《Web担当者を応援する、ホームページ集客の専門家のブログ。》

集客のターゲット、知っておくべき絞り方とは?

集客のターゲット、知っておくべき絞り方とは?

集客ターゲットについて、知っておくべき絞り方を説明します。読者対象は、集客のターゲットについて詳しく知りたい方です。集客ではターゲットをどのように考えればよいのか、絞り方を中心に説明しています。

なぜ集客では、ターゲットを絞るのか?

あなたは、「集客では、ターゲットをどのように考えたらいいんだろうか?」と疑問を持ったためにこのページをご覧になっていると思います。確かに、集客においてターゲットについて考えるのは非常に重要です。ずばりポイントは、ターゲットを絞ることです。

なぜターゲットを絞るのかと言えば、高い集客効果が見込めるからです。また、集客戦略を構築するうえでも、非常に重要な役割を持ちます。したがって、集客ではターゲットを絞ることが、最初の第一歩であると言っても過言ではないんです。

そこで、集客のターゲットについて、絞り方を中心に詳しく説明しましょう。

集客におけるターゲットの絞り方、7つの超重要ポイント!

それでは、集客におけるターゲットの絞り方について、重要なポイントを説明します。7つのポイントに分けましたので、しっかりと目に焼き付けてください。

集客でターゲットを絞る理由とは?

そもそも、なぜターゲットを絞る必要があるのか、理由を簡単に説明しましょう。それは、ターゲットを絞ると訴求しやすくなるからです。具体的に何が訴求しやすくなるのかというと、次のようなものが考えられます。

企業側 閲覧者側
特定のジャンルをたくさん用意できる 充実した品ぞろえ
特定のことだけを詳しく解説できる わかりやすい説明が読める
特定の人にだけ呼びかけできる 心をつかむキャッチコピー

このような効果によって訴求しやすくなり、閲覧者に「このサイト、なんか良さそうだな」と感じてもらえます。結果的に、お問い合わせや購入を増やすことに貢献するわけです。集客でターゲットを絞るのは、このような理由からなんですね。

なお、ターゲットを絞ると「パイが減るから怖い」と考える方が少なくありません。しかし、ここで言う絞り込みとは、閲覧者のニーズから自然と見えてくるターゲットを指しています。したがって、人を絞るのではなく、ニーズを絞っているとお考えください。

ニーズを絞った結果、そこに興味を持つ方も自然と絞られてくるわけですね。

ニーズ調査について、検索ワードを活用した最新手法を紹介しました。ニーズの把握に苦労されている方に適しています。従来の探し方では見つけにくいニーズを明確化できる、最も新しい手法について詳しく説明しているからです。

続いて、具体的なターゲットの絞り方を説明します。

1.ターゲットの絞り方-性別を考える

最初にターゲットの絞り方として、性別を考えましょう。なぜなら、趣味趣向や言葉遣い、さらには考え方も違うからです。対象を考えるときに、男性のみ、女性のみ、中性的(ユニセックス)、性別関係なし、などのパターンがあると思います。もちろん複合することもあるでしょう。

このように、ターゲットの性別を考えるということは、当たり前すぎで意識が希薄かもしれません。しかし、例えば言葉遣いで、男性向けなら「○○しようぜ!」とできるかもしれませんが、女性向けならそれはできませんよね。

他にも、品揃えにも影響します。例えば、洋服や下着では男性用と女性用を分けないと、なかなか商品を売りにくいでしょう。もちろん、性別を分ける必要が無いものは無理やり分ける必要はありませんので、そのような場合は意識しなくて構いませんよ。

このように、ターゲットの絞り方として、性別を考えましょう。

2.ターゲットの絞り方-年齢層を考える

続いて、ターゲットの絞り方として、年齢層を考えましょう。なぜなら、年齢層によっても、趣味趣向や言葉遣い、さらには考え方が違うからです。具体的な対象として、幼児、こども、若者、中年、高年、老人、などがあるでしょう。もちろん、細かく年齢で別けても良いでしょう。

ビジネスによっては、年齢が大きく関係しない場合もあると思いますが、非常に大きく関係する場合もあると思います。言葉遣いが変わるのは当然だし、画像の選び方も変わります。商品についても、洋服なら子供服や紳士服など、年齢層が関係するものがあります。

お子様ランチに至っては、名前から子ども向けですよね。最近では、大人向けのお子様ランチを提供しているレストランもありますが、これも敢えて大人向けにしていますよね。やはり年齢層を強く意識しているのがわかるのではないでしょうか。

このように、ターゲットの絞り方として、年齢層を考えましょう。

3.ターゲットの絞り方-職業を考える

次に、ターゲットの絞り方として、職業を考えましょう。なぜなら、職業に応じて必要とされる商品が変わるからです。具体的には、無職、学生、会社員、自営業、年金受給者、求職者、など様々だろうし、さらに細かく業種・職種で別けることもできると思います。

また、職業によって収入の差もあるし、余暇の日数にも大きな差があるでしょう。すると、ビジネスによっては職業の違いで、扱う商品や販売の仕方も変わります。したがって、職業によって自社のビジネスに与える影響は、変化することになるでしょう。

もちろん、 BtoB であれば職業(業種)を意識しないわけにはいかないはずです。例えば、工具など仕事に欠かせない道具は、業種によって非常に特殊なものがあったりします。やはり、職業を考えないとターゲットは絞れない場合があることが、お分かり頂けると思います。

このように、ターゲットの絞り方として、職業を考慮してください。

4.ターゲットの絞り方-趣味趣向を考える

次に、ターゲットの絞り方として、趣味趣向を考えましょう。なぜなら、趣味趣向によって、品ぞろえや発信する情報が変わってくるからです。具体的には、読書が好き、アニメが好き、スポーツが好き、アイドルが好き、などいろいろなパターンがあるでしょう。

趣味趣向そのものがビジネスなのであれば、直接影響すると思います。例えば、どのような商品を仕入れるか影響を受けますね。また、何か説明するときに、趣味や趣向に合わせて例え話をすることもできるでしょう。したがって、趣味趣向が間接的に影響する場合もあります。

さらに、Web集客でSEO対策の一環としてブログを書く際にも、どのような内容にするか決める重要な判断基準にできると思います。つまり、趣味趣向に合わせたブログを書くことで、アクセスを増やす施策もしやすくなるわけです。

このように、ターゲットの絞り方として、趣味趣向も考えてください。

5.ターゲットの絞り方-知識量を考える

次に、ターゲットの絞り方として、知識量を考えましょう。なぜなら、商品に関する説明のしかたに強く影響するからです。具体的には、まったくなし、少しはある、一般的、マニア、プロ、など関わり方や立場によって、知識量が大きく変わります。

単純に考えて、ほとんど知識のない初心者に対して、専門用語を使った高度な説明をしても、理解してもらえるわけがありませんよね。逆に、プロに対して易しい言葉遣いで、一から十まで細かく説明すると、かえって内容がわかりにくいでしょう。

つまり、集客には知識量に合わせたコンテンツ作りが必要なんです。例えば、知識量に応じたホームページを用意できれば、初心者からプロまで対象にできます。ターゲットを絞っているのに、幅広い方を対象にできるという、不思議なことが可能になるんですね。

したがって、ターゲットの絞り方として、知識量も考慮してください。

ターゲットを絞った後にやるべきこととは?

ターゲットを絞った後にやるべきことは2つで、『訴求点の検討』と『ニーズの把握』です。一言で言うと、集客戦略の構築を行うわけですね。ターゲットが決まっていますから、ニーズの把握がしやすくなり、自社が扱う商品とマッチするかどうかが分かりやすいはずです。

つまり、『ターゲット・商品・ニーズ』の3者をすり合わせることで、ミスマッチが無いか確認するわけなんです。例えば、ターゲットを「若い女性」に絞ったとして、自社の商品で対応できるかということです。「若い女性に受けるように、トマトラーメンを開発しよう。」

このように、商品を開発する(あるいは仕入れる)ことで対応できるものなら良いですが、それが無理ならターゲットの選び方がまずい可能性があります。さらに、実はトマトラーメンはすでにブームが去っていて、こってり系が流行っていれば、ニーズを外していることになります。

このように、『ターゲット・商品・ニーズ』の3者をすり合わせることで、ターゲットの絞り方が適切かどうかの確認にもなるわけです。集客戦略の構築に貢献するだけでなく、誤った集客戦略の構築を防ぐこともできるんですね。

ぜひ、ターゲットを絞った後は、『訴求点の検討』と『ニーズの把握』もやってください。

まとめ:ターゲットは、ニーズから垣間見えます。

いかがでしたか? 集客のターゲット、知っておくべき絞り方を説明しました。

今回説明したのは、集客でターゲットを絞る理由とは?、ターゲットの絞り方-性別を考える、ターゲットの絞り方-年齢層を考える、ターゲットの絞り方-職業を考える、ターゲットの絞り方-趣味趣向を考える、ターゲットの絞り方-知識量を考える、ターゲットを絞った後にやるべきこととは?、などのポイントでした。

集客では、ターゲットを絞ることが重要であると説明しました。なぜなら、訴求しやすくなるからですが、ターゲットを絞るには複数のポイントを考慮する必要がありました。なお、すべてを考慮するかどうかは、ケース・バイ・ケースです。

そして、最も重要なのは、みなさんが何に困っているのかを理解することです。つまり、ニーズから垣間見えるターゲットの属性をハッキリさせようとしているのです。したがって、ターゲットはニーズから人物像を考えるのが最適であることを、ご理解いただければ幸いです。

以上、「集客のターゲット、知っておくべき絞り方とは?」と題して説明しました。