、サイトの使われ方に大きく影響するからです。

それでも、あえて言うなら、平凡なものがベストです。とにかく、使いにくくなってしまうものは避けてください。使いにくいと感じた瞬間にお客さんは去ってしまいますから。デザインを追求しすぎると、どうしても使いにくいレイアウトになってしまいがちです。

いわゆる、カッコいいスタイリッシュなデザイン程度ならよいかもしれないですが、それでも「一目見て操作がわからない」ものは避けるべきです。つまり、レイアウトは、見慣れた使いやすいものが一番であるということなんです。

装飾は必要か?

装飾は必要でしょうか? 装飾も派手なものは避けるべきでしょう。派手な装飾をしてしまうと、そちらに目が行ってしまうので、伝えたいことを見てもらえない可能性があります。ようするに、気が散ってしまって、内容に集中できないんです。

見てもらうために派手にして、結果的に何も見てもらえなかったとしたら、まったくもって本末転倒ですからね。内容が、文章であれ画像であれ、見てもらいたいものに集中できないのであれば、下手に装飾するべきではないでしょう。

とにかく、華美ではない装飾を抑えたデザインにする方が、邪魔をしないので効果的でしょう。

デザインで大事にすべきこととは?

結局、デザインで大事にすべきこととは何でしょうか? デザインで大事にすべきなのは、いかに中身を伝えるかです。どんなにすばらしい内容を用意しても、それを伝えることが出来なければ、意味がありません。つまり、集客ホームページのデザインは、伝えることを最優先にすべきです。

もっと言えば、「文章でしっかり説明しなくてはいけないから、シンプルが一番だ。」という場合がある一方で、「感覚的に買う人が多いから、デザインは画像中心でやや派手にしよう。」という場合もあります。結局のところ、ホームページの内容で、デザインは決まるんですね。

ところで、デザインで集客しようとしている方が多いんですが、実際にはほとんど不可能に近いと考えるべきです。あくまでも、内容を伝わりやすくするのがデザインです。集客力アップという点で、デザインにはそんなに力がないことを知っておくべきでしょう。

まとめ:デザインは、中身が伝わることが第一です。

いかがでしたか?

ホームページのデザインで、知っておくべき5点を説明しました。ホームページのデザイン、色合いや配色、レイアウト、装飾、大事にすべきこと、の5点を説明したので、デザインの知っておくべきポイントをご理解いただけたと思います。

繰り返しになりますが、集客を意識したホームページのデザインとは、中身が伝わりやすくすることを第一に考えます。つまり、デザインだけが先行するものではありません。そして、伝わりやすくするということは、閲覧するユーザーがわかりやすいと感じることでもあります。

サイト側に伝えたいものがあると同時に、ユーザー側にも見たいものがあります。ホームページのデザインは、ユーザーのために考えるものであることを、忘れないでください。

以上、「ホームページのデザインで、知っておくべき5点。」と題して解説しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ制作の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ制作の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。