ホームページの費用、知っておくべき5つのポイント。

ホームページの費用、知っておくべき5つのポイント。

ホームページ費用について、知っておくべき5つのポイントを説明しました。ホームページの、費用の掛け方を知りたい方に適した内容です。お金を掛けるべきポイントを集客力という視点で、わかりやすく説明しているからです。

★ページ内容が難しいと感じたら?

こちらで基礎知識をご覧いただくと、理解しやすくなりますよ。

ホームページ集客の、基礎知識をまとめました。

なぜホームページの費用は、コンテンツに掛けるべきなのか?

あなたは、ホームページの作成やリニューアルを検討したときに、「これだけ費用をかけて、果たして集客ができるだろうか?」と疑問に思われたのではないでしょうか。確かに、業者に依頼すると、意外と大きな費用が掛かるでしょう。

ホームページで具体的にお金を掛けるのは、デザインではないでしょうか。デザインが良くなると、それだけで集客できそうな気がしますからね。しかし、集客を考えるのであれば、コンテンツに費用をかけるのが最も効果的です。なぜなら、集客に対する貢献度が非常に高いからです。

そこで、コンテンツに費用をかける理由を、詳しく説明しましょう。

コンテンツに費用をかけるべき5つの理由。

それでは、コンテンツに費用をかけるべき5つの理由を説明します。

デザインが良くても、伝わる情報は限定的。

最初に知っておいてほしいのが、デザインが良くても、伝わる情報は限定的である点です。なぜ、デザインでは伝わらないのかというと、閲覧者の要望に応えていないからです。閲覧者は、自分の頭の中にある疑問や欲求に対する答えを期待して、ホームページを見ます。

しかし、デザインが良いだけで必要としている答えが無い状態だと、当然ですが閲覧者の要望には応えられません。これが、デザインを商品として販売しているサイトであれば、何の問題もないと思います。しかし、そうでなければデザインでは解決になりませんよね。

例えば、小説の紹介をするとして、ホームページのデザインをカッコいいものにしても、本の表紙の写真を多数載せたとしたら何にも伝わらないでしょう。閲覧者が知りたいのは、小説のストーリーのはずですから、内容を文章で説明しなければ理解してもらえませんよね。

つまり、デザインをどうするかではなく、コンテンツをユーザー視点で作らないと集客力は上がらないんです。だから、デザインが良くても伝わる情報は限定的であることを理解して、コンテンツを重視してほしいんです。

トップページの画像は、キャッチコピーが重要。

トップページの画像は、デザインではなくキャッチコピーが重要です。なぜなら、閲覧者はデザインではなく、書いてある言葉に興味を持つからです。考えてほしいんですが、あなたならトップページの画像の何を見ていますか? 間違いなく言葉(キャッチコピー)のはずです。

もし、閲覧者が画像のデザインに興味を持つのだとしたら、キャッチコピーは「あいうえお」で良いはずです。しかし、それでは興味を持つ方は、だれ一人いないでしょう。先ほども説明しましたが、そのキャッチコピーは、何の解決策も示していないからです。

キャッチコピーは、読んだ人の心を捉える(キャッチする)言葉(コピー)だからそう呼ばれます。基本的には、「あなたの○○が解決します」というメッセージが無ければ、心を捉えることはできません。解決策があることを言葉で伝えることで、集客力の向上につながるわけです。

このように、トップページの画像はデザインではなくキャッチコピー、つまりコンテンツが重要であることを理解してください。

バナーはデザインではなく言葉が重要。

バナーはデザインではなく、言葉が重要です。バナーとはリンク画像のことですが、なぜ言葉が重要なのかというと、閲覧者は言葉に興味を持つからです。先ほど説明したトップページの画像と、同様に考えてもらえば理解できると思います。

ようするに、バナーの文字は事実上のキャッチコピーとして働くので、価値を伝えるためには言葉で説明するしかないんです。閲覧者は、価値があると思わない限りクリックしません。「このデザイン目立ってるなぁ、クリックしてみよう!」とは思いませんよね。

したがって、言葉で解決策があることを説明することで、魅力が伝わるわけです。バナーはランディングページへの誘導が多いので、それをクリックされないのでは、集客力に貢献できません。だからこそ、バナーにおいてもコンテンツが非常に重要なんですね。

ヘッダー画像は内容が重要。

ヘッダー画像は内容が重要です。ヘッダー画像ということは、ホームページ上部の画像ということですが、なぜ内容が重要なのかというと、デザインは意味をなさないからです。思い起こしてほしいんですが、ヘッダーには何があるでしょうか?

多くの場合、ヘッダーにはサイト名(会社名)、連絡先、簡単な説明、などが入っているでしょう。これらは当たり前のようにある情報なので、意識は薄いかもしれませんが、実は極めて重要です。なぜなら、サイトの名前と何をやっているかを理解してもらえるからです。

それにもかかわらず、ヘッダーに凝ったデザインを施してしまうとデザインが目立ってしまい、肝心の情報を見てもらえない可能性が高くなります。もちろん、どの情報をどこに置くかという構成も大切ですが、どんな情報を載せるかということが最も重要です。

サイトについて理解してもらえなければ、信用してもらえない可能性があります。つまり、集客力を向上することに貢献しませんので、ヘッダーでは掲載情報というコンテンツの方が重要であると理解してください。

検索対策はコンテンツが基本。

検索対策は、コンテンツが基本であることを知ってください。いわゆるSEO対策のことですが、なぜコンテンツが基本なのかというと、閲覧者の役に立つ内容が上位表示されるからです。あなたもお気づきだと思いますが、上位表示されたサイトはかなり役立ちますよね。

検索結果の上位に表示されるサイトは、ほとんどの場合、役立つ情報を発信していると思います。これは単純に、役立つ情報を発信しているサイトは上位表示されるからです。ところが、いまだに多くの方は、「検索ワードをたくさん埋め込めばいいんでしょ?」と思っています。

それは間違いで、検索エンジンは、まるで人間のような判断をするレベルに達しているんです。本当に役立つ内容の書かれたホームページしか、上位表示してくれません。いわゆるAI技術が使われているのではないかと思いますが、極めて高度です。

したがって、アクセス数を増やすという意味合いでも、コンテンツをしっかり作り込むことが、集客へと結び付くんです。

まとめ:コンテンツに費用を掛けると、効率が良いです。

いかがでしたか?

ホームページの費用について、知っておくべき5つのポイントを説明しました。デザインが良くても伝わる情報は限定的、トップページの画像はキャッチコピーが重要、バナーはデザインではなく言葉が重要、ヘッダー画像は内容が重要、検索対策はコンテンツが基本、などがありました。

繰り返しになりますが、ホームページの費用はコンテンツに掛けるべきです。なぜなら、コンテンツの出来が集客力に影響するからです。良いコンテンツを作るには自ら勉強するかありませんが、それができないようであれば、専門業者に依頼するしかないでしょう。

極端なことを言えば、デザインは無料のテンプレートを使い、コンテンツの作り込みだけを業者に依頼するというやり方が、効率の良い費用のかけ方ではないでしょうか。ぜひ、コンテンツの重要性をご理解いただき、ホームページ集客に取り組んでいただければ幸いです。

以上、「ホームページの費用、知っておくべき5つのポイント。」と題して説明しました。