《Web担当者を応援する、ホームページ集客の専門家のブログ。》

ホームページ制作会社の選び方、知っておくべき7点。

ホームページ制作会社の選び方、知っておくべき7点。

ホームページ制作会社選び方を説明します。読者対象は、ホームページ制作会社のお得な選び方を知りたい方です。何を基準に選択すれば費用を抑えることができるのか、重要ポイントをプロの目線で詳しく説明しています。

なぜホームページ制作会社は、選び方が重要なのか?

ホームページ制作会社は、検索すると膨大な数が見つかりますから、「どうやって選んだらいいんだろうか?」とあなたは疑問を持たれていると思います。確かに、数ある制作会社の中から、1社に決めるのはとても大変だと思います。せめて、何かしらの指標がほしいですよね。

多くの方は金額を指標として制作会社を決めると思います。しかし、料金の違いは制作内容や経営の仕方の違いですので、単純に金額で決めると後で会社を変更するなど後悔しかねません。予算を中心に制作会社を決める場合は、それなりの知識と妥協が必要になるでしょう。

そこで、ホームページ制作会社の選び方の指標にしていただけるように、料金という視点で失敗しないポイントをお話ししましょう。

ホームページ制作会社の選び方、7つのポイント!

それでは、ホームページ制作会社を選ぶ時のポイントを7つ説明します。失敗しないためには選び方がとても重要ですので、しっかりと頭に入れてください。

-目次-

  1. ホームページ制作の目的を明確にする。
  2. ホームページ制作の相場とは?
  3. なぜ、料金に差が出るのか?
  4. 見積もりを取って比較してみる。
  5. 月額無料や管理費無しだと得なのか
  6. ワードプレスなら費用は安く済むのか?
  7. フリーランスの業者に依頼すると安くなるのか?

1.ホームページ制作の目的を明確にする。

ホームページ制作会社を選ぶ前に、ホームページ制作の目的を明確にしましょう。例えば、目的とは以下のようなものです。

  • コーポレートサイトを制作したい。(会社の紹介ホームページ)
  • カタログサイトを制作したい。(多数の商品を紹介するホームページ)
  • 通販サイトを制作したい。(積極的に商品を販売するホームページ)
  • 集客サイトを制作したい。(問い合わせを獲得するためのホームページ)
  • 予約システムを整備したい。(ホテルなど各種施設のホームページなど)
  • 何かを訴えたい。(何かの真相を説明するホームページなど)

このように、大雑把で構いませんので目的を明確にしておきましょう。複合するのであれば、方向性だけでも決めてください。なぜ目的を決めるのかというと、ホームページ制作会社によって得意分野が違うからです。つまり、得手・不得手があるんですね。

制作会社が得意とする分野と制作目的が合致すれば、自社で作れるので費用が安くなる可能性がありますが、そうでない場合は外注するなどして、費用が高くなる可能性があります。外注すると当然中間マージンが発生するので、その分だけ費用が上乗せされるんですね。

このような理由から、最初にホームページ制作の目的を明確にしていただきたいんです。すると、漠然と制作会社を探すのではなく、例えば「カタログ的なページを作るのが得意な会社」とかなり具体的な探し方ができます。あなた自身も、制作会社を非常に探しやすくなるはずですよ。

こうすれば、その分野を得意としている制作会社が見つかり、費用を安くあげられるでしょう。

2.ホームページ制作の相場とは?

続いて、ホームページ制作の相場についてお話しします。ホームページ制作の費用相場は、明確にいくらとは示せません。というのも、会社によって金額がさまざまで、平均値を出しても意味をなさないからです。そこで、安い金額と高い金額を紹介しますので、少しずつ詰めてみましょう。

ホームページ制作は安い業者ですと、「 49,800円 」というのがあります。一方で、高い業者を探してみると、「 300万円」というような業者もあります。どうですか? これでは平均値を出しても意味がありませんよね。なので、相場を言うのは難しいんです。

それでも、何かとして相場の金額をひねり出してみると、おそらく 20万~ 30万円ぐらいの数字が出てくるのではないかと思います。金額だけで考えれば、最も出現率が高く妥当な数字ではないかと思いますね。もちろん、金額にはそれなりの理由がありますので、一概には言えませんが。

このように、ホームページ制作の相場をズバリ言うのは難しいものの、20万 ~ 30万円ぐらいの金額であれば、コストパフォーマンスという点で安いと言えるのではないでしょうか。

3.なぜ、料金に差が出るのか?

ここで、なぜ料金に差が出るのか、金額の根拠について考えてみましょう。ホームページの制作は人間がほぼ100%行いますので、ほとんど人件費であると考えられます。特に、デザインを新規に依頼したり、内容づくりまで依頼すれば非常に高額になります。

したがって、それなりに良く出来たホームページは、やはりそれなりの金額になってしまうものなんですね。ところが、ホームページ制作を「 49,800円 」という激安で行っている業者も意外とたくさんあります。そこで、人件費という視点で考えてみます。

ザックリと、1日1万円かかると考えれば目安になります。つまり、約5万円であれば、5日間で仕上げているということです。したがって、ほんの数万円でホームページが作れるというのは、中身ではなく外見のテンプレートの提供であると考えられるでしょう。

当然、数日間で仕上げられたホームページは、ただ作っただけということになりますから、実際の中身については自分で作ることになります。安い業者を選ぶ場合はその点に注意しましょう。逆に高い業者は、数か月間かけて質や完成度の高いものを作ってくれます。

これらから分かるのは、金額によって「どこまで作ってくれるのか」という点が異なるということです。金額によって良い悪いがあるというよりは、作る内容が違うということなんですね。また、サーバー契約と抱き合わせになっている場合は、制作費用が安い場合もあります。

どこまで作ってくれるのか、逆に言えばどこまで自分でやるのかという点に気を付けると料金の差が理解でき、制作費用を安くあげることができると思いますよ。

4.見積もりを取って比較してみる。

ホームページ制作の会社が数社に絞れたら、見積もりを依頼して比較してみるのも重要です。ポイントは、制作会社の得意分野と制作目的を一致させることです。つまり、得意分野と制作目的が一致した会社だけに絞ったうえで、見積もりを取って比較するわけですね。

こうすれば、同じホームページが作れる会社だけを対象にするので、非常に比較がしやすくなるはずですよ。金額に差が出れば何が違うのかを見極めればいいし、差が出ないようであれば対応の素早さとか担当者の人柄など、別の基準で選ぶことを考えればいいでしょう。

もし、見積もりの内訳が各社ばらばらであれば、「他社では○○という費用があるけれど、おたくの場合はどうなんですか?」などより細かく聞き出すこともできます。見積もりを取ることで、表面的には見なかった細かい部分を見ることも、できるわけですね。

見積もりは値引き交渉の武器として使う方もいらっしゃると思いますが、金額の違いについて知る方法でもあります。制作費用のほとんどが人件費である以上、値引きは難しいと思いますから、見積もりは金額の違いを知る手段として活用すれば、安くあげるためのヒントになるはずですよ。

5.月額無料や管理費無しだと得なのか?

月額無料や管理費無しというホームページ制作会社があります。これは、ホームページ制作だけを行い、それ以外の部分についてはタッチしないということです。制作費しか払わないので、費用を抑えることができますが、トータルで見て得かどうかは計算しないと分かりません。

というのも、ホームページを公開するにはサーバーのレンタル料や、内容の更新費用が必ず必要だからです。サーバーをレンタルしなければ、ホームページを公開できませんし、作って公開した後に放置しておくわけにもいきませんからね。

つまり、月額費用や管理費はどっちにしろ掛かるので、それがホームページ制作料金に含まれるのか含まれないのかという違いであると考えられるわけです。すると、「月額費用が発生するホームページ制作」と「制作費+サーバーレンタル料」で、比較する必要があるわけです。

このように、制作費用だけでなくサーバー費用などの固定費についても、着目することを忘れないでください。そうすれば、トータルで見てホームページ制作を安くあげることができるでしょう。

6.ワードプレスなら費用は安く済むのか?

ワードプレスは無料で利用できるので、これを利用しているホームページ制作会社であれば、安く済むのではないかと思われる方もいらっしゃると思います。では、実際どうなのかと言えば、劇的に安くなることはないと考えられます。

なぜなら、PHPという言語を使ってプログラムを行うからです。ワードプレスが無料なのは、無料のテンプレート(テーマ)を使った場合なので、独自のものを制作してもらうとそれなりに費用が掛かるんです。デザインについてもCSSで行うので、HTMLで作っている時と変わらないんです。

ただし、制作費そのものは大きく変わらなくても、その後の更新作業は安くなる可能性があります。というもの、いったんテーマが完成すれば、その後の更新は文章の作成と画像の処理だけになるからです。いちいちHTMLを記述しなくて済むから、作業的にはかなり簡単になるんです。

したがって、ワードプレスでホームページの制作を依頼した場合は、制作費そのものは差が出なくても、その後の更新作業が安くなる可能性があるわけです。トータルで見れば、ワードプレスの方が安くなるかもしれませんね。

7.フリーランスの業者に依頼すると安くなるのか?

最後に、フリーランスの業者についてもお話ししておきます。一般的に、「フリーランスの業者に依頼すれば安くなるんじゃはないか?」とお考えの方が多いようです。確かに、そんな気がしますが、実際にはあまり期待できないでしょう。

なぜなら、業者自身の収入に直結するからです。会社であれば一定した給与ですが、フリーランスの場合は大きく値引きしてしまうと、そのまま収入が減少してしまいます。なので、安くあげるためにフリーランスを利用するのは、少々甘い見通しだと言わざるを得ないでしょう。

それどころか、実力のあるデザイナーなどであれば、逆に高額な費用が掛かります。このような業者の場合は、実力に見合った金額がほしいから独立したわけなので、高くなることはあっても安くなることはほとんど期待できないでしょう。

もちろん、フリーランスであれば会社のルールに縛られることは無いので、それなりに融通は利くのではないかと思います。なので、金額的には期待できなくても、それ以外の部分で間接的に安くなるということはあるかもしれませんね。

まとめ:値引きではなく、節約を考えましょう。

いかがでしたか? ホームページ制作会社の選び方、知っておくべき7点を説明しました。

今回ご説明したのは、ホームページ制作の目的を明確にする、ホームページ制作の相場とは?、なぜ料金に差が出るのか?、見積もりを取って比較してみる、月額無料や管理費無しだと得なのか?、ワードプレスなら費用は安く済むのか?、フリーランスの業者に依頼すると安くなるのか?、などのポイントでした。

ホームページ制作会社を選ぶにあたって、費用を抑えるという視点でお話ししました。ですが、費用のほとんどが人件費である以上、値引きはあまり期待できません。したがって、「ここまでは業者にお願いして、ここからは自分でやる」などの節約方法を考えるべきでしょう。

ご理解いただきたいのは、ホームページは広報や広告と同等であるということです。つまり、根本的に安いものではないということなんですね。宣伝に多くの費用がかかるのは当たり前ですので、その前提でお考えいただき、取捨選択によって安くしていただければ何よりです。

以上、「ホームページ制作会社の選び方、知っておくべき7点。」と題して説明しました。