ニーズ調査、ビッグデータを活用した最新手法とは?

ニーズ調査、ビッグデータを活用した最新手法とは?

ニーズ調査について、ビッグデータを活用した最新手法を紹介しました。ニーズの把握に苦労されている方はぜひご覧ください。従来の探し方では見つけにくいニーズを明確化できる、最も新しい方法について詳しく説明しました。

なぜ最新のニーズ調査方法が重要なのか?

あなたは、「ニーズの調査方法を知りたい」と思って、ネットを検索していらっしゃると思います。これから効果的な方法を説明していきますが、その前にちょっと考えてほしいことがあります。それは、なぜニーズの調査方法を調べているのかです。

本当に知りたいことは、お客さんの『本心』ではないでしょうか。もちろん調査方法を知ればニーズを把握できますが、「どうも信憑性に欠けるよなぁ」と思われる方は多いでしょう。そして、それを感じているからこそ、あなたはこのページをご覧になっているのではないでしょうか。

本当のニーズを知ることができれば、お客さんのニーズに正確に応えられるので販促に役立つし、集客戦略も立てやすくなります。そこで、まず従来のやり方のどこに問題があるのかを説明して、そのあとにお客さんの本心を知ることができる最新の手法を分かりやすく説明していきましょう。

従来の調査方法が抱える問題点とは?

まず、従来型の手法にはどのような問題があるのかを確認しておきましょう。

本心である保証がない。

従来の手法で真っ先に思いつくのは、アンケートやヒアリングですよね。これらはおそらく相当昔からやられている手法で、ごく当たり前に行われています。しかし、解決すべき課題があるのも事実です。それは、「本当に本心が分かる手法なのか?」という点です。

なぜなら、聞き手が意図せず(または意図的に)誘導することもあるし、対象者が思ったことをストレートに言葉にしているのかが分からないからです。人間は本音と建前があるので、本心であるという保証がありません。したがって、無意識に出てきた言葉を拾うしかないんです。

ところが、ほぼすべての従来型手法では調査であることが伝わってしまうので、対象者は意識してしまいます。例えば、展示会などのイベントを利用したニーズ調査でも、広告を使った調査手法であっても同じことです。調査であることが伝わってしまうので、本心かどうか分かりません。

このように、本心を聞き出している保証がないのが、従来型ニーズ調査の最大の欠点なんです。

データの分析に高度な手法が必要。

これまでのニーズ調査手法では、収集したデータの分析に高度な手法が必要でした。なぜなら、元データが必ずしも正確ではないので、それを補正するためです。「4P・3C・STP・PEST・SWOT」など、分析手法は数を挙げればきりがありません。

しかし、実際には正確性が確保できず、最終的に導き出されたニーズは到底納得できるものではないことも多いと思います。その結果、苦労の割にはお客さんの本心をつかむことができず、ニーズ調査の必要性に疑問を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

時間と費用が大きくかかる。

次に問題になるのが、時間とコストが大きくかかる点です。どんな手法を使った場合でも、データの収集にかなりの時間を要します。ほんの数人に聞いてニーズが分かるならいいですが、実際には数百から数千人分というデータが無いと有効であるとは認められないでしょう。

さらに、何千というデータを集めるためには当然人件費がかかります。すると、時間がかかるうえに費用も大きくかかるので、決して費用対効果が良いとは言えないでしょう。

このように従来型の調査手法は、費用対効果が良くないのに、本心という本当のニーズが分からないという非常にまずい問題を抱えてしまっているわけです。

ビッグデータを活用した最新手法のポイント

それでは、『ビッグデータを活用した最新手法』とはどのようなニーズ調査の方法なのか、従来の手法と比較しながらポイントを詳しくご紹介します。

ビッグデータとは検索キーワードです。

まず最初に、ビッグデータを活用する方法について説明すると、これは検索キーワードの分析を行うということです。その名前の通り、検索エンジンから取得した膨大な数のキーワードを分析する手法です。調査のためにわざわざデータ集めをする必要がありません。

つまり、これまでとは全く違った手法であると言えるんです。そして、この手法は従来手法の問題点をことごとく解決してくれます。では、具体的にどのようなメリットがあるのかご紹介しましょう。

お客さんの本心が正確につかめる。

すでに説明しましたが、従来のやり方では調査であることが相手に分かってしまうので、どうしても本心だという保証がありません。しかし、ビッグデータを調査する手法は高い確率で本心です。なぜなら、検索キーワードは想いをそのまま言葉にしたものだからです。

ネット検索では、知りたい情報を探すためにキーワードを入力しますが、単純に思いついた言葉を入力しますよね。誰かに誘導されることもなければ、調査であることも意識していないので、本当の意味で『お客様の心の声』であると言えるんです。

すると、全体的な傾向を見ることもできます。例えば、お客さんの知識がどの程度あるのか、お金を払ってでも手に入れたいと思っているのか、といったことも分かるわけです。つまり、わざわざこちらから聞かなくても、本心を勝手にしゃべってくれているとも言えますね。

データ分析に高度な手法が不要。

従来型のニーズ調査手法では、元データが不正確なために高度な分析手法が必要でした。ところが、ビッグデータを活用した調査方法なら、特別な分析手法は不要です。なぜなら、ユーザーの心の声がそのまま言葉となって表れたのがキーワードだからです。

つまり、収集したビッグデータをそのまま利用できるんです。下手に補正してしまうと、生の声を加工してしまうことになり、お客さんの本心ではなくなってしまいます。だから、高度な分析をする必要が無いんですね。ただし、ビッグデータは膨大な量があるので、ある程度の整理は必要です。

短期間で費用対効果も良い。

先の項目でも説明しましたが、通常の調査手法は、データの収集の段階でかなりの労力を必要とします。したがって、どうしても大きな費用が発生してしまいます。しかし、ビッグデータであれば、検索エンジンから取得するという数分の作業だけで済みます。

さらに、データ収集後の分析も極端に難しいものではないので、時間を節約し、コストを抑えることができます。ビッグデータ分析という手法であれば、短期間かつ少ない費用で正確なニーズを把握できるわけですから、費用対効果は非常に良いと言えます。

未知のニーズが分かる。

ビッグデータを利用した調査手法は、お客さんのニーズを正確に把握できるわけですが、まったく予想していなかったような未知のニーズが分かる場合があります。つまり、通常は既に存在しているものしか対象になりませんが、それ以外のニーズも掘り出せるということなんです。

例えば、今でこそ当たり前となった『いちご大福』ですが、発売当時にこの手法があれば、「いちご入りの大福」というキーワードが出てきて、大福にいちごを入れてほしいというニーズを事前に知ることができたかもしれないんです。(実際は、ここまで明確に出ることはまれですが。)

繰り返しますが、キーワードはユーザーの『心』が言葉になったものです。だから、普通なら言葉にしないことをぽろっと口にする(この場合は入力するですね)ことがあるんです。もちろん、中には実現不能な願望も含まれますが、間違いなく本心が分かるわけです。

したがって、まったく未知の分野へ進出する場合でも、先にニーズを把握することが可能です。手探りでカンを頼りに商品を仕入れたり販売するような、冒険をする必要が無くなりますよ。

この手法にも弱みは存在する。

ビッグデータの調査による分析手法には、この手法にしかない強みがあるのがお分かりいただけたと思います。しかし、ほぼ唯一と言える弱みもあるので、正直にお伝えしておきましょう。

新製品に対するマーケティングは難しい。

ビッグデータの分析という調査手法には、唯一といえる弱点があります。それは、まだ世の中に無いような新製品については調べようがない点です。当然のことながら、知らないものを検索することなどあり得ないですから。したがって、新製品が唯一の弱点といえるでしょう。

しかし、その場合でも近い種類の製品がすでに出回っているのであれば、そちらを分析することである程度の予測は立てられますから、絶対不可能というわけではないんです。

すべて事実なので受け入れるしかない。

これは、強みでも弱みでもあるんですが、お客様の心の声がそのまま言葉として出てきている以上、曲げようのない事実なんです。だから、どのような結果が出ようとも受け入れるしかないんですね。ニーズの有無だけでなく、かなりキツイ言葉もでることがありますから。

しかし、まったくニーズが無いことが分かれば、方針を変えることができます。つまり、大量の在庫を抱えてしまうような最悪の事態を避けることができるし、否定的な言葉が見つかれば、それに従って改善もできます。いずれにしても有益な手法であることに変わりはないんですよ。

まとめ:ビッグデータなら本当のニーズが分かる。

いかがでしたか?

従来の調査手法には、本心を必ずしも聞き出せないという問題がありました。しかし、ビッグデータの分析によるニーズ調査手法は、お客さんの生の声が聴けるという点で非常に優れています。調査目的という前提が無いので、気持ちがストレートに言葉として現れているからです。

本心を知ることができれば、ニーズに対して正確に応えることができます。するとお客さんは「そうだよこれがほしかったんだ!この店はよく分かってるなぁ。」と思ってくれるはずです。その結果、SNSや口コミでうわさが広がり、リピーターの獲得だけでなく新規開拓にも貢献するでしょう。

つまり、集客とはテクニックではなく、どれだけお客さんのニーズに応え、気づきや感動を与えることができるかなんです。繰り返しになりますが、本当のニーズを把握できるビッグデータの分析は、極めて有力な調査手法であることを分かっていただきたいと思います。

なお余談ですが、ビッグデータの活用は行政も取り組んでいます。例えば、災害後すぐにビッグデータを調査することで、被災地で必要とされている物資を調べているんです。これはまさにニーズの把握をしているわけですね。

以上、「ニーズ調査、ビッグデータを活用した最新手法とは?」と題して説明しました。

※ 以下のページでビッグデータマーケティングの代行サービスについてご覧いただけます。

ニーズが正確に分かるビッグデータマーケティングの代行サービスです。ニーズ調査を低予算かつ短期間で行いたい方や、これまでの手法では役に立たなか...

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、でしたら『集客の無料相談』を利用してみませんか? ホームページの問題点が分かるので、改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

集客の無料相談