《Web担当者を応援する、Web集客コンサルタントのブログ。》

ホームページの意味、分かりやすく説明します!

ホームページの意味、分かりやすく説明します!

ホームページ意味を説明します。読者対象は、ホームページの意味を知りたい初心者ですが、上級者にも気づきがあると思います。言葉の意味を説明しただけでなく、存在意義についても理解しやすく説明しているからです。

ホームページを知る意味とは?

あなたは、「ホームページってどういう意味だ?」と思って、このページをご覧になっていると思います。もちろん、ホームページが何かはお分かりだと思います。しかし、世界的にはホームページという言葉は聞きませんので、日本独特のいい方であることがわかると思います。

また、ホームページを持つことの意味、つまり存在意義についても知りたい方が、いらっしゃると思います。そこで、言葉そのものの意味と存在意義について詳しく説明して、さらに現在そして今後のホームページについても、わかりやすく説明しましょう。

ホームページの意味、知っておくべき5つのポイント!

それでは、ホームページの意味について、知っておくべき5つのポイントを説明します。

ホームページの意味(言葉)

ホームページは「HomePage」のことで、元々はブラウザ起動直後に、最初に表示されるページのことを指します。しかし、一般的にはWebページや、Webサイトのことを指す言葉として広く一般に使われるようになりました。まあ、簡単に言うと誤用されたわけですね。

ただ、コンピューターの世界は、「シェアを獲得したものが制する」のが基本です。いわゆるデファクトスタンダードと呼ばれるものですが、まさにホームページという言葉は、事実上の日本標準であると言えるわけです。

したがって、世界的には通用しないものの、日本ではホームページという言葉をWebサイトの意味で使っても間違いではありませんよ。

ホームページの意味(存在意義)

続いて、ホームページの存在意義について考えてみましょう。現在のほとんどの企業がホームページを持っています。つまり、インターネット上に仮想の店舗や社屋を持っている企業が、ほとんどであると言えます。最近では、実店舗が無くネット店舗のみの場合もあります。

これが何を意味するかというと、ホームページを持たないということは、社会的信用が得られにくい時代であるということです。ホームページはネット上の店舗ですから、店舗が無いのに商売をしているように認識されてしまうと、「怪しい業者だ」と思われかねません。

このように、現代ではホームページを持つ意味が、信用を得るために必要なものに変わってきているのではないでしょうか。つまり、要・不要ではなく、持たざるを得ないのがホームページなんです。

Google が考えるホームページとは?

ところで、ホームページと言えば Google です。なぜなら、ホームページは検索によってたどり着く場合が多いので、 Google の意向がそのままホームページ作りに影響するからです。つまり、ホームページについて知るには、Google の考え方を知るのが間違いないんです。

では、 Google はホームページをどのように見ているんでしょうか? これは、簡単に言うと「役に立つ情報を発信してください。」ということを訴えています。なぜなら、検索は疑問に対する答えを探す行為だからです。すると検索サイトとしては、情報の質を上げてほしいんですね。

なぜなら、信頼感が増し、利用が促進されるからです。そして、利用者が増えれば、広告収入が増えます。 Google は広告が収入源ですので、情報の質が上がれば、収入が増えるという流れになるんです。(「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざに近いかもですね。)

実際に、 Google の発表したコメントでは「役に立たない情報を発信しているWebサイトが非常に多い」と、かなり現状を嘆いています。したがって、 Google の視点から考えると、『質の高いホームページ』を優遇するであろうと予測できますね。

今後のホームページ、社会的意義は?

今後のホームページの、社会的な意義はどうなっていくでしょうか? おそらく、今後も残り続けます。新しいサービスが次々生まれては消えていきますが、ホームページは生き残っていますよね。これは、SNSなどと違って、より信頼度が高いからではないでしょうか。

ホームページは、サーバーをレンタルする場合がほとんどですので、業者をたどると運営者にたどり着くことができます。もちろん、不正なサイトなどもニュースで見かけたりしますが、他のサービスに比べれば、運営者を特定しやすいという点で安心できると思います。

したがって、今後ますます内容の充実と、信頼度の向上が求められるでしょう。「 Google が考えるホームページ」のところでお話ししたように、残念ながら役に立たないサイトも少なくありませんので、有益な情報の発信が重要になります。

また、ホームページは完全にインフラとして一定の地位を築いていますので、今後は持たない事での悪影響の方が大きくなる可能性があるのではないかと、個人的には考えています。(もちろん、状況によってはSNSでも十分な場合もありますが。)

今後のホームページ、技術的には?

では、今後のホームページの、技術的な面はどうなるでしょうか? おそらく、大きな技術革新は無いだろうと思います。もしあるとしたら、高速化やセキュリティの強化でしょう。少なくとも、見せるという点では、大きな革新は無いと考えます。

というのも、すでにインフラ化しているので、見た目を華やかにしたり凝った技術を投入しても大して意味が無いからです。インターネットの黎明期であれば、多くの閲覧者が面白がっていましたが、安定した欠かせない媒体となった今では、信頼性や利便性の方が重要です。

つまり、どれだけ中身を充実させられるかが、重要な時代に突入しているため、例えばデザインの技術よりはライティングの技術が要求されます。ヴァーチャル・リアリティ(VR)や AI技術の導入も予想はされますが、それらをいかに魅力的に説明するかという表現力が必要なんですね。

したがって、今以上に閲覧者の気持ちを読み取って、それに見合ったコンテンツを用意することが技術面では重視されるようになるでしょう。

まとめ:ホームページは、すでにインフラです。

いかがでしたか? ホームページの意味を、分かりやすく説明しました。

今回説明したのは、ホームページの意味(言葉)、ホームページの意味(存在意義)、Google が考えるホームページとは?、今後のホームページ社会的意義は?、今後のホームページ技術的には?、などのポイントでした。

ホームページの意味を、言葉の面と存在意義の面の両方から説明しましたので、ご理解いただけたのではないかと思います。最近はSNSが流行っていますので、ホームページに意味を見出していない方もいらっしゃるようです。しかし、流行は廃るのも早いです。

今やインフラとなったホームページであれば、非常に安定していますので、ネットでは軸に据えるべきだと思います。その際に、しっかりとした内容を作れば集客効果もありますから、どうせ作るのであれば、ただ作るのではなく集客も考えたものに仕上げていただければ幸いです。

以上、「ホームページの意味、分かりやすく説明します!」と題して説明しました。