ニーズ調査、ビッグデータを活用した最新手法とは?

ニーズ調査、ビッグデータを活用した最新手法とは?

ニーズ調査について、ビッグデータを活用した最新手法を紹介しました。ニーズの把握に苦労されている方に適しています。従来の探し方では見つけにくいニーズを明確化できる、最も新しい手法について詳しく説明しているからです。

なぜ、ニーズ調査の手法が重要なのか?

あなたは、「ニーズ調査の手法を知りたい」と思って、ネットを検索していらっしゃると思います。これから効果的な方法を説明していきますが、その前にちょっと考えてほしいことがあります。それは、なぜニーズ調査の手法を調べているのかです。

それは、従来のニーズ調査の手法では、お客さんの『本音』を把握できているかどうかわからないからではないでしょうか。ほとんどの手法が「どうも信憑性に欠けるよなぁ」と思ってしまうものだからこそ、あなたはこのページをご覧になっていますよね。

したがって、ニーズ調査で最も重要なことは、お客さんの『本音を把握できる手法を使うこと』だといえます。そこで、お客さんの本音を知ることができる、ビッグデータを活用した最新の手法を、わかりやすく説明していきましょう。

ニーズ調査、ビッグデータを活用した最新手法のポイント。

それでは、ニーズ調査のビッグデータを活用した最新手法のポイントをご紹介します。7つのポイントに分けて、従来のやり方と比較しながら、最新の手法を説明していきます。

ビッグデータを活用した、最新の手法とは?

まず最初に、ビッグデータを活用する方法について説明すると、これは検索キーワードの分析を行うということです。その言葉の通り、検索エンジンから取得した膨大な数のキーワードを分析する手法です。したがって、調査のためにわざわざデータ集めをする必要がありません。

つまり、これまでとは全く違った手法であると言えるんです。そして、この手法は従来手法の問題点をことごとく解決してくれます。では、具体的にどのような問題点を解決できるのか、そのメリットをご紹介しましょう。

お客さんの本音がわかる。

ビッグデータを調査すると、お客さんの本音が正確につかめます。なぜなら、従来のやり方では調査であることが相手にわかってしまうので、どうしても建前で回答されてしまうからです。多くの回答者は、言葉を飾ったり、質問の意図に沿った回答や、真逆の回答をする傾向にあるんです。

これでは、本音である保証はありません。しかし、ビッグデータを調査する手法は、高い確率で本音です。なぜなら、検索キーワードは想いをそのまま言葉にしたものだからです。ネット検索では、知りたい情報をキーワードで検索しますが、思いついた言葉を単純に入力しています。

誰かに誘導されることもなければ、調査であることも意識していないので、本当の意味で『お客様の心の声』であると言えるんです。すると、全体的な傾向を見ることもできます。出現するキーワードの種類と数がわかれば、傾向を知ることができますよね。

例えば、お客さんの知識がどの程度あるのか、お金を払ってでも手に入れたいと思っているのか、といったこともわかるわけです。つまり、わざわざこちらから聞かなくても、本音を勝手にしゃべってくれているとも言えますね。だから、お客さんの本音がわかるわけです。

データ分析に高度な手法が不要。

ビッグデータを活用した調査方法なら、高度な分析手法は不要です。なぜなら、ユーザーの心の声がそのまま言葉となって表れたのがキーワードだからです。一方、従来型の方法で高度な分析手法が必要なのは、元データが本音である確証がなく、補正せざるを得ないからです。

しかし、ビッグデータはそのまま利用できます。下手に補正してしまうと、生の声を加工してしまうことになり、お客さんの本音ではなくなってしまいます。だから、データ分析に高度な手法が不要なんですね。ただし、ビッグデータは膨大な量があるので、ある程度の整理は必要です。

短期間で費用対効果も良い。

ビッグデータの調査は、短期間で費用対効果も良い手法です。なぜなら、データの収集が、検索エンジンから取得する数分の作業だけで済むからです。したがって、短時間でデータが集まるし、労力もかからないから、コストも極めて少なく済むわけです。

これが、従来の調査手法だと、アンケート調査やヒヤリングと言ったことを行うので、データの収集の段階でかなりの労力を必要としますよね。したがって、どうしても大きな労力と費用が発生してしまいます。しかし、ビッグデータの調査なら、それが一気に解決できるわけです。

また、ビッグデータなら、データ収集後の分析も極端に難しいものではありません。したがって、時間を節約し、コストを抑えることができます。ビッグデータを調査する手法であれば、短期間かつ少ない費用で正確なニーズを把握できるわけですから、費用対効果は非常に良いと言えます。

未知のニーズがわかる。

ビッグデータを利用した調査手法は、まったく予想していなかったような未知のニーズがわかる場合があります。つまり、通常は既に存在している商品やサービスしか対象になりませんが、それ以外のニーズも掘り出せる場合がある、ということなんです。

例えば、今でこそ当たり前となった『いちご大福』ですが、発売当時にこの手法があれば、「いちご入りの大福」というキーワードが出てきて、大福にいちごを入れてほしいというニーズを事前に知ることができたかもしれないんです。(実際は、ここまで明確に出ることは稀ですが。)

繰り返しますが、キーワードはユーザーの『心』が言葉になったものです。だから、普通なら言葉にしないことをぽろっと口にする(この場合は入力するですね)ことがあるんです。もちろん、中には実現不能な願望も含まれますが、間違いなく本音がわかるわけです。

したがって、まったく未知の分野へ進出する場合でも、先にニーズを把握することが可能です。未知のニーズがわかるので、手探りで人間の勘を頼りに商品を仕入れたり販売するような、冒険をする必要が無くなります。

この手法にも弱みは存在する。

ビッグデータの調査による分析手法には、この手法にしかない強みがあるのがおわかりいただけたと思います。しかし、ほぼ唯一と言える弱みもあるので、正直にお伝えしておきましょう。

新製品に対するマーケティングは難しい。

ビッグデータの分析という調査手法には、唯一といえる弱点があります。それは、まだ世の中に無いような新製品については調べようがない点です。当然のことながら、知らないものを検索することなどあり得ないですから。したがって、新製品が唯一の弱点といえるでしょう。

しかし、その場合でも近い種類の製品がすでに出回っているのであれば、そちらを分析することである程度の予測は立てられますから、絶対不可能というわけではないんです。

すべて事実なので、受け入れるしかない。

これは、強みでも弱みでもあるんですが、お客様の心の声がそのまま言葉として出てきている以上、曲げようのない事実なんです。だから、どのような結果が出ようとも受け入れるしかないんですね。ニーズの有無だけでなく、かなりキツイ言葉もでることがありますから。

しかし、まったくニーズが無いことがわかれば、方針を変えることができます。つまり、大量の在庫を抱えてしまうような最悪の事態を避けることができるし、否定的な言葉が見つかれば、それに従って改善もできます。いずれにしても有益な手法であることに変わりはないんですよ。

行政も、ビッグデータの活用に取り組んでいる。

余談になりますが、ビッグデータの活用は、行政も積極的に取り組んでいます。例えば、災害後すぐにビッグデータを調査することで、被災地で必要とされている物資を調べているんです。これはまさにニーズの把握をしているわけですね。

特に日本人は本音と建前を使い分けるので、本音を引き出すためには、もはや必須の手法であると言えるのではないでしょうか。このように行政も活用に取り組むぐらいに、ビッグデータはニーズを把握するうえで、非常に有効な手段であることがわかります。

まとめ:ビッグデータなら、本音が引き出せます。

いかがでしたか?

ニーズ調査の、ビッグデータを活用した最新手法を説明しました。最新の手法とは、本音がわかる、高度な手法が不要、費用対効果が良い、未知のニーズ、この手法の弱み、行政の取り組み、など7つのポイントをわかりやすくご紹介しましたので、ご理解いただけたと思います。

繰り返しになりますが、ニーズ調査で最も重要なことは、回答者の本音を引き出せる手法を使うことです。ビッグデータの分析によるニーズ調査の手法は、お客さんの生の声が聴けるという点で非常に優れています。本音を知ることができれば、ニーズに対して正確に応えることができます。

するとお客さんは「そうだよこれがほしかったんだ!この店はよくわかってるなぁ。」と思ってくれます。その結果、SNSや口コミでうわさが広がり、リピーターの獲得だけでなく新規開拓にも貢献するでしょう。ビッグデータの調査という新しい手法に、注目していただければ幸いです。

以上、「ニーズ調査、ビッグデータを活用した最新手法とは?」と題して説明しました。

※ こちらで、ニーズ調査の代行サービスについてご覧いただけます。

ニーズが正確にわかるWebマーケティングの代行サービスです。ニーズ調査を低予算かつ短期間で行いたい方におすすめです。ビッグデータを分析するの...

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ集客の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ集客の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。