ホームページの売れる作り方、7つの超重要ポイント。

ホームページの売れる作り方、7つの超重要ポイント。

ホームページ売れる作り方、7つの超重要ポイントを説明しました。対象は、ホームページで売上を伸ばしたい方です。単なる作り方や小手先のテクニックではなく、ネットビジネスの基礎について詳しく解説しているからです。

なぜ売れるホームページは、作り方が重要なのか?

売れるホームページを作るには、お客様の問題解決ができる内容にする必要があります。なぜなら、お客様は自らが抱える問題を解決するために、商品やサービスを購入するからです。つまり、それをわかりやすく説明するような、ホームページの作り方が重要です。

しかし、そのような作り方をするには、ビジネスのやり方を見直す必要があります。なぜなら、会社や店舗のホームページは、ビジネスをそのままコンテンツとして表すしかないからです。つまり、ビジネスを見直すことが、ホームページの売れる作り方であると言えます。

そこで、売れるホームページを作るためには、どのようにビジネスのやり方を見直せばよいのか、重要なポイントを説明します。

ホームページの売れる作り方、ポイントは7つある!

それでは、売れるホームページを作るにあたって、ビジネスのやり方を見直すためのポイントを詳しく説明しましょう。7つありますので、しっかりと目を通してください。

作り方1.ビジネスの見直しを理解する。

最初に、ビジネスの見直しについて理解しておきましょう。ここで言うビジネスの見直しとは、お客様目線の考え方に切り替えることを指します。なぜなら、「閲覧者の心理を理解し、閲覧者が期待する以上のコンテンツを提供できるようにすること」を目指すからです。

もう少し詳しく説明すると、ホームページでは受け手を中心としたビジネスにしないと、集客にならないからです。ネットユーザーは検索が中心で、自分が興味のあるものしか見ませんので、ユーザーの立場で何に興味があるのかを理解しなくてはいけません。

つまり、ユーザーはどんな人物なのか、その人は何を望んでいるのか、自社の商品や情報で満足するのか、などを考えるわけです。これを一言で言えば、『商品とお客様との関係性の再確認』となるでしょう。こうすることで、お客様目線を持てるようになります。

これが、売れるホームページ作りにおける、ビジネスの見直しです。では、どのようにしてビジネスを見直すのか、具体的な手順を説明しましょう。

作り方2.ターゲットを絞る。

ビジネスの見直しで最も重要なのが、ターゲットの絞り込みです。ターゲットを絞るということは、ある特定のお客様を狙ってビジネスを行うということです。なぜターゲットを絞るのかというと、訴求力を高くして、コンバージョン率を上げたいからです。

広く多くの方を対象にしてしまうと、いろいろな問題や欲求に応えるので、どうしても抽象的で薄い表現になってしまいます。しかし、ターゲットを絞ると特定の問題や欲求だけに応えるので、表現内容を濃くできます。つまり、ある特定の問題解決だけに特化できるのです。

例えば、「麺類の店」とすると「うどん・そば・ラーメン」など対象範囲が広すぎるために、特徴が出せません。しかし、「みそラーメンの店」とすれば、みそラーメンが好きな人だけに訴求できますので、味噌へのこだわりなどを非常に詳しく表現できます。

このように、ターゲットの絞り込みは、コンテンツの訴求ポイントをはっきりさせることができますので、ビジネスの見直しを行う上では最も重要です。

作り方3.Webマーケティングを行う。

ビジネスの見直しでは、Webマーケティングを行う必要があります。なぜなら、ターゲットを絞るためには、どのようなニーズ(問題や欲求)があるのかを把握しなくてはいけないからです。自分勝手にターゲットを決めても、ニーズが無ければビジネスとして成立しませんよね。

つまり、ターゲットを決める際の重要な判断材料として、ニーズを把握する必要があるわけです。具体的にどのような手法なのか、Webマーケティングについて簡単に説明しますと、検索ワードを調査することで、ネットユーザーの関心がわかるというマーケティング手法です。

ネットユーザーは興味のあること以外は検索しませんから、検索ワードには、ニーズが明確に表れるわけです。そして、ニーズがわかれば、それに見合ったターゲットに絞れます。逆に、ターゲットのニーズを知ることもできます。

このように、Webマーケティングで商品とお客様との関係性を再確認することが、ビジネスを見直す上で、お客様目線を持つきっかけになります。

この後の手順にも影響しますので、Webマーケティングは必ず行ってください。

作り方4.商品やサービスの訴求点を割り出す。

続いて行うのが、商品の訴求点を割り出すことです。訴求点を割り出すということは、商品の強みを明確にするということですが、なぜ訴求点が重要なのかというと、ニーズに沿った訴求をする必要があるからです。つまり、ニーズに沿った商品を用意するだけでは弱いんですね。

ニーズに合わせた商品を用意したうえで、「この商品は、あなたの求めているものですよ。」ということを伝えるためには、訴求点をニーズに合わせなくてはいけません。もし、ニーズが『デザイン』であれば、『機能』を訴求するわけにはいきませんからね。

例えば、トマトジュースの人気が高いとして、販売の際に『おいしい』ことを強みにしたと仮定します。しかし、実際には肌に良いことがニーズだとしたら、『美肌になる』ということを強みにしなくてはいけません。これが、訴求点を割り出すということの重要性です。

このようなやり方は『ベネフィット訴求』といい、お客様が本当に必要としている解決策を提示するわけです。このように訴求点の割り出しは、お客様の理解をさらに深めることができるので、ビジネスを見直す上で欠かせません。

作り方5.他社との差別化ポイントを明確にする。

次に行うのが、他社との差別化ポイントを明確にすることです。差別化するということは、他社との違いを明確にするということです。では、なぜ差別化が重要なのかというと、お客様が他社と自社を比較検討したときに、自社を選んでもらうためです。

したがって、単なる違いではなく、お客様の利益になる違いを明確にする必要があります。先ほどの訴求点とも似ていますが、他社との違いを明確にするという点で異なります。ライバルに差をつけることで、お客様を自社に惹きつけるという施策です。

例えば、他社が「安価」をウリにしていたとして、差別化のために「高価」をウリにできるでしょうか? 「うちの商品は市場価格より高い!」と表現したのでは誰も買いませんよね。しかし、「高い信頼性」をウリにすれば、「なるほど、だから高いのか」と納得してもらえるはずです。

これが、お客様の利益になる違い、つまり差別化です。

このように、お客様を理解することで他社との差別化ポイントが作れますので、ビジネスの見直しを行う上でやはり必要です。

作り方6.商品が売れるタイミングを考える。

続いて、商品が売れるタイミングを考えます。ポイントは、『売りたいタイミング』ではなく『売れるタイミング』であるところです。なぜタイミングを考慮するのかというと、商品には必ず売れる時と売れない時という、波があるからです。

つまり、波を正確に読み取って、売れるときに攻勢をかけるというやり方を採ります。これは、商品の特性をしっかりと理解することや、Webマーケティングによる市場の分析で把握できます。タイミングを軽視する方が多いですが、ビジネスでは最も重要なポイントです。

簡単な例ですが、満腹の時にどんなにおいしそうな食べ物を勧められても食べられませんよね。しかし、空腹の時は、何を食べてもおいしいと感じるでしょう。つまり、いらないときは徹底していらないけれど、ほしいときは絶対欲しいのが人間なんです。

いらないときにどれだけ売り込んでも、まず売れることはありませんので、ほしいときに売り込みをかけることが重要です。お客様はいつ買いたいと思うのか、そのタイミングをつかむことで、驚くほど集客がしやすくなるということです。

商品が売れるタイミングを考えることは、お客様をよく理解することになりますので、ビジネスの見直しにおいて、極めて極めて極めて重要です。(重要なので3回繰り返しました。)

作り方7.ビジネスを見直した結果、何が変わるのか?

ここまで説明したやり方でビジネスを見直すと、次のようなことが変わります。

  • 単なる商品説明から、ベネフィット訴求に変わる。
  • 商品が、自分が売りたいものから、お客様が買いたいものに変わる。
  • 商品をお客様が抱える問題の解決策にできる。
  • 結果的に、商品が売れるようになる。

つまり、ホームページに書く内容が大きく変わるわけです。ニーズのある、本当に必要とされている商品を「これがあなたが求めていた解決策ですよ」というように説明できます。ユーザーは解決策を求めているわけですから、当然売れるようになるわけです。

例えば、これまでであれば「○○を前面に押し出そう」と考えていたのが、「□□の需要の方が多いからこちらを押し出そう」と変化します。ようするに自分が売りたいものではなく、お客様が必要としているものを売るようになるのです。

実は一番理解してほしいのが、「売りたいものは買ってもらえない」ということです。お客様がほしいものを売るということが最も重要ですよ。

まとめ:ビジネスを見直して、お客様目線を持ってください。

いかがでしたか?

ホームページの売れる作り方についてポイントを説明しました。ビジネスの見直しを理解、ターゲットを絞る、Webマーケティングを行う、訴求点を割り出す、差別化ポイントを明確に、タイミングを考える、何が変わるのか、などのポイントがありました。

ここまでお話しした通り、売れるホームページにするためには、小手先のテクニックで作り方を変えるのではなく、根本的にビジネスの見直しを行う必要がありました。なぜなら、ホームページはビジネスをそのまま表現するからです。

そして、ビジネスの見直しで最も重要なのは、お客様と商品の関係性を再確認することです。ビジネスを見直すと、視点が自分の商品からお客様に移ります。このようにお客様目線を持つことが、売れるホームページの作り方であることに、お気づきいただければ幸いです。

以上、「ホームページの売れる作り方、7つの超重要ポイント。」と題して説明しました。