ホームページ制作会社の選び方、これなら失敗しない!

ホームページ制作会社の選び方、これなら失敗しない!

ホームページ制作会社選び方を説明します。読者対象は、ホームページ制作会社の失敗しない選び方を知りたい方です。何を選択基準にすれば成果をあげられる会社を選べるのか、重要ポイントをプロの目線で詳しく説明しています。

なぜホームページ制作会社は、選び方が重要なのか?

ホームページ制作会社は、検索すると膨大な数が見つかりますから、「どうやって選んだらいいんだろうか?」と疑問を持たれていると思います。確かに、数ある制作会社の中から、1社に決めるのはとても大変だと思います。やはり、何かしらの指標がほしいですよね。

ホームページ制作会社を決めるうえで知っておきたいのが、会社ごとに特徴があるところです。つまり、「どこに依頼しても一緒だろう」と考えると失敗してしまいます。会社によって得手・不得手があるだけでなく、かなり怪しい場合もあるので注意が必要なんです。

そこで、ホームページ制作会社の選び方の指標にしていただけるように、「成果があがる会社」という視点で失敗しないポイントを説明しましょう。

ホームページ制作会社を選ぶ時の、7つのポイント!

それでは、ホームページ制作会社を選ぶ時のポイントを7つに絞って説明します。失敗しないためには選び方がとても重要ですので、しっかりと頭に入れてください。

-目次-

  1. ホームページ制作会社の得意分野は?
  2. 検索順位の対策(SEO対策)は適切なやり方か?
  3. ホームページ制作の料金設定は適正か?
  4. 分かりやすい言葉で説明しているか?
  5. ホームページ制作会社から集客に関する提案があるか?
  6. ホームページ制作の担当者に営業や広報の経験があるか?
  7. 担当者は素早く対応してくれるか?

ホームページ制作会社の得意分野は?

ホームページ制作会社の存在は、ほとんどの方が知っているでしょう。しかし、ホームページ制作会社には得意分野があることは、あまり知られていないかもしれません。

具体的には、

  1. HTML・CSS・PHP・JavaScript など技術系が得意な会社
  2. デザイン・写真・画像・配色などビジュアル系が得意な会社
  3. 内容づくりを行うのが得意な会社

などに分かれます。このうち、ホームページで成果をあげられるのは、3番の内容づくりが得意な会社です。なぜなら、ホームページによる集客は、内容づくりが最も影響を与えるからです。

多くの方は、「ホームページはビジュアルが重要だ」と考えています。しかし、ホームページは何らかの問題を抱えた方が、その解決策を求めてアクセスしますので、問題(ニーズ)に対する答えを正確に表した内容が必要なんです。

そして、問い合わせという行動は、答えに満足し「ここなら解決できそうだ」と信頼感が出ることで行われます。だから、内容が作り込まれていないホームページだと成果があがらないんです。答えではない説明をどれだけ飾っても、それが答えに変わることはありませんよね。

したがって、ホームページで成果をあげたいなら、内容づくりが得意なホームページ制作会社を選ぶべきです。

検索順位の対策(SEO対策)は適切なやり方か?

ホームページで成果をあげるためには、検索順位を上げる必要があります。なぜなら、アクセスを増やすためですが、適切なやり方で検索順位を上げることが重要です。つまり、検索順位の対策を適切なやり方で行うホームページ制作会社を選ばなくてはいけないのです。

具体的には、ブラックハットと呼ばれるやり方ではなく、ホワイトハットと呼ばれるやり方を採用しているかがポイントです。ブラックハットとは、検索プログラムの盲点を突くようなズルい方法を指し、ホワイトハットとは、検索エンジンが推奨する正当な方法を指します。

一般的に、ブラックハットは順位が上がりやすいものの、下がるのも早いです。一方、ホワイトハットはユーザーが必要としている解決策を分かりやすく正確に説明するだけですので、なかなか成果がすぐに出ないものの、一旦上位に表示されると簡単には下がりません。

つまり、ブラックハットだと早い段階でペナルティーが与えられ、ホワイトハットだと後々高い評価を得られるわけです。また、正しい解決策を提供しないと閲覧者の心を動かすことはできません。つまり、問い合わせに至らないわけです。

このような理由から、ホームページで成果をあげるには、検索順位の対策をホワイトハットで適切に行っているホームページ制作会社を選ぶ必要があるでしょう。

ホームページ制作の料金設定は適正か?

ホームページ制作会社を選ぶ際のポイントとして、料金設定が適正であることが重要です。多くの方は、できるだけ費用が安い会社を選ぶと思います。どうしても、費用が高い会社にホームページ制作を依頼するのは難しいでしょうが、一方で極端に安い(激安)業者にも注意が必要です。

ザックリと、1日1万円かかると考えれば目安になります。したがって、ほんの数万円でホームページが作れるというのは、中身ではなく外見のテンプレートを作るのだと考えられます。一から全部作ると、数か月に及ぶと思いますから「1万円×日数=料金」が適正な相場でしょう。

これに集客のための様々な施策が加わると、さらに2倍3倍と費用が増えます。なぜなら、集客戦略を考えるというのは、とんでもなく負担になる頭脳労働だからです。その結果、3ケタを超える金額になるのはやむを得ないんですね。

つまり、本当に集客できるホームページにしたいのであれば、数十万円や数百万円になっても適正な費用であると言えます。ただし、これは費用面だけを見た場合ですので、実際にはそれ以外の部分も見ないと、高い料金設定の悪徳業者に引っ掛かることになるでしょう。

したがって、ホームページの制作料金についてはそれだけで選択基準にせず、他のポイントもしっかりと検討して制作会社を選んでいただきたいと思います。

ホームページは、広報や広告と同等です。根本的に安いものではないということを、ぜひ知っておいてください。宣伝費にコストがかかるのは当たり前ですよ。

分かりやすい言葉で説明しているか?

ホームページ制作会社のサイトやパンフレットは、分かりやすい言葉で説明されている必要があります。なぜなら、ホームページはわかりやすく説明することが最も重要だからです。分かりやすい説明が出来なければ、どんなに良いことが書いてあっても決して閲覧者に伝わりません。

にもかかわらず、ホームページ制作会社のサイト自体が難しいのでは、分かりやすいホームページが作れるとは到底思えません。伝わるためには、それなりの伝える技術が要求されますから、一つの目安としてホームページ制作会社のサイトやパンフレットを見ることが有効なんです。

ちなみに、このことは担当者と直接会話をした場合でも同じです。専門用語や技術用語を多用して難しい説明をされたのでは、まったく頭に入ってきませんよね。そのような場合は、難しい言葉を使って煙に巻き、あなたを丸め込もうとしているのかもしれません。

相手の知識レベルに合わせて、分かりやすく説明できる制作会社を選ばないと、成果をあげるのはかなり難しいのではないでしょうか。

ホームページ制作会社から集客に関する提案があるか?

集客できるホームページを作れる制作会社は、積極的に集客に関する提案をします。これは、Webにおける集客戦略だけでなく、ビジネス上の集客に関したアイディアです。例えば、○月は安売り攻勢をかけたほうが良いとか、イベントを行ったほうが良いといったことです。

一見すると、ホームページとは関係ないように感じるかもしれませんが、これらのアイディアをホームページに掲載することで集客力を高めるわけです。つまり、単純にホームページを作るだけの会社では集客力を高めることはできないんです。

集客は、必ず何らかの仕掛けが必要です。したがって、ホームページ制作の技術だけでなく、集客そのものの知識を持ったホームページ制作会社を選ぶことが、成果をあげるためには重要だと言えるでしょう。

ホームページ制作の担当者に営業や広報の経験があるか?

あまり知られていないことかもしれませんが、ホームページ制作は技術者よりも、営業マンや広報担当者の方が向きます。なぜなら、先ほどからお話ししている通り、集客の知識が必要だからです。つまり、ホームページ制作を担当する方に、集客に携わった経験が必要なんです。

しかし、これはなかなか確かめにくいかもしれません。というのも、「御社のホームページ制作担当者は、過去に営業や広報の経験がありますか?」と聞かなくてはいけませんからね。もちろん、制作会社は聞かれれば答えると思いますが、ちょっと聞きにくいですよね。

そこで、「どのようにホームページ集客の戦略を練るのですか?」とか、「集客戦略の構築はどのような方が担当されるのですか?」と聞くと自然かもしれません。

重要なことなので繰り返しますが、ホームページ集客で成果を出せるのはデザインや技術ではありません。集客の知識を使って、どれだけ戦略的に仕掛けられるかです。HTML・CSS・PHP などの技術ではなく、コミュニケーションやプレゼン能力の方が重要だと言えるでしょう。

このように、内容を作ることに長けた方が制作担当者の会社を選ぶことができれば、非常に集客力の高いホームページに仕上がるでしょう。

担当者は素早く対応してくれるか?

のらりくらり言い訳して、なかなかすぐに対応しないホームページ制作会社があります。実際に当方のお客様でも、そのような業者に苦労された方がいらっしゃいます。急いで対応するように促すことで対応が変わりましたが、放っておいたら1ページ更新するのに半年かかったでしょう。

ところで、このように対応が遅い業者は何が問題なのでしょうか? それは、商機(タイミング)を逃してしまうことです。例えば、「今このタイミングでホームページを更新したい!」と思っても、そのタイミングで更新できないわけですから、せっかくの商機を逃します。

決してこのような業者は成果をあげられません。ビジネスで最も重要なのは商機なのに、基本を理解していないわけですから当然です。売れる時に売るのがビジネスの基本ですから、このような業者を選んでしまわないように、質問に対する反応の速さなどで見抜くようにしてください。

まとめ:内容づくりが得意な制作会社を選びましょう。

いかがでしたか? ホームページ制作会社の、失敗しない選び方を説明しました。

今回ご説明したのは、ホームページ制作会社の得意分野は?、検索順位の対策(SEO対策)は適切なやり方か?、ホームページ制作の料金設定は適正か?、分かりやすい言葉で説明しているか?、ホームページ制作会社から集客に関する提案があるか?、ホームページ制作の担当者に営業や広報の経験があるか?、担当者は素早く対応してくれるか?、などのポイントでした。

ホームページ制作会社の選び方はホームページ集客の成果に大きく影響しますので、誤って成果をあげられない会社を選ぶことが無いようにしなくてはいけません。繰り返しになりますが、成果があがるか否かは、制作会社がどれくらい集客について知っているかに掛かってきます。

ホームページ集客は、デザインではなく内容が重要です。中身の作り方がうまいホームページ制作会社だけが、成果をあげられることを忘れないでください。(ちなみに当方が、内容づくりの専門業者であることも忘れないでくださいね。笑)

以上、「ホームページ制作会社の選び方、これなら失敗しない!」と題して説明しました。