《Web担当者を応援する、ホームページ集客の専門家のブログ。》

ホームページを検索で上位にするには?

ホームページを検索で上位にするには?

ホームページ検索で上位にする方法を説明します。読者対象は、ホームページを検索で上位にする方法を知りたい方です。何をすれば検索で上位になるのか、順位決めの基準に合わせて、できるだけ分かりやすく説明しています。

なぜホームページを、検索で上位にすることが重要なのか?

「ホームページってどうすれば検索で上位になるんだろうか?」と考えていらっしゃる方は、多いと思います。ホームページが検索で上位になれば、アクセスが増えるので、問い合わせが増える可能性も必然的に高くなりますよね。

検索と言えば Google がターゲットになると思いますが、実は、ホームページは作っただけでは検索で上位になることは難しいんです。ちょっとしたテクニックやそれなりの作法など、守らなくていけないことを、知っておく必要があります。

そこで、ホームページを検索で上位にするには何が必要なのか、知識や方法をご紹介しましょう。

ホームページを検索で上位にするための、7つのポイント!

それでは、ホームページを検索で上位にするためのポイントをご紹介します。ポイントは7つありますので、しっかり目を通しましょう。

そもそも、ホームページの検索とは何か?

まず、ホームページの検索とは何なのか、根本的なところを理解しておきましょう。おそらくほとんどの方は、「検索はキーワードを入力すると、ホームページの一覧が出るアレでしょ?」と思われるんじゃないでしょうか。確かに事実関係としてはそうですが、もう少し深く見てほしいんです。

検索は、そもそも何のためにするでしょうか? それは、何か知りたいことがあるときに行うはずです。例えば、「焼肉が食べたい」と思った時に近くの焼肉屋さんを探しますが、この時のキーワードは「焼き肉店 ○○市」みたいな感じでしょう。

つまり、焼肉屋さんを探すという問題が発生したために、それに対する答えを検索で求めたということがわかります。もっと言えば、キーワードが問題文で、検索結果が答えです。そして、一覧に挙げられた各ホームページが、より詳しい答え(解説)です。

まずは、このように「ホームページの検索とは何か?」という点を理解しておきましょう。

検索で上位を狙うには、SEOを行う。

では、具体的なお話をしていきます。検索で上位を狙うには、SEOを行う必要があります。SEOはすでにご存じかも知れませんが、簡単に解説しておくと、 Search Engine Optimization の略語で、日本語訳すると「検索エンジン最適化」となります。

つまり、ホームページを検索で上位にするためには、検索エンジンに合わせる作業が必要になるわけです。そして、検索エンジンはほとんどの場合 Google が使用されると思いますので、 Google のやり方に合わせる必要があるということがわかるでしょう。

すなわち、 Google が考える検索方針についてしっかりと理解することが、ホームページを検索で上位にする近道と言えます。ちなみに、SEOは「SEO対策」と呼ばれることも多いですので、両方の呼び方を覚えておくと、混乱が無くなりますよ。

したがって、このページでは SEO=Google 対策としてお話ししていきます。

参考 SEOについては、こちらで詳しく説明しています。

SEO対策の基本で、これだけは知っておくべきという知識を説明します。読者対象は、SEO対策をこれから始める初心者ですが、すでに行っている方にも役立つでしょう。SEOに効果がある対策を詳しく説明しているからです。

Google 検索はどうやって順位を決めているのか?

ところで、 Google 検索はどうやって順位を決めているんでしょうか? ホームページの順位は、検索の意図に対する適合率の高さが最も影響します。というのも、先ほど「検索とは何か?」という根本的なお話をしましたが、 Google は検索ユーザーの行動を非常に尊重しているんです。

入力されたキーワードをしっかり分析し、それに対して正確に答えているホームページを一覧しています。すると信頼性が高まり、利用が促進されることで広告収入も増えるわけです。だから、検索意図に対する適合率の高さが、検索順位に影響するんですね。

別の見方をすれば、検索結果の一覧は、検索意図への適合率の順番であると言えるでしょう。検索意図への適合率が高ければ高いほど、上位に表示されるという仕組みなんですね。ただし、具体的に何が影響するかは Google の公式発表がありませんので、推測でしかありません。

いずれにしても、ホームページの内容が重視されることを覚えておきましょう。

検索に使われるキーワードを考えるのは重要です。

ここまでの説明で何となく見えてきたんじゃないでしょうか。重要なことは、みなさんが何に困っているのかを考え、それをキーワードに変換する作業です。キーワードがわかれば、そこから具体的に何を説明すればよいのか、テーマが見えますからね。

したがって、どれだけ多くの困りごとを考えて、見つけられるかがポイントになります。「きっと多くの方が、○○に困っているはずだ!」ということを推測するわけですね。そして、それをキーワードにするわけですが、問題はどんな言葉を使っているのかというところです。

例えば、このページでは「ホームページ検索」について説明しているわけですが、「きっとSEOについて困っているはずだから、キーワードはSEOが含まれるはずだ!」としてしまうと、ちょっと違うんですよ。なぜなら、SEOを知っている方しかそのキーワードにならないからです。

SEOを知らない方に対しては、「ホームページ検索」というキーワードになるんですね。つまり、困りごとの内容や知識レベルなども考えて、単語を考えなくてはいけないんです。なかなか難しいかもしれませんが、これをやらないと、検索実績が無いキーワードを選びかねませんよ。

このように、キーワードの重要性をぜひ理解してください。

参考:検索実績を調べるには?

検索実績を調べるうえで最も簡単な方法は、 Google で実際にキーワードを入力してみることです。そうすれば、すぐに検索履歴が表示されますので、判断がしやすいですよ。

文章による説明が最も重要です。

キーワードと並んで重要なのが、説明文です。なぜなら、検索意図に対する適合率をチェックできるのは、文章だからです。また、キーワード自体は文字ですから、文章にキーワードが入っていることが必要であることはお分かり頂けると思います。

また、 Google は優れた検索プログラムになっていて、キーワードと文章に含まれる文字が完全一致しなくても、検索意図と趣旨が一致していれば上位にしています。つまり、文章を相当高度に理解していると考えられるんです。ちょっとした小細工みたいなことでは、通用しないんですね。

もちろん、文章の内容は検索意図に適合した内容にします。つまり、キーワードに対する答えを説明するわけですね。でも、「何を説明すればいいの?」となるかもしれません。難しいと感じたら、少しだけ細分化してみてください。

例えば、このページ場合だと「ホームページ検索」で考えると抽象的で分かりにくいですが、そこに「上位」という言葉が加わることで、「そうか、ホームページを検索したときに、上位になるようにしたいんだな」ということがわかりますよね。

もちろん、細分化すると検索数は減りますが、慣れないうちはなるべくテーマを絞って説明したほうが、文章は書けると思いますよ。テーマを絞ったページが増えてきたら、それらをまとめたページを作ってみましょう。うまくいけば、抽象的なキーワードでも上位が狙えますよ。

トップページは上位になりづらい。

多くの方は、トップページを上位にしたいと思われるようです。しかし、なかなか簡単なことではありません。いわゆるSEOの考え方でいくと、ある特定の問題に対する答えを用意したページの方が上位になりやすいからです。トップページだと、どうしてもまんべんなく説明しますよね。

すると、専門性が薄れるので、上位表示は難しいんですよ。一般的には、サイト名や会社名で検索したときに1位表示するようにできれば、十分SEOの役目を果たしていると言えます。では、どうするのかというと、王道はトップページ以外を上位にすることです。

例えば、『トヨタ』で調べればトップページが表示されますが、『SUV』や『ミニバン』で検索すればトヨタ内の該当ページが上位に表示されるという具合です。仮にトヨタというメーカーを知らなくても(それは無いと思うけど…)各カテゴリーの車種が表示されるわけですね。

そして、車種別のページにたどり着いた検索ユーザーが、トップページへたどり着くという流れになるわけです。したがって、各ページによって役割が異なるということが言えます。ある意味で、SEO専用ページがあるということになるわけですね。

このように、無理にトップページの上位入りを目指すようなことはせず、SEOはページごとの役割を考えて行いましょう。

ホームページの検索を増やす方法とは?

ホームページの検索を増やすには、どうすればいいんでしょうか? 興味を持つ方が増えるとかブームが起こらないと無理そうですよね。しかし、いろいろな検索ワードを見つけることができれば、不可能ではないんです。例えば、おいしいラーメンの作り方で考えてみましょう。

仮に、「おいしいラーメン 作り方」というキーワードがあったとしたら、人によっては、「おいしいラーメン うまく作れない」というキーワードを使う人もいるでしょう。すると、意味は近いけれど相反するようなキーワードを使う場合が考えられますよね。

つまり、いろんな考え方を想定して、それに見合ったページを用意することが必要になるわけです。こうすれば、同じような悩みでありながら違う表現をしたユーザーも、自社のホームページへ誘導できるわけです。これなら、潜在的な検索ユーザーを引き寄せられますよね。

このような形で、検索が増えたような状況を作れるわけなんです。

まとめ

いかがでしたか? ホームページを検索で上位にする方法について、説明しました。

今回ご説明したのは、そもそもホームページの検索とは何か?、検索で上位を狙うにはSEOを行う、Google 検索はどんな基準で順位を決めているのか?、検索に使われるキーワードを考えるのは重要です、文章による説明が最も重要です、トップページは上位になりづらい、ホームページの検索を増やす方法とは?、などのポイントでした。

ホームページを検索で上位にするときにすべきことは、SEOでした。中でも重要なのは2つです。1つは、検索実績のあるキーワードを選ぶこと、もう1つは、そのキーワードに対する答えを文章として書くことでした。検索で上位を目指すなら、最低限、この2つは必須です。

重要なので繰り返しますが、検索自体が、何らかの答えを探す行為です。したがって、その答えを用意したホームページが検索で上位になるのは、当然なのではないでしょうか。まずは、検索ユーザーが何に困っているいのか、それを知るところから取り組んでみてください。

きっと、ホームページ検索に対する考え方が、わかってきますから。

以上、「ホームページを検索で上位にするには?」と題して説明しました。