《Web担当者を応援する、ホームページアドバイザーのブログ。》

ホームページ制作会社の選び方、知っておくべき7点。

ホームページ制作会社の選び方、知っておくべき7点。

ホームページ制作会社選び方を説明します。読者対象は、ホームページ制作会社の失敗しない選び方を知りたい方です。何を選択基準にすれば成果をあげられる会社を選べるのか、重要ポイントをプロの目線で詳しく説明しています。

なぜホームページ制作会社は、選び方が重要なのか?

ホームページ制作会社は、検索すると膨大な数が見つかりますから、「どうやって選んだらいいんだろうか?」と疑問を持たれていると思います。確かに、数ある制作会社の中から、1社に決めるのはとても大変だと思います。やはり、何かしらの指標がほしいですよね。

ホームページ制作会社を決めるうえで知っておきたいのが、会社ごとに特徴があるところです。つまり、「どこに依頼しても一緒だろう」と考えると失敗してしまいます。会社によって得手・不得手があるだけでなく、かなり怪しい場合もあるので注意が必要なんです。

そこで、ホームページ制作会社の選び方の指標にしていただけるように、「成果があがる会社」という視点で失敗しないポイントを説明しましょう。

ホームページ制作会社の選び方、7つのポイント!

それでは、ホームページ制作会社を選ぶ時のポイントを7つ説明します。失敗しないためには選び方がとても重要ですので、しっかりと頭に入れてください。

-目次-

  1. 最初に、ホームページ制作の目的を明確にしましょう。
  2. ホームページ制作の料金設定は適正か?
  3. サーバーとセットで契約する制作会社ってどうなの?
  4. ランキングサイトや評価サイトは、参考にすべきなのか?
  5. 大手の制作会社を選んだ方が安心なのか?
  6. 担当者は素早く対応してくれるか?
  7. 理想的なのは、自社でホームページ制作を行うこと。

最初に、ホームページ制作の目的を明確にしましょう。

ホームページ制作会社を選ぶ前に、ホームページ制作の目的を明確にしてください。なぜなら、ホームページ制作会社によって、得意分野があるからです。つまり、目的が明確になっていないと、制作会社の得意分野と自分の希望とが一致しないのです。

希望と得意分野が一致しなければ、満足のいくホームページを入手できません。なので、最初にホームページ制作の目的を、明確にしていただきたいんです。

例えば、目的とは以下のようなものです。

  • コーポレートサイトを制作したい。(会社の紹介ホームページ)
  • カタログサイトを制作したい。(多数の商品を紹介するホームページ)
  • 通販サイトを制作したい。(積極的に商品を販売するホームページ)
  • 集客サイトを制作したい。(問い合わせを獲得するためのホームページ)
  • 予約システムを整備したい。(ホテルなど各種施設のホームページなど)
  • 何かを訴えたい。(何かの真相を説明するホームページなど)

このように、大雑把で構いませんので目的を明確にしておきましょう。複合するのであれば、せめて方向性だけでも決めてください。

続いて、ホームページ制作会社の得意分野についてです。具体的には以下の通りです。

  • HTML・CSS・PHP・JavaScript など技術系が得意な会社
  • デザイン・写真・画像・配色などビジュアル系が得意な会社
  • 内容づくりを行うのが得意な会社

これらの条件から、適切な制作会社を選ぶことになります。例えば、以下のようにマッチングさせることになるでしょう。

  1. 技術系の会社 ⇒ 予約システム
  2. ビジュアル系の会社 ⇒ コーポレートサイト・カタログサイト
  3. 内容づくりの会社 ⇒ 通販サイト・集客サイト・何かを訴えたい

このように、ホームページ制作の目的を明確にして、自分の希望と合致するホームページ制作会社を選ぶようにしてください。なお、制作会社は得意な分野を前面に押し出していますので、各々のサイトを確認すれば、簡単にわかるでしょう。

ホームページ制作の料金設定は適正か?

ホームページ制作会社を選ぶ際のポイントとして、料金設定が適正であることが重要です。多くの方は、できるだけ費用が安い会社を選ぶと思います。どうしても、費用が高い会社にホームページ制作を依頼するのは難しいでしょうが、一方で極端に安い(激安)業者にも注意が必要です。

ザックリと、1日1万円かかると考えれば目安になります。したがって、ほんの数万円でホームページが作れるというのは、中身ではなく外見のテンプレートを作るのだと考えられます。一から全部作ると、数か月に及ぶと思いますから「1万円×日数=料金」が適正な相場でしょう。

つまり、納期と金額は密接に関係するということです。ただし、そんなに単純に料金が適正であるかどうかを測れないのも事実です。なぜなら、納期が短いからと言って技術が無いとは言えないし、長いからと言って良いものができるともいえないからです。

また、各種オプションを同時に申し込めば、納期以上の金額になることもあるでしょう。そこで、複数の会社から相見積もりをとって、比較検討するというのも手でしょう。もちろん、条件の良いところに依頼するのも良いし、見積書を武器に値引き交渉するのもアリだと思います。

ホームページは、広報や広告と同等です。根本的に安いものではないということを、ぜひ知っておいてください。宣伝費にコストがかかるのは当たり前ですよ。

サーバーとセットで契約する制作会社ってどうなの?

ホームページ制作会社の中には、独自システムやサーバーとセットで契約することが、条件になっている場合があります。このようなやり方だと、サーバー契約や管理といった面倒なことが一括で任せられるので、非常に楽で割安のように感じますよね。

ところが、このような契約形態の場合は注意が必要です。というのも、2つの点で問題があるホームページ制作(契約)の形態だからです。

恒久的に費用を取られる

サーバーとセットになるので、恒久的に費用を支払うことになります。もちろん、サーバーを単体でレンタルした場合も、費用は恒久的に発生します。しかし、セットになっている場合は、単なるサーバー費用だけでなく、いろいろな名目で費用がとられる可能性があります。

サーバーの維持管理費、運営費用、システム更新費用、など様々な名目が考えられるでしょう。すると、サーバーとホームページ制作を別々にしたときに比べて、極端に費用が大きく発生することも十分にあり得るのです。

契約を解除するとホームページも消滅する

サーバーとホームページ制作がセットになっていると、契約を解除した時点でそれまでに蓄積されたホームページのコンテンツが、消滅することになる場合が多いようです。もちろん、契約の条項にもよると思いますが、まるでホームページを人質にとられているような状況と言えます。

ホームページ制作会社を変えることが、すなわち、一からコンテンツを作り直すということになるのです。だから、実力がない会社と契約を更新し続けなくてはいけないという関係が、ずるずると続いてしまうことになりかねません。

また、「制作会社がつぶれた場合はどうなるのか?」といった問題も考えられます。このような状況に陥ると、非常に難しい選択を迫られると思いますので、気を付けてください。

このような、独自システムやサーバーとセットで契約する形態は、お客さんの囲い込みを行おうとしているんです。ちょっと汚い言い方をすると、「金づるの確保」をしているともいえます。ことあるごとに、追加料金を請求されるといったことも、無いとは言い切れません。

実際お客さんの方は強く出れないでしょう。先ほどもお話ししましたが、ホームページを人質にとられているようなものだからです。契約解除となればホームページは消滅しますので、場合によっては制作会社の言いなりにせざるを得ないということも、あり得る話です。

独自システムやサーバーとセットで契約する形態は、一見するとお任せで楽そうですが、悪い業者に当たってしまうと非常に危険な方法でもあるということも、知っておいてください。

ランキングサイトや評価サイトは、参考にすべきなのか?

どのホームページ制作会社を選ぶか悩んだときは、ランキングサイトや評価サイトを参考にする方が多いのではないでしょうか。実際に利用された方の声なので、信頼を寄せている方も少なくないのではないかと思います。

しかし、参考になる部分とならない部分があります。例えば、大きな制作会社であれば顧客が多いので、当然、評価をするお客さんの数が増えます。すると、評価数が多いからと言って良いとは言い切れなくなります。評価数が少ない会社が、実力的に上ということも少なくないでしょう。

したがって、数は当てにならないと言えます。そこで、内容がどうなのかという点を、しっかり考慮すべきです。では、どこに注目すべきなのかと言えば、成果があがっているのかという点です。コストパフォーマンスよりも、お客さんの希望通りになったかを重視してください。

また、集客を得意としている会社の場合は、その性質から評価があまり表に出てこないこともあります。なぜなら、施策内容をライバルに知られては困るからです。制作会社はお客がほしいですが、お客さんはライバルに知られたくありません。だから、評価しない場合も多いんです。

その点も考慮して、ランキングや評価を冷静に判断してください。書いてあるコメントにしっかりと目を通せば、参考になるかどうかが分かるはずですよ。

大手の制作会社を選んだ方が安心なのか?

何となく、大手の制作会社を選んだ方が安心なような気が、するのではないでしょうか。確かに、大手の会社であれば、詐欺の心配もないでしょうから、お金を払ったのにまともに仕事をしてくれないということも無いでしょう。そういった点では、かなり安心だと思います。

しかし、気を付けたいのが金額です。大手ということは、どうしても収益を上げるために料金設定が高くなっています。ちょっとの作業で「えっ!、こんなに高いの?」となることも少なくないと思います。これは仕方がないですので、安心料が入っていると思うしかありません。

では、実力はどうなのかというと、必ずしも高いとは限りません。おそらく、デザイン力は非常に高いと思いますが、集客力のアップなど成果が上げられるかどうかは分かりません。したがって、仕事はきっちりしてもらえるものの、実力が保証されるわけではありませんよ。

このように、大手のホームページ制作会社を選ぶメリットは、ちゃんと仕事をしてもらえるという安心感がある点でしょう。

担当者は素早く対応してくれるか?

のらりくらり言い訳して、なかなかすぐに対応しないホームページ制作会社があります。実際に当方のお客様でも、そのような業者に苦労された方がいらっしゃいます。急いで対応するように促すことで対応が変わりましたが、放っておいたら1ページ更新するのに半年かかったでしょう。

ところで、このように対応が遅い業者は何が問題なのでしょうか? それは、商機(タイミング)を逃してしまうことです。例えば、「今このタイミングでホームページを更新したい!」と思っても、そのタイミングで更新できないわけですから、せっかくの商機を逃します。

決してこのような業者は成果をあげられません。ビジネスで最も重要なのは商機なのに、基本を理解していないわけですから当然です。売れる時に売るのがビジネスの基本ですから、このような業者を選んでしまわないように、質問に対する反応の速さなどで見抜くようにしてください。

理想的なのは、自社でホームページ制作を行うこと。

あまり知られていないことかもしれませんが、ホームページ制作は技術者よりも、営業マンや広報担当者の方が向きます。なぜなら、先ほどからお話ししている通り、集客の知識が必要だからです。つまり、ホームページ制作を担当する方に、集客に携わった経験が必要なんです。

しかし、これはなかなか確かめにくいかもしれません。というのも、「御社のホームページ制作担当者は、過去に営業や広報の経験がありますか?」と聞かなくてはいけませんからね。もちろん、制作会社は聞かれれば答えると思いますが、ちょっと聞きにくいですよね。

そこで、「どのようにホームページ集客の戦略を練るのですか?」とか、「集客戦略の構築はどのような方が担当されるのですか?」と聞くと自然かもしれません。

重要なことなので繰り返しますが、ホームページ集客で成果を出せるのはデザインや技術ではありません。集客の知識を使って、どれだけ戦略的に仕掛けられるかです。HTML・CSS・PHP などの技術ではなく、コミュニケーションやプレゼン能力の方が重要だと言えるでしょう。

このように、内容を作ることに長けた方が制作担当者の会社を選ぶことができれば、非常に集客力の高いホームページに仕上がるでしょう。(もちろん、ホームページが集客目的でなければ、あまり関係ないかもしれませんが。)

まとめ:内容づくりが得意な制作会社を選びましょう。

いかがでしたか? ホームページ制作会社の選び方、知っておくべき7点を説明しました。

今回ご説明したのは、最初にホームページ制作の目的を明確にしましょう、ホームページ制作の料金設定は適正か?、サーバーとセットで契約する制作会社ってどうなの?、ランキングサイトや評価サイトは参考にすべきなのか?、大手の制作会社を選んだ方が安心なのか?、担当者は素早く対応してくれるか?、理想的なのは自社でホームページ制作を行うこと、などのポイントでした。

ホームページ制作会社の選び方は、どんな目的でホームページを公開するのかという点が、大きく影響します。なぜなら、制作会社ごとに得手・不得手があるからです。デザインや予約システムなど、ビジュアルや技術的な面が得意な業者は、比較的見つけやすいと思います。

しかし、集客サイトのような内容づくりが重要なホームページ、制作会社がなかなか見つからないと思います。ホームページ制作の目的と本当に合致しているのか、ご紹介した様々な見分け方を活用して見抜いていただき、最適なホームページ制作会社を見つけていただければ幸いです。

以上、「ホームページ制作会社の選び方、知っておくべき7点。」と題して説明しました。